ジェイ・ZのMJトリビュート

jay-z.jpg


ヒップホップのスター、ジェイ・Zがマイケル・ジャクソンの大ファンであることは誰でも知っている!彼はことあるごとにマイケルへの尊敬の念を話してきたし、仮装パーティーでは自分の子供をマイケル風にドレスアップしたりもしている。彼はポップスターのビヨンセと結婚しているが、彼女もまたキング・オブ・ポップの大ファンであり、2006年のワールド・ミュージック・アワードではマイケルへのプレゼンターを務めている。

先週末、ジェイ・Zは、人気SNSのインスタグラムに、24時間でアカウントを消去するためだけに参加してファンのみならず音楽界を当惑させた。彼が投稿した唯一の写真はマイケル・ジャクソンへのトリビュートだったのだ!彼はHot 97 Summer Jam 2001のバックステージでの彼とマイケルの写真をアップロードし、先週末57歳となったキングの誕生日を祝ったのである。

このトリビュート、そして彼のアカウントがなぜあれほど一瞬であったのか、その理由は誰も知らないし、これから知られることもないだろう。だが、この束の間に、彼は10万以上のフォロワーを集めたし、MJへの愛を彼とシェアできたことはとても素晴らしいことだ!

■Jay Z’s Tribute To Michael

It’s no secret that Hip Hop star Jay Z is a big fan of Michael Jackson! He’s spoken about his admiration for Michael on many occasions and has dressed up his child as Michael for fancy dress parties. He’s married to pop superstar Beyonce, who is also a massive fan of the King of Pop and in 2006 presented Michael with a World Music Award.

This weekend Jay Z perplexed his fans and the music world alike by joining popular social network Instagram, only to delete his account within 24 hours. The only picture he posted in that time was a tribute to Michael Jackson! He uploaded a picture of him and Michael from backstage at the Hot 97 Summer Jam 2001 music concert and wished the King a happy birthday, as he would have turned 57 this weekend.

No-one knows why, and will probably never know why the tribute and account was so brief, but in that short time he gathered over 100,000 followers and it was nice to share the MJ love with him!

Source: The Independant & MJWN

MJエステートより感謝をこめて

こんにちは、‪#‎MJFam‬!

まずはじめに、先週末のラスベガスのMichael Jackson ONEで開催されたマイケル誕生日イベントに参加してくださった皆さんに、マイケル・ジャクソン・エステートより最大限のありがとうを言いたいと思います。エステート・チームが皆さんにお伝えしたいことは、ONEシアターに集まった皆さんの素晴らしいエネルギーは十分に感じることができた、ということです。エステートとシルクは来年のことを考えて今から興奮しています。今年のお祝いへの皆さんのサポートに大変感謝すると同時に、来年のバースデー・ウィークエンドのプランについてもすでに考えているということをぜひ皆さんにお知らせしたく思います。来年のことについて発表するには早すぎますが、来年のバースデーのチケットもできるだけ早くお買い求めいただくことをお勧めします。エステートは来年も同じ場所でたくさんの方々にお会いできることを楽しみにしています!

(原文)
Hello #MJFam!
First of all, a huge thank you from the Estate of Michael Jackson to everyone who attended Michael’s birthday festivities at Michael Jackson ONE in Las Vegas this past weekend. The Estate team wanted you to know that they and their guests could all feel the wonderful energy you brought to the theater. The Estate and Cirque are already excited about next year and, in addition to expressing gratitude for your support at this year’s celebration, wanted to let everyone know that they are already thinking about the plans for next year’s birthday weekend experience. It is too early to announce anything now, but we encourage everyone to buy tickets early for next year’s birthday celebration. The Estate looks forward to seeing even more of you there!

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

9.11を忘れない-マイケル・ジャクソン & フレンズ 「What More Can I Give」

「What More Can I Give」はマイケル・ジャクソンが書いた曲で、2001年9月11日のテロ攻撃の後にスターが集合したスーパーグループによってレコーディングされた。この曲のそもそもの着想は、90年代後半に南アフリカのネルソン・マンデラ大統領に会った際に得られたものである。あるコンサートでお披露目されることになっていたが、結局歌われることはなかった。

2001年の9月11日のテロ攻撃をうけ、マイケルは「What More Can I Give」を書き直した。マイケルとその他のアーティストたちは新しバージョンをすぐにレコーディングした。リーバ・マッキンタイア、アナスタシア、ニック・カーター、ビヨンセ、セリーヌ・ディオン、ルーサー・ヴァンドロス、マライア・キャリー、そしてアッシャーらが参加している。

世界が変わった日。9.11を決して忘れない。



■We will never forget 9/11 – Michael Jackson & Friends “What More Can I Give”

“What More Can I Give” is a song written by Michael Jackson and recorded by a supergroup of singers following the September 11 attacks in 2001. The inspiration for the song had initially come to Michael after a meeting with the President of South Africa Nelson Mandela in the late 1990s. The song was to be premiered at a Michael Jackson concert, but he never performed it.

Following the September 11 attacks in 2001, Michael rewrote “What More Can I Give”. Michael and other artists recorded the new version of the song shortly afterwards; this version included artists such as Reba McEntire, Anastacia, Nick Carter, Beyoncé, Celine Dion, Luther Vandross, Mariah Carey and Usher.

We will never forget 9/11. The day the world changed forever.

Source: LMJ / MJWN

J5をサンプリングした曲がイギリスで1位に

Sigalaの「Easy Love」がイギリス公式チャートで1位となった。この曲はジャクソン・ファイヴの「ABC」を大規模にサンプリングしており、マイケル・ジャクソンのボーカルが登場する曲としては1997年の「Blood On The Dance Floor」以来の1位ということになる。

イギリス人DJ兼プロデューサーであるSigalaは11歳のマイケル・ジャクソンのボーカルを取り入れたのだが、オリジナルの「ABC」は半世紀近く前の1970年にリリースされた時、アメリカで1位となっている。当時「ABC」はビートルズの「Let It Be」から首位を奪っているが、今回は「Easy Love」はイギリス・チャートにおいて、ジャスティン・ビーバーから首位を奪っている。

マイケルが「ABC」をライブで最後に歌ったのは、2001年9月のマディソン・スクエア・ガーデンでの30周年記念コンサートで、きょうだいたちと一緒であった。

Sigalaは「ABC」を現代の新しいオーディエンスに紹介した形となる。Sigalaによれば、このような象徴的ヒット曲をサンプリングすることについては特に緊張するといったこともなかったという。これほどヒットするとは思っていなかったからだ。

BANG Showbizに対して彼はこう言っている。


「特に緊張はしなかったよ。モンスター級の曲になるとは思っていなかったから、なんとも思ってなかったんだ。面白いものになると思ったからやってみただけさ」。

「Easy Love」はダウンロードとストリーミングが可能となっている。ビデオはこちら:


マイケルと兄弟の最初期のパフォーマンスはこちら(American Bandstand、1970年):


■Easy Love Featuring J5 Is Number 1

‘Easy Love’ a song by Sigala has reached number one in the UK official charts. The song heavily samples ‘ABC’ by the Jackson 5, making it the first number one song since 1997’s ‘Blood On The Dance Floor’ that features the vocals of Michael Jackson.

The British DJ and producer solely features an 11-year-old Michael Jackson on vocals. The original ‘ABC’ climbed up to number one in the US when it was first released nearly half a century ago in 1970. Back then the song knocked ‘Let It Be’ by The Beatles off the top spot, and this time around ‘Easy Love’ has removed Justin Bieber from pole position in the UK.

Michael last performed the song live at his 30th Anniversary Celebration at Madison Square Garden, with his brothers, in September 2001.

Sigala has brought the song back for the modern age and a new audience. The musician insists he was never nervous about sampling such an iconic hit as ‘ABC’ when he was creating his song but only because he didn’t think it would become such a huge hit.

Speaking to BANG Showbiz he explained:

“I wasn’t nervous about it, but I didn’t realise it would become this monster of a tune so I didn’t think about it at all, I just thought it would be a giggle and just did it.”

‘Easy Love’ is available to download and stream now. Watch the video and let us know in the comments below what you think of the song:

Watch Michael and his brothers perform the hit for the very first time, on Dick Clark’s American Bandstand in 1970:

Source: Official UK Charts Company, Contact Music & MJWN

クインシー・ジョーンズ、息切れで病院へ搬送

クインシー・ジョーンズが息切れを訴えロサンゼルスの病院へ搬送されたが、代理人によると回復する見込みという。

広報担当のアーノルド・ロビンソンがAP通信に電子メールで回答したところによると、ジョーンズは木曜日に呼吸器系の障害を起こし、危険性はなかったものの検査のために入院したという。

ロビンソンは「クインシーは元気」としているが、詳細は明かさなかった。

ジョーンズの入院はTMZ.comで最初に報じられた。

82歳になるプロデューサーでアレンジャーの彼の長きにわたる名高いキャリアには、マイケル・ジャクソンを初め、フランク・シナトラやレイ・チャールズとのコラボレーションなどがある。

■QUINCY JONES TAKEN TO LA HOSPITAL WITH SHORTNESS OF BREATH

LOS ANGELES (AP) -- Quincy Jones was taken to a Los Angeles hospital with shortness of breath, but his representatives say he's going to be OK.

Publicist Arnold Robinson told The Associated Press in an email that Jones was hospitalized for observations out of caution after having breathing problems Thursday.

Robinson said "Quincy is fine," and gave no further details.

Jones' hospitalization was first reported by TMZ.com.

The 82-year-old producer and arranger's long and storied career has included collaborations with Michael Jackson, Frank Sinatra and Ray Charles.

Source: Associated Press

スティーブン・ラッセル・ハーツの思い出

著名人たちがキング・オブ・ポップの思い出話を聞くことがあるが、それがどんな大スターであっても、もっと大きなスターに会うと感激し、恐縮してしまうようだ。

スティーブン・ラッセル・ハーツ(マルチ・プラチナ・アルバムの実績もあるR&Bグループ「TROOP」のリードボーカルであり、グラミー賞受賞歴もあるソングライター/プロデューサーでもある)も、マイケル・ジャクソンと会った時はまったく同じであった。

これは、スティーブンがソウル・トレインのインタビューでマイケルに会うチャンスがあったかどうか尋ねられた際の、彼の人生における特別な時間について、語らずにはいられなかったことである。

「ああ、2001年にマイケル・ジャクソンと会ったよ。9.11の直後だったね。ニューヨークへいく途中で彼に会ったんだ。僕はB2Kというグループと仕事をしていて、「Why I Love You」や「Gots Ta Be」という曲のプロデュースをしていたんだ。当時そのレーベルで働いていた親友と、僕はオフィスにいたんだけど、彼のボスがマイケル・ジャクソンをその部屋へ連れて来たんだよ。僕は『なに?』って感じだったよ(笑)。その時部屋にいたのは4人。彼が入って来た時、全員が小さな女子みたいに黙っちゃってね(笑)。彼はとても小柄な感じで、ナイスで、謙虚だったよ。気取った野郎みたいに歩き回るなんてことは全くなかったね。つまり、この人は地球上で最大の男だというのに、とても謙虚で優しいしゃべり方なんだ。クールだよ。彼と握手できてとても幸せだった。僕はできるだけ長く彼の手を握っていようとしていたよ(笑)。ああ、マイクがそこにいたんだ。マイケル・ジャクソンは僕のすべてだった。あれは僕の人生最良の日だったね!」

スティーブンは昔からのマイケル・ジャクソン・ファンで、故郷パサデナの学校でマイケルの曲を真似ることでそのキャリアをスタートした。別のインタビューでは、マイケル・ジャクソンのようになりたいと思って育ったと語っている。マイケルの影響は大きな役割を果たしており、レコーディングする曲の選曲にもそれは度々現れている。スティーブンとTROOPのメンバーはジャクソン・ファイヴの「All I Do Is Think Of You」のカバーをビルボードのR&Bチャートでナンバーワンまで押し上げている。そしてスティーブンは「Rock With You」の素晴らしーカバーも発表している。

マイケル・ジャクソンのクラシックをカバーするには、まず声が重要だ。それに、敬意を払うアーティストへの熱意も必要である。スティーブン・ラッセル・ハーツはその両方を兼ね備えている。「Rock With You」を歌う彼を聴けばそれは明らかだ。今回のインタビューでマイケルについて尋ねれた彼の話は、「彼が僕を作った!」という言葉に集約されている。

スティーブンのアルバム「So Random」に収められた「Rock With You」を聴いたことのない方のために:

スティーブン・ラッセル・ハーツ、「Rock With You」

現在スティーブンはスタジオ・レコーディングで素晴らしい作品を作っている最中で、TROOPとしてはアメリカで行ったコンサートが大成功を収めている。マイケルの他の曲でスティーブンが素晴らしいカバーを聞かせてくれることを期待したい。

スティーブン・ラッセル・ハーツの「Rock With You」やその他の曲は、iTunesおよびアマゾンで購入可能。

■Steven Russell Harts Remembers Michael

You hear celebrities talking about their memories of meeting the King of Pop all the time and it seems that no matter how big a star they are themselves, they all seem a little starstruck and humbled when they meet the biggest star of them all!

Steven Russell Harts, a man with a golden voice himself, the lead vocals of the multi-platinum recording R&B group TROOP (Total Respect Of Other People) and a Grammy Award-winning songwriter and producer for some of the biggest names in the music industry was no different when he met Michael Jackson. This is what Steven had to say in an interview with Soul Train when he recalls that special time in his life when asked if he ever got the chance to meet Michael.

“Yes, I met Michael Jackson in 2001; It was right after 9/11. I met him on my trip to New York. I was working with the group B2K and I had produced the songs ‘Why I Love You’ and ‘Gots Ta Be.’ I was in the office with a good friend of mine who was running the label at the time, and his boss brought Michael Jackson into the room, and I was like ‘WHAT?!!!’ (laughs). There were four guys in the room at the time and all got quiet like little girls (laughs) when he walked in. He was so petite, so nice, so humble, and not at all walking around all cocky like. I mean this dude is the biggest guy on the planet, and so humble, soft spoken, real cool. I was so happy when I shook his hand. I held his hand for as long as he would let me (laughs). Shoot, that’s Mike right there! Michael Jackson was my everything. It was one of the best days of my life!”

Steven has been a life long Michael Jackson fan and started his career while still at school in his hometown Pasadena imitating and performing his idols songs. He has stated in another interview that while growing up he wanted to be just like Michael Jackson. Michael’s influence has played a big part in where music and his talent has taken Steven and at times even in his choice of songs that he has recorded. Steven and the rest of the members of TROOP took the Jackson 5’s song ‘All I Do Is Think Of You’ with their own rendition right up to number one on the US R&B Billboard charts and Steven has also done a brilliant cover of Michael’s legendary ‘Rock With You.’

To be able to cover a Michael Jackson classic, firstly you need an amazing voice, and then you need a whole lot of passion for the Artist that you are paying tribute to. Steven Russell Harts has a whole lot of both and you can hear it clearly when he sings ‘Rock With You.’ Three touching words that sums it all up from Steven in a recent conversation with the man when asking him about Michael are, “He made me!”

For those that may not already have heard Steven’s cover of ‘Rock With You’ from his ‘So Random’ album, you can listen to it here.

‘Rock With You’ – Steven Russell Harts

At present Steven has been doing some great things in the recording studio and together with TROOP has been bringing down the house with concerts in America. Hopefully we will get to hear another beautiful cover by Steven of one of Michael’s songs soon.

Steven Russell Harts cover of ‘Rock With You’ and his other music are available from i tunes and Amazon.

Source: Paula Katsikas and MJWN with special thanks to Steven Russell Harts
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ