エステートvs国税局 国税局側の証人が偽証か?

マイケル・ジャクソンの遺産の評価額をめぐる租税裁判所での審理で、マイケル・ジャクソンの遺産相続人らの代理人弁護士団は、国税局(IRS)側の証人が偽証していると主張している。

専門家のウェストン・アンソンは2月、エステートとIRSの長期に及んでいる法廷闘争においてIRS側の証人として証言した。IRSは、マイケル・ジャクソンのレコード・カタログや肖像権の権利、その他資産について、エステートが大幅に過少評価しており、5億ドルの相続に対する税を支払うべきだと主張している。

アンソンの証言はIRSの立場を支持するもので、亡くなった時点でのマイケルの名前とイメージは、エステート主張の2105ドルではなく、1億6100万ドルであるとしている。入手した裁判書類によると、アンソンはこれまでIRSに依頼されたことなく、また歌手の故ホイットニー・ヒューストンについての知的財産評価も行ったことはないと反対尋問で述べた。

これに対しエステート側弁護士は、アンソンとアンソンの評価会社は2009年にIRSの依頼を受けてヒューストンの知的財産報告書の作成を行っており、偽証であると申し立てている。さらに、ヒューストンの件では、IRSの依頼で仕事をしたことはない、税金について明かすことは自身にとって違法だからだと後の証言で自ら認めていると主張している。

以上から、エステート側はアンソンの証言を除外することを求めている。

エステートの弁護士はこう書いている。

「ウソをついている部分は、ミスター・アンソンの宣誓下での真の意図を暴いています。すなわち、IRSのために自身の先入観を隠すこと、そしてかなりの金額でIRSから契約を得ているという事実を隠すことです」。

ハリウッド・リポーターによると、IRSはホイットニー・ヒューストンの件に関する質問は不適切であるとし、アンソンは「機密情報」であり記録から削除すべきだと述べているという。

租税裁判所のマーク・ホームズ判事はアンソンの証言について何らかの裁定を間もなく下すと見られている。裁判の最終的な裁定はさらに時間がかかる見通しである。

コメントを求められたアンソンは今のところ反応していない。

■IRS Expert Lied On Stand

Lawyers representing Michael Jackson’s heirs are claiming that an expert for the IRS perjured himself in Tax Court during testimony over the value of Michael’s estate.

The expert, Weston Anson, testified on behalf of the IRS in February, which was part of a long-running dispute between the estate and the IRS. The service claims that the estate vastly undervalued Michael’s record catalog, the rights to his image and likeness, and other assets and that it should pay as much as $500 million more in estate taxes.

Anson’s testimony supported the IRS position, including that Michael’s name and image at the time of his death was approximately $161 million, rather than the figure of $2,105. According to court filings obtained, under cross-examination, Anson said that he had never worked for the IRS previously and that he had not written an intellectual property valuation of late singer Whitney Houston.

In their filing, lawyers for the estate allege that Anson and his valuation company had actually prepared an IP report on Houston’s estate for the IRS back in 2009 and therefore committed perjury. Also that he acknowledged as much in later testimony, claiming that he had said he hadn’t worked for the IRS because he believed it would be illegal for him to reveal tax information that wasn’t related to Michael’s case.

Given the above, they are seeking to have Anson’s testimony removed entirely from the record.

The estate’s lawyers wrote;

“The context in which the lies began reveals Mr Anson’s true intent in lying under oath was to disguise his bias in favor of the IRS and to hide the fact he had been awarded multiple contracts from the IRS for substantial sums of money.”
According to The Hollywood Reporter, the IRS responded that the questions about the Whitney Houston case were improper, that Anson’s responses contain “confidential information,” and that they should be stricken from the record.

Tax Court Judge Mark Holmes is expected to rule on Anson’s testimony soon, though his final ruling in the case is expected to take much longer.

Anson did not immediately reply to a request for comment.

Source: Accounting Today, Hollywood Reporter & MJWN
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ