エイコン、「マイケルとの仕事は夢のようだった」

(要旨)歌手エイコンが先日、マイケル・ジャクソンとの仕事やニューアルバムについてCBSに語った。

「彼は完璧主義者だった」とエイコンはロンドンでCBSニュースに対して語った。「彼は一回のテイクでは、一回のアドリブでは、あるいは一つのアイディアでは決して完成させることはなかった。彼は無数のアイディアを試し、そして僕たちはそれらをいろいろやってベストを見つけなければならなかったんだ。もし見つけられなかったら、彼はまた無数にやるんだ」

彼はキング・オブ・ポップとの仕事を夢のようだと表現し、語った。「僕は絶対プロデューサーの席には座れないと思ったよ。ミキシング・パネルの向こうでマイクに向かってこんな風にその音符を歌ってみて、なんて言うプロデューサーにはね」と彼は笑った。「言いたいことはわかるだろ?クレージーだよ」

エイコンは、12月にリリースされた「MICHAEL」は、ジャクソンが生前に目指していた方向を示すものだと感じているという。

「このアルバムについての僕の見方は、このアルバムは、彼の音楽的遺産を讃えるためのものだということだ。彼がプロジェクトを実際に完全に完成させる前に僕らに残したわずかな物。だから僕はこのアルバムを取り上げて比較するようなプレッシャーにさらすようなことはしないよ。『スリラー』と比べるような、『オフ・ザ・ウォール』と、『ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア』と、あるいはマイクの既存のどのアルバムと少しでも比較するようなプレッシャーにはね」

「僕らは少なくとも、彼が行こうとしていたところを理解するチャンスを得たんだ。『This Is It』の映画と同じだよ。ツアーは行われなかった、リハーサル中だった。だけど僕らは、彼が僕らに届けようと取り組んでいた物を見れるようになった、という事実にただ感謝した。そして、そういうことなんだ、つまり、途中のアルバムなんだよ。僕らは彼が向かっていた方向を実際に訪れ、聞き、そして理解した。だけど最終的にこのアルバムがどこに向かっていたのかは決して分からない。完成しなかったから」

ジャクソンが音楽に与えた影響について、「これらがあったから、僕はここにこうしているのさ」と彼はジャクソンのアルバムについて語った。「僕はこれらのアルバムに動かされた。今生きてるビッグなアーティストたちはみんなMJと彼のレコードに動かされたんだよ。彼のビデオを見返したら、みんな心を動かされるだろう。彼は、アーティストが音楽を高めるためにできることを全部やり尽くしたのさ」 - 以下原文。
mjcover_1.jpg ■ Akon: "Working With MJ Was Surreal"
(4-1-2011) Singer Akon spoke to CBS recently on working with Michael Jackson and about the new album.

"He was a perfectionist," Akon said to CBS News in London. "He would never settle with one take, or with one ad-lib or with one idea. He would do thousands of those ideas and then we had to shuffle through them and find the best one. And if we didn't find it, he would go and do another thousand."

He described working with the King of Pop as surreal saying, "I never thought that I would be in the producer's seat, behind a mixing board telling Mike to sing the note like this," he laughed. "You know what I'm saying, it was crazy."

The singer said he felt "Michael," which was released in December, is an indication of the direction Jackson was headed to before his death.

"The way I look at this album is, this album is more something to commemorate him for his legacy. The little that he did leave behind for us before he could actually fully complete the project. So I wouldn't take this album and put it under pressure to even remotely try to compare it to a 'Thriller,' or an 'Off the Wall' or a 'Blood on the Dancefloor,' or whatever kind of album of Mike's before."

"We at least get a chance to understand where he is going. It's no different from 'This Is It' the movie - the tour wasn't done, they were still in rehearsal, but we just appreciated the fact that we got to watch what he was about to bring to us in progress. And that's all this is; its an album in progress," he continued. "We got to actually visit, hear and to understand where he was headed, but we will never know where the album [was] eventually going because it wasn't done."

Speaking about the influence Jackson had on music, Akon stated, "They're the reason why Im here," he said of Jackson's albums. "I was motivated by those records. The biggest artists alive today were all motivated by MJ and his records. You're going to look back to the videos and be motivated. He has done everything that an artist can actually do to motivate music."

Source: MJFC / cbsnews.com
関連記事