検死局はディスカバリーチャンネルの協力要請を拒否していた

(要旨)ロサンゼルス郡検死局が、マイケル・ジャクソンの検死解剖を再現するというディスカバリーチャンネルの番組を非難する動きに対して同調している。

伝えられるところによると、ディスカバリーチャンネルのプロデューサーらが今年初めにアシスタント・チーフ検死官エド・ウィンターを訪ね、番組制作の参考とするためにインタビューに応じ、ジャクソンの検死解剖と死因調査について説明してもらえるかどうかを打診したという。

ウィンターはTMZに対し、「Noと言いました。我々は番組制作に興味はありませんし、係争中の案件です。専門家の仕事ではないと考えますし、家族への敬意を欠いてそのようなことをするつもりはありません」と語った。

同番組はウィンターの協力なしで、検死報告書に沿って作られた。検死報告書は正式に公表されている。- 以下原文。

■ LA County Coroner Tells Discovery 'No'
(31-12-2010) The L.A. County Coroner has joined the uproar of those condemning the Discovery Channel's upcoming show reenacting Michael Jackson's autopsy.

Producers from Discovery reportedly went to Assistant Chief Coroner Ed Winter earlier this year, asking if he would sit for an interview and describe Jackson's autopsy and the investigation into his death for the show.

Speaking to TMZ, Winter said, "I told them no, we had no interest in doing it and it was a pending case. I think it's unprofessional and I wouldn't do it out of respect for the family."

Without Winters cooperation, the show was forced to use a copy of the Coroner's report, which is public record.

Source: MJFC / TMZ.com
関連記事