デビッド・ノーダール、20年にわたるMJとの友情を語る(その3)

マイケルの外見と彼の目について

「困りましたね。私たちは彼の外見についてよく話し合いました。彼はあのような内なる光を持っていましたが、彼は自分の外見が醜いとずっと思っていました。自分はハンサムではないと言っていました。『だからインタビューは受けないしトークショーにも出ないんだよ』、『そもそも僕は面白い生活をしていないし、僕はいつも働いているんだよ(そしてそれは彼がやってきたことであり、彼はいつも働いていました)』と彼は言っていました。

彼は自分が内なる光を持っているとは理解していませんでした。

座ってマイケルと話をしている時、私は彼の目を覗き込むことがよくありましたが、私は何マイルも向こうまで見ることが出来ました。彼はそんな素晴らしい目を持っていたのです。彼の目は映像の上でよい結果をもたらしていましたが、しかし直に見るほどではありません。彼を見ながら向かい合って座る時、彼の目は信じがたいものなのです。彼の目が私の動きを止めたことがあります。彼のそばにいるのですが、彼が誰であるかを忘れているかのようでした。そして気付くのです・・・『私はマイケル・ジャクソンの隣に座っているのだ』と。本当に驚きでした。素早いちょっとしたステップというやつをやることがありました。光っているようでしたよ。とても素早く正確で、素晴らしいものでした」。

薬物使用とタブロイドについて

「インタビューを受けることで、話しをでっち上げたのか、報酬を受け取ったのかはわかりません」。(ノーダール氏は報酬つきのインタビューを何度も申し込まれたが拒否している。)「彼らが話したい内容を私が話す限りです(彼らはインタビューを取りたがっていた)。ですから、周りには大金が舞っていましたよ。ブリーフケースに大金を詰めて、スターマガジンのような雑誌が周りを回っていました。

マイケルが薬やアルコールなどの影響が出ているところは見たことがありません。私は一日のうちの様々な時間帯で彼に会っていました。早朝、深夜、一日中です。彼はいつも完全に普通でした。どこにいてもです。だから私にはわかりません。

最後の数年間、もしそれが彼の身に起きたのであれば、私にはわかりません。マイケルに関してはあまりに間違った情報が溢れていました。私が個人的に知っていること以外は、私はそういうものは信じません。みんなテレビに出たいんじゃないんですか?私はそう思います。私にはそれが何かは分かりませんが、人々は情報を提供したがっていたのです。

そういうことはマイケルをイラつかせていました。こう言っていたものです。『僕のヘアドレッサーがインタビューを受けているのを見たよ。彼女は僕について話ていたけど、彼女は僕のことを何も知らないんだよ!』という風に。

彼は孤独を保っていました。私は彼とは良い友人になったので、私たちは可能なことは何でも話し合いました。ですが大部分の人たち対して、マイケルはそうしませんでした。裏切って他人に話すことを恐れていたからです。プライベートなことをです。私は絶対にそんなことはしませんでした。当時、私は決してインタビューなどを受けませんでした。彼は私といると安心していました。彼は、私たちは何でも話し合えるし私が裏切って他の人に会話の内容を言うことはないと思っていました」

「(彼に言ったものです)『どうしてこんなくだらないことをでっち上げさせたままにしているのですか?』彼は言いました。『第一に、もし君がこの世界に入ろうと思ったら、そして僕みたいに目立つ存在になるつもりだったら、彼らはそういうことをするものなんだよ。何を言ったところで、彼らがそうすることを止めさせることはできないんだよ』。ですが、そういう態度が彼を失墜させてしまったのです。なぜなら、彼は早い段階で主張しなかったからです」

「人々は彼を扱ったのです、彼が1人の人間であるということ、そして彼の全生涯が良い行いをするということを基本としていたというに敬意を払うこともなく。この哀れな人にどうしてそんなことができるのでしょうか?」
その4に続く)


On Michael's looks and his eyes:

"Oh God no. We had many talks about that (his looks). He had that inner light and he always considered himself to be extremely ugly. He said he's not a handsome man. 'That's why I don't do interviews and I don't go on talk shows.' He said 'First of all, I don't lead an interesting life, I work all of the time' (and that's what he did, he worked all of the time).

He never did really understand that he had that inner light.

Sitting and talking to Michael I would look into his eyes and I could see for a thousand miles. He had these most incredible eyes. They come off good on film, but nothing like in person. When you're actually sitting across there looking at him. Those eyes were unbelievable. There were times it would just stop me in my tracks and there were times I'd be around him where I'd kind of forget who he was and then it would dawn on me....'I'm sitting here next to Michael Jackson.' I never really got over that. There were times he would do these quick little step things and they were like lightening. It was just so quick, so precise and just amazing."

On drug use and tabloids:

"I don't know if people are making things up or if they've been paid to say things, to give interviews." (Mr. Nordahl was offered many paid interviews, which he declined). "(They wanted to do the interview) as long as what I talked about was what they wanted to talk about. So there was a lot of money floating around. Like Star Magazine was traveling around with briefcases full of cash.

I never saw Michael with the effects of doing any kinds of drug or alcohol or anything like that, and I saw him all different times of the day. Early in the morning, late at night, all during the day. He was always totally normal. Totally there. So I don't know.

The last couple of years, if that happened to him, I don't know. There's so much misinformation about Michael, except for anything I know personally, I just don't trust it. People are so willing to, I guess to get on TV. I don't know what it is, but they're just so willing to offer information.

It used to piss Michael off because he would say things like 'I saw an interview with my hairdresser and she's talking about me and my hairdresser doesn't know anything about me!'

He kept himself really separated and I got to be really good friends with him so we talked about just about everything that was possible, but for most people, Michael did not do that, just out of fear of people turning around and talking with someone else about it. Private things. I never did. I never gave into those interviews or anything during that time. He felt comfortable with me. He felt we could talk about things and I wouldn't turn around and talk about things that we were talking about, to other people."

"(I would say to him) 'Why do you let them make up all of this crap about you?' and he said, 'first of all, if you're going to be in this business and you're going to be as visible as I am, these are the things they do. No matter what you say, you're not going to stop these people from doing this stuff.' But, that also led to his downfall because he did not speak up early enough."

"They treated him without any respect for the fact that he's a human being and his whole life has been based on doing good deeds. Like, how can you do that to this poor man?"
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ