動画:バリー・ギブとのコラボレーション

マイケル・ジャクソンとバリー・ギブのコラボレーションが将来リリースされるかもしれないというニュースがこれまで流れているが、バリー・ギブの公式YouTubeチャンネルに短いビデオが投稿された。二人がスタジオで「It's All In Your Name」をレコーディング様子が映っている。

このデモは、2002年にジャクソンが未完成の曲をギブの自宅スタジオに持ち込んでレコーディングされたものである。このレコーディング・セッションはギブの娘アシュレーがハイエイト・カメラで撮影したもので、伝えられるところでは、「2時間以上の映像」があるという。

ギブは自身のウェブサイトで次のように書いている。

「マイケル・ジャクソンと僕は親友同士だった。全くその通りだったね。僕らは同じ音楽に興味があり、コラボレーションが大好きだったし、彼とは曲が書きやすかったよ。お互いに知れば知るほど、いろいろなアイディアが組み合わさって、この曲『All in Your Name』ができあがったのさ。

『All in Your Name』は要するにメッセージだ。世界中のファンに伝えたかったメッセージ。ファンのために、音楽への純粋な愛情のために作ったというメッセージさ。みんなが全部を聴けるようになる事を願い、祈っている。この経験は僕にとって永遠の宝物だ」



■ Jackson-Gibb Collaboration: VIDEO
(25-5-2011) There have been reports that a couple of Michael Jackson-Barry Gibb collaborations may be released in the near future. Well now, Barry Gibb's official YouTube channel just recently posted a short video of the two of them in the studio recording the song, "It's All In Your Name."

The demo was recorded at Gibb's home studio in 2002 after Jackson showed up one day with the partially written song in hand. The entire recording session was shot by Gibb's daughter, Ashley on a high 8 camera and reportedly there is "over 2 hours of footage."

Gibb wrote on his website,

"Michael Jackson and I were the dearest of friends, that’s simply what it was. We gravitated towards the same kind of music and we loved collaborating and he was the easiest person to write with. The more we got to know each other the more those ideas entwined and it all came to this song ‘All in Your Name.’

'All in Your Name' is in fact the message that Michael wanted to send out to all of his fans all over the World that he did it all for them and for the pure love of music. I hope and pray that we all get to hear it in its entirety. This experience I will treasure forever.”


Source: MJFC / allieiswired.com
関連記事