Facebookにジェイソン・マラカイをかたった投稿

マイケル・ジャクソンに「似た声」のジェイソン・マラカイだと主張する何者かのFacebookへの投稿が、アルバム「MICHAEL」の歌の一部について白状する時が来た、と述べている。

同投稿は「なあ、みんな。白状する時だと思う。僕はたくさんの人たちに嘘をついてきた。今日もそうだ。だけど・・・あれは僕だ。『Breaking News』、『Keep Your Head Up』、『Monster』、『Stay』を歌ってるのは僕だ」、「僕はレコード会社と合意した。だけど秘密がばれてしまった。僕のファンに、そしてマイケル・ジャクソンのファンに申し訳ないと思う」と述べている。

しかしながら、ジェイソン・マラカイのマネージャーはこの件について、マラカイは投稿していないだけではなく、このネット上の詐欺行為の被害者でもあるとして、素早く対応した。

TMZに対しマラカイのマネージャー、サド・ノイデンは、何者かがマラカイの名を使ってFacebookにニセのページをつくり、「MICHAEL」の一部の曲を極秘に歌って馬鹿なソニー、マイケル・ジャクソン・エステート、そして一般の人々に悪事を働いたと主張している、と語った。

ノイデンによれば、マラカイ(メリーランドの副保安官として働いている)は、彼が「MICHAEL」では音符一つたりとも歌っていないということは全く疑いのないことだということをみんなに知って欲しいと思っているという。

さらにノイデンは、誰がこのFacebookを作ったにせよ悪意のあるものであり、見つけ次第告訴されるだろうと語った。

■ Facebook Post Not Jason Malachi's
(17-1-2011) A recent Facebook post by someone claiming to be Michael Jackson "sound-a-like" Jason Malachi, stated that it was time to fess up about singing some of the songs on the new MICHAEL album.

The post said, "Sheesh guys, I guess it's time to confess. I've lied to many people, including someone today, but.... It was me. It was me who sang Breaking News, Keep Your Head Up, Monster and Stay.

"I had a agreement with the record company, but now the cat is out of the bag. Sorry to all my fans, and fellow Michael Jackson fans."

However, Jason Malachi's manager was quick to go on the record saying not only did Malachi not post the statement but, he is also the victim of internet fraud.

Speaking to TMZ, Thad Nauden, Malachi's manager, said someone created a phony Facebook page in Malachi's name, claiming that he conspired to fool Sony, the Michael Jackson Estate and the public by secretly singing songs on the album, "Michael."

Nauden says Malachi, who works as a Deputy Sheriff in Maryland, wants everyone to know beyond a shadow of a doubt that he did not sing a single note on the MICHAEL album.

Nauden also said whoever created the Facebook page is malicious and will be prosecuted when found.

Source: MJFC / TMZ.com
関連記事