コービー・ブライアントのインスピレーションはMJから

コービー・ブライアントがNBAを引退しておよそ1年、彼は誰も全く予想しなかったことをやった。「Dear Basketball」と題したポエムを書いたのだ。

ブライアントはこのポエムを「Tribeca Film Festival」で披露したが、このポエム創作にまつわる話の中で最も驚きだったのは、ポエム創作の発想が、他でもないキング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンだったということだ。

ブライアントは観衆に向けてこう語っている。

「あれはとびきりクレイジーは話なんだ。ベニス・ビーチのゴールド・ジムでトレーニングしている時に電話が鳴ったんだ。マイケル・ジャクソンだった。『どういうこと?なんで?』っていう感じだったよ。僕が自分のゲームに集中するようになったのはこの時からなんだ。当時僕はたくさんの批判を浴びていた。こだわり過ぎだ、まじめ過ぎだっていう感じでね。彼はバスケの大ファンだったから、正しい道をただ突き進め、と僕に言うために電話をかけてくれたんだよ。『OK、だけどどうやって?』と聞くと、彼は、自分がいかに偉人を研究したかとか、ビートルズとモーツァルトの音楽に関係があるかどうか解き明かすためにビートルズの古典を一音一音研究したことなんかを全部話してくれた。彼は、『偉人たちから学ぶんだ。彼らの全てを学ぶんだよ』と教えてくれた。ジェームズ・ブラウン、フレッド・アステア、ジーン・ケリーなんかを挙げて、『これはここから学んだ、これはあれから学んだ』という具合に示してくれたよ。彼と会って初めて、僕は仕事をしたんだと思う。僕は彼を師と仰ぐようになったんだ。僕の人生にはたくさんのひらめきの元、インスピレーションの泉があったけど、そのほとんどは彼なんだ」。

ブライアントは8年前の7月7日のマイケルの追悼式典でもマジック・ジョンソンとともに語っている。また昨年のスパイク・リーのドキュメンタリー「Off The Wall」にも出演し、2014年にはマイケル・ジャクソンに着想を得たスニーカーを発売している。


■Kobe Bryant Was Inspired By Michael Jackson

When Kobe Bryant retired from the NBA almost exactly a year ago, he did something completely unexpected and wrote a poem entitled “Dear Basketball.”

Bryant premiered the poem yesterday afternoon at the Tribeca Film Festival and one of the most surprising stories to come out about the writing of the poem, was that his biggest inspiration for it was none other than the King of Pop, Michael Jackson.

Bryant told the crowd at the festival;

It’s the craziest story. I was working out at Gold’s Gym in Venice Beach and my phone rings, and it’s Michael Jackson. I was like ‘What? Why?’ It was this moment in time where I was really focused on my game, and I was getting a lot of flack for being too focused, being too serious. He was a big basketball fan, so he called just to tell me to stay on the right track, keep focused. I said, ‘Okay, well how did you do it?’ And he just went into his whole process of how he studied the greats, how he studied every note in all the Beatles’ classics to try to figure out if there’s a connection between that piece of music and Mozart’s piece of music. He said ‘You have to study the greats, learn everything about them.’ He showed me all kinds of James Brown, Fred Astaire, Gene Kelly — he showed me ‘This is where I learned this, this is where I learned that.’ I thought I was working hard until I met him, and he became my mentor. I’ve had a lot of muses in my life, a lot of inspirations, but he is the chief.”

Bryant also spoke eight years ago on July 7th at Michael’s memorial service with Magic Johnson. He also appeared in the Spike Jones ‘Off The Wall’ documentary last year and in 2014 he released a a pair of Michael Jackson inspired sneakers.

Source: Billboard & MJWN

エステートvs国税局 国税局側の証人が偽証か?

マイケル・ジャクソンの遺産の評価額をめぐる租税裁判所での審理で、マイケル・ジャクソンの遺産相続人らの代理人弁護士団は、国税局(IRS)側の証人が偽証していると主張している。

専門家のウェストン・アンソンは2月、エステートとIRSの長期に及んでいる法廷闘争においてIRS側の証人として証言した。IRSは、マイケル・ジャクソンのレコード・カタログや肖像権の権利、その他資産について、エステートが大幅に過少評価しており、5億ドルの相続に対する税を支払うべきだと主張している。

アンソンの証言はIRSの立場を支持するもので、亡くなった時点でのマイケルの名前とイメージは、エステート主張の2105ドルではなく、1億6100万ドルであるとしている。入手した裁判書類によると、アンソンはこれまでIRSに依頼されたことなく、また歌手の故ホイットニー・ヒューストンについての知的財産評価も行ったことはないと反対尋問で述べた。

これに対しエステート側弁護士は、アンソンとアンソンの評価会社は2009年にIRSの依頼を受けてヒューストンの知的財産報告書の作成を行っており、偽証であると申し立てている。さらに、ヒューストンの件では、IRSの依頼で仕事をしたことはない、税金について明かすことは自身にとって違法だからだと後の証言で自ら認めていると主張している。

以上から、エステート側はアンソンの証言を除外することを求めている。

エステートの弁護士はこう書いている。

「ウソをついている部分は、ミスター・アンソンの宣誓下での真の意図を暴いています。すなわち、IRSのために自身の先入観を隠すこと、そしてかなりの金額でIRSから契約を得ているという事実を隠すことです」。

ハリウッド・リポーターによると、IRSはホイットニー・ヒューストンの件に関する質問は不適切であるとし、アンソンは「機密情報」であり記録から削除すべきだと述べているという。

租税裁判所のマーク・ホームズ判事はアンソンの証言について何らかの裁定を間もなく下すと見られている。裁判の最終的な裁定はさらに時間がかかる見通しである。

コメントを求められたアンソンは今のところ反応していない。

■IRS Expert Lied On Stand

Lawyers representing Michael Jackson’s heirs are claiming that an expert for the IRS perjured himself in Tax Court during testimony over the value of Michael’s estate.

The expert, Weston Anson, testified on behalf of the IRS in February, which was part of a long-running dispute between the estate and the IRS. The service claims that the estate vastly undervalued Michael’s record catalog, the rights to his image and likeness, and other assets and that it should pay as much as $500 million more in estate taxes.

Anson’s testimony supported the IRS position, including that Michael’s name and image at the time of his death was approximately $161 million, rather than the figure of $2,105. According to court filings obtained, under cross-examination, Anson said that he had never worked for the IRS previously and that he had not written an intellectual property valuation of late singer Whitney Houston.

In their filing, lawyers for the estate allege that Anson and his valuation company had actually prepared an IP report on Houston’s estate for the IRS back in 2009 and therefore committed perjury. Also that he acknowledged as much in later testimony, claiming that he had said he hadn’t worked for the IRS because he believed it would be illegal for him to reveal tax information that wasn’t related to Michael’s case.

Given the above, they are seeking to have Anson’s testimony removed entirely from the record.

The estate’s lawyers wrote;

“The context in which the lies began reveals Mr Anson’s true intent in lying under oath was to disguise his bias in favor of the IRS and to hide the fact he had been awarded multiple contracts from the IRS for substantial sums of money.”
According to The Hollywood Reporter, the IRS responded that the questions about the Whitney Houston case were improper, that Anson’s responses contain “confidential information,” and that they should be stricken from the record.

Tax Court Judge Mark Holmes is expected to rule on Anson’s testimony soon, though his final ruling in the case is expected to take much longer.

Anson did not immediately reply to a request for comment.

Source: Accounting Today, Hollywood Reporter & MJWN

Dangerousアートワークに関する本が発売へ

「Dangerous – from Mark Ryden to Michael Jackson」は、マイケル・ジャクソンの音楽に詳しい作家のイザベル・プティジャンによる新刊だ。同書は画家のマーク・ライデンによる「Dangerous」のカバーの深部に迫る興じ深い本である。

イザベル・プティジャンは投げかける。
「あなたには、マイケル・ジャクソンとピーテル・ブリューゲル(父)、ヒエロニムス・ボスとの関係が見えるか?現代ポップカルチャーとファインアートはどのような相乗効果でリンクし得たのか?」

本書は、1991年にマイケル・ジャクソンの希望で人気シュールレアリズム・アーティストのマーク・ライデンが製作したアルバム「Dangeorus」のアートワークに込められた思いに迫る前例のない旅を提供するものだ。このアートワークに対するマイケル・ジャクソンの貢献により、このアートワークは彼とマーク・ライデンという2人の偉大なアーティストの真のコラボレーション作品となっている。

謎めいた、かつ体系化された芸術作品に対する深層の解読。本書は、レコード音楽の歴史上最も有名なアーティストについての、あまりに見過ごされてきた文化的な次元を目撃する。真に迫る分析。本書は、「Dangeorus」アートワークのまさに源である2人の偉人の作品のつながりを検証する。さらに音楽的分析を加え、読者を素晴らしいアルバムに見られるスタイルの折衷主義へと導く。その一つにおいてはベートーベンとラッパーのヘヴィ・Dを同じ会話に乗せ、マイケル・ジャクソンの素晴らしい創作・作曲能力、そして同時に彼が正確に歩んだアートとカルチャーの環境についての知識と審美眼についても明らかにしていく。

英語でのオーダーは出版元またはアマゾンから。

なお、同書についてイザベラ・プティジャンが語った内容がDVDに収録され、「Conference on Dangerous Mark Ryden – Michael Jackson」というタイトルでアマゾンUKよりフランス語版と英語版が発売されている。

■New Book About ‘Dangerous’ Album Artwork

‘Dangerous – from Mark Ryden to Michael Jackson’ is a new book by author and Michael Jackson musicologist Isabelle Petitjean. The book takes you on an in-depth journey behind artist Mark Ryden’s ‘Dangerous’ cover and is a very interesting read.

Isabelle Petitjean asks the question: “Do you see any relationship between Michael Jackson, Bruegel the Elder and Hyeronimus Bosch? What synergistic interaction could possibly link modern popular culture to the Fine Arts?

This book offers an unprecedented journey into the heart and soul of a painting by popular surrealist artist, Mark Ryden, conceived and executed to be the artwork sleeve of Michael Jackson’s iconic album, ‘Dangerous,’ in 1991 at the request of Michael Jackson, whose contributions to the painting make it a true collaborative effort between two great artists.

An in-depth decoding for an enigmatic and codified opus, this book witnesses the cultural dimension, too often ignored, of the most famous artist in the history of recorded music. A pictorial analysis, this book examines links to works of great masters who are at the very source of the painting. It also provides a musical analysis, plunging the reader into the stylistic eclecticism of an amazing album, one which invites both Beethoven and the rapper Heavy D into the same conversation, showing Michael Jackson’s incredible ability to create and compose as well as his knowledge and appreciation of the artistic and cultural environment he navigated with such precision.”

You can order the book in English from the publisher or via Amazon.com.

Isabelle has also done a talk relating to the book which is on DVD. It is called ‘Conference on Dangerous Mark Ryden – Michael Jackson’ and is available in French & English and from Amazon UK.

Source: Isabelle Petitjean & MJWN

テディ・ライリーがマイケルから学んだこと

先日Boomboxが行ったインタビューで、音楽プロデューサーでニュージャック・スウィングの創始者テディ・ライリーが、マイケル・ジャクソンとの仕事を通じて学んだことを語っている。テディ・ライリーはマイケルの楽曲「Jam」、「Remember The Time」、「In The Closet」等でマイケルと共同プロデュースを担当している。

音楽業界歴30年以上のライリーは伝説として認識されており、近年ではその才能を海を越えた韓国でも発揮している。 Girls Generation、EXO、 Jay Park、SHINee、RaNiaそしてf(x)といったK-popのアーティストたちが新たなヒット曲を生み出す手助けをしているのだ。

インスピレーションはどこから?という問いに対し、ライリーは、今でも聴かれ、愛される彼の曲を生み出したインスピレーションとなった一人はマイケルだと述べている。

「ビルボードのインタビューでマイケル・ジャクソンについて、彼の近くにいるとカレッジに通っているように感じた、なぜなら、多くのことを学んだからだ、と仰っていますね。マイケル・ジャクソンから学んだ中で最も大事なこととはあなたにとって何でしょうか?」と問われ、ライリーはこう答えている。

「学んだ中で一番大事なことは、ピアノやドラム・マシーン、シンセサイザーなんかを使ってどう書くか、ということだね。伝統的なやり方というのは、ピアノの前へ行き、あるいはバンドを編成し、アイディアを考えてそれをギタリストやベーシストに言ってプレイしてもらう。こんな風にやろう、とか、シンガーが数行歌ってみて、ギタリストやキーボードがそれに合うように考える。これが伝統的なやり方だけど、多くの場合、それをすでにやってもらっていて、それに向かって書くということがあるんだ。それは伝統的なやり方じゃないし、有機的でもない。書いてはいるけど、昔の人たちがシンプルにピアノや、もっといえば単にフレットに合わせて書いていたのと比べると有機的じゃないんだ。僕はそういうことをすべて見てきた。40人、60人、100人編成のオーケストラとのセッションも見てきた。『Heal The World』をやるときにはその場にいたんだ。フルオーケストラで、それを見たときに言ったんだ。『僕もやりたいよ、マイケル。どの曲でやる?』ってね。そしてやったんだよ、『Someone Put Your Hand Out』って曲で。ジェレミー・ラボックっていうすばらしいコンポーザーに恵まれてね、ストリングスやオーケストラのパートを書いてもらったんだ。そしてInvincibleでもう一回やったよ。『Don’t Let Go Of My Hands(Whatever Happensに改題)』、ともう一曲、『Don’t Walk Away』だ。この2曲はオーケストラとやったのさ。カレッジの授業だよ。最高だね。最高に有機的だ」。


■Teddy Riley Shares What He Learned From Michael

In a recent interview with Boombox, music producer and the man behind New Jack Swing, Teddy Riley, speaks about what he learned from working with Michael Jackson. He was the co-producer of Michael’s ‘Jam,’ ‘Remember the Time,’ ‘In The Closet’ and more.

Spending over thirty years in the music industry, Riley is classed as a legend. He has taken his talents overseas to South Korea over the past few years and has helped create new hits for some of the biggest K-pop acts including Girls Generation, EXO, Jay Park, SHINee, RaNia and f(x).

When Riley was asked who were some of his inspirations, he stated that Michael was one of the artists that inspired him to make all of his music that everyone is still enjoying and loving today.

When questioned; “You mentioned Michael Jackson in a Billboard interview, you said that when you were around him it felt like going to college because you were learning so much. What was the most important lesson you learned from Michael Jackson?” To this Riley replied;

“Well the most important thing that I have learned is how to write to piano more-or-less than a drum machine and synthesizers and all of that stuff. So the traditional way of writing is you get to a piano or you get a band in the room and you just come up with ideas and you tell the guitar player or the bass player to play this, let’s go this way or the singer will sing a few lines and the guitar player or the keyboard player would come up with something that will accompany the lines and the idea and that’s the traditional way of writing. Most times, people, have it already done and they start writing to it. That’s not traditional, it’s not organic. It’s still writing but it’s not as organic as how the traditional folks did it back in the day with just a piano or just writing it to frets and I’ve seen and I’ve witnessed all of that. I’ve witnessed having a session with forty to sixty to a hundred piece orchestra. I’ve been there when they did ‘Heal The World,’ and they had the whole full orchestra and when I saw that I said man, “I want that too Michael. Which song can we do that for?” And we wound up doing that for the song that we did called ‘Someone Put Your Hand Out.’ And it was just amazing having the composer, Jeremy Lubbock, just write the string parts and the whole orchestra parts for that song. We also did it again on the ‘Invincible’ album, song ‘Don’t Let Go Of My Hands’ [renamed ‘Whatever Happens’] and there’s another one, ‘Don’t Walk Away.’ These songs, you know, that’s college, working with an orchestra. You can’t get no better, you can’t get more organic than that.”

Source: The Boombox & MJWN
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ