プリンス、父の足跡を追うことについて語る

伝説のシンガー、故マイケル・ジャクソンの息子のプリンス・ジャクソンが、自身の音楽ビジネスや亡き父を倣った慈善活動について語った。

マイケル・ジャクソンは2009年6月25日に心不全で死去した。

「僕たちが成長する中で、父やいつも言っていました。『君たちがそれで幸せなら、何をしようと僕は構わない、やりたいことをするのが一番だ。たとえばもしハイスクールの門番をやりたいなら、可能な限り最高の門番になるべきだ』って」とプリンスは今日のGMA(Good Morning America?)で語っている。

「だから父は、僕や妹、弟たちにをいつも支えてくれていたでしょう。僕たちが挑むどんな冒険も応援してくれたと思います」。

20歳のプリンスは現在ロサンゼルスのロヨラ・メリーマウント大の学生だ。彼は大学で学生チャリティー団体「Heal Los Angles」を共同で立ち上げた。

プリンスによれば、「Heal Los Angles」の使命は、児童虐待やホームレス、飢餓を無くすことだという。亡き父のチャリティー団体「Heal the World」がその根本にある。

「最近、僕たちはA Sense of Homeという慈善団体と提携しました。ホームレス化を防ぐ社会システムから外れて育った子供たちを支援する団体です。一度システムから外れてしまうと自活はとても難しいのです」と彼は説明する。

慈善活動以外では、プリンスは製作会社King's Son Productionsを自ら運営している。

「父はキング・オブ・ポップでした。King's Son Productionsにはこういう信念が込められています。つまり、称号は得るもの、でも名前は与えられるものということです。僕はプリンスとして生まれました。父が僕に与えてくれた名前です。でも父はキング・オブ・ポップという称号を自分の力で手に入れました。ハードな仕事をこなし、トレーニングを重ねた末のものです。ハードに仕事をして獲得したすべてのものがこの称号につながっています。これがいわば動機ですね。僕の名前はプリンスですが、大きな目的のために、僕はキングの息子でいるのです。自身の称号が得られるような仕事をします」。

2016年、プリンスは「Automatic」と題された最初のビデオを製作した。そして、彼の父はその技能は実際よりも易しく見せていたと彼は明かした。

「『Automatic』をやった後、ちょっと調べたんです。事前にやっておくべきことだったのですが、それで気づいたんです。父のビデオ『Scream』は制作費が最も高額な部類のものだったんです。もちろん膨張に合わせていった結果だったのですが。でもたくさんのヒントが得られましたよ。ミュージック・ビデオにおける長尺のストーリーテリングという型式についてもね。というのも、音楽はアートなんです。心から湧き出すべきものだし、ストーリーを語ることができるビジュアル的な要素が必要なんです」。

好きなマイケル・ジャクソンのビデオはという問いに対して、彼は「Moonwalker」と「Smooth Criminal」を挙げた。

■Prince Michael Jackson speaks out on following in late father's footsteps

Prince Michael Jackson, the son of the legendary late singer Michael Jackson, is opening up about his own music venture and the charity work he does in his father's memory.

Michael Jackson died on June 25, 2009, after suffering cardiac arrest.

"As we were growing up my dad always said, 'I really don't care what you do in life, as long as you're happy doing it and you're the best at what you do. If you want to be a janitor at a high school, you should be the best janitor that you can be,'" Jackson said today on “GMA.”

"So, I think that he would always be the supporting figure to me and my siblings and support us in all the endeavors that we try," he added.

Prince Michael Jackson, 20, is currently a student at Loyola Marymount University in Los Angeles where he co-founded the charitable student organization "Heal Los Angeles."

According to Jackson, the mission of Heal Los Angeles is to end child abuse, homelessness and hunger. It was inspired by his father’s charitable organization, “Heal the World.”

“Recently, we have partnered with a charity called A Sense of Home, which supports foster kids who have aged out of the system in a sort of preempt against homelessness because it’s very hard to get on your feet once you’ve gotten out of the system,” he explained.

When he’s not doing philanthropy work, Jackson heads his own production company, King's Son Productions.

“My father was the King of Pop and King’s Son Productions has this mantra where a title is earned, but a name is given,” Jackson said. “So, I was born as Prince and that was the name my dad had given to me, but my dad had earned the epithet King of Pop and that’s through hard work and years of training and everything that he worked so hard to get. So it’s a form of motivation because my name is Prince, but for all intensive purposes I am the King’s son — working to get my own epithet.”

In 2016, Jackson put out the first video he produced called, “Automatic,” and admitted his dad made the craft look easier than it actually is.

“After doing ‘Automatic,’ I had done some research, which I should’ve probably done before, but I had found out that my dad’s music video ‘Scream’ was actually one of the most expensive music videos to make—adjusted for inflation of course, but I take a lot of inspiration for that as well with the long form of storytelling in music videos because music is an art," he said. "It’s something that should come from your heart and having an accompanied visual really can tell the story.”

As for his favorite Michael Jackson videos, Jackson chose “Moonwalker” and “Smooth Criminal.”

Source:abcnews.go.com

MJのテレビ映画製作を発表

マイケル・ジャクソンの新作テレビ映画が発表された。アメリカのケーブル・ネットワーク、Lifetime(TLCやアリーヤ、トニー・ブラクストンの伝記映画をすでに製作している)が製作しており、タイトルは「Michael Jackson: Searching For Neverland」とされている。この映画は、ボディガードの目線でマイケルの最後の年月を語るものとなる。

Deadlineの報道によれば、この映画の主演は著名なマイケル・ジャクソンのトリビュート・アーティストのNaviだという。エグゼクティブ・プロデューサーは、マイケルの初期のキャリアで共に仕事をしたこともあり、1992年のテレビシリーズ「The Jacksons: An American Dream」にも関わったスザンヌ・ド・パッシーである。放映日時は未定。


■New MJ TV Movie Announced

A new Michael Jackson TV movie has been announced. US cable network Lifetime, which has already made biopics of artists including TLC, Aaliyah and Toni Braxton, are behind the film, which has the working title ‘Michael Jackson: Searching For Neverland.’ The film will tell the story of Michael’s final years through the eyes of his bodyguards.

Deadline reports that the film will star renowned Michael Jackson tribute artist Navi. It is being executive-produced by Suzanne de Passe, who worked with Michael early in his career and also on the 1992 TV series ‘The Jacksons: An American Dream’. No premiere date has been confirmed yet.

Source: NME & MJWN

元マネージャーらの提訴、エステートが勝訴

マイケル・ジャクソンの元ビジネス・マネージャーらが、彼の会社の1.6%を取り分として得るとの契約を口頭で結んだと主張して、2009年の彼の死去後にその巨万の富の分け前にありつこうと画策していたが、裁判所によって棄却された。

4人の原告のうちの3人は、2006年6月1日に東京のホテルでマイケルとミーティングを行い、マイケルは彼らに会社の取り分を約束したと主張している。2005年の裁判による個人的ないざこざの中、そばに控えていたその忠誠心に報いたいとマイケルは望んでいた、と原告らは主張している。

原告にはマイケルの元広報担当レイモン・ベインとボーイズⅡメンの元マネージャーのクォッドリー・エル=アミンが含まれている。口頭契約しかないということから判事は原告らの話は信憑性に欠けるとし、また提訴も遅すぎであり、マイケル・ジャクソンの存命中に提訴できたはずであると指摘した。

エステートの弁護士ハワード・ワイツマンはTMZに対しこう語った。

「根拠のない悪意のある裁判でした。原告らにとってはふさわしい判決でしょう。すなわち、何もないのです」

原告らはマイケルの死去の5年後の2014年になって提訴した。判事は、このような申し立ての期限は2010年であったことはもちろんだが、そもそも彼らが本当に契約を結んだのならなぜ存命中にその権利を行使しなかったのかと述べた。

■Michael’s Estate Wins Court Case

Michael’s former business partners tried to get a multi-million dollar slice of the pie after his death in 2009 by claiming they made a verbal agreement with him in 2006 that they would get 1.6% of his company. However a judge has rejected their claim.

Three of the four plaintiffs claim they had a meeting with Michael in a Tokyo hotel room on June 1st, 2006, and Michael promised them shares of his company. They claim Michael wanted to reward them for their loyalty for standing by him whilst he went through a lot of personal strife with the 2005 trial.

The plaintiffs include Michael’s former publicist Raymone Bain and Quadree el-Amin, a former manager for Boyz II Men. As it was only a verbal agreement a judge in Los Angeles said their story lacked credibility and they were too late to file it, noting they could have done so whilst he was alive.

Howard Weitzman, lawyer for the Michael Jackson Estate, told TMZ,

“This was a frivolous and outrageous case and these claimants got what they deserved, which was nothing.”

The plaintiffs didn’t file their claim until 2014, five years after Michael’s passing. The judge said if they really did strike the deal with him, why not try to get it while he was still alive? Not to mention the deadline for such a claim was 2010.

Source: TMZ & MJWN

エルヴィスの孫娘はマイケルが大好きだった

エルヴィスの孫娘ライリー・キーオがFox News Entertainmentの番組で、マイケルが大好きだったと明かした。

「私は彼が大好きでした」と彼女はマイケルについて語り、父親の元で育てられ大部分をハワイとロサンゼルスで過ごしていたにもかかわらず、グレイスランドとネバーランドを頻繁に訪れていたと明かしている。

彼女によればネバーランドでは、

「そこらじゅうにおもちゃ、そこらじゅうに動物たち、そこらじゅうに子供たち。一日中ディズニーランドにいるみたいでした」という。

スターの子供時代が普通とは違っていたのはこれだけではない。キーオは、一時期父親から家で教育を受けていたと語った。理由は、伝統的な教育がいわゆる「手に負えないもの」となったためだ。

「振り返ってみると、『私が受けた躾はすごかった』って思います」と彼女は語った。

母親のリサ・マリーは1994年にマイケルと結婚し、1996年に離婚している。

■Elvis’s Granddaughter Says She Loved Michael

Elvis’s granddaughter, Riley Keough, revealed to Fox News Entertainment how she loved Michael.

“I loved him,” she told Fox News Entertainment in reference to Michael and she revealed how, despite being mostly raised by her father between Hawaii and Los Angeles, she often made frequent stops at Graceland and Neverland Ranch.

During her time at Neverland Ranch, Keough said;

“There were toys everywhere, animals everywhere, kids everywhere. It was like being at Disneyland all day.”
That wasn’t the only way the star’s childhood was different. Keough explained how her father home-schooled her temporarily because a traditional education became, what the publication called, “too much of a nuisance.”

“Looking back on it, I’m like, ‘Wow, my upbringing was very intense,’” she said.

Lisa Marie married Michael in 1994 and divorced in 1996.

Source: Fox News Entertainment & MJWN

MJ ONEでマイケルの誕生日をお祝い

シルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson ONE」でマイケルの誕生日をお祝いする以上のことがあるでしょうか?4月末日以前に購入したマイケルの誕生日、および5月以降の2017年の公演すべてについて25%オフとなります。この機会をお見逃しなく!

REDEEM OFFER

新しくなったオフィシャル・ウェブサイト・フォトギャラリー

オフィシャル・マイケル・ジャクソン・フォトギャラリーを改装し、より見やすくなりました。気に入っていただけると幸いです!

EXPLORE

Source: Michael Jackson News Letter / MJJFANCLUB.JP




Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ