スパイク・リーのMJ映画がお蔵入り

映画監督スパイク・リーは、ある新作映画の仕事をしていると噂されてきた。その映画は、キング・オブ・ポップへのトリビュートになるという。しかし、現時点では、これは実現されそうもない。

「Brooklyn Loves Michael Jackson」と題されることになっていたこの映画は、ジャクソンを記念したトリビュートコンサートがニューヨークのブルックリンで開催されていたら、再び高級住宅街と化したこの街にどんなインパクトを与えただろうか、ということを観察するものになっていただろう。一時期、何人かのビッグネームがこの計画に名を連ねていた。サミュエル・L・ジャクソン、ジュリアン・ムーア、ロージー・ペレス、アンソニー・マッキーそしてジョン・タトゥーロらである。

しかし、この計画は中止されたようである。先日ファンがリーに対し、この映画がどんな風に作られているかと尋ねた際、リーは作られていないと語ったのみで、すぐに次の質問へ移ってしまった。

この映画はリーにとって特別なプロジェクトであった。彼はマイケル・ジャクソンの大ファンであり、ジャクソンのビデオ「They Don't Care About Us」の二つのバージョンの監督も務め、そして「This Is It」の非公式ビデオも製作したのである。さらにリーは過去2年、ジャクソンの誕生日を祝う大野外パーティー・イベントを開催していた。

この映画の話が再検討されるのかどうか、現在のところ情報はない。
mj36.jpg ■ Spike Lee MJ Movie Put On Hold
(24-1-2011) Director Spike Lee has been rumored to be hard at work on a new film that would pay tribute to the King of Pop but now it looks like that movie may not happen.

The movie, which was to be titled "Brooklyn Loves Michael Jackson," would examine the potential impact a tribute concert in Jackson's memory would have on a regentrified community of Brooklyn, New York. Several big names were attached to the project at one time, including Samuel L. Jackson, Julianne Moore, Rosie Perez, Anthony Mackie and John Turturro.

However, the project appears to have been scrapped. When a fan recently asked Lee how the film was shaping up, Lee responded that it wasn't and quickly moved on to other questions.

The film was something of a special project for Lee, a huge Michael Jackson fan who directed both versions of Jackson's videos for "They Don't Care About Us," as well as an unofficial video for the song "This Is It." Lee has also thrown huge block party events to celebrate Jackson’s birthday’s for the past two years.

There is no word on whether or not the movie will ever be re-visited.

Source: MJFC / flix66.com
関連記事