キャサリン、ダンスをする幼いマイケルを振り返る

(要旨)今日ネット上に投稿された新しいインタビューでキャサリン・ジャクソンが、MJがスーパースターになるかもしれないと最初に思った時のことを鮮やかに覚えていると語っている。その話は、幼いマイケルが古い洗濯機のリズムに合わせて踊っていたころに遡る。

キャサリンによれば、息子マイケルはまだオムツをしていたが、メイタグの古い洗濯機のリズムに合わせて「パーフェクトなタイミング」で踊っていたと言う。そして彼女はこの時、自分の息子が偉大になる運命にあると理解した。

全インタビューはこちらをクリック。

なお、ファンの皆さんは、キャサリンの新しい自伝、Never Can Say Good Bye:The Katherine Jackson Storyが貰えるコンテストに応募することができます。

コンテストに参加するには、MJに関する自作の詞や歌詞を投稿してください。勝者の作品はキャサリン・ジャクソンに届けられ、Jacksonsecretvault.comに独占掲載されます。コンテストの詳細と作品の投稿方法については、Jacksonsecretvault.comを参照してください。- 以下原文。

katherinejackson.jpg

■Katherine Recalls A Young Dancing Michael
(4-8-2010) In a new interview posted today online, Katherine Jackson says she vividly remembers the first time she knew MJ would be a superstar, and it all goes back to the time young Michael danced to the rhythm of an old washing machine.

According to Katherine, her son Michael, in a diaper, danced to the rhythm of the family's old Maytag washing machine with "perfect timing” and that was when she knew her son was destined for greatness.

Click Here to watch the full interview.

Additionally, fans can now also enter to win a copy of Katherine’s new memoir Never Can Say Good Bye: The Katherine Jackson Story.

Fans are invited to upload original poems and/or lyrics about MJ for a chance to win a free copy of Never Can Say Goodbye. Plus, the winning poem will be delivered to Katherine Jackson and broad casted exclusively on Jacksonsecretvault.com. Visit the website for more contest details and learn how to submit your poem.

Source: MJFC / TMZ / Jacksonsecretvault.com
関連記事