検察側、弁護側証人の制限を要求

マイケル・ジャクソンの死をめぐる過失致死裁判で、ロサンゼルス郡上級裁判所のマイケル・パスター判事は、マイケルの53回目の誕生日の午後、ヒアリングを行った。

陪審員選定が始まるちょうど一週間前の今日、検察側は判事に対し、コンラッド・マーレー医師の弁護団が召還する可能性があるとしている26人の証人の証言を除外、または制限するよう要望した。

副検事デビッド・ワルグレンは金曜日に動議を提出し、2003年のジャクソンについての性的虐待疑惑を捜査した捜査員が、マーレーの過失致死裁判で証言を許されるべきではないと主張していた。

「本件においては、コンラッド・マーレーがマイケル・ジャクソンに施した医療措置に関係する出来事に焦点を当てるべきです」とワルグレン検事は記している。
「亡くなった被害者に対して、不公平かつ不当、不適切な攻撃になるようなことが許されるべきではないのです」

ジャクソンはカリフォルニア州サンタバーバラ郡における裁判で、すべての容疑で無罪の評決を受けている。

さらに検察側は、死亡直前の数ヶ月間にジャクソンを診療した医師らの証言を制限または完全に除外するよう要望している。

「彼らは一人として、2009年6月24日の夜、または2009年6月25日にジャクソンの診療を行ってはいませんでした。急性プロポフォール中毒で亡なった時、彼らは誰一人、マイケル・ジャクソンのそばにはいなかったのです」とワルグレン検事は述べた。

パスター判事はこれにすでに、ジャクソンが亡くなる前の数日間に起こったことに裁判を限定すると表明している。そのため、証人を制限するようにとの検察側の要求に対する判事の決定は、判事が弁護側の主張をどの程度厳重に制限するかを示すことになるだろう。

弁護側が召還を希望し、検察側が除外を求めている他の証人として、ジャクソンがエステートの共同執行人に指名した弁護士ジョン・ブランカが挙げられている。

検察側は、弁護団(ブランカに一度も話を聞いていない)に対し、なぜブランカの証言がマーレー裁判と関係があるのか説明するよう要求している。

陪審員選定は9月8日に開始されることが決定されている。冒頭陳述は9月27日に開かれるものと見られている。関係者らは、本裁判は11月上旬には結審するだろうと見ている。

過失致死罪で有罪となっても、マーレーは4年の刑を受けるに過ぎない。
judge_pastor.jpg ■ Prosecutors Want Limits On Defesne Witnesses
(29-8-2011) On what would have been Michael Jackson's 53rd birthday, Los Angeles County Superior Court Judge Michael Pastor will hear arguments Monday afternoon in the involuntary manslaughter case surrounding Jackson's death.

Just over a week before jury selection in the trial is set to begin, prosecutors want the judge to exclude or limit the testimony of 26 witnesses Dr. Conrad Murray's defense lawyers say they may call.

Deputy District Attorney David Walgren filed a motion Friday arguing that a detective who investigated sexual molestation allegations against Jackson in 2003 should not be allowed to testify in Murray's involuntary manslaughter trial.

"The current case should focus on the events surrounding the medical care provided to Michael Jackson by Conrad Murray," the prosecutor wrote. "The case should not be allowed to deteriorate into an unfair, unwarranted, and irrelevant attack on the deceased victim."

Jackson was found not guilty on all charges after a trial in Santa Barbara County, California.

Prosecutors also want to limit or completely exclude the testimony of several doctors who treated Jackson in his last months.

"None of these individuals was caring for Michael Jackson on the night of June 24, 2009, or the day of June 25, 2009, and none of these doctors was present with Michael Jackson when he died of acute propofol intoxication," the prosecution said.

Judge Pastor has previously indicated that he would keep the trial limited to what happened the last several days of Jackson's life so, his decisions on the prosecution's request to limit these witnesses will indicate just how tightly he will limit the defense's arguments.

One other witness the defense wants to call but prosecutors want excluded is John Branca, the attorney who Jackson chose to be co-executor of his estate.

Prosecutors are demanding that defense lawyers, who have never interviewed Branca, explain why his testimony would be relevant to Murray's case.

Jury selection is scheduled to begin on September 8, with opening statements expected to be heard on September 27. Lawyers estimate the trial will conclude in early November.

If convicted on the involuntary manslaughter charge, Murray only faces up to four years in prison.

Source: MJFC / CNN.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ