#HonorMJ

Hello #MJFam,
ご存知の通り、エステートはマイケルの亡くなった日について気にはかけていますが、あまり大きな注目を集めるようなことはしていません。それは、皆さんがマイケルの生涯を称えたいからであり、彼の死をくよくよと考えたくはないからです。こうした理由から、エステートは毎年マイケルの誕生日にイベントを企画し、ファンの皆さんに集まっていただいてお祝いする一方で、マイケルの亡くなった日については触れてきませんでした。
しかしながら、今年は例年よりは意味があるものと考えています。私たちがマイケル・ジャクソンを亡くしてからもう丸10年が経ったのですから。マイケルが亡くなって10年を迎え、エステートは、マイケルを偲び称えるにあたって、彼の生涯にわたる他者への手助けと、分かち合うこの星に対する気遣いに対し敬意を表することが最善であると感じています。そこで、エステートは#HonorMJキャンペーンを立ち上げることとしました。6月4日にマイケルのSNSにて発表いたします。これは募金をするようなキャンペーンではありません。私たち各々が、他者(個人的に知っている人か否かは問わず)の人生にいかに変革をもたらすことができるか、ということに関することです。エステートは、こうしたことが可能という例をいくつか提示しますが、世界をよくするために各々が正しいと思うことを実行するために何をするか、それは皆さんにお任せします。マイケルのメッセージを反映したものとなってほしいとあなたが思うものなら何でも可能です。できることリストは無限です。
キャンペーンの詳細はMichaelJackson.comのSpotlight Storyに参加方法などとともに6月4日に投稿されます。
皆さんのお考えや、マイケルの人道主義のレガシーを称えるために何をお選びになるか、私たちは楽しみにしています。Keep Michaeling

■#HonorMJ

Hello #MJFam,

As you all know, it is the Estate’s tradition to acknowledge the date of Michael’s passing each year, but not draw too much attention to it as they wish to celebrate Michael’s life, and not dwell on his death. This is also why there is always an Estate organized event on Michael’s birthday for the fans to gather and celebrate and the recognition of the anniversary of his passing remains muted.

We know this year feels more significant, however, as it has shockingly been an entire decade since we lost Michael Jackson. As the 10-year anniversary of Michael’s passing nears, the Estate feels that there is no better way to remember and honor Michael than to pay tribute to his lifelong commitment to helping others and caring for the planet we all share. So the Estate has decided to launch the #HonorMJ campaign which will be announced on Michael’s social media pages on June 4. This is not a fund raising campaign – it’s about how each of us can make a difference in the life of another human being – whether it is someone we know personally or not. While the Estate will offer some examples of things that can be done, it is up to each of you to do what feels right for you as a way of helping make the world better. It can be anything you want it to be that you think reflects Michael’s message. The list of possibilities is endless.

Details for the campaign will be posted as the Spotlight Story on the home page of MichaelJackson.com on June 4, with the simple instructions on how to participate.

We look forward to seeing your images and seeing how each of you choose to honor Michael’s humanitarian legacy. Keep Michaeling.

Best,
Alicia

Source :MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

#HONORMJ: 世界規模のフォト・モザイクでマイケル・ジャクソンと彼の人道主義の業績を称えよう

マイケルが亡くなって10年になろうとしています。生涯に渡って困っている人々を献身的に助け続けた彼を称えるにあたり、未だに影響し続ける彼の人道主義的業績に焦点を当てること以上のことがあるでしょうか。それは単に寄付をするということではありません。それは、誰かほかの人、あなたの近くにいる人、さらにはあなたの知らない人の人生に変革をもたらそうということなのです。いろいろな形があり得ます。ホームレスのシェルターや病院でのボランティア、献血や骨髄移植のドナー登録、植樹、ビーチや公園などの公共の場所のゴミ拾い、道に迷った人を助けるといったことです。そのリストは無限です。そして、無視無欲の親切には大きいも小さいもありません。こんな風に、近所やあるいは世界規模のコミュニティに何らかの恩返しをして誰かの何かを良くした、ということをシェアしてください。ハッシュタグ#HonorMJを使ってインスタグラムやツイッターにマイケルを称えるあなたの人道主義的活動の写真を投稿してください。あなたの投稿は世界規模のフォト・モザイクに加えられます(投稿された写真を使って6月中旬に開始される"honormj.michaeljackson.com"上に作られます)。完成版のモザイクは6月25日に発表されます。

■#HONORMJ: PAY TRIBUTE TO MICHAEL JACKSON & HIS PHILANTHROPIC WORK BY POSTING TO THE WORLDWIDE PHOTO MOSAIC
JUNE 04, 2019

As the 10-year anniversary of Michael’s passing nears, what better way to remember Michael than to pay tribute to his lifelong commitment to helping those in need by focusing on his inspiring legacy of philanthropic work. It isn’t just about donating cash – it’s about making a difference in the life of another person, your community or even someone you don’t know. This can take many forms – whether it’s volunteering your time at a homeless shelter or a hospital, donating blood or signing up to be a bone marrow donor, planting a tree, cleaning the trash from a public space such as the beach or a park, or helping someone who is lost find their way. The list is endless, and no selfless act of kindness is too small. Share how you are making things better for others by giving back to your local or global community. Post an image of your humanitarian efforts honoring Michael on Instagram or Twitter starting now using the hashtag #HonorMJ and your post can be added to a worldwide photo mosaic (which will be populated with those images on honormj.michaeljackson.com starting mid-June) and the full mosaic will be revealed on June 25.

Source: michaeljackson.com

Leaving Neverland : ボーイ・ジョージ、”ドキュメンタリー”に言及

英国人歌手のボーイ・ジョージが、論争となっているHBOのドキュメンタリーを観た後の複雑な心境と、問題点について語った。

ボーイ・ジョージは「Watch What Happens Live」に出演し、マイケル・ジャクソンを扱った「Leaving Neverland」に関してジャーナリストらが批判している、一つのカギとなることについて指摘した。

「こうしたドキュメンタリーには出てこないものの一つに、『疑惑』という言葉があると思う」とボーイ・ジョージはアンディ・コーエンに対して語った。「こういうことが起きました、だから私たちはそれを受け入れるべき、というのは当たり前とされてるよね」。

被害者の言葉を聞き、信じるという時代において、多くの人々が困惑している。なぜなら、本ドキュメンタリーは、中心人物であり虐待の被害者とされる二人の人物、ジェームズ・セイフチャックとウェイド・ロブソン以外の立場からの話が一切提示されないからだ。

結果、誰の目から見ても身の毛のよだつストーリーでありながら、彼らの話には実質的な裏付けがない。「そして、残念ながら彼は申し開きができないんだ」とボーイ・ジョージはジャクソンについて述べた。

しかしながら、彼の家族は健在で、すぐさま本ドキュメンタリーを非難し、放映されれば訴訟も辞さずとHBOに訴えた。ジャクソンは、訴えられた児童性的虐待について完全に無罪とされ、亡くなるまで無実であるとされてきた。

そのため、「Leaving Neverland」の視聴者に不快感が残り、同時に不安感が残ることになるのだ。
「このドキュメンタリーについて興味深いと思うことは、たくさんの情報が提示されるけど、価値があるなと言えるようなものが何も残らないということなんだ。ただ見て、そして忘れてしまう。『言えることはない』っていうこと。わかりますか?」

ボーイ・ジョージとマイケル・ジャクソンはともに80年代を通じてとてつもない成功を楽しんだが、ジャクソンと友情というようなものはなかったとボーイ・ジョージは認めている。「でも、多くの人と同じように、僕も大ファンだったよ」。

「難しいことだね。人は、何かを語っている人を軽蔑したくはない。でも、マイケル・ジャクソンが抗弁できないという事実を無視したいとも思っていないんだよね」。

「そうですね、どちらにしても」とコーエンは締めくくった。

そしてそれこそが、”#MeToo”の時代に「Leaving Neverland」が論争となる理由だ。ジャクソンは児童性的虐待で告発されてきたがいずれも有罪とは認められなかった。ロブソンとセイフチャックは彼の存命中に彼のために証言しているのだ。

ドキュメンタリー中、彼らはこれを立ち直る過程の一環だったと説明している。しかしジャクソンの代理人へのインタビューや、ジャクソン自身の釈明もなく、多くの人々に著しく一方的だとの印象を与えている。

そしてボーイ・ジョージが抱いたように、視聴者にはすっきりしないものが残されることとなる。そして、ジャクソンが告発されてきたことは本当なのかどうかという10年スパンの論争に対しなんら解決を与えていない。彼を擁護する立場では、考えを変えるようなことは何もなく、一方で中傷する側にはさらなる証拠と映るのである。

そしてボーイ・ジョージと同様、多くの人々には複雑な心境が残された。処理すべき不安材料が多くあるが、ジャーナリズム的な適正な視点を欠き、解決ではなくむしろ混乱をもたらす証拠というように感じられるのだ。


■The British singer talks about his complicated feelings after watching the controversial HBO docuseries and what it's missing.

Boy George dropped by the "Watch What Happens Live" clubhouse and pointed out the one key thing that journalists have been criticizing about the recent "Leaving Neverland" documentary regarding Michael Jackson.

"I think, one of the things that isn't in any of those documentaries is the word 'alleged,'" Boy George told Andy Cohen. "It's just taken almost for granted that this is what happened and therefore we all should accept it."
In this era of listening to and believing victims, it's put many people in an awkward position, because the documentary never did present any other side of the story than the one of its two central figures and alleged victims of abuse, James Safechuck and Wade Robson.

As such, while the stories were horrific by any standards, they were not corroborated in any substantial way. "And unfortunately, he's not here to defend himself," Boy George said of Jackson.

His family, however, is still here and they swiftly condemned the documentary and threatened to sue HBO if it was aired. Jackson was never found guilty on any of the charges of child sexual abuse brought against him and maintained his innocence until his death.

And that's what leaves viewers of "Leaving Neverland" uncomfortable and yet uncertain at the same time. "What I think is really interesting about that documentary is it hits you with so much information, but you're left with nothing to say that's useful," Boy George said. "You watch it and you just go, 'I don't know what I can say now.' Do you know what I mean?"

While Boy George and Michael Jackson both enjoyed tremendous success throughout the 1980s, the British singer admits he didn't have any sort of friendship with Jackson. "But I was a massive fan like most people," he said.

"It's difficult," he continued about the documentary. "You don't want to disrespect the people that are telling their story, but also you also don't want to kind of disregard the fact that Michael Jackson isn't around to say--"

"Right, one way or the other," Cohen finished.

And that's why "Leaving Neverland" has been one of the more controversial releases of the #MeToo era. Jackson was brought up on charges of child sexual abuse multiple times and never found guilty. Both Robson and Safechuck testified on his behalf while he was alive.
They explain this as part of their healing process in the documentary, but without any interview subjects on Jackson's behalf or even commentary from Jackson himself in his defense, the film came across to many as incredibly one-sided.

That just leaves viewers, as Boy George put it, a little unsettled. And it did nothing to resolve the decades-long debate as to whether or not Jackson did these things he's been accused of doing. His defenders saw nothing to change their minds, while his detractors saw even more evidence.

And a lot of people, like Boy George, are left with mixed feelings. It was a lot of disturbing information to process, but without proper journalistic due diligence, it just feels like another piece of evidence brought into the mix rather than a conclusion.

Source: TooFab.com & MJWN

Leaving Neverland : ‘Chase The Truth’

「Chase The Truth」は、マイケルの元ボディーガードのマット・フィデスによるドキュメンタリーだ。「Leaving Neverland」に対する反論として今月発表される。

フィデスはインスタグラムへの投稿で、このドキュメンタリーが「真実を明らかにする」と述べ、2本目のティーザーを受け取ったと付け加えた。「これがそう!よさそうだね!僕が#leavingneverlandの監督だったら、自分のキャリアがとても心配になっていたところだよ!さあ、この#michaeljackson ドキュメンタリーを応援して、真実を明らかにしよう!」



■‘Chase The Truth’
‘Chase The Truth’ is a new documentary by Michael’s bodyguard Matt Fiddes, that will be launched next month, in response to the ‘Leaving Neverland’ documentary.

Posting on Instagram today Fiddes said it will “get the real truth out,” adding that he had just been sent the second teaser for the show. “Here it is! It’s looking good!” Fiddes said. “If I was the director of #leavingneverland I would be very concerned about my career right now! Let’s all get behind this #michaeljackson documentary and get the real truth out!”
Source: Mirror & MJWN

Dance with the Elephant : My Babyについて考える

ウィラ:このブログ(Dancing with the Elephant)は、私たちが長期間にわたってやり取りした電子メールから派生したものです。お互いの意見を交換したり、マイケル・ジャクソンの作品に対する解釈を比較したりして楽しんでいました。そして、私たちと同じように彼の作品を知り、大切にしている人たちとの会話を楽しんでいました。そんなメールのやり取りで分かったことの一つは、私たちはMy Babyに魅了されている、しかもとても長い間、ということでした。

ジョイエ:My Babyのことはみんなが知っています。彼女のことについて歌うマイケルをずっと聞いてきました。おそらく彼女は彼の夢の中の少女。彼を理解し、彼を愛し、そして彼を気にかける女性なんです。そして、他の悪い者たち、「悪い女の子たち」に何度も傷つけられている女性です。「Billie Jean」や「Dirty Diana」、「Dangerous」に出てくる子のように、マイケルの周囲に飛び込んでいくような悪い女の子たちです。

ウィラ:彼女はマイケル・ジャクソンの作品の中でとても重要な人物です。「Triumph」や「Thriller」のような80年代初頭の作品から2001年のInvincibleまで、どのアルバムにも登場します。そしてジョイエが言うように、彼女は常に傷つけられ、何らかの方法で脅されているのです。彼女が泣きながら立ち去るのを私たちは何度も目にしています。

ジョイエ:思うに、彼女に引きつけられるのは、あたかも彼の人生に長い間ずっといる誰かのことであるかのようにマイケルが歌っているからではないでしょうか。もちろん、私や他の人も触れているように、彼女は歌の中で束の間の登場をしているだけなのですが、彼にとって彼女はとても大切であるというような感覚を私たちは抱いているのです。マイケルは彼女を愛しているし、「Hertbreak Hotel(This Place Hotel)」に出てくる「意地悪な女たち」から彼女を守りたいと思っていることは明らかです。彼女が「悪い子たち」に傷つけられる、追っ払われると気をもんでいる彼を私たちは見ているわけです。

誰かがいつもMy Babyを泣かせようとしている
話しかけ、金切り声を上げ、嘘をつく
何かを起こしたいと思っているだけ、と言う

いい時も悪い時も分かち合って来た関係というものを彼が描写しているかのようです。彼らはずっとそんな感じだったのです。80年代や90年代は。ですが2001年の「Heaven Can Wait」によって、明らかにそれまでとは多くが異なる関係となりました。My Babyは彼を愛し、思うだけではなく彼を信頼しているのです。彼女は彼を信頼しています。二人の関係は固く、その間に入れる人はもはやいないのです。彼らは誰をも寄せ付けない強固なものとなり、そしてそれはそれまでの恋愛のなかで最高の状態なのです。彼は彼女を深く愛し、片時も彼女の元を離れたくありません・・・天国へ行くときでさえも!

ああ、My Babyがいないなんてありえない
彼女と一緒でなければどこへも行かない、気が狂ってしまう
ああ、天国は待ってくれていると思う

彼らの結びつきが何度も変化しているのが私には大変興味深いです。彼女についての書き方は、長い時間をかけて成長し成熟しています。架空ではない実際の人間関係のようです。最初のころののぼせ上がっている様子は、「The Way You Make Me Feel」や「Streetwalker」でわかります。そして、「Black or White」や「Fly Away」では、成長し開花する様子が見られます。そして二人の愛の最高点は、美しい曲「Heaven Can Wait」で見ることができます。

ウィラ:ジョイエが言うように、彼の初期のアルバムでは彼女は誰かほかの女性に脅されています。My Babyは彼のことを知り、いつも気にかけているプライベートの人物であるように思えます。彼女自身は脚光を浴びるのを避けているし、彼の名声にある意味居心地の悪さを感じているようです。彼は彼女を愛しているし、守りたいと思っています。でも彼女は、彼女を追い出してその地位を奪おうとする女性に繰り返し傷つけられます。この第二の女性は彼のことを理解していないし、気にもかけていません。でもMy Babyよりも図々しく、そして名声に目がくらんでいます。彼の名声に、です。第二の女性は野心家です。彼はそのことをよくわかっていて第二の女性を信用していません。しかし同時に、彼は自分が奇妙にもこの図々しい女性に魅力を感じていることに気づいているのです。

ジョイエ:そして彼とこの第二の女性との関係は、彼とMy Babyとの関係と同じくらい興味深いものです。二人は不可分であり、言ってみればコインの裏表のような感じなのです。

ウィラ:そうですね。この二人の女性の間に繰り返し起きる矛盾は実に面白いです。何かとても重要なこと・・・マイケル・ジャクソンが長年にわたって考えに考え、立ち向かっていたこと・・・が、そこには明らかに存在しています。私がMy Babyを単なるロマンチックな関係以上のものを表していると見るようになった理由の一つがこれなんです。私にとって、My Babyと第二の女性は、彼のシャイな部分と公な部分を表しているように思えるんです。生活の中のプライベートな部分と公の部分と言ってもいいでしょう。あたかも第二の女性がMy Babyを追い払おうとするかのように、彼のプライベートを破壊せんと乗り込んでくるメディアや一般の好奇の目ということです。あるいはこの二人の女性は、彼のミューズ(アーティストの想像力を何世紀にも渡って刺激し続けてきた神話上の女性のこと)と、「Thriller」を超えろ、これからずっと「Billie Jean」を歌えと要求するオーディエンスや評論家を表しているのかもしれません。でもそれはどちらかを選べとういうことではありません。いろいろな解釈を見ていると、My Babyというのは彼を理解し気を配ってくれる女性、彼の精神面を支えてくれる女性、というようにも見えます。

ジョイエ:My Babyはいろいろな意味で魅力的です。ウィラと私が二人とも彼女に、それから彼女の敵たちに興味を持っていたと知ったときは驚きました。ブログを一緒にやりたいと思うようになったのはそれからだと思います。というのも、このトピックについて疑問を持ったのが私たち二人だけなのかどうか、とても興味があったからです。ということで、次にMy Babyについてもっと突っ込んで見ていきたいと思っています。彼女が登場するいろいろな歌を掘り下げ、彼女は何者か、マイケルが彼女を通じて言おうとしていたのは何なのか、などについて見ていく計画です。

ウィラ:最後にもう一度。このブログで私たちが目指しているのはある場所を作ることです。それぞれのマイケル・ジャクソンの作品の解釈や、意味するところを共有するのです。解釈と言うものは時間をかけて進化するものだからです。私たちが同意できないものでもOKです。どうしても同意できない場合でも・・・私たちはそれを尊重しますから。正直なところ、私は自分に同意できないことがよくあるんです!あるときはMy Babyはある人物だ、あるときは何かの象徴だ、あるいその両方だ、などなどです。こういう曖昧さはいいと思うんです。私にとって、それがマイケル・ジャクソンの作品を豊かにすることだからです。人によって、あるいは時によって、違う意味になるんです。ですから皆さんの考えを聞かせてください。そしてあなたにとってMy Babyとは何かということも聞かせてください。皆さんからの声をぜひお聞きしたいです。ここでも、フェイスブックでも結構です。

Source Dancing with the Elephant / MJJFANCLUB.JP
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター