「This Is It」はMJファッションの復活を誇示する(その1)

(2009年10月31日)
実現することがなかったツアー。このツアーのために創作された手の込んだ衣装たち・・・・400万個のスワロフスキーのクリスタルが眩いばかりのもの、LED技術でライトアップされるもの。「This Is It」では、映画ファンはこうした衣装を見ることはない。これらはロンドン・O2アリーナで展示されている。7月にあの約束が果たされると計画されていた場所だ。そして衣装たちはニューヨークと東京へ向かうことになっている。

しかし、このポップシンガーの人間味を語るタフで優しい瞬間や素晴らしい音楽とダンスのショーに加えて観客が目にするものは、リハーサルでマイケル・ジャクソンが着用しているたくさんの素晴らしいデザイナーブランドの服だ。

パゴダスリーブの黒い革ジャケットやクリスタルが散りばめられたタキシードは、バルマンのクリストフ・ドゥカルナン、ディオール・オムのクリス・ヴァン・アッシュそしてトム・フォードらによりデザインされた衣装だ。これらの衣装は、ファッション業界におけるマイケル・ジャクソンの重要性が再確認されたこと、そして音楽とファッションの関係が変化したことを語っている。

マイケル・ジャクソンの個性、多くの場合ステージのための大仰なスタイリングのチョイス・・・片方だけのスパンコールのグローブや白いソックス、フェドラなど・・・により、彼は1980年代にスタイル・アイコンとなった。しかし近年の彼のカムバックは、バルマンのドゥカルナンのようなファッションデザイナーたちの手によるものだ。ドゥカルナンは彼のデザインに見られるテニスボール・ショルダーや派手な刺繍、それにマイケル・ジャクソンというもののレトロな魅力を評価しているデザイナーである。

スクラブや外科手術用マスク、アームバンド、その他豪華な衣服で裁判所に現われるマイケル・ジャクソンを我々は見慣れていた。これらのうちのいくつかは、LAを拠点とする彼の長年の衣装デザイナー、マイケル・ブッシュとデニス・トムキンスによるものである。彼らのロスフェリス・スタジオにはマイケルのマネキンがある。

しかしファッション・スタイリスト、ルシュカ・バーグマンの起用により彼の外観は変化した。マイケル・ジャクソンの毎日の服装は事実上の衣装となったため、劇中での大部分は彼女の仕事である。

セルビア生まれで「forever daaahling」などと言う小柄な努力家バーグマンは、伊誌ルオモ・ヴォーグの2007年10月号で、マイケル・ジャクソンをディオール・オムでスタイリングした際に初めて彼と出会った。

当時のミック・ジャガーやソニック・ユースのサーストン・ムーア、フランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノスなどほとんど全ての男性ロック歌手らがそうする中、彼女がマイケル・ジャクソンにエディ・スリマンのスリムライン・スーツを着せてファッショナブルにした時から、彼のカムバックは始まったと言う者もいるかもしれない。- 以下原文(その2に続く)。
mj135.jpeg ■ 'This Is It' Showcases MJ's Fashion Comeback
(31-10-2009) In "Michael Jackson's This Is It," moviegoers will not see the elaborate costumes created for the tour that never was, bedazzled with 4 million Swarovski crystals and lighted up using LED technology. Those are on display at the O2 Arena in London, where the engagement had been scheduled to begin in July, and will go on to New York and Tokyo.

But what they will see, in addition to tough and tender moments that humanize the pop singer, and one hell of a music and dance show, is an amazing array of designer outfits Michael Jackson wore to rehearsals.

A black leather, pagoda-sleeve jacket and a crystal-trimmed tuxedo are among pieces designed by the likes of Christophe Decarnin for Balmain, Kris Van Assche for Dior Homme and Tom Ford that speak to Michael Jackson's renewed relevance in fashion circles and the changing relationship between music and fashion.

Michael Jackson became a style icon in the 1980s because of his individual, often theatrical styling choices for the stage -- the single sequined glove, the white socks, the fedora. But his recent comeback effort was engineered with the help of fashion designers, with Balmain's Decarnin recognizing the retro appeal of tennis-ball-shaped shoulders and over-the-top embroidery, and Michael Jackson appearing in his designs.

We had been used to seeing Michael Jackson show up for courtroom appearances in scrubs, surgical masks, armbands and other kooky attire, some of it designed by his longtime L.A.-based costume designers, Michael Bush and Dennis Tompkins, who have a Michael mannequin in their Los Feliz studio.

But his look changed with an introduction to fashion stylist Rushka Bergman, and it is her work that is mostly front and center in the film, as Michael Jackson's everyday clothes end up as his de facto costumes.

A pint-sized powerhouse from Serbia who says things like "forever daaahling," Bergman first met Michael Jackson when she styled him in Dior Homme for the October 2007 issue of Italian L'Uomo Vogue.

Some might say it was the beginning of his comeback when she put him in Hedi Slimane's slim-line suits, fashionable at the time with Mick Jagger, Beck, Thurston Moore of Sonic Youth, Alex Kapranos of Franz Ferdinand and nearly every other credible male rocker.
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ