元マネジメント事務所がエステートに分け前を要求

マイケル・ジャクソンが2009年に亡くなって以来、その死が引き金となったノスタルジアの波から、マイケル・ジャクソン・エステートは巨大な利益を上げており、音楽セールスとライセンス事業により推定3億ドル以上を稼いでいるということは良く知られていることである。

そして現在、デマン・エンターテインメントという個人マネジメント事務所(78年から83年までマイケル・ジャクソンの代理人を務めた)が、マイケル死後の新たなキャッシュ・フローに対する分け前を求めている。

木曜日、デマン・エンターテインメント(元ワイズナー・デマン)はロサンゼルス上級裁判所に一つの申立てを申請した。マイケル・ジャクソン・エステートの共同遺言執行人ジョン・ブランカとの調停の強行がその目的である。

デマンは、1978年のマイケル・ジャクソンとの個人マネジメントに関する合意事項により、彼らには一定の手数料を受け取る権利があり、正規の手数料を確実に受け取るための、会計監査記録を「無制限に」閲覧する権利も有していると主張している。

同事務所は、エステートが得ている成功についての報道を見ており、また手数料が全額支払われていないと信じるに足る理由もある、と話している。

1月に、デマンは会計検査の意向がある旨の通知書を送付したが、ソニー・ミュージックを介すように、そしてその際には「サポート」はする、との返答をエステートは行なったと言われている。

デマンはそれに満足せずエステートにさらに手紙を送付し、会計帳簿の閲覧を要求した。財務に関連するすべての書類はエステートの管理下にあると考えているためである。

要求が受け入れられなかったためデマンは、マイケル・ジャクソンとの個人マネジメントに関する合意に含まれている調停規定を適用しようとした。しかし訴状によれば、エステートはこれまでのところ争いを調停に付すことを拒否している。そのためデマンは強制的に調停に持ち込むことを求めているのである。

この件についてエステート側は何も発表していない。

■ Former Management Wants Cut From MJ Estate
(14-7-2011) Since Michael Jackson's death in 2009, it has been well publicized that his Estate has seen huge profits from the wave of nostalgia it triggerd, earning an estimated $300 million plus through music sales and licensing projects.

Now, the personal management firm of DeMann Entertainment, which represented Jackson between 1978 to 1983, is looking for its share of the newfound cash flow.

On Tuesday, Demann Entertainment [formerly Weisner-Demann] filed a motion in LA Superior Court to compel arbitration with John Branca, co-executor of the Michael Jackson Estate.

Demann insists that its 1978 personal management agreement with Jackson entitles it to certain monetary commissions as well as an "unrestricted and unlimited right" to audit financial records in order to ensure that proper commissions are being paid to them.

The firm says it has read press accounts of the success that the Estate has enjoyed recently, and has reason to believe it has not been paid in full.

In January, Demann sent notice of its intention to audit, but allegedly the Estate returned word that the firm would have to go through Sony Music, and that it would "support" such action.

Demann was not satisfied with that, so they followed up with further letters to the Estate, demanding to see their books, believing the Estate is in control over full relevant financial documentation.

Having not gotten what it wanted, Demann then attempted to trigger the arbitration provisions of its personal management agreement with Jackson, but according to the lawsuit, the Estate has so far refused to submit the dispute to arbitration. So now, DeMann is seeking to compel it.

There has been no word yet from the Estate on the matter.

Source: MJFC / hollywoodreporter.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ