マーレー裁判、証言概要(3日)

コンラッド・マーレー医師過失致死裁判第5日はマイケル・ジャクソンの死亡を宣告したER(緊急救命室)の医師が証言台に立ち、ミュージック・アイコンが病院に到着した時点では蘇生する方法はなかったと証言した。

リシェル・クーパー医師は金曜日、呼吸停止直前にプロポフォールを投与したことをマーレーは申告しなかったと証言したが、ジャクソンは「かなり前に死亡していた」ため、申告していたとしても事態に変わりはなかっただろうと月曜日に証言した。

「(プロポフォールを投与したという)情報があったとしても、(死亡という)結果を変える可能性のある別の手段があったとは考えにくい」とクーパー医師は語った。

クーパー医師は12:57、まだジャクソンが自宅にいる時点で、救命士らに蘇生処置を中止し、死亡宣告をするよう進言していた。彼女によれば、ジャクソンは、現場の救命士に死亡宣告を進言した後にERで診察した最初の患者だという。

「私は現場に死亡時刻を宣告せず、患者を私のところへ搬送するよう指示しました」と彼女は語った。

この例外的措置はジャクソンがセレブだからという理由ではなく、救命士らにあきらめないよう要請していた医師が付き添っていたからだと証言した。

月曜日には二人目のERの医師が証言し、ジャクソンの心臓に大動脈バルーン・ポンプを入れたのは「たとえまったくの無駄」であったとしても、「ジャクソン氏が回復する可能性がなく、ジャクソン氏を安らかに尊厳をもって旅立たせるという事実をマーレー医師が精神的に受け入れる覚悟をさせる」ことを意図した「必死の試み」であったと述べた。

タオ・グエン医師は、明らかに望みがないように見えていたにもかかわらず、「簡単にあきらめるな、ミスター・マイケル・ジャクソンの命を助けてくれ」とマーレーが要請していたと証言した。

医師らはジャクソンの心臓を再び動かそうとジャクソンの大動脈にバルーン・ポンプを挿入したが失敗に終わったと彼女は述べ、「それはもう少し早ければ、という状況ではなく、遅すぎるという状況でした」と語った。

月曜日にはテキサス州ヒューストンの医師が証言台に立った。その医師は、ジャクソンの呼吸が止まっていることに気づく前にマーレー医師が会話をした人物のうちの一人である。ジョアン・ベドナルツ-プラシャド医師は、ヒューストンの病院で手術を受けようとしているマーレー医師が診察していた患者について助言を得るべくマーレーの携帯電話に電話をしたと述べた。

検察側は、マーレーが当日朝、電話のためにジャクソンの寝室を離れ、事実上ジャクソンを放置したと主張している。

検察側は、マーレーの3人のガールフレンドのうちの最初の一人を証言台に呼び、ジャクソンの呼吸停止に気づく直前の二人の会話についての話をしようとした。

判事は、マーレーとそのガールフレンド、ブリジット・モーガンとの個人的関係について検事が深入りするのを制止した。モーガンは1月の予備審問で、2003年にラスベガスのナイトクラブで既婚者であるマーレー医師と会ったことについて証言していた。

モーガンとマーレーの電話による会話は、患者(ジャクソン)に問題が起きたことにマーレーが気づく前の30分間に及んだ。

携帯電話会社二社からの証人らも月曜日には証言し、ジャクソンが亡くなった朝のマーレーからの、そしてマーレーへの電話の記録について述べた。電話の時刻は、ジャクソンの死亡前にマーレーが何をしていたのか、その時間経過を決定する上でカギとなる役を演ずることになる。

月曜日の法廷にはジャネット、リビー、ランディ、ジャーメインら家族のメンバーが姿を見せた。キャサリン・ジャクソンとティト、ジャッキー、マーロンはマイケル・ジャクソンの3人の子供たちとともにロサンゼルスを離れカナダにいた。シルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson: THE IMMORTAL World Tour」の初演に出席するためである。キャサリンと子供たちはトリビュート・コンサートのためにウェールズのカーディフへ向かうため、彼らは早くても10月10日までは戻らない予定。

■ Trial Testimony Update - Monday
(3-10-2011) On day 5 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray, the emergency room doctor who pronounced Michael Jackson dead testified Monday that there was no way doctors could have revived the music icon after he arrived at the hospital.

Dr. Richelle Cooper testified Friday that Murray never told her that he had given Jackson the surgical anesthetic propofol before he stopped breathing, but she said Monday it would not have made a difference if he had because Jackson "had died long before."

"It is unlikely with that information that I would have been able to do something different that would have changed the outcome," Cooper said.

Dr. Cooper had recommended at 12:57 p.m., when Jackson was still at his home, that paramedics stop their efforts and declare him dead. She said that Jackson was the first patient she had ever treated in the emergency room after having made such a recommendation to paramedics in the field.

"I have never given a time of death in the field and then had that patient brought to me," she said.

She testified that this exception was not because Jackson was a celebrity, but because the patient had a physician with them who did not want them to give up.

A second emergency room doctor testified Monday that the decision to place an aortic balloon pump in Jackson's heart was "a desperate attempt, even though very much futile" effort intended "to prepare Dr. Murray mentally to accept the fact that Mr. Jackson could not be rescued and would allow Mr. Jackson to depart in peace and dignity."

Dr. Thao Nguyen testified Murray asked that "we not to give up easily and try to save Mr. Michael Jackson's life," even though it appeared hopeless.

They placed the balloon pump in Jackson's aorta in an unsuccessful effort to restart his heart, she said. "It's not a case of too little, too late, but a case of too late," Nguyen said.

A doctor from Houston, Texas testified Monday that she was one of the several people Dr. Murray spoke to before he realized Jackson was not breating. Dr. Joanne Bednarz-Prashad said she called Murray's cell phone to get his advice on a patient he had treated who was about to undergo surgery at a Houston hospital.

Prosecutors contend Murray effectively abandoned Jackson by leaving his bedroom to talk on the phone that morning.

The prosecution also called the first of three of Murray's girlfriends to the witness stand to talk about their conversations with the doctor just before he realized Jackson had stopped breathing.

The judge prevented the prosecution from digging into the personal relationship between Murray and Bridgette Morgan. Morgan previously testified at Murray's preliminary hearing in January about meeting the married doctor in a Las Vegas night club in 2003.

Morgan's call to Murray came about 30 minutes before Murray apparently discovered there was a problem with his patient.

Representatives from two cell phone companies also testified Monday about records of calls to and from Murray's cell phones the morning Jackson died. The call times play a key role in determining the time line of what Murray was doing in the hours before Jackson's death.

Jackson family members in court Monday included siblings Janet, Rebbie, Randy and Jermaine. Family matriarch Katherine Jackson, and sons Tito, Jackie and Marlon left Los Angeles for Canada this weekend along with Michael Jackson's three children to attend the opening night performance of Cirque du soleil's "Michael Jackson: THE IMMORTAL World Tour." The group will not return until at least October 10, since Katherine and the children will also travel to Cardiff, Wales, for a tribute concert for her son.

Source: MJFC / CNN.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ