テディ・ライリー、MJから学んだことについて語る(その1)

(要旨)プロデューサー、テディ・ライリーがTODAYonlineとの電話インタビューに応じ、アルバム「MICHAEL」について語った。しかし彼はまた、キング・オブ・ポップから学んだことついて、ざっくばらんに語った。ライリーによれば、今回のアルバムは、ジャクソン自身を真に表現しているものであり、またジャクソンは、彼に「強くあること」、そして最後までやりぬくことを教えてくれた永遠の人、その人なのだという。

「マイケルと仕事をしていて学んだり、彼のことを理解したり、彼の友だちでいた限りにおいて学んだ最大のことは、正しいと感じたことについて強くあれ、ハングリーでいろ、謙虚さを忘れるな、ということだね」とライリーはロンドンからの電話で語った。「道のりは遠いけど」。

今回のアルバムに対する批評について、ライリーは動じていないようだ。こう語っている。「いいや、なんともないよ。僕は一つの目的のためにここにいる。唯一の目的・・・マイケルとマイケルの(音楽的)遺産を守ることさ。そして必要なら何が何でも、僕は誰とでも対決するつもりさ。その場にいなかったのに彼を知っていると思ってるような人とは対決する。それはファミリーの可能性もあるし、誰だろうと関係ないよ。このアルバムはそういう人たちのためのものじゃない。彼のためのものだ。これが結論さ」。

「そんな風に自分を嫌ってる人、人が自分のことを何か言っていて、それが自分でコントロールできないようなこと、そういうものの相手をしなければならないのは恐ろしいことだ。だけど時には、いいこともある。自分のことを話していなければ、その人は自分とは関係ないからさ。それでおしまい。僕はそういうのが好きだけどね。悪い、良い、不快、そんなことは関係ない。僕は偉大なるマイケル・ジャクソンの翼のもとに生きてるからね。彼は論争に生きている。そして僕は学んでいるのさ」 - 以下原文(その2に続く)。
teddy_riley.jpg ■ Riley Talks About Lessons He Learned From MJ
(26-12-2010) Producer Teddy Riley recently gave a phone interview to TODAYonline during which he spoke about the new album "Michael" but, he also talked candidly about some of the lessons he learned from the King of Pop. Riley said that for him, the album is a true representation of Jackson himself and that Jackson will forever be the man who taught him to "be strong" and stay the course.

"My biggest lesson, as far as learning from working with Michael, and knowing him and being a friend of his, is stay strong on what you feel is right, and stay hungry and stay humble," he said over the phone from London. "It will bring you a long way."

As for the criticisms that have been levelled at the album, Riley seems unfazed saying, "No, it doesn't bug me. I'm here for one purpose and one purpose only - to protect Michael and protect his legacy," he said. "And by any means necessary, I will go up against anyone. I will go up against the people who feel like they know him when they weren't there. It could be family, it doesn't matter who it is. I feel like [the album] is not for them. It's for him. And that's the bottom line.

"It's terrible having to deal with the hating and things that people say about you that you can't control," he continued. "But sometimes, it's good for you. Because you are nobody if no one is talking about you... then you're finished. I kind of like it, though. Bad, good, ugly - it doesn't matter. I am living under the wings of the great Michael Jackson. He lives for controversy. And I'm learning to."
関連記事