フランク・ディレオ、リアル・ストーリー

ロジャー・フリードマンがコラムShowbiz 411に昨日、下記記事を掲載している。

フランク・ディレオ、マイケル・ジャクソンのすばらしきマネージャーのリアル・ストーリー

私はついに、私の友人フランク・ディレオについて書き始めている。彼は昨日63歳で亡くなった。フランクはマイケル・ジャクソンの忠実なる、そしてすばらしいマネージャーであり、友人、そしてマイケルの成功とすばらしいキャリアの設計図を書いた男である。「Thriller」について知りたいですか?それはフランクの仕事だ。「BAD」は?それもフランクだ。2005年のマイケルの児童虐待裁判で、遠くオハイオの自宅から自費で駆けつけ、最後まで傍聴していたのは誰か?フランクである。

2009年の春、マイケルをきちんとさせるべく2009年の春に復帰し、おかげでマイケルはロンドン・コンサートのリハーサルを行うことができた。これもフランクである。ER(緊急救命室)でマイケルの額にキスし、彼の目を閉じたのもフランクであり、父親が亡くなったとマイケルの子供たちに告げたのもフランクだ。マイケルにとって、フランクはいつもそばにいたのである。

私はフランクとはずいぶん前に出会っているが、親交を深めたのはあの裁判の時だ。彼は田舎町サンタマリアにやってきたのだが、ほとんど目が見えていなかった。彼は緑内障と糖尿病のために視力が大きく低下し、そして手術を待っていたのである。彼は運転ができなかったので、私は彼指名のお抱え運転手だった。それは長い裁判であり、マイケルはとても、フランクに気がついたりお礼を言ったりするような状況ではなかった。しかしフランクはそこにいた。そして彼は、同じく毎日裁判を傍聴していたキャサリン・ジャクソンと特別な友人であった。

フランクが認めたくなかったこと、それはジャクソン家が不誠実だったということだ。裁判が佳境のころ、マイケルの元警備主任で父親代わりであったビル・ブレイは、ロサンゼルスのフリーウェイ10号線近くの小さな家の病院ベッドで死の淵にあった。マイケルとジャクソン家は彼を解雇していた。ブレイには私も何度か会ったことがあるが、彼は半こん睡状態で、女性の友人に看病されていた。彼女はジャクソン家に何が起こったのか不思議がっていた。彼らは去ってしまったのである。

裁判が終わってマイケルがバーレーン等へ行った時、ディレオはその中に入っていなかった。マイケルが切迫した財政困難に陥り、ロンドンの準備で悪戦苦闘しているときになってようやく、マイケルはフランクを呼んだ。ディレオはすぐに駆けつけた。彼はマイケルのことを何か尋ねることができる、最も忠実な友人だった。重ねて言うが、彼は自腹でやってきたのだ。マイケルとともに、80年代に贅沢な暮らしをしていた時でさえ、フランクは他のアドバイザーたちの何人かのようにうまくやったりはしなかった。彼の態度は・・・頼んではいけない、誰か・・マイケルやソニーが・・・正しいことをするまで待たなければならない、というものであった。他の者らは決してそうではなかった。

脱線したようだ。フランクは考えうる最悪の健康状態だった。クレイジーな80年代にレコード業界の人々がやっていたことは忘れよう。彼は安葉巻を吸い、分厚いステーキを好み、良いスコッチ・ウィスキーが好きだった。彼はナッシュビルのステーキハウス、パームとビバリー・ヒルトン・ホテルの朝食がお気に入りだった。マイケルを助けに来て宿泊していたので、ビバリー・ヒルトンではここ数年間彼は常連だった・・・オハイオに、美しく理解のある妻リンダと子供たち、ベリンダとドミニクがいたにもかかわらず。彼はビバリー・ヒルトンのマスコットのようになっていた。春に彼が病に倒れた時、ホテルのスタッフはシダーズ・サイナイ医療センターまでやってきて祈りをささげていた。スタッフらは彼が好きだったのである。

お人好しは馬鹿を見るのだろうか?私はそうは思わない。フランクは「グッドフェローズ」のような映画に出てくるヤクザを演じていたし、強がるのを好んだけれど、彼はとても優しい心の持ち主だった。もし彼がもうすこし人を怖がらせたり脅したりしていれば、彼はもっと稼げたであろう。しかし、心を隠すようなことはなかった。そしてそういうやり方はトラブルを招くものだ。彼は共同執行人たちにがっかりしただろうか?彼はがっかりしていた。彼はマイケルが亡くなる6週間前にジョン・ブランカを呼び戻した。ブランカと一緒に、全くの役立たず、ジョン・マクレーンもやってきた。マクレーンはフランクを良く思っておらず、彼の参加を少なくしようと何でもやった。フランクが導こうとしたアルバム「MICHAEL」の精彩を欠く出来は、マクレーンの責任であると言えよう。

しかしながらフランクの病状が悪化して以来(3月のトリプル・バイパス手術が原因)、エステートは信じられないほど彼の助けとなってきたと言わなければなるまい。詳しくはプライベートなことだが、フランクの家族が支援を必要とした時、彼らは支援を受けていたのである。だから、そういうことも合わせて考える必要がある。

で、どうするか。私はフランクが健康を維持するためにやっていたことをするつもりだ。朝食にはフルーツを。それにベーコンとフレンチ・トーストも。そして友人である彼をいつまでも忘れないこと。彼は身長5フィート(152センチほど)そこそこだったが、男の中でも巨漢だった。
frank-dileo.jpg ■ Frank Dileo: The Real Story
(26-8-2011) Roger Friedman posted the following article in his collumn, Showbiz 411 yesterday:

Frank Dileo, The Real Story of Michael Jackson’s Brilliant Manager

I’m finally getting to write about my friend Frank Dileo, who died yesterday at age 63. Frank was Michael Jackson’s loyal and brilliant manager and friend, the architect of his success and his amazing career. You want to know about “Thriller”? It was Frank, “Bad”? Frank again. It was Frank who sat through Michael’s child molestation trial in 2005 in Santa Maria, California, far from his home in Ohio, at his own expense.

It was Frank who returned in the spring of 2009 to keep Michael on the straight and narrow so he could rehearse for his London concert dates. It was Frank who kissed Michael on the forehead, closed his eyes in the emergency room, and went out to tell Michael’s kids that their father had died. For Michael, Frank was always there.

I met Frank a long time ago, but we bonded during that trial. He’d come to god forsaken Santa Maria barely able to see. He had severely limited vision due to glaucoma and diabetes, and was waiting for an operation. He couldn’t drive, so I was his self appointed chauffeur. It was a long trial, and it wasn’t like Michael was in any shape to acknowledge Frank or to thank him. But he hung in there, and was a particular friend to Katherine Jackson, who attended the trial every day.

What Frank didn’t want to concede was that the Jacksons were notoriously disloyal. While the trial raged on, Michael’s former chief of security and surrogate father, Bill Bray, lay dying in a hospital bed in a little house in Los Angeles near the 10 freeway. Michael and all the Jacksons had simply dropped him. Bray, who I visited a few times, was semi-comatose and cared for by his lady friend. She wondered what had happened to the Jacksons. They were gone.

When the trial was over, and Michael hotfooted it to Bahrain and other locales, Dileo was similarly cut off. It wasn’t until Michael was in dire financial straits, and struggling to prepare for London, that he called on Frank. Dileo was there in a flash. He was the most loyal friend you could ask for. Again, he came at his own expense. Even though he’d lived high during the 80s with Michael, Frank didn’t make out like some of Jackson’s other advisers. His attitude was, you don’t ask. You wait for someone–Michael, Sony–to do the right thing. They never did.

I digress. Frank had the worst health imaginable. Forget the stuff people in the record business did in those crazy Eighties. He smoked stogies, ate thick steaks, liked a good scotch. He loved The Palm in Nashville, and the breakfast room at the Beverly Hilton. At the latter he’d become a fixture in the last couple of years, moving in to help Michael and staying–even though he had a wonderful and understanding wife, Linda, and kids Belinda and Dominic, back in Ohio. He became the mascot of the Beverly Hilton. When he got sick this past spring, the staff came to Cedars Sinai and held prayer vigils. They were that fond of him.

Do nice guys finish last? I don’t think so. Frank played mobsters in movies like “Goodfellas” and liked to act tough, but he was a sweetheart. If only he’d been a little terrifying or threatening maybe he’d have made more money. But he led with his heart, and that always gets you into trouble. Was he disillusioned with Michael’s executors? Yes. He brought John Branca back into Michael’s life six weeks before Jackson died. With Branca came the utterly useless John McClain, who resented Frank and did everything he could to blunt his participation. The lackluster performance of the “Michael” album, which Frank tried to guide, can be laid at McClain’s feet.

Since Frank’s illness – resulting from triple bypass surgery in March – I have to say that the estate has been incredibly helpful, however. The details are private. But when Frank’s family needed support they got it. So, you have to balance these things out.

So what now? I’m going to do what Frank did to stay healthy: fruit for breakfast, with bacon and French toast. And remember my friend, who was barely five feet tall, but was a giant among men.

Source: MJFC / Showbiz411.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ