オリジナルの「Smooth Criminal」の衣装がONEシアターに

キング・オブ・ポップの1987年のアルバム「BAD」からの9作のショートフィルムのうちの6作目、「Smooth Criminal」は、彼を象徴し最も認知度の高い、物理的に不可能と思えるダンス・ムーヴ、「アンチ・グラヴィティ・リーン」を生み出した。

このショートフィルムの中でマイケル・ジャクソンが実際に着用した白地に青いピンストライプのオリジナルのスーツがシルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson ONE」を上演中のラスベガス、マンダレイ・ベイのMichael Jackson ONEシアターのロビーに展示され、一般でも見ることができるようになった。

この衣装の公開は、マイケル・ジャクソンの58回目の誕生日のお祝いムードを加速することとなった。マイケル・ジャクソンはその類まれなるキャリアの中で、10億枚以上のレコードを世界中で売り、13曲のナンバーワン・シングルを発売し、そしてロックの殿堂入りの二度果たすといった、ごく少数のアーティストの一人となった。彼のアートや振り付け、そして音楽はポップ、ソウル、R&B、ヒップ・ホップのアーティストたち、そしてファンたちを触発し続けている。マイケル・ジャクソンは史上最も偉大なエンタテイナーであるが、シルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson ONE」を見れば、その目撃者となることができるだろう。

シルク・ドゥ・ソレイユの常設ショー部門担当重役、ジェリー・ナダルの話
「マイケルは真に並外れた人でした。彼の才能や情熱、そして愛は今でも生きています。マイケルの音楽は彼のすばらしい精神を示すものであり、マイケル・ジャクソン・エステートとともに、4回目となる『Michael Jackson ONE』によるキング・オブ・ポップの誕生日のお祝いのホストを務めますことを大変うれしく思っています。エステートの協力により、私たちは真のマイケル・ジャクソン・スタイルで彼の誕生日をお祝いすることができます。マイケル・ジャクソンのすばらしいメモラビアをここに公開いたします」。

この衣装は、マンダレイ・ベイに展示されるマイケル・ジャクソン・エステートからのメモラビアとして4点目となる。このほかには、1984年のアメリカン・ミュージック・アワード出席時に着用した赤とゴールドのミリタリー・ジャケット、HIStory像、彼を象徴する黒いローファーとクリスタルを散りばめたソックスのペアがある。

3-2.jpg2-2.jpgPhoto-2-588-1.jpg



■Original ‘Smooth Criminal’ Costume On Show In Vegas

‘Smooth Criminal,’ the sixth of nine short films to be produced by the King of Pop for his 1987 album ‘Bad,’ created one of his signature and most recognizable dance moves – the anti-gravity lean, a seemingly impossible physical feat.

Members of the public now have an opportunity to see the original classic white pin striped suit that Michael wore in the short film, as it’s being displayed in the lobby of the Michael Jackson ONE Theater at Mandalay Bay in Las Vegas, where ‘Michael Jackson ONE’ is currently being performed by Cirque du Soleil.

The unveiling of the costume comes as we gear up to celebrate what would have been Michael’s 58th birthday. During his extraordinary career, Michael Jackson sold more than a billion records worldwide, released 13 No. 1 singles and became one of a handful of artists to be inducted twice into the Rock and Roll Hall of Fame. His artistry, choreography and music continue to inspire generations of pop, soul, R&B and hip-hop artists and fans. Michael Jackson is the greatest entertainer of all time, which fans can witness when they see ‘Michael Jackson ONE’ by Cirque du Soleil.

Jerry Nadal, Senior Vice President, Resident Shows Division at Cirque du Soleil said;

“Michael was truly an extraordinary individual whose talent, passion and love still lives on today. Michael’s music is a testament to his amazing spirit, thus, it is with great pleasure that we, together with the Estate of Michael Jackson, host the fourth annual King of Pop birthday celebration here at Michael Jackson ONE. Thanks to the Estate, we can celebrate his birthday in true Michael Jackson-style as we unveil another remarkable piece of Michael Jackson memorabilia.”

The costume becomes the fourth piece of memorabilia on loan from the Estate of Michael Jackson at Mandalay Bay. The other pieces are Jackson’s red and gold military-style jacket from his appearance at the 1984 American Music Awards, his legendary ‘HIStory’ Statue and a pair of his iconic black loafers and crystal-encrusted white socks.

Source: VegasNews.com & MJWN

彼の虚像、彼の伝説、そして人として - マイケル・ジャクソン・Jr

彼の虚像、彼の伝説、そして人として
マイケル・ジャクソン・Jr

多くの人々にとって、彼はキングである。でも僕にとっては、一人の人だ。
彼が触発するすべて、高尚な目的を導くためのもの
みんなファミリー、ファンではない
たとえ拍手万雷を受けている時であっても
多くの人は彼の伝説と虚像を知っている
幸運な一握りの人々は彼の真の姿を知っている
ジャクソン・ファミリーの5人目としてではなく
「息子、きょうだい、父親」。ごく一部の人々はそいういう彼を知っている。
彼は虚像であり、伝説であり、そして一人の人だ。
彼は母親を気遣い、子供たちを気遣う。世界を、全ての人を。彼は子羊
彼はピュア、彼は試練を受けた、彼は人の罪を許した。

The Myth, The Legend, The Man
Michael Jackson Jr.

To many he is king, to me, a man
All he inspires, to lead a noble cause.
Everyone is family, not a fan
Even while receiving thunderous applause.
The many know the Legend and the Myth,
A lucky few know the Man as he is
But not as the Jackson family fifth.
"Son, Brother, Father," these few know him as.
He is the Myth, the Legend and the Man.
He cares for his mother and his children,
The world and everyone, he is a lamb.
He is pure, tested, yet has forgiven.

ソース: Prince Jackson / Instagram / MJJFANCLUB.JP

世界の45人の子供たちによるトリビュート

「Heal The World」のリリースから20年あまり。世界45カ国、5歳から13歳までの子供たち45人による新しいバージョンが誕生した。伝説のミュージシャン、マイケルの誕生日を讃え、8月29日にインドのバンド、「Maati Baani」がYouTube上にアップした。

アップされたビデオでは、小さな子供たちが、ベテラン顔負けの優雅さやスキルでさまざまな楽器を演奏し、歌っている。今回のカバーバージョンの意図について「Maati Baani」はインド版ハフィントンポストに対して語っている。ボーカルのNirali Kartikによれば、「まさに今だと思ったのです。暴力のさらされている人々に対して、私たちが心を痛めていること、ともにあるということを伝えるにはすばらしい方法だと考えています」。

インド版ハフィントンポストによれば、この曲の製作はオンラインで行われ、登場する子供たちはお互いのことを知らないという。「だから登場してくれた子供たちにとっては、出来上がったビデオを見るのはびっくり箱をあけるようなものだったんです」とギタリストのKartik Shahは言う。これは、国境や世代を越えてつながる音楽の魔法だと言えるだろう。

エミネムのカバーでインターネットで話題となったアメリカ在住のインド人の少年Sparsh Shahもこのビデオには登場する。13歳の彼は骨が脆くなる病気、骨形成不全症を患っているにもかかわらず、すばらしいパフォーマンスを披露している。



■Tribute To Michael By 45 Children Across The World

More than two decades after its release, ‘Heal the World’ has a new rendition performed by 45 children from different countries, who are aged between 5 and 13. The song was released by Maati Baani, a world music band from India, on their Youtube channel on August 29th, Michael’s birthday, to honour the legendary musician.

The music video showcases young kids playing a variety of musical instruments and singing with grace and skill of veteran virtuosos. Maati Baani explained the idea behind the rendition in a statement to HuffPost India. “We are living in times which are not peaceful. We witness violence directly or indirectly everyday,” said the band’s vocalist Nirali Kartik. “We felt that it was the right time to do this and a great way to send a message to people affected by violence that we care and we are with you.”

According to HuffPost India, the entire collaboration for the song was done online and the children did not know who they were collaborating with. “So for them, watching the video was like opening a surprise packet,” said the band’s guitarist Kartik Shah. To that, we’d say that it is the magic of music which finds its way to form connections across boundaries and generations.

The video also features Sparsh Shah, an Indian boy living in America, who had become an internet sensation with his cover of a Eminem single. The thirteen year old has Osteogenesis Imperfecta, a disease that makes the bones brittle. But notwithstanding the disease, the young musician puts on an amazing performance.

Source: The Indian Express & MJWN

ケヴィン・ベーコンはマイケルに向けてバラードを書いていた

ケヴィン・ベーコンは11歳の時、最初の曲、失恋のバラードを書いていた。マイケル・ジャクソンがレコーディングしてくれることを願って。彼はマイケルのセンチメンタルな曲の大ファンだった。

彼は、1984年のミュージカル映画「フットルース」の主演や「ミスティック・リバー」への出演などの俳優活動で高評価を得てきた。しかし、彼は自分の音楽のルーツを決して忘れていない。兄マイケルとともにバンド、「ザ・ベーコンブラザーズ」としての活動を定期的に行っている。

このデュオはフォーク・カントリー・サウンドなのだが、ケヴィンは、少年時代に最初に書いた曲は「All the World Looks Lonely Through Lonely Eyes」という悲しい曲調のものだったと明かした。

「僕はジャクソン・ファイヴの大ファンだったんだ!僕が最初に書いた曲は、マイケル・ジャクソンに、と思って書いたのさ」と、彼は「The Tonight Show」への出演時に語った。「11歳だったからね、マイケルには届かなかったよ」。

ケヴィンはマイケルとは歳が近いが、例えば「Ben」のようなセンチメンタルな曲のファンだったという。

「僕はとてもロマンチックな子供だったんだ。小さいころからいつも失恋していたような気がするよ」と彼は笑う。「同級生の女の子、先生、隣の子。僕は恋をしていたのさ。(コメディ・ドラマ「かわいい魔女ジニー」の)魔法の壺の中にいるバーバラ・イーデンとかね。四六時中恋していたのさ。だから僕が書いていたのはいつも失恋ソングだったんだよ」。



■Kevin Bacon Penned Ballad For Michael

Kevin Bacon wrote his first song, a heartbreak ballad, at the age of 11 in the hopes of having Michael Jackson record it. He was a big fan of Michael’s more sentimental songs growing up.

The movie star has garnered praise for his acting work over the years, starring in hits such as 1984 musical-drama ‘Footloose’ and ‘Mystic River,’ but Kevin Bacon has never forgotten his musical roots and regularly performs alongside his brother Michael in their band The Bacon Brothers.

While the duo has a folk-country sound, Kevin reveals the first song he wrote as a young boy was actually a sad tune titled, ‘All the World Looks Lonely Through Lonely Eyes.’

“I’m a giant Jackson 5 fan! The first song I ever wrote, in my mind, I wrote it for Michael Jackson,” he said during an appearance on ‘The Tonight Show.’ “I was 11, so it didn’t make its way to Michael.”

Kevin was close in age to Michael and he was a big fan of Michael’s more sentimental songs growing up, including ‘Ben.’

“I was a very, very romantic child. I mean, I remember always being heartbroken from the time I was little…,” he laughed. “Being in love with the girl in school, the teacher, the girl next door, (I Dream of Jeannie’s) Barbara Eaton in a bottle…I was always in love, so the songs I wrote were always heartbreak songs.”

Source: Contact Music & MJWN
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ