マイケルの母、あまり元気ではない

(要旨)先月収録されたとされる未公開インタビューによると、キャサリン・ジャクソンは、最愛の息子の死以来、「あまり元気ではない」と語っている。

マイケル・ジャクソンの一周忌の直前に収録されたそのインタビューで、彼女は「息子のことを考えずに一日たりとも過ぎることはありません」と話している。

このビデオはキャサリンの本「Never Can Say Goodbye」を販売しているウェブサイトが撮影したもので、TMZによればこの映像は全て、キング・オブ・ポップの生涯についての長編ドキュメンタリーの一部であるという。このドキュメンタリーは、キャサリンがビジネスパートナー、ハワード・マンとともに進めているプロジェクトである。

ビデオを見るにはこちらをクリック。 - 以下原文(参考:ジャクソン物語に映画界の有名人が加わる)。
70x53_41.jpg ■ Michael's Mom Not Doing Well
(28-7-2010) According to a never before seen interview, which was reportedly recorded last month, Katherine Jackson says that she "hasn't been doing so well" since the death of her beloved son.

During the interview, which was recorded just before the first anniversary of Michael's death, his mother says, "Not a day goes by that I don't think about my son."

The video was shot by the same website that is selling Katherine's new book, Never Can Say Goodbye, and, according to TMZ, the footage is all part of a larger documentary on the King of Pop's life - a project that Mrs. Jackson is working on with her business partner Howard Mann.

To view a clip of the video, click here.

Source: MJFC / TMZ.com
関連記事