「MICHAEL」の発売第一週の状況

(要旨)ロジャー・フリードマンがコラムShowbiz 411に下記記事を寄稿している。

マイケル・ジャクソンのニューアルバムはアメリカで3位に終わる。しかし、国際的なヒットである。

マイケル・ジャクソンのアルバム「MICHAEL」は今週、テイラー・スウィフト、スーザ・ボイルに遅れ3位にチャートインした。

「MICHAEL」は22万4000枚を売り上げ、上記2人の女性に対しておよそ25000枚少ないものであった。

一方、hitsdailydouble.comによれば、「MICHAEL」は今週デビューの中では最高である。R・ケリーとP・ディディのニューアルバムより10万枚多く売り上げている。しかしソニーによれば、「MICHAEL」は世界的ヒットである(下記参照)。

しかしながら、最後のアルバム「インヴィンシブル」は2001年の10月31日、発売初週で36万3000枚を売り上げている。

「MICHAEL」の売り込みに投入された販促費の少なさと、無駄に終わったP・ディディへの莫大な販促費を考えれば、「MICHAEL」は大ヒットであるとさえ言えるかもしれない。

そうは言うものの、「MICHAEL」に欠けているものは爆発力だ。そしてこのアルバムは、ジャクソンのボーカルが彼のものではない可能性があるという悪いイメージをいまだ乗り越えていない。・・・彼のボーカルなのであるが。

ソニーは出だしから失敗したようなものだ。11月6日にウェブ上でストリーミングされたバージョンの「Breaking News」はマイケル・ジャクソンのようには聞こえなかった。実はミックスが悪かったのだ。このことが、過激なジャクソンファンらを、騙されていると叫ばせる結果となった。

残念だ。「Breaking News」は素晴らしいシングルである。アルバムでは、リードボーカルは最初から終わりまで明らかにマイケル・ジャクソンが歌っている。ファンたちは、自分たちがそう思わなければ、良いものでも我慢しているのである。

実際のファーストシングル、エイコンとの「Hold My Hand」は多くの人々を惹きつけるものとはなっていない。

後の祭りなのであるが、私の考えでは、ソニーはリリースを焦っていた。彼らは販売キャンペーンもせず、集中することもなく、そして乗り越えなければならない多くのマイナス要因を抱えてしまったのである。もし春まで待っていたら、CD発売方法についてもっといろいろなアイディアを投入できただろう。

「MICHAEL」には力のあるシングルがたくさんある。「Monster」、「Keep Your Head Up」、「Another Day」はすばらしい。しかし、これらをシングル化するに当たって、ソニーは枠にとらわれない考えをしなければならない。

世界では、「MICHAEL」はまた別の話である。以下はソニーからのプレスリリースである。

・14の地域で100万枚(プラチナ)を出荷。アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス(200万枚)、イタリア(300万枚)、スペイン、ポルトガル、ポーランド、ロシア、ベルギー、チェコ(400万枚)、カナダ、韓国、中東。
・ドイツ、イタリア、オランダ、スウェーデンでは初登場1位を記録
・ドイツでは85000枚を売り、2010年の発売第一週での記録を更新、1位を獲得したアルバム中でトップとなった。
・イギリスでは第一週の売り上げは11万3000枚以上で、マイケル・ジャクソンのスタジオ・アルバムとしては「デンジャラス」以来ほぼ20年ぶりの出足を記録。
・日本では、「スリラー」、「バッド」、昨年の「This Is It」に続く、4番目の初登場3位以内のアルバムとなった。
・5位以内となったのは、ベルギー(2位)、アメリカ(3位)、日本(3位)、イギリス(4位)、フランス(4位)、デンマーク(4位)。アメリカでは100万枚出荷し、ビルボードのアルバムチャートでは23万枚弱を売り上げて3位を記録。
・17の地域で50万枚(ゴールド)を出荷。日本、中国、オーストラリア、アイルランド、オーストリア、オランダ、デンマーク、フィンランド、ギリシャ、ハンガリー、ノルウェー、スウェーデン、スイス、ニュージーランド、インド、フィリピン、台湾。

■ MICHAEL's First Week
(22-12-2010) Roger Friedman posted the following article in his column, Showbiz 411, this morning:

Michael Jackson's New Album Finishes At Number 3 In US But It's An International Hit

Michael Jackson‘s “Michael” album enters the charts at number 3 this week, right behind Taylor Swift and Susan Boyle.

“Michael” sold 224,000 copies, about 25,000 less than the two women.

On the other hand, “Michael” was the highest debut album of the week according to hitsdailydouble.com. It outsold new CDs by R. Kelly and P Diddy by more than 100,000 copies. Around the world, however, Sony says it’s an international hit. (See further below.)

However, Jackson’s last album, “Invincible,” sold 363,000 copies in its first week, back on October 30, 2001.

Given the modest amount of money that went into marketing “Michael” and the huge sums wasted on P Diddy, you could say “Michael” is even a bigger hit.

What it lacks, though, is a break out hit. And the album still has not overcome the stigma of Jackson’s vocals possibly not being his–and they are.

Sony sort of screwed this up from the beginning. The version of “Breaking News” that was put on the website for streaming in November didn’t sound like Michael Jackson. It was in fact the wrong mix. This led the rabid Jackson fans to scream that they were being fooled.

It’s too bad: “Breaking News” is a great single. On the album, it’s clearly Michael Jackson singing all the way through the lead. Jackson fans are denying themselves a real treat if they think otherwise.

The real first single, “Hold My Hand,” with Akon, has not been a crowd pleaser.

Hindsight is always 20/20, but I do think Sony rushed the release. They had no marketing campaign, no focus, and a lot of negativity to overcome. If they’d waited til spring, some more thought could have gone into how to launch this CD.

“Michael” has plenty of potential singles. “Monster,” “Keep Your Head Up,” and “Another Day” are all great. But Sony’s going to have to implement some out of the box thinking to make them happen.

Around the world, “Michael” is a different story. Here’s a press release from Sony:

# MICHAEL shipped Platinum in 14 territories including the United States, UK, Germany, France (2x), Italy (3x), Spain, Portugal, Poland, Russia, Belgium, Czech Republic (4x), Canada, Korea and the Middle East.
# The album debuted at #1 in Germany, Italy, Netherlands and Sweden.
# And on top of the # 1 album chart entry in Germany, sales of MICHAEL broke the country’s 2010’s first-week record with over 85,000 units sold.
# Opening week sales of more than 113,000 in the U.K. scored the biggest opening week for a new Michael Jackson studio album since ‘Dangerous’ nearly 20 years ago.
# In Japan, the album is the fourth Michael Jackson album to ever debut in the top 3, joining Bad, Thriller and last year’s “This Is It” companion album.
# The album is in the top five in Belgium (#2), US (#3), Japan (#3), the UK (#4), France (#4), Denmark (#4). In the US, the album shipped platinum and debuted at #3 of the Billboard Album chart with just under 230,000 copies sold.
# The album went Gold in 17 territories on arrival in Japan, China, Australia, Ireland, Austria, Netherlands, Denmark, Finland, Greece, Hungary, Norway, Sweden, Switzerland, New Zealand, India, Philippines and Taiwan.

Source: MJFC / showbiz411.com
関連記事