遺産裁判、控訴裁がヒアリング実施を決定

(要旨)控訴裁判所がマイケル・ジャクソンの父親ジョーに対し、息子の遺産に関する決定に関与できるべきだと主張する権利を与えた。

第二地区控訴裁判所は2010年9月2日、ジョー・ジャクソンによる控訴について2010年10月6日にヒアリングが行われると述べた。

昨年ジョー・ジャクソンは、弁護士ジョン・ブランカと、音楽エグゼクティブかつ家族の友人であるジョン・マクレーンにより遺産が運営されるとした州裁判所判事の裁定に対して異議を申し立てた。

ジョン・ブランカとジョン・マクレーンは、マイケル・ジャクソンの2002年の遺言で、遺産の管理するよう指名された。

この遺言はジョー・ジャクソンを除外していた・・・その結果、事実上ジョーに対する遺産の分配または意思決定権を認めないこととなった。

「これは国中のそして世界中の全ての父親にとって重要な論点だと思います。息子が亡くなった場合、父親は息子の遺産に対して決定権を持つべきだという論点です」と、ジョー・ジャクソンの代理人の弁護士ブライアン・オックスマンは語った。

エステートの代理人の弁護士ハワード・ワイツマンは、遺言管理人は遺言に記載されている相続人に対する全ての責務を果たしているところだと語った。

「以前申し上げた通り、ジャクソン氏の控訴には根拠がないのです」とワイツマンは語っている。

エステートはマイケル・ジャクソンの死去以降、数千万ドルの収益を上げている。

この件に加え、ジョー・ジャクソンはコンラッド・マーレー医師に対する不法死亡訴訟を連邦裁判所で継続中である。マーレー医師はマイケル・ジャクソンの死についての過失致死罪に対して無罪を主張している。

不法死亡訴訟の裁判費用はエステートが支払うべきだとオックスマンは言う。

エステートは不法死亡訴訟については加わっていない。- 以下原文。
70x53_29.jpg ■ Appeals Court Sets Hearing In Estate Case
(3-9-2010) An appeals court has granted Michael Jackson's father Joe the right to contend that he should be involved in the decisions regarding his son’s estate.

The Second District Court of Appeal said on September 2 , 2010 that the appeal by Joe Jackson would be heard on October 6, 2010.

Last year, Joe Jackson challenged a ruling by a state judge that the estate would be run by attorney John Branca and music executive and family friend John McClain.

John Branca and John McClain had been designated in Michael Jackson’s 2002 will to administer his estate.

The will omitted Joe Jackson — effectively denying him any stipend or decision-making authority.

"I think it's an important issue for all fathers around the country and around the world that when their child dies they should have a say-so in their child's estate," said attorney Brian Oxman, who represents Joe Jackson.

Attorney Howard Weitzman, who represents the estate, said the administrators were meeting all obligations to the beneficiaries named in the will.

"As I've said before, Mr. Jackson's appeal is not well taken," Weitzman said.

The singer's estate has earned tens of millions of dollars since Michael Jackson’s passing.

Furthermore, Joe Jackson is also pursuing a federal wrongful death lawsuit against Dr. Conrad Murray, who has pleaded not guilty to involuntary manslaughter in the singer's death.

The costs of the wrongful death lawsuit should be paid by Michael Jackson's estate, Oxman said.

The estate is not a party to the lawsuit.

Source: MJFC / AP
関連記事