オールグッドの訴え、棄却

(要旨)コンサートプロモーター、オールグッド・エンタテインメント(以下オールグッド)が、失敗に終わった再結成コンサート計画をめぐりマイケル・ジャクソンに対して起こしていた数百万ドル訴訟について、連邦裁判事は木曜日にこれを棄却した。

アメリカ連邦地裁判事ハロルド・ベアは、キング・オブ・ポップもしくはその家族が、再結成コンサートで演奏をするという拘束力のある合意のもとにあったという証拠がないとして、マイケル・ジャクソン・エステート(以下エステート)の弁護士らによる訴訟棄却の動議についてこれを認めた。

2009年6月10日、スーパースターがロサンゼルスにおいて50歳で死去する2週間前、オールグッドは4000万ドルを求めてジャクソンを提訴した。この訴訟は、ジャクソンとマネージャー、フランク・ディレオがジャクソン再結成ショーについての契約を守らなかったと主張していた。後にオールグッドは、この訴訟の潜在的価値は3億ドル(約271.5億円)だと主張して、エステートに対して債権者請求を行っていた。

ベア判事は、フランク・ディレオとオールグッドの間にはレター・オブ・インテント(基本合意書)が存在していたが、ジャクソンやショーに関わることになっていた他の家族が契約書にサインをしていないと裁定した。

また同判事は判決文で、もし契約不履行があったとすれば、必要期日までにジャクソンに対して支払いを行わなかったことによりオールグッド側が最初に合意を破っていると記している。

「本件は何の益もなく、また初めから彼らの主張には根拠がなかったのです」とエステートの弁護士ハワード・ワイツマンは声明の中で述べている。「マイケル・ジャクソンは、オールグッドがプロモートしたコンサートに参加することに同意などしていなかったのです。判事が判決理由で明確に判断を下したように」。 - 以下原文(参考:MJエステートに対する3億ドル訴訟の大部分が却下)。

love_3458.jpg

■ Judge Dismisses AllGood Lawsuit
(19-8-2010) On Thursday a federal judge dismissed a multi-million dollar lawsuit brought by concert promoter, AllGood Entertainment against Michael Jackson over a failed reunion concert attempt.

U.S. District Judge Harold Baer Jr. granted a motion by Jackson Estate lawyers to dismiss the case, citing a lack of evidence that the King of Pop or his family were under any binding agreement to perform at a reunion concert.

AllGood Entertainment sued Jackson for $40 million on June 10, 2009, about two weeks before the superstar's death in Los Angeles at age 50. It claimed Jackson and his manager, Frank DiLeo, broke a contract for a Jackson reunion show. They later filed a creditor's claim with Jackson's estate claiming the potential value of the lawsuit was $300 million.

Baer determined that there was a letter of intent between Frank DiLeo and AllGood but noted that neither Jackson nor any other members of the family who were to be involved in the show ever signed a contract.

The judge also wrote in the ruling that if there was a breach in the contract, AllGood broke the agreement first by failing to issue a payment to Jackson before a required deadline.

"This case never had any merit and the claim was frivolous from day one," Jackson estate attorney Howard Weitzman said in a statement. "Michael Jackson never agreed to participate in a concert promoted by AllGood as the judge clearly found in his opinion."

Source: MJFC / AP
関連記事