フランスでの訴訟について、エステートの公式声明

2019年7月4日、北フランスのオルレアンで公判が開かれています。マイケル・ジャクソンのコミュニティーであるMJ StreetとOn The Lineのグループが、3月に放映されたHBOのドキュメンタリー「Leaving Neverland」によって故マイケル・ジャクソンのイメージを汚したウェイド・ロブソンとジェームズ・セイフチャックの二人を相手取った訴訟を進めています。

このファン・グループがフランスの法廷で法的措置に訴えたのは、フランスにおける名誉棄損訴訟のおかげです。

米国や英国では名誉棄損に対する保護は死後までカバーされていませんが、フランスでは故人のイメージを汚すことは犯罪行為となります。

フランス人弁護士エマニュエル・リュド(本訴訟でのファン・グループの代理人)は、ロブソンとセイフチャックによるマイケル・ジャクソンに対する告発が”きわめて深刻”であり、ジャクソン(2009年6月25日に死去)に対する”真正のリンチ”であると評しています。

原告のファンクラブは象徴のための1ユーロを賠償として求めています。

マイケル・ジャクソン・エステートの共同執行人のジョン・ブランカは、「エステートは、マイケルとマイケルが愛したフランスと全世界のファンたちの代理人であるリュド氏による、真実は最後には明らかにされるだろうという尽力を全面的に支援します。私たちは、フランスでの勝利がアメリカにおける動きを加速し、故人を名誉棄損から保護するための法律改正の端緒となるという希望を持っています」と述べています。

■Official Statement from the Estate of Michael Jackson on the French Law Suit

On Thursday, 4 July 2019, a court hearing is taking place in the Northern French city of Orleans where the Michael Jackson Community, the MJ Street and On The Line groups will commence proceedings against Wade Robson and James Safechuck, two men who sullied the image of the late singer Michael Jackson in the four- hour HBO documentary Leaving Neverland which aired in March.

The fan groups are taking action in a French court because of French defamation laws.

In the US and UK, libel protection does not extend after death but in France sullying the image of a deceased person is a criminal offense.

French attorney Emmanuel Ludot who is representing the fan groups in the case against Robson and Safechuck has called the allegations against Michael Jackson “extremely serious” and likened them to “a genuine lynching” of Jackson, who died on 25 June 2009.

The fan clubs are seeking symbolic damages of one Euro each.

According to John Branca, Co-Executor of the Estate of Michael Jackson, “The Estate is in full support of Mr. Ludot’s efforts on behalf of Michael and his beloved fans in France and across the globe that the truth shall ultimately prevail. We remain hopeful that a victory in France will soon fuel a movement In the United States to finally explore changes in the law to afford defamation protection for the deceased.”

Source : The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

Leaving Neverland: エステートの声明、エミー賞ノミネートについて

Hi #MJFam:
今回のエミー賞ノミネートは同賞の信頼への打撃だけではなく、ジャーナリズム全体への打撃です。エステートは、今回のノミネートに関連してファン・コミュニティーから、このノミネートがマイケルのレガシーに及ぼす影響を懸念する数多くのメッセージを受け取っています。ここに、エステートからメッセージを皆さんと共有させていただきます。

エステートの声明

アメリカでのエミー賞ノミネートの発表に関連して多くのファンの皆さんからメッセージをいただいています。テレビ芸術科学アカデミーによるクリエイティブアート・エミー賞に、恥ずべき一方的中傷、「Leaving Neverland」がノミネートされたことについての怒りと失望は私たちも同様です。

ご存知の通り、エステートは、「Leaving Neverland」の二人の中心人物による誤った告発からマイケルと彼が遺したものを守るために多くの時間と費用を費やしてきました。彼らが法廷で失敗してHBOにこの件を持ち込んだ時、私たちは相当の時間と費用をもって迅速にHBOに対する訴訟を起こしました。訴訟は現在も続いており、世界中の注目を集めています。HBOはこの訴訟を重大なものとして受け止めています。

加えて、私たちはハーバード大とUCLAで開催された公開セミナーに参加し、「Leaving Neverland」の著しい偏向について焦点を当てました。これはメディアでも大きく報道されました。私たちは数多くの公式声明を発表してマイケルを弁護し、「Leaving Neverland」に関わる人々の動機だけでなく、もはや自分では弁護できない者に対する裏付けのない根も葉もない訴えを拡散する信用できない嘘つきと制作者を支持することを選んだ人々の動機に対しても疑問を投げかけました。

これまで発表した声明で提示したように、水面下で行っていること、今後も続けていくこともあります(タジ・ジャクソンに対する支援も含みます)が、その大部分は公にはしません。私たちの特異な立場においては、テレビネットワークや映画製作者、原告らの代理人、場合によっては、この映像をもっと売り込み認知度を上げるために私たちがすることを何でも掴んでおきたいと考えている敵メディアとも話をしている最中であることを考えれば、私たちは思慮深くなければならないと考えています。マイケルを愛する人々が感じる怒りを共にする一方で、マイケルのレガシーに貢献するものに反することに対し堂々と主張しつつも、彼を破壊したいと思う者たちが探している口実と機会を与えないように、私たちはその情熱のバランスを取らなければなりません。それはファンの皆さんも望むことではないと思います。

エミー賞の中でもこの部門については言えば、皆さんお気づきの通り、メディアはほとんど注目していません。ウソと証明されたことを元に構成された4時間のプロパガンダ作品に賞を授与することはそれがいかなる賞であっても不条理であるという私たちの見方についてはアカデミー側には確実に伝えています。その一方で、公に訴えたいという衝動を抑えることは心情としては満足できませんが、このことを肝に銘じておくことは重要です。すなわち、1、2年後には誰が獲ったかも忘れられてしまう賞のために彼らが取り組んでいる利己的なキャンペーンも含め、HBOや制作者、そしてこの映像のプロモーション活動を利するいかなることも私たちはしたくないのです。

サンダンス映画祭でのプレミアとHBOでの放映の後、「Leaving Neverland」のウソがいくつか暴かれました。エステートやファンの皆さん、海外やアフリカ系アメリカ人向けメディア、そして一般の視聴者までもが、信ぴょう性とジャーナリズムの品位が欠けていることを暴く穴を映像の中に発見しています。自らの作品制作にあたり公平性というジャーナリズムの基本をことごとく冒とくした傲慢な監督の問題点を明らかにし続けることが私たちの最善の策です。利己主義的な”受賞”が、反対の立場の側を避けるという彼の決断の正当性を実証することにはなりませんし、ファクトチェックを怠ったことを正当化することはありません。時間経過の穴を埋めることもないし、マイケル・ジャクソンや関係者の名誉を傷つけた無謀さから免責されるわけでもありません。

このインフォマーシャルに出資し支援することでマイケルの評判を貶めることに加担したHBOは、この数か月間、私たちにフラストレーションを感じてきました。しかし、私たちはマイケルの素晴らしいレガシーを守り保護することに努めているのです。HBOと監督の彼はマイケル・ジャクソンを黙らせられたらと望んできましたが、できませんでした。何らかのノミネートや受賞がその状況を変えることはありません。

最後にこの場を利用して、ファンの皆さんに対し、時間と労力、そして時にはマイケルを守るための調査にお金を費やしてくれたことに対してお礼を言いたいと思います。そうした労力を私たちは承知していますし、マイケルと彼のレガシーを支援するために皆さんにしていただいているすべてのことに心から感謝しています。どうかご安心ください。

マイケル・ジャクソン・エステート


■Statement from the Estate of Michael Jackson about Emmy Nominations

Hi #MJFam:

The Emmy Nominations are not only a blow to the credibility of the awards, but to journalism everywhere. The Estate has received a deluge of messages regarding the nominations, expressing concern from the fan community about the effect this will have on Michael’s legacy. The Estate shares the following message with you.

STATEMENT FROM THE ESTATE

We have heard from many fans in connection with the recent announcement of Emmy nominations in the US. We share your outrage and disappointment that the disgraceful one-sided smear Leaving Neverland was nominated for potential Creative Arts Emmys by the Television Academy.

As you know, the Estate has spent years and considerable sums defending Michael and his estate against false allegations made by the two subjects of Leaving Neverland. When those individuals took their case to HBO having thus far failed in court, we wasted no time in filing a major lawsuit at considerable time and expense against HBO that remains active, attracted worldwide attention and which HBO has taken very seriously.

We also participated in public seminars highlighting the egregious bias of Leaving Neverland– at both Harvard and UCLA – which were covered extensively in the media. We have issued numerous public statements defending Michael, calling into question the motivations not only of the participants in the film but also the motivations of those who would choose to support the discredited liars and filmmaker who spread uncorroborated, unsubstantiated claims against a man who is no longer here to defend himself.

As we have indicated in prior statements, there are and will continue to be things that we do behind the scenes (including support offered to Taj Jackson), most of which will never become public. We recognize that in our unique position we must be thoughtful in whatever actions we take given that we are dealing with a network, filmmaker, plaintiffs’ attorneys and, in some cases, hostile media who are looking to seize on anything we do to advance their agendas and create publicity for this film. While we share the anger those who love Michael feel, we nonetheless must continue to balance our passion to speak out, against what best serves Michael’s legacy and not give those who wish to destroy him the excuse and opportunity they are looking for to try to further denigrate him. We know this is not what the fans want either.

As far as these specific Emmy nominations are concerned, as you may have noticed the media has actually given very little attention to them. So while we can confirm that we informed the Academy of our views regarding the absurdity of nominating for any award four hours of propaganda built on provable lies, it is important to keep in mind that, while not emotionally satisfying to restrain ourselves from speaking out publicly, we don’t want to do anything to effectively aid HBO, the filmmaker and the subjects of the film in seeking to promote this movie in any way. That includes aiding this and other self-serving campaigns they undertake for potential awards nobody will even remember who won a year or two from now.

After screening at Sundance and then playing on HBO, several lies were exposed in Leaving Neverland. The Estate, fans, foreign and African American media and even everyday viewers found holes in the film exposing its appalling lack of credibility and journalistic integrity. Our best course is to continue to shed light on an arrogant director who violated every basic journalistic standard of fairness in making his movie. No self-serving “award” will ever validate his decision to avoid anyone with a counterpoint of view, nor will it ever justify his inexcusable failure to fact check, fill the gaping holes of his timeline or absolve him for recklessly disparaging the reputations of Michael Jackson and others.

HBO’s reprehensible participation in disparaging Michael’s reputation by financing and supporting this infomercial has been frustrating for all of us over the last several months. But we are committed to protecting and preserving Michael’s incredible legacy. HBO and the film’s director were hoping they would mute Michael Jackson. They didn’t. No nominations or potential awards will change that.

We also want to take this opportunity to thank the fans for all of the time, energy and, in some cases, money you have invested in the defense of Michael. You can be assured that we are aware of those efforts and genuinely appreciate everything you do to support Michael and his legacy.

--- The Estate of Michael Jackson

_____________________

Best
Alicia

MJOnline
The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

没後10年、マイケル・ジャクソンが遺したものはどこへ?

ラジオ・プレイは微減、しかし「Leaving Neverland」放映後もラスベガスのショーは続き、ブロードウェイは引き続き検討中である。

フェドラに片方だけの白いグローブ、キラキラ光るミリタリー・ジャケット。ムーンウォーク。4人組による完ぺきにシンクロした「Smooth Criminal」のダンス。

世界中から集まった60人のスーパーファンたちが月曜日にハリウッド通りのゲームセンターに集まった。彼らのヒーローを称えるダンスと歌と祈りの2日間の始まりだ。

子供の時に「A-B-C-1-2-3」を歌っていたことを思い出している者、「Thriller」を聴いていた者の中には50代、60代になっている者もいる。しかし、このショーの主役は、ジャクソンが亡くなった時にはほんの幼児だった子だ。10歳の少年ルーディー・パーラがローファーと白いグローブを身に着けてゲームセンターの床を滑っていく。YouTubeで勉強したムーヴの完全コピーだ。もう一人のダンサー、ガワーディー・ホートン(38)がルーディーにフェドラを手渡した。このパーティーのマイケルの戴冠だ。

亡くなって10年となる火曜日、数多のマイケル・ファンやライト・リスナーたちは、あのニュースをどこで、いつ聞いたかを振り返った。睡眠補助に処方された薬物の過剰投与によりジャクソンが50歳で亡くなったことは、世代を超えたショックの出来事であった。一方でこの出来事は、矛盾する一般大衆が、彼の幼児との振る舞いに対する不適切な噂を棚上げにすることにつながった。

しかし、この記念日のほんの数か月前、HBOのドキュメンタリー「Leaving Neverland」が放映さ、ジェームズ・セイフチャックとウェイド・ロブソンの二人が7歳の時に始まったジャクソンによる性的虐待を語った。2005年、ジャクソンは別の少年に対する性的虐待の容疑について無罪評決を受けた。しかし、性的虐待に対する注目が高まっている中での二人の男からの新たな証言に、多くの人々はジャクソンのレガシーが色あせるのではと思った。

その答えがわかるには10年かかる可能性もある。

HBOの広報によると、二部構成の「Leaving Neverland」の前半部の視聴者数は920万人で、HBO史上最多のドキュメンタリー視聴者数だという。しかし一方で、ジャクソンの楽曲のストリーミング数や売り上げ数は、ニールセンによれば年初より微減だ。3月の放映直後にはラジオ・プレイの回数は急減し、ラジオ局の一部は放送禁止にすると表明したが、1月時点でのものよりは少ないものの、プレイ回数は徐々に回復している。

マイケル・ジャクソン・エステートは他の手段でも収益を上げ続けている。ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」は上演を続けている。彼の楽曲「Don’t Stop ’Til You Get Enough」を元にしたミュージカルもブロードウェイでの上演に向けて計画が進められている。プロデューサーらは労働争議に言及してドキュメンタリー放映前にテスト上演を延期したが、依然として今夏のオープニングを目指している。

ジャクソンの評価についての、小さいが重要な住民投票について、ジャクソンが一時通っていたハリウッドのガードナー・ストリート小学校が、同校のオーディトリウムからジャクソンの名前を外すかどうかと問う投票を、保護者や職員を対象に今春行った。保護者らは現状を維持した。

ニューヨーク・タイムズの元演劇評論家マーゴ・ジェファーソン(ジャクソンについての「On Michael Jackson」という著書がある)は、自身はいまだに彼の音楽を聴いているものの、それは複雑さと葛藤が山積みになった状態だという。

「私が思うに、買っているのか、観ているのかという問題ではなく、それをどう思っているのかという問題なのです。例えば彼が父親から虐待されたこと、時には、それが才能に磨きをかけることになったとはいえ、過酷な仕事で酷使されたこと、などを考えると、私の中の気分は変化します。彼が止めることができなかった虐待と痛みのサイクルに対する憎悪で一杯になることもあります」と彼女は書いている。

「Leaving Neverland」の監督のダン・リードは、「モラル・ポリスが文化的遺物や、歌、書籍、詩などを入念に審査するなどというものは見たくありません。最後には大部分を排除してしまうであろうからです。マイケル・ジャクソンの音楽をどうするべきかの決まったやり方があればよかったのですが、それはないのです」と述べている。

エステートの共同遺言執行人のジョン・ブランカは、ジャクソンは、モータウンの創設者のベリー・ゴーディ・Jrに、「史上最大のエンタテイナーであると称賛されたと指摘している。

「10年経っても彼はその地位を維持しています。彼の文化的貢献と、常に変わらない情熱を湛えたアートの優雅さいうレガシーを受け継いだ新しい世代とともに」とブランカは言う。

このドキュメンタリーの二人の男はエステートを訴えていた(今のところうまくいってない)ということを挙げ、ブランカは「存命中に無罪評決を受けた人物に対して起こされた誤った訴訟に関する怪しげな情報が、その無罪評決を変えることなどあり得ないのです」と述べた。

ロサンゼルス地区に月曜日と火曜日に集結した多くのファンの間では、ドキュメンタリーに言及すると反射的な拒否反応が見られた。ニュージーランドの幼稚園教諭レイチェル・ジラード‐テュー(32)は、「正直言って、あれが命日を前に人々をより団結させたのだと思います。ファンは調べていますし、私たちはあれがゴミ屑だと確信しています」と語った。

ジラード‐テュー氏は月曜日のダンス・パーティーを企画した。このパーティーにはドイツや日本、ロシア、アルゼンチン、イスラエル、オーストラリアなどからファンが集まった。ブラジル・サンパウロから来た59歳の女性は、マイケル・ジャクソンをテーマとしたホステルを運営しており、そのプールの底にはマイケルの頭部のシルエットが描かれているという。

オーストリア・グラーツのペギー・ウルフ(61)はマイケル・ジャクソンのダンス・チーム、Dancing Dangerousを運営している。彼女の衣装はマイケルのステージ衣装や普段着が元になっている。すべて手作りだ。

「彼が亡くなった時、昼食の準備をしていたんです。ショックでした。立ち直るのに数年かかりましたよ」と、キラキラ光る青いジャケットを着た彼女は語った。

彼女は「Leaving Neverland」の公開について前向きに捉えている。ファンの団結を強め、「マイケル・ジャクソンに興味がなかった人々が彼を注目するようになった」と彼女は語った。

■Where Is Michael Jackson’s Legacy 10 Years After His Death?

Radio play is down slightly, but the King of Pop’s Vegas show goes on and Broadway is still in the air despite HBO’s “Leaving Neverland.”

LOS ANGELES — There were fedoras and single white gloves and sequined military jackets. There was lots of moonwalking. Four people danced the choreography of “Smooth Criminal” in perfect sync.

Five dozen Michael Jackson superfans from around the world had come to a gaming arcade on Hollywood Boulevard on Monday, the beginning of two days of dancing, singing and prayers in honor of their hero.

Some remembered singing “A-B-C-1-2-3” as children; others listened to “Thriller” well into their 50s and 60s, but the one who stole the show was just an infant when Jackson died: a 10-year-old boy named Rudey Parra who glided across the arcade floor in his loafers and white glove, a flawless re-creation of moves he’d studied on YouTube. Another dancer, Gowardy Horton, 38, gave Rudey his fedora, crowning him the party’s reigning Michael.

On Tuesday, the 10th anniversary of his death, millions of Jackson’s fans and casual listeners recalled where they were when they heard or saw the news. Jackson’s death at age 50, from an overdose of drugs he had been administered to help him sleep, was a generational moment of shock. It also allowed a conflicted public to put off dealing with the uncomfortable rumors about his behavior with children.

But the anniversary came just months after the airing of the HBO documentary “Leaving Neverland,” in which two men, James Safechuck and Wade Robson, described years of sexual abuse at Jackson’s hands, beginning when they were as young as 7. Jackson had been acquitted in 2005 of charges he molested a different boy, but the fresh accounts from the two men, at a time of heightened awareness of sexual abuse, made many wonder whether Jackson’s legacy would be tarnished for good.

It could easily take another decade to learn the answer.

A spokeswoman for HBO said the first of the two parts of “Leaving Neverland” has been watched by 9.2 million viewers, making it the most-seen HBO documentary ever. But at the same time, streams and purchases of Jackson’s music are down just slightly from the beginning of the year, according to Nielsen. And while his radio play dropped off significantly right after the documentary aired in early March, and a few stations said they would ban his songs from their airways, his plays have crept back up, though to lower levels than in January.

Jackson’s estate continues to earn money in other ways, too. “Michael Jackson ONE,” a Cirque du Soleil show in Las Vegas, is still going. A musical based on Jackson’s songs, “Don’t Stop ’Til You Get Enough,” continues working its way toward Broadway. The producers postponed a development session just before the documentary aired, citing a labor dispute, but are still aiming for an opening next summer.

In a small but telling referendum on Jackson’s reputation, a school in Hollywood that Jackson briefly attended as a child, Gardner Street Elementary, held a vote among parents and staff members this spring on whether to remove his name from the auditorium. They kept it.

Margo Jefferson, a former theater critic at The New York Times who wrote a book about the singer, “On Michael Jackson,” said that she still listened to his music, but she described it as a process stacked with complexity and conflict.

“The question is, I think, less a question of are we buying or watching, but what are we making of it?” Jefferson said. “My mood changes when I think about the way he was mistreated by his father, for example, and sometimes just by the sheer power of the work that went into developing the talent.”

“And sometimes,” she said, “I’m overwhelmed with horror by a cycle of abuse and pain that he didn’t stop.”

Dan Reed, the “Leaving Neverland” director, said he “wouldn’t like to see some kind of moral police vetting every single cultural artifact we have, every song, every book, every poem, because I think we’d end up eliminating a large part of it.”

“I wish I had a formula for what we should do with Michael Jackson’s music,” he said. “But I don’t.”

John Branca, co-executor for the Jackson estate, noted that Jackson had been eulogized by Berry Gordy Jr., the founder of Motown Records, as “the greatest entertainer that ever lived.”

“Ten years later he remains just that,” Branca said, “with new generations embracing the legacy of his cultural contributions and the elegance of his artistry as passionately as ever.”

Noting that the two men in the documentary had sued the estate (so far, unsuccessfully), he added: “No discredited infomercial for a failing lawsuit against a man declared innocent in life is ever going to change that.”

Among many of the fans who gathered on Monday and Tuesday in the Los Angeles area, any mention of the documentary was met with reflexive dismissal. “To be honest, it’s made people more determined to celebrate,” said Rachel Gillard-Tew, 32, a pre-K teacher from New Zealand. “The fans have done the research and we’re quite convinced it’s rubbish.”

Ms. Gillard-Tew organized Monday’s dance party, which drew fans from Germany, Japan, Russia, Argentina, Israel, Australia and elsewhere. There was a 59-year-old woman from São Paulo, Brazil, who runs a Michael Jackson-themed hostel with a silhouette of his head at the bottom of its pool.

Another visitor, Peggy Wolf, 61, runs a Michael Jackson dance troupe, Dancing Dangerous, in Graz, Austria. Her entire wardrobe is inspired by Michael’s stage costumes and his everyday wear. She makes it all herself.

“When he died, I remember I was preparing lunch,” said Ms. Wolf, who was wearing a blue-sequined jacket. “I was broken. It doesn’t get better over the years.”

She even managed to put a positive spin on the release of “Leaving Neverland.” She said it brought his fans even closer together, and “a lot of people who were never interested in Michael Jackson are starting to look into him.”

Source : New York Times
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター