クリス・モズデル、「Behind The Mask」(ビハインド・ザ・マスク)について

クリス・モズデルは、アルバム「スリラー」用にマイケル・ジャクソンがレコーディングした「Behind The Mask」(ビハインド・ザ・マスク)の作詞者である。

「マイケル・ジャクソンがこの曲を取り上げた時、彼はそれをラブソングに仕立てたんです。ある種の、女性に関するラブソングです」とモズデルは話す。「私の想定とは全く違ってましたが、だけどほら、マイケル・ジャクソンだから。私はラブソングを書きましたよ」

意見が分かれていた初期段階からマイケルがOKを出し不朽の名作となるまでの過程はミステリアスな物語だ、とモズデルは言う。「スリラー」用にマイケルがレコーディングしたのがクライマックス、そして大団円に立ちはだかる障害として、この歌は著作権の問題により直前に外された。そして驚きの大団円は、モズデルは街で知人から聞かされたのだ。ついにこの曲が、マイケルのアルバムで日の目を見たのだと。

「MICHAEL」と名づけられたこのアルバムは12月14日にリリースされ、世界でトップセラーとなっている。アメリカでは3位を記録した。このアルバムには未完成曲が収録されており、1982年にレコーディングされた「Behind the Mask」も含まれていた。

この曲は今や、「すごい勢いで復活した」とモズデルは話している。

クリス・モズデルと「Behind The Mask」についての記事全文はこちらをクリック。
chris_modell.jpg

■ Chris Mosdell On ‘Behind The Mask’
Saturday, January 15th 2011

Chris Mosdell wrote the lyrics of ‘Behind The Mask,’ which was recorded by Michael for his ‘Thriller’ album.

“When Michael Jackson took it he made it into a love song, kind of, about a woman,” Mosdell says. “It was a completely different premise to me, but hey, it’s Michael Jackson. I let him have that one.”

The evolution of the song, from its oft-disputed roots to immortality granted by Michael, is a mysterious saga, Mosdell says. One whose climax is Michael recording the song for his ‘Thriller’ album, and the falling action is, the song being omitted at the last minute for copyright issues; and the surprising dénouement is, Mosdell hearing from an acquaintance on the street, that the song had finally surfaced on Michael’s posthumous album.

The album, titled ‘MICHAEL,’ released on December 14th is a top-seller around the world, which hit number three in the United States. It contains a collection of unfinished songs, including the original 1982 recording of ‘Behind the Mask.’

The song is now, “back with a vengeance,” Mosdell says.

To read the entire article about Chris and ‘Behind The Mask,’ please click here:

Source: dailycamera.com & MJWN
関連記事