テディ・ライリー、MJから学んだことについて語る(その2)

ライリーは、「デンジャラス」で初めてジャクソンと仕事をしたのであるが、すでにプロデューサーとして、そしてR&BグループGuyのメンバーとして名をなしていた。しかしそうであっても、伝説的人物と最初に仕事を始めた時は怖気づいたと彼は言う。
「とてもビビったけど、乗り越えたよ」とライリーは、初めて仕事をしたとことを語る。「ちょっと経ったら順調になったよ。僕は柔軟に対応していた。彼は、どうやったら強くいられるか、自信を持っていられるかを教えてくれた。彼はどうやって彼と仕事をするかを教えてくれたのさ」。

「デンジャラス」は、「Remember The Time」、「Jam」、「In The Closet」といったヒット曲とともに、巨大な成功を収めた。「マイケルが触った物は何でもプラチナになるんだ。ゴールドじゃないよ」とライリーはジャクソンの仕事を語る。大変興味深いことに、80年代90年代のジャクソンの作品の響きが、ニューアルバムのライリープロデュースの曲「Hollywood Tonight」では聞くことができる。

「この歌はインターナショナルなんだ。素晴らしいアイディアだったと思う、そんな感覚を感じられるというのは、そう、ビリー・ジーンの発展形のように感じられるようにしたというのはね。違う土壌、違うストーリー。だけどマイケルのテイスト、マイケルの手触りを感じる。それはその通りだけど、ただ彼のストーリーをさらに進化させただけなんだ」

ライリーによれば、ジャクソンと仕事をする上で良かったことは、彼がいつも自分のしたいことを正確に把握していたことだという。「仕事を始める時、僕は『マイケル・モード』になるんだ。歌とか何もかもをそれに注ぎ込む、という意味だよ。『マイケル・モード』はとても強烈だ。制限がない、つまり大きな志を持つってことだ。グレートでないものは受け入れてはいけない。そして強くなければならないんだ」 - 以下原文(終わり)。


Riley, who first worked with Jackson on his "Dangerous" album, had already made a name for himself both as a producer and as a member of the R&B group Guy. But even so, he says he was still intimedated when he first began working with the legend.

"I was very intimidated at first, but I got through it," Riley said about working with Jackson for the first time. "It became smooth sailing after a while. And I rolled with the punches. He taught me how to be strong and hold my own. He taught me how to work with him."

Dangerous was a huge success with hits like 'Remember The Time,' 'Jam' and 'In The Closet.' "Anything that Michael touched turned to platinum, not gold," Riley said of Jackson's work. Interestingly, echoes of Michael's work from the '80s and '90s can be heard in the Riley-produced track, 'Hollywood Tonight' from the new album.

"That was intentional. I thought it was a great idea to get that feel, you know, and make the song feel like it was the next level of Billie Jean. It's a different climate, different story, but you still have the taste and the touch of Michael. That being said, it just takes his story further."

Riley said the good thing about working with Jackson is that he always knew exactly what he wanted. "When it came to working. I just kind of went into 'Michael mode', in terms of putting the songs and putting everything on it. 'Michael mode' is very intense. It's no holds barred; you just reach for the sky. You do not accept nothing less than great. And you have to be strong."

Source: MJFC / todayonline.com
関連記事