「スリラー」のギタリストのインタビュー

(要旨)ギブソンが行ったインタビューで、スティーブ・ルカサーが、多くのミュージシャンたちが羨む彼の最も輝かしいキャリアについて詳細に語っている。彼の最も知られた仕事はTOTOとしてのものであるが、彼は膨大なセッションの仕事をしている。

30年のキャリアの中で、彼は多くの音楽の偉人たちと演奏をしている。もちろんマイケル・ジャクソンも含まれている。「スリラー」での彼の仕事はクライマックスの一つである。

インタビューで「スリラー」について尋ねられ、彼は言っている。
「このアルバムに関連してTOTOのことが全然出てこないのが変だよね。『Human Nature』はTOTOの歌だ。僕らが書き、アレンジし、演奏した。マイケル・ジャクソンが歌って。だけど誰もこのことを言わないんだよ。『Beat It』はジェフ・ポーカロと僕だ。エディ・ヴァン・ヘイレンがソロを演った。僕はベースとリズム・ギターのパート全部とリフも全部演ったんだ。僕らがやったアルバムはたくさんある・・・本当にビッグで重要なアルバムたちさ・・・誰も僕らの名を出さないけどね」

全文を読むにはこちらをクリック。 - 以下原文。
stevelukather.jpg ■ ‘Thriller’ Guitarist’s Interview
Friday, December 17th 2010

In the Gibson Interview, the famous Steve Lukather has spoken at length about his most illustrious career that many musicians must envy. Best known for his work with Toto, he has a vast catalogue of session work.

During his 30 year career he has played with many of the greats on music, including, of course, Michael. His work on ‘Thriller’ is one of the high points.

In this interview, when asked to speak of his work on the album, he said; “It’s strange that Toto is never mentioned in association with that album. ‘Human Nature,’ is a Toto song. It was written by us, arranged by us, and played by us, with Michael Jackson singing it. But no one ever points that out. ‘Beat It’ was Jeff Porcaro and me, with Eddie Van Halen playing the solo. I played bass, all the rhythm guitar parts, and all the riff parts. There are many albums we had lots to do with – really big, important albums – where no one mentions our name.”

To read the entire interview, please click here:

Source: Gibson.com & MJWN
関連記事