検事局、分析用に残留物をマーレー側へ供試へ

(要旨)マイケル・ジャクソンの死に関して訴追されているコンラッド・マーレー医師の弁護団は、寝室で発見された医療器具中の残留物を手に入れることとなった。分析を実施するためである。

ロサンゼルス郡地方検事局は月曜日、マーレー弁護団から提出されていた動議に対して返答した。

弁護団は、2本の注射器と点滴バッグ中の液体の分析を検死局が行うよう要請していた。弁護団は、麻酔薬プロポフォールと鎮痛剤リドカインがそれらの器具にどの程度入っていたかを特定することを希望している。

検事側は残留物の半量を弁護側に供試することに同意したが、副検事デビッド・ワルグレンが提出した動議では、検事側は、正確に分析が行わる場合のみ、分析に同意すると述べられている。

弁護団は民間の施設で分析を実施する計画である。 - 以下原文。

■ DA Gives Residue To Murray For Testing
(27-12-2010) Attorneys for Dr. Conrad Murray, who is charged in the death of Michael Jackson, will get some residue from medical items found in the superstar's bedroom in order to conduct tests.

The Los Angeles County district attorney's office responded Monday to a motion filed earlier by Murray's defense team.

Defense attorneys have asked to have the coroner's office conduct the testing on fluids in two syringes and an IV bag. They want to determine how much of the powerful anesthetic propofol and the painkiller lidocaine were in the equipment.

Prosecutors agreed to give the defense half the residue, but Deputy District Attorney David Walgren's contentious motion says the prosecution will agree to testing only if it is done correctly.

The defense plans to use a private laboratory to run the tests.

Source: MJFC / AP
関連記事

Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

文字サイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

モバイルはこちらから

QR