タジ・ジャクソン:脳卒中後のジョーの「予後は順調」

タジ・ジャクソンによると、ブラジル滞在中の7月に脳卒中を患った祖父ジョー・ジャクソンは「かなり回復しつつある」という。

「予後は順調です」。タジは、87歳になるジャクソン家の長について、カリフォルニア州エンシノの一家の邸宅でインタビューに答えた。

「彼は強いですが、気楽にすべきところで気楽にしないというような、ジャクソン家伝統の頑固さを持っています。それが私の唯一の心配ごとです」とマイケル・ジャクソンの甥であるタジは語った。

ジャクソン・ファイヴのオリジナルメンバーのティトの息子たちであるタジ、TJ、タリルは、彼らのリアリティ番組「The Jacksons: Next Generation」のプロモーション・イベントで語った。

TJは、「叔父はこの番組を誇りに思ったことでしょう。正直でウソ偽りがないからです。僕らにとっては家族と愛が全てだと心の底から彼はわかっていた、と僕は思います。時として人は自分の抱える傷を見せ、欠点を見せなければならないことがあります。だからみんなにもよくわかってもらえると思います」と語っている。

彼らの甥でマイケル・ジャクソンの子供たちのプリンス、パリス、ブランケット、そしてマイケルの母キャサリン・ジャクソンも、10月2日にLifetimeが放映するこのシリーズに登場する。

■TAJ JACKSON: JOE JACKSON'S 'PROGNOSIS IS GOOD' AFTER STROKE

Taj Jackson says his grandfather Joe Jackson is "doing a lot better" after having a stroke in late July while visiting Brazil.

"Prognosis is good," said Taj of the 87-year-old Jackson patriarch during an interview Tuesday at the family's Encino, Calif. estate.

"He's strong and at the same time he's got Jackson hard-headedness of like when you're supposed to take it easy, not taking it easy. So that's the only thing I worry about," said Taj, who is Michael Jackson's nephew.

Taj, along with brothers TJ and Taryll Jackson, sons of Tito, one of the original Jackson Five, spoke at an event promoting their reality docuseries, "The Jacksons: Next Generation."

"I think my uncle would be proud of the show because we're honest and real and I think he knows at the core we're all about family and love," said TJ. "I think sometimes you have to show your wounds and your imperfections so people can relate to it."

Along with his nephews, Michael Jackson's children, Prince, Paris and Blanket, and mother, Katherine Jackson, are also featured in the Lifetime series premiering Oct. 2.

Source: ASSOCIATED PRESS

ウェズリー・スナイプス、ビデオ「Bad」でマイケルのボディーガードを務めていたと語る

マイケル・ジャクソンは1987年のビデオ「Bad」で頂点を極めた。ウエスト・サイド物語風の振付で都会のギャングを描いたこの伝説のショートフィルムの監督にはマーティン・スコセッシが招かれた。出演者の中に、"Mini Max"を演じた若きウェズリー・スナイプスがいた。彼は1991年の「ニュー・ジャック・シティ」などでより注目を集めた作品に出演していったが、キング・オブ・ポップとした仕事は、彼の経歴の中で依然として頂点だ。彼はこの経験を木曜日のTonight Showで振り返り、ハーレムでの撮影中彼がジャクソンの"事実上"のボディーガードになったいきさつを語っている。

「僕はスコセッシとQ(クインシー・ジョーンズ)のオーディションを受けたのさ。彼らは僕を選んだ。よくわからないけど、オーディションを受けたおそらく数百人の中からね」と映像中のスナイプスは語っている。ジャクソンの印象を聞かれ、スナイプスはこの面白いエピソードを語り、クエストラブやザ・ルーツらの大爆笑を誘った。

「偉大なマイケル。インスピレーション、創造の神。マイケルはとてもおもしろい人だった。とてもとてもおもしろい人。ハーレムでの撮影で彼は少しナーバスになっていた。ハーレムでビデオ『BAD』」の撮影をしていたんだ・・・。彼は少しナーバスだった。彼のファンたちは、彼にとっては両極端だったのさ。彼が好きなファン、彼を憎むファン。『マイケル・ジャクソン!愛してる!あなたの赤ちゃんを産みたい』なんて叫んでるのが聞えたよ。別の人はこう言っていた。『おまえはXXXだ。マイケル・ジャクソン、おまえは貧民街には決して戻ってこないさ!マイケル・ジャクソン、あたしたちに何をしてくれるの?』」

「だからマイケルは僕の方を向いて、『怖くない?』という感じだったよ。『ヘイ、マイク!何言ってんだよ』、『怖くないのかい?本当に怖くない?』、『怖くないよ、マイク。ハーレムだよ、ベイビー。僕らが育った場所さ。みんな君が大好きなのさ。本当だよ。怖いのかい?』、『少しね』」。

スナイプスは、俳優から"ボディーガード"に"降格"になったと冗談めかして語った。だが、それはやるに値する型破りのギグだったと彼は言う。「可能ならいつでもまたやるよ。彼はインスピレーションだった。素晴らしい才能だったよ」。

mj_bad.jpg ■Wesley Snipes Talks Being Michael Jackson's Bodyguard for 'Bad' Video

Michael Jackson went epic with his video for 1987's "Bad," recruiting Martin Scorsese to direct a lengthy short film about urban gangs with choreography nods to West Side Story. Among the sprawling cast was a young Wesley Snipes, who played "Mini Max" – and while the actor went on to higher-profile work in films like 1991's New Jack City, his brush with the King of Pop remains a formidable notch on his resume. Snipes reflected on the experience Thursday on The Tonight Show, recalling how he became Jackson's "de-facto" bodyguard during the Harlem shoot.

"I auditioned for Scorsese and Q – Quincy Jones – and they selected me out of, I don't know, maybe hundreds of guys who auditioned," Snipes says in the clip. After Fallon asks about his impressions of Jackson, Snipes tells the hilarious story – earning uproarious laughs from Questlove and the Roots.

"The great Michael: the inspiration, the muse," he says. "Michael was very interesting – very, very interesting. He actually was a little nervous filming in Harlem because we filmed some of the 'Bad' video there in Harlem ... He was a little nervous because the fans were a little ambivalent with him. Some of them loved him. Some of them hated him. So you hear them literally yelling out, 'Michael Jackson! We love you! Oh my God – I want to have your baby.' And you have other people going, 'You ain't bleep! Michael Jackson, you ain't never coming back to the 'hood! Michael Jackson, what you do for us?'

"So Michael turned to me and was like, 'Are you scared?'" he continues. "I was like, 'Yo, Mike, what are you talking about?' 'Are you scared? Really, are you scared?' I was like, 'No, Mike, this is Harlem, baby! This is where we grew up. They love you. Really, you're scared?' He was like, 'A little.'"



Snipes jokes that he was "demoted" from actor to "bodyguard." But he says the unorthodox gig was worth it: "I'd do it again any time," he says. "He was such an inspiration, such a wonderful talent."

Source: Rolling Stone

エリザベス・テイラーの家の秘密:ダイヤ、マイケルの写真、コリン・ファレルのメッセージ

幾多ものオスカー、数々の行動、大物の恋人たち、そして時には演じた偉大な人物の数々。エリザベス・テイラーはこれからもハリウッドのアイコンである。だが、写真家キャサリン・オーピーの新著「700 Nimes Road」では、このレジェンドのプライベートの世界に光が当てられている。カリフォルニア・ベルエアのテイラーの自宅の撮影に、オーピーは2011年の彼女の死の前後の数カ月を費やした。

テイラーの家には、彼女の友人や家族を思い出させるもの、そして全力で生きた彼女の人生に関わる品々で満ちていた。「家族の写真がたくさんありました」とオーピーは語る。彼女はテイラーのベッドサイド・テーブルの写真を撮影したが、そこにはテイラーの長年の友人だったマイケル・ジャクソンの写真が、彼女の家族の写真とともに置かれていた。彼女と二度結婚したバートンの写真は家中にあった。「リチャード・バートンの写真はどの部屋にもありました。そう、とてもたくさん。全部の部屋に彼はいましたよ」。

もう一枚の写真には、テイラーがコリン・ファレルといかい親密だったかが表れている。2人は親友で、夜遅くまで電話でおしゃべりしていた。彼がメモを残している。「日本のビーフの探索」。テイラーのドレッシング・ルームの鏡に、彼女の口紅で書かれたものだ。「彼はある晩彼女を訪れ、ドレシング・ルームの鏡にあれを書いたのです。日本のビーフを探しに彼女を連れ出そうというものです」とオーピーは説明する。テイラーが亡くなった後、ファレルは二人の友情を愛情をこめて語っている。「彼女が僕にそうさせた方法がどうであれ、僕は許されていたんだ。友人としてね。それは途方もなく普通ではない現実だったのさ」。

michael-jackson-435.jpg


■Secrets of Elizabeth Taylor's Amazing Home: Diamonds, Photos of Michael Jackson and a Lipstick Message from Colin Farrell

With her Oscars and her activism, her great loves and even greater roles, Elizabeth Taylor will always be a Hollywood icon. But in a new book, 700 Nimes Road, photographer Catherine Opie shines a light on the private world of the legend. Opie spent months shooting Taylor's Bel Air, California, home, just before and after the star's death in 2011.

Taylor's home was also filled with reminders of her friends and family, mementoes of a life lived to its fullest. "There were lots of family photos," says Opie, who captured a shot of Taylor's bedside table with pictures of her longtime friend Michael Jackson among family photos. Pictures of Burton, whom Taylor married twice, were all around the house. "Richard Burton was in every room," says Opie. "Yeah, pretty much. He was in every room."

Another photo shows off how close Taylor was with Colin Farrell. The two were great friends, often chatting by phone late into the night. He left a note, "the quest for Japanese beef," on Taylor's dressing-room mirror, written in her own lipstick. "He was visiting her one day and then wrote that on her dressing mirror, that was going to take her out for Japanese beef," explains Opie. After Taylor died, Farrell spoke lovingly of their friendship. "I was allowed in whatever way she would let me, as a friend," he said at a benefit last year. "And it was a pretty extraordinary reality."

Source : People.com

葉山ホテル音羽ノ森 ★マイケル・ジャクソン来館記念日 【限定ベジタブルランチのご案内について】

マイケル・ジャクソン来館記念日
【限定ベジタブルランチのご案内について】
★ 2015年10月15日
★ お食事は通常10800円のところ、8000円でご提供します。
★ 今回は音羽ノ特製ドリンク「Beat it」をお付けします。

♪メニュー♪
・スペシャルドリンク「BEAT IT」
・海藻のマリネ、キャロットラぺ、レンコンのプレッセ、モロッコインゲンのフリット
・鎌倉野菜のグリエ 野菜のジュのソースで
・玄米とカボチャのリゾット
・白菜と地野菜ファルシ
・ゴマと豆腐のステーキ きのこのベニエ添えソイソース
・メロンのスープとシャーベット メープルシロップのジュレと共に
___
【葉山ホテル音羽ノ森】
要予約。11:30~16:00まで(ラストオーダー14:30)
電話 046-857-0108(※予約は3日前まで)
‪#‎マイケルジャクソン‬ ‪#‎来日‬ ‪#‎1987年10月15日‬

※当時の詳しい状況は↓のサイトから、
左側の項目からREPORT-2をクリックして頂き、
日産自動車工場見学 '87をクリックしてください!!

http://legend-of-mwfc.la.coocan.jp/

ソース:葉山ホテル音羽ノ森 / MJJ FANCLUB JAPAN

音羽の森ランチ 音羽の森ランチ案内状

マイケルとポールの新映像リリース

ポール・マッカートニーのアルバム「Pipes of Peace」のリマスター盤デラックス・エディションで、1981年にサセックスのポールの家族の農場をマイケルが訪問した際のプライベートのホーム・ビデオ映像が公式にリリースされた。

2人のデュエット「The Man」をバックにしたこの貴重な映像はポールの亡き妻リンダが撮影したもので、1982年のポールのインタビューを聞くことができる。ポールはマイケルと仕事をすることになった時のことを語っている。

「彼が電話をかけてきたんだ。それが彼だとは信じられなかったね。だから、『どなた?』って聞いたんだ。彼は『マイケルです』って言ってたよ。・・・とにかく、僕らはそんなジョークをよくやっていたんでね。『はい、あなたと曲作りをしに伺いたいのですが』って言うから、僕はそれは素晴らしいと言ったよ。彼はイギリスまでやって来てね、僕らは一緒に腰をかけたんだ。あまりよく知らない人と一緒に座って書く、曲を書き始めるなんて簡単じゃないぞ、と僕は思った。相性が良くなければ難しいからね。でも思ったよ、マイケルだ。やってみよう!!もしうまくいかなかったらやめればいい・・・」

ビデオでは、マイケルが花を摘んだり、ポールのペットの犬をなでたり、馬に乗ったりする様子を見ることができる。

the-man1.jpg


■New Footage Of Michael & McCartney Released

To accompany the release of the new deluxe version of Paul McCartney’s ‘Pipes of Peace’, the ex-Beatle has officially released private home footage of Michael visiting the family ranch in Sussex in 1981.

The rare footage, placed over their 1983 duet ‘The Man’ was filmed by Paul’s late wife Linda and an interview of Paul can be heard from 1982 where he talked about how Michael and him started to work together. McCartney said:

“He rang me up, and I didn’t believe it was him, so I said, ‘Who’s this?’ He said, ‘Michael’… Anyway, we had a joke about that kind of thing, and he said, ‘Yeah, I’d like to come over and write with you’, so I said great. So he came over to England and we just sat down. I thought, well, it’s not easy to just sit down with anyone you don’t know and just write, start songwriting because you’ve got to get the chemistry right. But I thought, it is Michael – you know, I’ll just try! If it doesn’t work, we’ll just throw it away…”

In the video Michael can be seen picking flowers, stroking their pet dog and riding a horse.

Source: MJWN

ソニー、音楽出版部門「ソニー/ATV」の株式売却計画

ソニーは、世界最大の音楽出版社「ソニー/ATVミュージックパブリッシング」の株式の半数を売却する計画を進めている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に詳しい関係筋の話として伝えた。

続きはこちら

Source: Yahoo / ロイター
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ