Leaving Neverlandをめぐる法廷闘争でエステートがHBOを激しく糾弾

「Leaving Neverland」をめぐる1億ドル訴訟における戦いではマイケル・ジャクソン・エステートがHBOを激しく非難している。

Blastが報じた通り、エステートは、論争となっている例のドキュメンタリーを放映したことでHBOはジャクソンとの合意に違反したと主張している。エステートは仲裁での審理を希望しているが、HBOはその要請に対し争う姿勢を見せている。

Blastが入手した裁判所文書によると、HBOはこう主張しているという。すなわち、エステートの「主張において根拠とされているのは、批判を禁止したたった一つの文であり、それは26年以上前の期限の切れた全く無関係の契約における機密保持の付帯条項の中に埋もれているものです。”公に”これらの問題を解決しようという原告らの行動は、ドキュメンタリーに対する彼らの公開キャンペーンを後押しするためのあからさまな試みの一つであると思われますが、しかしそのような企ては、彼らの主張と同様に不完全な思い付きにすぎません」。

これに対し、ハリウッドの敏腕弁護士ブライアン・フリードマン(エステートの代理人)はBlastに対しこう語っている。「HBOの反論は、彼らがこの問題が裁判化することを恐れていることを明らかに示しています。なぜなら、ドキュメンタリーのウソが明るみになってしまうからです。エステートは仲裁過程をオープンにし、誰でも見えるようにすることを希望しています。もしHBOが、契約が適用されない、あるいは期限切れだと考えているなら、なぜ裁判化に反対するのでしょうか?その理由は、合意事項に反する、金銭強奪行為という一方的茶番劇に加担していることを彼らが分かっているからです」。

「HBOはこの闘争を法廷では行いたくないのです。ドキュメンタリーのウソと故意の誤魔化しが明らかになってしまうからです。この訴訟に対するHBOの反応は、不可避である裁判化を遅らせ、その間に視聴者にウソを伝え続けるためのものです」。

「HBOにとって不幸なのは、裁判官で仲裁人であれ、彼らが加担するインチキドキュメンタリーのような一方的かつ故意に誤解を狙ったフィクションを許すことはないということです。本件は裁判化され、両者の言い分が審理されます。そしてHBOの意図的かつ故意の事実無視が明らかにされ、そしてHBOがどれほどアーティストの権利を強欲の追求という形で侵害していくのかを明るみにするでしょう」。

「HBOは、自らの非難されるべき行為の責任を負わされることになるでしょう。間違いありません」。

エステートは「マイケル・ジャクソンの批判というHBOの非難されるべき行いによって生じた損害に対する賠償」を求めている。「それはマイケル・ジャクソンのレガシーを汚すことを意図しており、仮に成功すれば損害は1億ドルは超えるであろう」。

エステートは、ロブソンとセイフチャックはエステートに対する訴訟が不成功だったのでドキュメンタリーに参加したのだと考えており、「ロブソンとセイフチャックの訴訟戦術として使われた」としてHBOを批判している。

HBOは当時、次の声明を発表している。「本作を貶めようする必死の時間が経過しましたが、我々の計画は変更されません。HBOは2部作のドキュメンタリー”Leaving Neverland”の放映を3月3日と4日の両日に行います。これにより、すべての人が本作を、そして本作が語る主張を評価する機会を得られるのです」。



■Michael Jackson Estate Slams HBO in Latest Battle Over ‘Leaving Neverland’

Michael Jackson‘s estate is lashing out against HBO over their latest attempt to fight their $100 million lawsuit over “Leaving Neverland.”

As The Blast first reported, MJ’s estate claims HBO violated a deal with Jackson when they aired the controversial documentary. The estate wants the case heard in arbitration and HBO is fighting that request.

According to court documents obtained by The Blast, HBO claims the estate’s “purported basis for their claims is a single non-disparagement sentence buried in a confidentiality rider to a more than 26-year-old expired and entirely unrelated contract. Petitioners’ effort to ‘publicly’ arbitrate these issues appears to be part of a transparent effort to bolster their publicity campaign against the documentary, but that undertaking is as poorly conceived as the claims themselves.”

In response, Hollywood pitbull litigator Bryan Freedman, who represents the estate, tells The Blast, “HBO’s opposition clearly shows that they are afraid to have this matter adjudicated because it will expose the falsity of the documentary. The Jackson Estate wants an arbitration open to the public for all to see. If HBO thinks the contract does not apply or is expired then why are they opposing adjudicating it? The reason why is because they know they were complicit in this one-sided farce of a money grab that clearly violates the agreement.”

Freedman adds, “HBO does not want this fought in any courtroom because it will expose the falsity and intentional deceptiveness of the documentary. HBO’s reaction to this lawsuit is to delay the inevitable while continuing to misinform the public.”

He continues, “Unfortunately for HBO, neither courts nor arbitrators will allow a one-sided intentionally misleading fiction like the bogus documentary they were complicit in creating. This will be adjudicated hearing both sides of the story which will clearly show HBO’s intentional conscious disregard for the truth and expose how far HBO will go to violate the rights of artists in the pursuit of greed.”

Freedman concluded by saying, “Make no mistake, HBO will be held responsible for its reprehensible conduct.”

Michael Jackson’s estate is seeking all “damages proximately caused by HBO’s reprehensible disparagement of Michael Jackson, which could exceed $100 million should HBO succeed in the damage it is intending to cause the legacy of Michael Jackson.”

The estate believes Robson and Safechuck participated in the documentary only because they were not successful in litigation against the estate, and scold HBO for “being used as part of Robson’s and Safechuck’s litigation strategy.”

HBO released a statement at the time, saying, “Despite the desperate lengths taken to undermine the film, our plans remain unchanged. HBO will move forward with the airing of Leaving Neverland, the two-part documentary, on March 3rd and 4th. This will allow everyone the opportunity to assess the film and the claims in it for themselves.”

Source: The Blast
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター