1983年12月2日、「Thriller」、MTVで初放映

32年前の今日12月2日、MTVはマイケル・ジャクソンのミュージック・ビデオ「Thriller」13分を、史上初めて全編放映した。

1984年にこのシングルはビルボードHot100で、最高位である4位に到達した。同じくHot R&B/Hip-Hopでは3位に達した。2009年のジャクソンの死後、この曲はビルボードに再登場し、Hot Digital Songsで2位まで上昇した。同年、この曲のビデオはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。「文化的、歴史的、あるいは美的視点」からその意義は大きいとの理由であり、ミュージック・ビデオとしては初の栄誉となった。

ニールセン・サウンドスキャンによれば、「Thriller」は史上最もダウンロードされた、ハロウィーン関連のヒットであるという。

今日は「Thriller」初放映を記念し、史上最もポップ・ミュージックに影響を与えたとされるこのビデオを再訪してみよう。



ジョン・ランディス監督のこのビデオは、このビデオを作ったからといって、ジャクソンが超自然的行為(人間が狼男に変身しうるということも含む)を支持するということでは全くないと否定するところから始まる。そうであってくれてよかったと言うほかない。15秒後、タイトルバックと背後に聞こえる風切り音に激しい息遣いが薄気味悪いトーンを映像に与える。

物語は50年代だ。ジャクソンとその彼女(彼女の指輪がそれを物語っている)にとってはすべてが順調だ。だが、彼らの幸せは満月の登場によって終わらされてしまう。ここで、ジャクソンは「普通じゃない」と我々は知ることになる。そしてあの変身によって、我々は確信する。「Go Away!!!(あっちへ行け)」

しかしちょっと待て。これは単なるオカルト映画だ。ジャクソンは楽しんでいる。だが彼女は怖くなり、歩いて出て行ってしまう。「It's only a movie(たかが映画じゃないか)」とジャクソンは言う。「It's not funny(面白くないわ)」と彼女は言う。

注:ジャクソンには責任はない。この映画はコメディであるとは謳っていないからだ。

4分13秒。(歌の)「Thriller」はヴィンセント・プライス主演「Thriller」という劇場の看板のショットでスタートする。

彼女はまだ怖がっていない、とジャクソンは判断し、彼女の心を本物のゴーストのストーリーで満たそうと次へ進む。「It's close to midnight and something evil's lurking in the dark...(真夜中近く、何か邪悪なものが暗闇でうごめいている)」

ちょうど、2人は墓場を歩いて通り過ぎる。ここで、事態は急展開する。

「腐敗臭が漂う。4万年の死臭だ。墓という墓からは、身の毛もよだつ悪鬼たちが、最後の審判を下そうと忍び寄る・・・」

悪鬼たちを見て、2人は顔を見合わせる。そしてゾンビたちに囲まれてしまう。やっつけられないなら、仲間になってしまえ、だろ?彼女にとっては恐ろしいことに、ジャクソンがゾンビになってしまうのだ。

さあ、クライマックスだ。Thrillerダンス!私としては、この時点で「13 Going On 30」のジェニファー・ガーナーをすぐさま頭に浮かんでしまったのが残念だ。

2回目の変身ではジャクソンは素早く元の状態に戻る。だがこの時彼はすでに、どんなメイクでも彼の才能は輝きうるということを証明したのである(完璧なゾンビ・メイクでも)。

彼女の方はその場から逃げ出して荒れ果てた家に逃げ込む。そしてドアを封じようとするが、ゾンビ立ちは窓を破り、床を破壊して入ってくる。最悪の悪夢が現実になろうとしている。そして食らいつこうとゾンビが手をかけると・・・

「どうしたんだい?」とジャクソン。

ああ、よかった。夢だったのか。それとも?ヴィンセント・プライスの悪魔の笑い声が聞こえてくる。

■On This Day In 1983, Michael Jackson's 'Thriller' Premiered On MTV

Thirty-two years ago today (Dec. 2), MTV aired the full 13-minute version of Michael Jackson's “Thriller” music video for the first time.

In 1984 the single peaked at No. 4 on the Billboard Hot 100 and at No. 3 on Hot R&B/Hip-Hop Songs. Following Jackson’s death in 2009, the song returned to Billboard’s tallies, climbing to No. 2 on Hot Digital Songs. The same year, the video was inducted into the National Film Registry of the Library of Congress -- the first music video to ever receive this honor -- for being “culturally, historically or aesthetically” significant.

“Thriller” is also the is the most-downloaded Halloween-themed hit of all-time, according to data from Nielsen SoundScan.

Today, on the anniversary of its premiere, we revisit the clip regarded as the most influential pop music video of all time.

The John Landis-directed video opens with a disclaimer stating that by creating the music video, Jackson in no way endorsed supernatural practices -- which includes the belief that humans could ever transform into werewolves. Glad we got that out of the way! Fifteen seconds in, the tone is set with a spooky title card and the sound of wind rustling and heavy breathing in the background.

Our story begins in the '50s. Everything is going swell for Jackson and his girl (the ring makes it official), but their happiness is cut short with the appearance of a full moon, when we learn Jackson is “not like other guys” -- and we believe him when one heck of a transformation takes place. “Go away!!!”

But then, wait -- it was all just a scary movie. Jackson is amused but his girlfriend is disturbed enough to walk out. "It’s only a movie,” says Jackson.
“It’s not funny,” says girlfriend.

Note: Jackson is not at fault here, since clearly the movie wasn’t billed as a comedy.

At 4:13 in, “Thriller” (the song) begins with a shot of Thriller (the movie) starring Vincent Price on the billing of the theater.

This is where Jackson decides his girlfriend isn’t spooked enough and proceeds to fill her head with a real ghost story. “It's close to midnight and something evil's lurking in the dark...”

Fittingly, the couple walks past a graveyard, where things begin to liven up.


“The foulest stench is in the air. The funk of 40,000 years. And grisly ghouls from every tomb, are closing in to seal your doom…”

Next they come face to face with these grisly ghouls and are surrounded by the walking dead. Well, if you can’t beat 'em, join 'em, right? To his girlfriend's horror, Jackson becomes a zombie, too.

And then ladies and gentleman, we have reached the climax of the video -- the Thriller dance! At this point, I wish I didn’t immediately think of Jennifer Garner in 13 Going On 30.

As quickly as his second transformation began, Jackson returns back to his natural state, but at this point, he’s already proven his talent can shine through any amount of make-up (even the full-blown zombie kind).

As Jackson’s girlfriend flees the scene, she runs into an abandoned house and attempts to board herself up as walkers break through windows and rise up through the floor. Basically, your worst nightmare is coming true. And as the zombies reach out to eat you…

“What’s the problem?” says Jackson.

Thank goodness, it was all a dream. Or was it? Cue Vincent Price’s evil laugh.

Source: billboard.com

トリビュート映画の製作を拒んだとしてエステートが訴えられる

シャラド・チャンドラ・パテルは、死を目前とした息子よりマイケル・ジャクソンのファンを題材とした映画を作る権利を譲渡されたが、マイケル・ジャクソン・エステートがホームビデオや音楽の権利を提供しようとしないと主張している。

彼の息子ラジュ・パテルはプロデューサーで(「ジャングル・ブック(1994年版)」や「ピノキオ ニュー・アドベンチャー」を製作)、マイケル・ジャクソンとは友人であったがすでに死亡している。彼は、息子がマイケル・ジャクソンと交わした契約にしたがってトリビュート映画を製作する機会を拒否されたために債権者請求を行使するとして、マイケル・ジャクソン・エステートをロサンゼルス上級裁判所で提訴した。パテルは、2005年にガンで死去した息子ラジュはかつてジャクソンと共同でNeverland Entertainmentという映画会社を所有していた、2002年の契約によって映画の利益は折半することになっていた、と主張している。

2003年に児童虐待でジャクソンが逮捕・起訴された際も、ラジュは忠実な友人かつビジネス・パートナーであり続けたと言われている。一連のスキャンダルが沈静化したのち、ジャクソンは、騒動の間も彼を支持した大勢のファンたちに捧げる映画を製作する希望を持っていたと言われている。そしてラジュが亡くなる3カ月前に交わされた契約では、「Messages to Michael, "a tribute to Michael and his loyal fans"」という映画を製作することになっていたという。その契約ではラジュあるいは"任命者"とジャクソンあるいは"任命者"が映画を作ると記されており、ラジュの死の直前に父シャラド(同じくプロデューサー)にその契約が譲渡されたとされている。

ジャクソンが亡くなってからの6年間、シャラドは映画制作のためにジャクソンの音楽や身の回りの品を提供してもらおうと試みたが、遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンはこれを拒絶している。

「マイケルは、多くが彼に背を向けた困難な時期に彼に味方した献身的ファンたちに捧げる映画を製作したがっていた。マイケルは親友であり映画製作者のラジュを信頼しており、映画を実現できると信じていた」と訴状には記されている。しかしブランカとマクレーンは「契約条件を無視した。マイケルのファンに対する思いを無視するのと同じことである。これは、単に彼らが大金でしか動かないからである」と訴状は続く。

パテルは、息子がジャクソンと交わした契約は、エステートの協力のもと映画を製作する権利を与えていると主張している。これに対し、エステートはソニーをパートナーに選び、2010年にドキュメンタリー映画「This Is It」を製作した。これにはジャクソンの未公開映像が使われていた。エステートは「This Is It」の収益の90%を得たとされている。契約のもとパテルと協力して映画製作された場合の折半よりも多い取り分である。

2010年、パテルはエステートに対して債権者請求を行ったが、5年後の今年9月に請求棄却で決着した。今回の訴状によれば、「シャラドは、現在はマイケル・ジャクソン・エステートが所有している合意事項の下、映画製作のために使用を約束された音楽やホームビデオ映像を含む、現存している素材を利用することを求めるものである」と訴状には記されている。

エステートからのコメントは得られていない。

パテルの代理人はハリウッドの著名な訴訟者ラリー・ステインである。エステートの代理人はハワード・ワイツマンである。

■Michael Jackson Estate Sued for Shutting Down Tribute Film 'Messages to Michael'

Sharad Chandra Patel claims he was assigned a contract from his dying son to make a movie about Jackson's fans, but the late entertainer's executors won't provide home video footage or music rights.

The father of a deceased producer and friend of Michael Jackson has sued the entertainer's estate claiming he's been denied the opportunity to make a tribute film to Jackson under a contract his son had with the late singer.

Sharad Chandra Patel, whose son Raju Patel produced Bachelor Party, a 1994 version of The Jungle Book and The New Adventures of Pinocchio and was a Jackson friend, filed suit Thursday in Los Angeles Superior Court to enforce a creditor's claim that was rejected by the Jackson estate. Patel alleges his son, who died of cancer in 2005, had a film company with Jackson called Neverland Entertainment and that a 2002 contract provides that all proceeds from their films will be split 50-50.

When Jackson was arrested and charged with child molestation in 2003, Raju is said to have stayed loyal to his friend and business partner. After the scandal subsided, Jackson is said to have wanted to make a film dedicated to the millions of fans who also stood by him during the controversy, and a 2005 contract signed three months before Raju died provided that Raju and Jackson would make Messages to Michael, "a tribute to Michael and his loyal fans." That contract, which includes language saying Raju "or his nominee" could make the film with Jackson "or his nominee," then allegedly was assigned from Raju to his father Sharad (who also is a producer) before the son died.

In the six years since Jackson died, Sharad has been trying to get access to Jackson's music and personal effects in order to make the film but has been shut out by estate executors John Branca and John McClain.

"Michael wanted to create a film tribute to the dedicated fans who stood by him during difficult times when many others turned their backs on Michael," the lawsuit reads. "Michael trusted his good friend and filmmaker, Raju, to make the film a reality." But Branca and McClain "have disregarded the terms of the agreement, as well as Michael's wishes for his fans, because [they] are simply motivated by the biggest payday."

Patel alleges his son's contract with Jackson entitles him to make the film with the Jackson estate's cooperation. Instead, the estate chose to partner with Sony on the 2010 documentary film This Is It, which included never-before-seen footage of Jackson. The estate is alleged to have collected "a 90 percent share of film profits" from This Is It, much more than the 50-50 split it would have obtained if it had cooperated with Patel's film under the contract with Jackson.

In 2010, Patel filed a creditor's claim against the estate. Five years later, on Sept. 3, it finally was denied. Now "Sharad is seeking access to pre-existing materials, including music rights and home video footage, promised under the agreement now owned by Michael's estate for use in the film," the complaint says.

THR has reached out to the Jackson estate for comment.

Patel is represented by well-known Hollywood litigator Larry Stein. The Jackson estate is represented by Howard Weitzman.

Source:billboard.com

スパイク・リーの新作ドキュメンタリーが来月発表へ

映画監督スパイク・リーが、来月ユタ州でサンダンス映画祭でマイケル・ジャクソンを題材とした新作ドキュメンタリーを公開すると発表した。タイトルは「Michael Jackson’s Journey from Motown to Off the Wall」。

ドキュメンタリーのあらすじにはこう書かれている。「最初のソロ・メジャー・プロジェクトの『Off the Wall』の成功により、マイケル・ジャクソンは子供スターからキング・オブ・ポップとなった。このドキュメンタリーは、貴重な映像アーカイブ、そして関係者やその生き方や成功、業績が影響を及ぼした人々のインタビューを交え、独創的なこのアルバムに光を当てるものである」。

スパイク・リーとマイケル・ジャクソンの関わりは20年に及ぶものだ。最初は1996年の「They Don't Care About Us」用ショートフィルムの監督で、2012年にはアルバム「BAD」の25周年を記念した素晴らしいドキュメンタリーを製作した。

サンダンス映画祭のプログラム・ディレクターのトレヴァー・グロスはこう話している。
「このドキュメンタリーは彼を動かす原動力や献身ぶりに焦点を当てています。どれほど才能があったのか、というのではなくどれほどハードに仕事をしたのかということです。ジャクソン・ファイヴからソロ・キャリアへと移行した時期に注目しています。ファンにとってはとても貴重なものになると思いますし、ファンでない方をも魅了するでしょう」。

■Spike Lee’s New Doc Released Next Month

Director Spike Lee has announced plans to release his brand new Michael Jackson documentary at next month’s Sundance Film Festival in Utah, called ‘Michael Jackson’s Journey from Motown to Off the Wall’.

The film synopsis reads: “Catapulted by the success of his first major solo project, Off the Wall, Michael Jackson went from child star to King of Pop. This film explores the seminal album, with rare archival footage and interviews from those who were there and those whose lives its success and legacy impacted.”

Lee has been involved with Michael Jackson for two decades. He first directed the short film for ‘They Don’t Care About Us’ in 1996 and went on to make a wonderful documentary in 2012 to celebrate the 25th anniversary of the ‘Bad’ album.

Sundance’s programming director Trevor Groth has said;

“The film focuses on his drive and commitment. What a hard worker he was, not just on how talented he was. It looks at when he transitioned from the Jackson Five into a solo career. For fans, I think it’s going to play through the roof. And for not fans, they’re going to be fascinated.”

Source: The 405, Entertainment Weekly & MJWN

Wizについての12のこと

NBCで木曜日(12/3)にオンエアされる「The Wiz Live!」はスターが勢ぞろいし、視聴者をあの黄色のレンガの道へと連れて行くことになるだろう。ブロードウェー・ミュージカルから映画へ、そしてテレビスペシャルとして作られた本作にはドロシー役のシャニース・ウィリアムスという新顔が登場、ベテランのステファニー・ミルズ(75年のブロードウェー版ではドロシーを演じた)がエムおばさんを演じ、R&Bシンガーや大物俳優も登場する。これらのビッグネームたちがステージにあがるのも楽しみなところだが、ここでは、ブロードウェーでのデビューと、1978年に劇場公開されたモータウン製作版についての知られざる興味深い事実を紹介しよう。

1. ベリー・ゴーディとモータウンは映画製作のためにミュージカルの権利を購入した。

2. ステファニー・ミルズ(モータウン・レコードに所属していた)は、ブロードウェーでドロシーを演じていたので1978年の映画でもドロシー役の最有力候補だった。だが、伝えられるところによると、ダイアナ・ロスがゴーディとプロデューサー陣に働きかけ、ドロシー役を掴んだと言われている。元々の監督であったジョン・バダム(サタデー・ナイト・フィーバーの監督)は、ロスがキャスティングされた後に監督を辞退している。

3. 「The Wiz」撮影時、ロスは33歳であった。14歳のドロシーより20歳年長であった。このため脚本チームは彼女をティーンから24歳の幼稚園の先生に変更した。

4. シドニー・ルメットがバダムに代わって監督を務めた。当時ルメットはゲイル・ルメット・バックリーと結婚していたが、彼女は女優レナ・ホーン(グリンダ役)の娘である。

5. ルメットがカカシ役として当初選んだのはジミー・ウォーカーだった。だがプロデューサーのロブ・コーエンは歌手の起用を希望しており、マイケル・ジャクソンを起用するよう説得した。

6. ベン・ヴェリーンはブリキの木こりを演じることになっていたが、直前にニプシー・ラッセルに交代した。しかしヴェリーンは、2005年のブロードウェー・ミュージカル「Wicked 」でオズの大魔法使いを演じた。

7. ブロードウェー版から78年の映画版で連続出演したのはテッド・ロス(臆病なライオン)とメイベル・キング(北の悪い魔女アビレーン)の2人だけである。

8. クレジットはされていないが、ロビン・ギブンスがエムおばさんのパーティーの客として出演していた。これが彼女の最初の映画出演である。

9. ドロシーはハーレムに住んでいたのか?それともブルックリンか?住所はプロスペクト・プレイス433番地とドロシーは言っているが、これはブルックリンである。しかしエムおばさんは、ドロシーがハーレムの125番街より南には行ったことがないと言っている。

10. ニューヨークのランドマークがいくつか背景に映っている。ブリキの木こりはコニーアイランドで一行に加わった。地下鉄ホイト・スキャマホン駅は、パペットたちが動き出すシーンの背景である。世界貿易ビルはエメラルド・シティである。かつてのシェアスタジアムの場所は、自転車のサルにキャストが追われた場所である。

11. マイケル・ジャクソンはNAACPイメージ・アワードで最優秀男優賞を受賞した。映画自体は最優秀映画賞を受賞している。

12. 製作費は2400万ドルに跳ね上がり、当時最も製作費の高いミュージカル映画だった。興行収入はたったの1300万ドルであった。

thewiz.jpg

■12 Things You May Not Have Known About The Wiz

The Wiz Live! airs on NBC on Thursday with a star-studded lineup certain
to have you ready to take a trip down the yellow brick road. The Broadway musical-turned-movie-turned-live TV musical features a newcomer as Dorothy (Shanice Williams), a Wiz vet as Aunt Em (Stephanie Mills, who played Dorothy in the 1975 Broadway musical) as well several of your favorite R&B singers and big-name actors. As we look forward to these marquee names hitting the stage, take a look at a few interesting facts that you may not have known about its debut on the Great White Way and its storied Motown-produced theatrical run in 1978.

1. Berry Gordy and Motown Productions bought the rights to the musical so it could be made into a film.

2. Stephanie Mills, who was also signed to Motown Records, was a favorite to reprise her Broadway role of Dorothy in the 1978 film. But Diana Ross reportedly lobbied Gordy and producers to land the iconic role. The original director, John Badham (Saturday Night Fever), withdrew once Ross was cast.

3. Ross was 33 when The Wiz was filmed, two decades older than 14-year-old Dorothy. So the writers changed her from a teen to a 24-year-old kindergarten teacher.

4. Director Sidney Lumet stepped in for Badham. At the time, Lumet was married to Gail Lumet Buckley, Lena Horne's (Glinda the Good Witch) daughter.

5. Jimmie Walker was Lumet’s first choice to play the Scarecrow. But producer Rob Cohen wanted a singer for the role and convinced Lumet to cast Michael Jackson.

6. Ben Vereen was supposed to play the Tin Man and was replaced at the last minute by Nipsey Russell. Vereen did, however, get to play the role of the Wizard in the Broadway musical Wicked in 2005.

7. Ted Ross (Cowardly Lion) and Mabel King (Evillene) were the only two stars to reprise their Broadway roles in the 1978 film.

8. She was uncredited in the film, but Robin Givens was a guest at Aunt Em's party. It was her first on-screen role.

9. Did Dorothy live in Harlem or Brooklyn? She says her address is 433 Prospect Place which is in Brooklyn. But in the film, Aunt Em says Dorothy's never been below 125th Street in Harlem.

10. Several landmarks in New York City are the backdrop of the film. The Tinman joined the crew in Coney Island. The Hoyt-Schermerhorn subway station is the setting for the scene where the puppets come to life. The World Trade Center was the home to Emerald City. What used to be Shea Stadium is where the cast was chased by monkeys on bicycles.

11. Michael Jackson won an NAACP Image Award for Best Actor in The Wiz. The film won the award for Best Picture.

12. Coming in at a whopping $24 million, it was the most expensive musical to be produced at the time. The film only brought in $13 million.

Source: The Root

「サウンドプラネタリウム~天空の鏡に響く、ハイレゾの歌~」

プラネタリウム「MEGASTAR」とハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源*1を融合させたイベント「サウンドプラネタリウム~天空の鏡に響く、ハイレゾの歌~」を2015年12月18日(金)~2016年2月14日(日)の期間、東京・銀座 ソニービル 8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)にて開催いたします。

ご体験いただく際に再生する楽曲は、ナビゲーターを務めるmiwaをはじめ、幅広い世代から愛されているマライア・キャリー、マイケル・ジャクソン、JUJUの計4アーティスト、全6曲。イベント期間を前半と後半に分けて3曲ずつ異なる楽曲での演出となる予定です。ソニーのスピーカーの最上位機種であるリファレンスモデル“R”シリーズ「SS-AR1」2台と、高品位な音楽再生を目指した“ES”シリーズのステレオアンプ「TA-A1ES」を使用し、プラネタリウムとの華麗なハーモニーで天空の世界をお楽しみいただけます。

イベント前半期間
2015年12月18日(金)~2016年1月17日(日)
miwa / 19thシングル「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」

マライア・キャリー / アルバム“MUSIC BOX”「Without You (Album Version)」

マイケル・ジャクソン / アルバム“Bad”より「Man In The Mirror」

イベント後半期間
2016年1月18日(月)~2016年2月14日(日)
JUJU / ニューアルバム“WHAT YOU WANT”(12月9日(水)発売)より「WITH YOU」

マイケル・ジャクソン / アルバム“Bad”より「I Just Can't Stop Loving You」

miwa / アルバム”ONENESS”より「希望の環(WA)」

※約15分の映像を繰り返し、上演いたします。
※上演内容/時間など、予告なく変更になる場合がございます。

Source : Sony

マイケル・ジャクソン「Thriller」、米国で史上初の30Xマルチプラチナディスクの認定をRIAAより受ける

マイケル・ジャクソンの「Thriller」が、音楽史上初となる、米国での30Xマルチプラチナディスク(3000万枚)の認定を受け、自らの歴史的記録を塗り替えました。「Thriller」は世界中で1億枚以上が売れています。全レコードの売り上げ枚数は全世界で10億枚以上を数え、キング・オブ・ポップは史上最もレコードを売ったアーティストとして君臨しています。この節目の記録に貢献していただいた全てのマイケル・ファンの皆さんにお礼申し上げます。以下、正式発表です。

マイケル・ジャクソン「Thriller」は、史上初めて、RIAAより30Xマルチプラチナの認定を受けました。キング・オブ・ポップは歴史を作ります(再び)!「Thriller」は、依然として史上最も売れたアルバムであり、世界中で1億枚以上を売り上げています。

アメリカレコード協会(RIAA)、マイケル・ジャクソン・エステート、エピック・レコード、レガシー・レコードは、マイケル・ジャクソンの「Thriller」が、RIAAのゴールド・プラチナ認定プログラム史上初めて、アメリカでのセールスに対して30Xマルチプラチナに認定されたことをここに発表いたします。全世界で「Thriller」が1億枚、トータルでは10億枚以上を売り上げ、史上最も売ったアーティストとして、キング・オブ・ポップは君臨し続けています。

RIAAの会長兼CEO、ケーリー・シャーマン
「RIAAはほぼ60年にわたって、音楽ビジネスを代表してゴールド、プラチナディスクの認定を行ってきました。ですが、一人のアーティストが30Xプラチナに到達したのは史上初めてのことです。けた外れの偉業であり、我々の心の中の、そして音楽史上における『Thriller』のゆるぎない地位の証左であります」。

マイケル・ジャクソンの最高傑作「Thriller」は、クインシー・ジョーンズとマイケル・ジャクソンの手によってプロデュースされ、1982年11月30日の発売以来、史上最高のグラミー8冠達成を初めとする数々の賞を受賞し、新たな基準を打ち立ててきました。「Thriller」はビルボードのアルバム・チャートにほぼ2年半とどまり、37週1位という記録を保持しています。リリース以来80週連続でTOP10を達成した史上初めてのアルバムとなりました。以来30年以上の間、この記録に到達したのは他にはたった1枚だけです。ビルボード・アルバムチャート在位112週目でRIAAより史上初めて20Xマルチプラチナに認定されました(1984年10月30日)。「Thriller」は、イギリス、フランス、イタリア、オーストラリア、デンマーク、ベルギー、スペイン、アイルランド、ニュージーランド、カナダ、そしてアパルトヘイト政策下の南アフリカなどの世界の国々でナンバーワンとなりました。

「Thriller」はその多様さと深さを評価されました。ローリングストーン誌はこのアルバムを、マイケルにとっての「転機」と表現しました。ニューズウィーク誌は、「マイケルの声はこれらの曲にとりつき、心を吹き込んでいる・・・マイケルの声により、この音楽は不朽のものとなるだろう」とその後を予言するかのように記しました。このアルバムから7曲がトップ10シングルとなり、「Beat It」、「Billie Jean」、「Thriller」が1位となりました。地球上のすべての人々の心と記憶の中に、9曲すべてが永遠に残ることとなりました。

1枚のアルバムということ以上に、「Thriller」は、20世紀、そして21世紀においても、全世界的な文化的複合的媒体であり続けており、音楽の壁を粉砕し、ポップの最前線の変革を行っています。「Thriller」の音楽はダイナミックかつ非凡なものであり、ロックやポップ、ソウルといった先行するあらゆる音楽の定義に挑戦しました。「Beat It」はロックとポップの融合という新しい音楽であり、エディ・ヴァン・ヘイレンの煽るようなギターによって黒人音楽と白人音楽の間に長い間存在した分断を破壊しました。「The Girl Is Mine」では、一人の女の子をめぐって黒人と白人の男が気さくに話をしています。アフリカをルーツとした「Wanna Be Startin’ Somethin’」やリズム&ブルースを土台とした「Billie Jean」も同じアルバムに収録されています。このような広範囲の素材を一つのアルバムでリリースした者はそれまで存在しませんでした。

「おそらくマイケルの最も重要な人種差別に対する先進性は、ミュージック・ビデオによってもたらされている」とジョー・ボーゲルは著書「Man in the Music」で書いています。この誕生したばかりの新たなアートの形で魅了することによって、マイケルはストーリーを語り、楽しませようと意図しました。「Billie Jean」は、その甘美な映像や劇的な物語と壮観な振付にもかかわらず、白人ロック・アーティストを独占的に放映していた誕生直後のMTVは放映を拒否しました。エピック・レコードは粘りました。その壁が崩壊するやいなや、MTVの視聴率は急上昇し、アフリカ系アメリカ人アーティストの世代に扉は開かれました。「彼はMTVのジャッキー・ロビンソンだ」と文化評論家のトゥーレは言いました。次に登場したのは忘れえないショートフィルム「Beat It」です。音楽とダンスのパワーで2つのギャング団をまとめるマイケルが登場します。そして「Thriller」です。1983年にロサンゼルスのAVCOシアターで先行上映され、3週間にわたって毎晩ソールドアウトとなりました。あのような興奮を生み出し、30年経っても私たちの気を引き共通の記憶として共有するようなビデオは後にも先にもこれだけであり、そして、国立フィルム記録簿へ登録された唯一のミュージック・ビデオとなりました。「Thriller」の重要性はグラミー賞で業界の同輩たちに認められました。「Thriller」は記録破りの12部門ノミネート、うち8部門で受賞となり、これはアルバムが受賞しうる部門のほとんどを受賞するという記録となっています。このうちの7賞は、最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞(Beat It)、最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞(Thriller)、最優秀レコーディング技術賞(Thriller)、最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞(Beat It)、最優秀R&Bボーカル・パフォーマンス(Billie Jean)、最優秀R&B賞(Billie Jean)です。(8つ目は、最優秀子供向けレコーディング賞(E.T. The Extra-Terrestrial)です)。同年、マイケルはアメリカン・ミュージック・アワードで8賞、MTVミュージック・アワードで3賞を受賞しました。翌年の第27回グラミー賞では「The Making of Michael Jackson's Thriller」が最優秀ビデオ・アルバム賞を受賞しています。類まれなるキャリアの中で、マイケル・ジャクソンは10億枚以上のレコードを世界中で売り、13枚のナンバーワン・シングルをリリースし、そしてロックの殿堂に2回入るという一握りのアーティストの一員となりました。ギネスブックはマイケル・ジャクソンを史上最も成功したエンタテイナー、「Thriller」を史上最も売り上げたアルバムとして認定しました。彼の芸術性、振付、そして音楽は、ポップやソウル、R&B、ヒップホップ・アーティストやファンの各世代を触発し続けています。

エピック・レコードの会長兼CEO、LA・リード
「マイケル・ジャクソンが史上最も偉大で巨大なアーティストであることは明瞭です。チャート記録やセールスが驚異的というばかりではなく、彼のピュアな音楽的才能は別次元でした。『Thriller』は画期的で衝撃的でした・・・完璧だったのです。マイケルがエピック・レコードのハートであり魂であるということを私は非常に誇りに思っています。彼は唯一無二のキング・オブ・ポップであり続けるでしょう」。

マイケル・ジャクソン・エステート共同執行人ジョン・ブランカ、ジョン・マクレーン
「1億枚のアルバム。『Thriller』のような現象はこれまでありませんでした。マイケルは、自らの創造性を開放し、感情的な深さを探り、音速のイノベーションの境界を押し広げました。その過程において、彼は音楽業界の境界を破壊し、音楽と通じて文字通り世界を一体化したのです。つまり、マイケル・ジャクソンの音楽で人々が鼓舞されなかった場所など、この地球上には存在しないのです。リリースから30年、『Thriller』は新鮮でありつづけています」。

「Thriller」や他のヒットアルバムに収録の曲は、シルク・ドゥ・ソレイユとマイケル・ジャクソン・エステートの共同制作であるラスベガスのヒット・ショー、「Michael Jackson ONE」でも取り上げられています。「Michael Jackson ONE」はソールドアウトを続け、ラスベガス・マンダレイベイの専用シアターに詰めかけたファンの皆さんを驚かせ続けています。

ソース:michaeljackson.com / MJJFANCLUB.JP
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ