パメラ・アンダーソンはミセス・ジャクソンになりたかった

女優パメラ・アンダーソンは子供の頃マイケル・ジャクソンに夢中で、彼のミセスになることを夢見ていたという。

ドラマ「Baywatch」のスターである彼女はOK Magazineに対し、大人として会えば、キング・オブ・ポップは結婚を申し込むだろうと彼女には自信があった、と語った。

「マイケル・ジャクソンの追っかけだったの。小さい頃彼と結婚することを夢見てたのよ。それで彼に会った時、彼は結婚を申し込まなかった・・・私はがっかりしたわ」と彼女は語った。

よく知られているように、2008年9月、二人は何回かデートに出掛けた。目撃者は、二人がお互いに「とても親密」に見えたと説明していた。

■ Pam Anderson Wanted To Be Mrs. Jackson
(21-9-2011) Actress Pamela Anderson says she had a huge crush on Michael Jackson when she was growing up and that she dreamed of becoming his Mrs.

The former 'Baywatch' star recently told OK Magazine that she was convinced the King of Pop would propose marriage when she met him as an adult.

"I was star-struck by Michael Jackson. I dreamed of marrying him when I was little and when he met me, he didn't ask me. I was crushed," she said.

The two famously went out on a few dates back in September 2008 where witness described them as looking "very cozy" in each other's company.

Source: MJFC / asianage.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ