デビッド・ノーダール、20年にわたるMJとの友情を語る(その4)

不眠症について

「当時多くの時間を彼と過ごしました、特に2003年の一件以降です。彼は眠れませんでした。マイケルはいつも11時くらいにはベッドに入ろうとしていました。時には眠りにつくこともありましたが、そういう場合でも彼は目覚めてしまいました。だからいつも私にこう頼んでいたのです。『君を起こしてもいいかい?』と。私は言いました。『いいですとも。私の部屋のドアを思い切りノックしてください』。彼はよくそうしていました。そしていつも心配したのです。『君は眠れないね』、『ええ、もし疲れたら、午後に昼寝をしますから』。私たちはそんな風にして真夜中から朝が来るまで過ごしていたのです」

白斑について

「それからもちろん、気付いていました。彼はメークをしてませんでしたから、私は白斑に気付いていました。それは彼の顔の右側と首の下、それから手の甲でした。どれだったかは覚えていません。どの程度腕の上の方まで進んでいたかわかりません。彼は長袖のシャツを着ていましたから。ですが、時間が経つにつれて、白斑がだんだん広がっていくのに気付いていました。そして人前に出たりパフォーマンスをしなければならない時に、正しいメイクをするのは彼にとって難しいものでした。彼の皮膚は白かったのですが、白人の白さではなかったからです。冷凍庫のような、雪の白さだったのです。初めのうちは、白斑をカバーするために暗いメークをしていました。しかし広がるにつれて、白い部分を残りの部分と同じにするのが難しくなっていきました。だからだんだん明るくするメークを使わなければならなかったのです。

もちろん、マスコミはそのことについて彼を追求しました。白斑について、白人になろうとしていることについて。それは真実からは程遠いものです。マイケルは決して白人になりたかったわけではないんです。彼は彼自身と彼の祖先を誇りに思っていました。しかし、彼には選択肢がなかったのです。彼が絶対にしなかったこと、彼は白斑について決して不平は言いませんでした。不平を言っても当然だったのですが」

マイケルの完ぺき主義

「私がスタジオまで車で出かけていって中へ入ると、彼は私を掴み、『さあ、入って』と言いました。そこは物置のようでした。だから私たちはその物置に立ったままで、彼は言いました。『ここにいるみんなは僕に怒ってるんだ』、『どうしたんですか?』

スラッシュとジミー・ジャムがそこにいました。彼らのような最高のミュージシャンたちは、一曲を一度でレコーディングするなんてお手の物なんです。初めてでもうまくやりますよ。マイケルは彼らを朝の3時4時まで拘束するんですよ!同じ一節を何度も何度も繰り返してるんです、わかりますか?彼らはクタクタになってるんです。マイケルはあらゆる事をやってみるまで満足しないんです。言ってることがわかりますか?

彼は、ほんの少しでも良くする方法がないかと考えずにはいられなかったのです。自分のためにそうしたのではありません。ファンのためにそうしていたんです。彼はファンがいかに楽しんでいるかということについてとても気を配っていました。そんな人に、私は会ったことがありません。彼のショー、コンサートは出来得る限りベストでなければなりませんでした。彼は、お金に見合うものをファンが得られるようにしたかったのです」


インタビュー全文と会話の様子はこちらをクリック。
(終わり)


On Insomnia:

"I spent a lot of time with him during that time, especially after that 2003 thing, and he couldn't sleep. Michael usually tried to turn in around 11 o'clock and sometimes he'd fall asleep, but even if he did, he'd wake up again and so he'd always ask me, 'is it okay if I wake you up?' and I said 'Hell, yah, come bang on my door," which he would do, and then he would always worry. He said, 'Oh, you're not getting any sleep,' and I said 'Well, if I'm too tired, I'll go grab a nap in the afternoon.' We'd just hang out like that in the middle of the night until morning came."

On Vitiligo:

"Then of course, I noticed, because he didn't have any makeup on, I noticed the Vitiligo. It was on the right hand side of his face and down his neck and also on the back of his hand. I don't remember which one. I don't know how far it went up his arm because he had a long sleeve shirt on, but I noticed the Vitiligo and as time went on, the Vitiligo spread and spread and spread and it was difficult for him when he had to appear in public or perform, to get the right kind of makeup, because...that skin was white, not like Caucasian white. It was white like a refrigerator, snow white. In the beginning, he did use darker makeup to cover that, but then as it spread, it got more and more difficult to make that white skin the color of the rest of his skin, so he would have to go to lighter and lighter and lighter makeup.

Of course the press got on him about that, about trying to be white. Which is the farthest thing from the truth. Michael never wanted to be white. He was proud of who he was and where he came from, but he had no choice. He one thing he never ever did, he never complained about it. He had every right to."

On Michael's perfectionism:

So I drove over to the recording studio and when I walked in there he grabbed me and said, 'Come on in here," and there was like a store room. So we're standing in this store room and he said 'Those guys are mad at me,' and I said, 'What happened?'

This is Slash, Jimmy Jam was there. All these top flight musicians and these guys are used to laying down a track one time. The first time they nail it. Michael's keeping them there till 3 or 4 o'clock in the morning! Going over and over and over the same passages, you know? Just wearing them out. Michael didn't feel comfortable until he had explored every avenue, you know what I mean?

He had to know if there was a way he could make it a little bit better. He did that not for himself. He did it for his fans. I never met a man who was so consumed with how his fans were being treated. The shows he put on, the concerts, they had to be the best they could possibly be. He wanted people to get their money's worth."


To read the full interview, and to listen to an audio of the conversation, please click here.

Source: MJFC / reflectionsonthedance.com / special thanks to Juliana for bringing this to our attention!
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ