デビッド・ノーダール、20年にわたるMJとの友情を語る(その2)

マイケルが他と違うところ、そしてマイケルの目的について

「マイケルは子供たちを助けるために3億ドルくらい使いました。手術代の支払い、病院の建て増し、児童養護施設や火傷治療センターの建設などなど・・・・。彼がした良いこと、彼はそれを決して話すことはありませんでした。いつも周りにいた人から聞かなければならなかったのです。なぜなら彼はこう考えていたからです。つまり、もし慈善活動をして、それを話したり自慢したり、やろうとしている良いことを自慢したりしたら、それはこういう行為を否定するものだ、と考えていたのです。だから彼はそういうことは決して話さなかったのです」

「彼に尋ねました。『マイケル、どうしてそんなことができるんですか?どうして、死にそうな子供たちと過ごし、それからステージに上がってあんなパフォーマンスができるんですか?』マイケルは言いましたよ。『どうしたらやらずにいられるの?子供たちは僕に会いたがってるんだ。僕が重要なんじゃなくて、マイケル・ジャクソンというスーパースターが重要だっていうことを僕は知ってるんだ。もし僕が子供たちの命を1分でも1時間でも1日でも1カ月でも伸ばすことができたら、それは価値のあることだろ?』」

「マイケルはいつもそんな感じでした。もし子供が死にそうだ、という電話を受けたら、彼は飛行機に飛び乗って駆けつけ、『2週間でまた会いに来るよ』って言うんですよ。そういうやり方で子供たちの延命をしようとするのです。子供たちに楽しみを与えるんですね。こういうやり方は感心しますよね」

「ネバーランドに来る子供たち・・・・乗り物や何かは全部、車椅子でも大丈夫なようになってるんですよ。すべて改良されてるんです。乗り物も全部改良されてるんです。腕や髪の毛が飛び出さないように、何かに巻き込まれないように追加でカゴを作らせたんです。彼は安全について気を配っていました。乗り物を操作するスタッフは6ヶ月ごとにカンザスシティへ行って障害を持つ子供たちを救出できるよう訓練を受けるんです。映画館の中では、柱の土台などは全てカバーがかけられていて、段差をなくしていました。映画館の中には2部屋あってガラスの壁があり、病院のベッドが備え付けられていました。だから重病の子供たちも病院ベッドに腰掛けて映画を観ることが出来たんです。彼はあらゆることを考えていました」

「マイケルは言いました、『僕たちはみんな、何かをするために地球上に遣わされているんだ。僕は子供たちを助けるためにここに遣わされているんだよ』と。私と出会って以来彼がやったこと、彼が29歳の時ですが、それは彼の生涯のすべてだったのです。彼が亡くなるまでそうでした。マイケルは変わりませんでした。彼は信じられないほど他者の気持ちを理解していました。特に傷ついたり病気だったり放棄された子供たちに対してです。飢えたり住む家を持たない人々がいます。このことはいつも彼の心の中、彼の生涯の一番の関心事でした。そしてとても恐ろしいことで非難されたということ、そのことが彼を立ち止まらせ、そして10年後にまたそれが起こり、彼は打ちのめされました。完全に打ちのめされたのです」
その3に続く)

mjj_61.jpg


On the difference Michael made and his purpose:

"Michael spent a third of a billion dollars on helping children, paying for surgeries, building hospital wings, orphanages, a burn center and on and on and on. The good things he did he would never talk about them. You'd always have to hear it from people who were around him because Michael always thought if you did a charitable act and then you talked about it or bragged about it or something, all of the good you're trying to do, that it negated all of that. So he never would talk about those things."

"I asked him, 'Michael, how can you do that? How can you spend the time with these children who are dying and then go from that, on stage and give that kind of performance?' He said, 'How could I not? If these children want to see me. I know I'm not important, but Michael Jackson the superstar is, and if I can make a child live an extra minute or an hour or a day or a month, then wouldn't that be worth it?'

Michael was always that way. If he would get a call from somebody and a child was dying, he would get on a plane and go and he would tell them, 'I'm going to be back in 2 weeks to see you,' and a lot of times he extended little kids' lives that way. It gave them something to look forward to down the line. You have to admire something like that."

"The children that came to the ranch...all the rides and everything there was wheelchair accessible. Everything was modified. All the rides were modified too. He had extra cages built so arms couldn't flop out or hair couldn't flop out and get caught in something. He was concerned about the safety. Hte guys that ran the rides...they went to Kansas City every 6 months and took special training to be able to extracate physically challenged children. All those bases were covered and even up in the theatre, there were 2 rooms and there were glass walls that had hospital beds set up so that critically ill children could sit in the hospital bed and watch the movie. He thought of everything."

"Michael told me, 'we're all put on earth to do something' He said 'I was put here to help children.' Which he did from the time I met him, he was 29 when I met him, that was what his life was all about. It was that way all the way up to the time he died. Michael never changed. Michael had incredible empathy, especially (for) children that were injuried or sick or neglected. There were people that were hungry and homeless and that was always in the front of his mind his whole life, and then to be accused of something so horrific, it just stopped him in his tracks and then when it happened again 10 years later, the man was devastated, absolutely devastated."
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ