ジョージ・ウェント、MJとの「ブラック・オア・ホワイト」ビデオ製作について語る

(要旨)「ブラック・オア・ホワイト」でマコーレー・カルキンの父親役を演じた俳優ジョージ・ウェントがBroadway.comのインタビューに答え、マイケル・ジャクソンと仕事をしたときの思い出を語った。

「楽しかったよ。他の映画撮影と同じように、ある意味、すごい時間だったね。マイケル・ジャクソンもいて、彼はとてもエネルギッシュで楽しい人だったよ。彼は全くもってカッコよくて、驚くほど親しみやすかったね。変わったところは特にないようだったよ。フレッド・アーマイセンのプリンスのパロディ、見たことある?サタデー・ナイト・ライブでやったやつで、彼はいつもビヨンセ(のマネをする人)にささやいてるんだけど。マイケルはそんな風だと思ったよ。だけどよくこう言ってたね、『やあ、元気?』ってさ。で、たわいもないことを言いながら、ハグしてくれて、腕を回したままで側に立ってるんだ」 - 以下原文。
picture66.jpg ■ George Wendt Talks About Making BOW Video With MJ
(20-12-2010) Actor George Wendt, who was featured in the 'Black or White' video playing Macaulay Culkin's dad, recently gave an interview to Broadway.com where he talked a little about his memories of working with Michael Jackson.

"It was fun. It was like any other movie shoot, in a way, with beastly hours. Michael Jackson was onboard and he was a very energetic and fun guy. He was totally cool and surprisingly very approachable and seemed like a regular guy. Have you ever seen Fred Armisen’s parody of Prince on Saturday Night Live where he always whispers to Beyonce? I kind of thought he’d be like that, but he would say 'Hey, how are you,' [he would] give big hugs and stand with his arm around with you, shooting the shit."

Source: MJFC / broadway.com
関連記事