アカペラのMJカバー

ケンタッキー州ルイビル出身のR&Bミュージシャン、ローレンス・ヤングがクールなビデオを製作し、マイケルの曲を10曲カバーしている。6つのフレームそれぞれで彼は歌っているが、それぞれ旋律を変えている。6つのフレームがあたかも一つのグループかのように歌っているが、間違いなくヤング一人であり、マイケルの有名な曲をアカペラ・スタイルで熱唱している。



ローレンス・ヤングのYouTubeチャンネルはこちら

■ L Young Sings MJ A Cappella Style

Lawrence Young R&B musician from Louisville, Ky has done a way cool video covering ten of Michael’s songs using 6 frames in which he is singing, but in different tunes. The 6 faces are singing as if they are in a group, but they are actually one man, Young, belting out some of Michael’s most famous solo and Jackson days hits A Cappella style.

You can follow L. Young on his You Tube channel here.

Source: L. Young & MJWN

スラッシュ:ガンズ・アンド・ローゼズの仲違いはMJのせいだというのはデタラメだ

スラッシュとアクセル・ローズの仲違いの原因がマイケル・ジャクソンではなかったことが明らかとなった。最近のインタビューでスラッシュは、1991年にマイケル・ジャクソンと共演、レコーディングするというスラッシュの決断が二人の仲違いのきっかけだったとする元マネージャーの主張を否定した。

ワシントンDCのラジオ局DC101の朝の番組のDJエリオット・シーガルのインタビューに対し、スラッシュはこう語っている。

「彼のインタビューに不快な思いをしたたくさんの人たちからこのインタビューについては聞いているよ。インタビュー自体も聞いた。でもこのインタビューには何一つ真実はないと思う。つまりだね、その後もバンドは長い間ずっと一緒にやってきたんだ。大したことじゃなかったんだよ。もし誰かを不快にさせたのなら、出ていけばいいだけの話だったんだよ。だから、あれがオリジナルのガンズ・アンド・ローゼズが終わりになるきっかけだったとは思わない。・・・ああいう奴のデタラメは読みたくないし聞きたくない。だから無視してるのさ。それが良識というものだ」。

二週間前、1991年から2008年までガンズ・アンド・ローゼズのマネージャーだったダグ・ゴールドスタインが、マイケル・ジャクソンのアルバム「Dangerous」の「Black or White」と「Give It to Me」の2曲でプレイするというスラッシュの決断をバンドが納得できなかったのだと述べ、その理由として、当時ジャクソンに向けられていた児童性的虐待疑惑を挙げた。「私は彼に止めるように言いました。なぜなら、アクセルは2歳の時に父親から虐待されていたからです。アクセルはマイケル・ジャクソンに向けられた疑惑が本当だと信じていました。アクセルから見れば、それが唯一の問題でした。ドラッグやアルコールには目をつぶれても、児童虐待には我慢できなかったのです」とゴールドスタインは述べている。

■Slash: Guns N’ Roses Breakup Blamed on MJ Is ‘B.S.’

It turns out that Michael Jackson didn’t help break up Slash and Axl Rose. In a new interview, the guitarist refuted a recent claim by Guns N’ Roses‘ former manager that his decision to perform and record with Jackson in 1991 was the for the split between the two.

Speaking to Elliot Segal, the longtime morning DJ on Washington, DC’s DC101, he said, “I’ve been hearing a lot about this particular interview from a lot of people that he really pissed off. And I’ve heard that. And I don’t think there’s any truth to that. I mean, obviously, the band stayed together for years after that whole thing. And it wasn’t a big deal at the time. And if it did piss anybody off, it was something that went away. So I don’t think it had anything to do with the original Guns N’ Roses demise [...] I don’t wanna read or hear that guy’s B.S., so I just avoid it. That way I stay sane.”

Two weeks ago, Doug Goldstein, who managed Guns N’ Roses from 1991-2008, suggested that Rose never got over Slash’s decision to play on two songs from Jackson’s album Dangerous, “Black or White” and “Give It to Me,” because of the child abuse allegations against Jackson at the time. “I told him not to do it,” Goldstein said, “because Axl was molested by his father when he was two, and he believed the charges against Michael Jackson. He thought Slash would support him and be against all abuse. From the point of view of Axl, that was the only problem. He could ignore the drugs and the alcohol, but could never the child abuse.”

Read More: http://ultimateclassicrock.com/slash-michael-jackson-axl-rose/

Source: Ultimate Classic Rock / Dave Lifton / MJ-UPBEAT.COM

王の背後にいた男:V・パターソンのドキュメンタリー制作のためのクラウドファンディング

彼の作品はすでにそこにある・・・すでに見ているし、もしかしたら鏡の前で真似をしているかもしれない。だが、彼が誰であるか、必ずしも誰もが知っているわけではない。ヴィンセント・パターソンはハリウッドの振付師であり、マイケル・ジャクソンやマドンナといったスターたちのムーヴを生み出してきた男だ。マイケルに股間を掴む動きを進言し、マドンナの「Blond Ambition Tour」を監督した際にはローマ法王にサタンと呼ばれた。彼はまた、傑作「Smooth Criminal」等のマイケルの多くのショートフィルムの振付にも関わっている。

ダンサー出身の映画製作者カースティ・グルンディッツは、ヴィンセント・パターソンについて彼女が監督したドキュメンタリー「The Man Behind the Throne」で彼と彼の作品について世界に知ってもらいたいと考えている。

彼女は、DVD/VOD音楽ライセンスと映画版への編集の資金を集める必要があり、そのためのキャンペーンを始めた。

以下は、このドキュメンタリーについて彼女がどうしても伝えたいことである。

「私はヴィンセント・パターソンに、2001年の12月に初めて会いました。彼はラース・フォン・トリアー監督の『Dancer in the Dark』の振付を終えた後の『Nordic Dance for Camera』というセミナーに登場した講演者の一人でした。私は彼の経歴を読み、彼が振付をしてほとんどすべてをすでに自分の目で見ていたことに気がつきました。でも彼の名を耳にしたことはありませんでした。

名声に執着する昨今において、私はこのことに大変興味を持ったのです。それだけでなく、名声という神話について大変興味深いことを私に語りかけているようにも思えました。そこで私は、スウェーデンのテレビ局用に彼についての短い作品を制作するためにノルウェーに行き、そしてお会いしたのです。遊び心と作品への深い愛が、自分を失うことなくトップで仕事を続ける原動力になっているその人に。

その後、私は彼の信頼を得るため、そして世界はあなたに会いたがっている、現代におけるアイコン的ダンス・ムーヴに隠れている本物の仕事について世界は知る必要があると彼を説得するために数年を要しました。

そして12年後、ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユのショー、『Viva Elvis!』のリハーサル、そして友人や家族と過ごすプライベートにカメラを密着させました。こうしてドキュメンタリー『The Man Behind the Throne』が生まれたのです。

このドキュメンタリーでは、『Viva Elvis!』の個人所有のリハーサル・テープやプライベート写真、彼のキャリアからの画期的な映像集が登場します。創造的思考や私たちが目にするポップ・カルチャーとは違う側面への魅力的な旅となっています」。


カースティ・グルンディッツによれば、支援者への特典は程度によって異なるものの、マイケル・ジャクソンとマドンナのファンであれば、決して無駄にはならないものだと述べている。加えて、映画バージョンにはマイケルの未発表映像がさらに登場することになっており、それだけでも特典だ。

このキャンペーンの詳細はこちら

smooth_criminal.jpg ■The Man Behind The Throne
His work is already out there – we have all seen it, maybe imitated it in front of the mirror. But not all may know who he is. Vincent Paterson is the Hollywood choreographer who created defining moves for stars like Michael Jackson and Madonna. The one who told Michael to grab his crotch and who was called Satan by the Pope after directing Madonna’s ‘Blond Ambition Tour’. He was also the man behind the choreography of many of Michael’s short films and performances including Michael’s masterpiece ‘Smooth Criminal.’

Now, Kersti Grunditz a filmmaker with a background in dance hopes to share Vincent and his work with the world in ‘The Man Behind the Throne,’ a documentary she has directed about Vincent Paterson.

She needs help to raise funds for DVD/VOD-music licenses and postproduction of a feature version of the film and has started an Indiegogo campaign to do that.

This is what Kersti has to say about the documentary:

“I met Vincent Paterson the first time in December 2001. He was one of the featured speakers at the seminar Nordic Dance for Camera after choreographing Lars von Trier’s ’Dancer in the Dark’. I read his bio and realized I’d seen almost everything he had choreographed, yet never heard of him.

That intrigued me in this day and age of obsession with fame. But also said something that interested me about the mythology of fame. So I went to Norway to do a short piece on him for Swedish Television. And met someone whose playfulness and deep love for the work itself had kept him working at the top without losing track of who he was.

After that I spent a number of years gaining his trust and persuading him that the world needed to meet him and the real work behind some of the iconic moves of our time.

Now, twelve years later, I’ve had a camera glued to him during both rehearsals of the Las Vegas Cirque du Soleil show Viva Elvis! And in his private life among friends and family. It resulted in the documentary ‘The Man Behind the Throne.’

The film features rehearsals of Cirque du Soleil’s ‘Viva Elvis!’ Vincent’s private rehearsal tapes and private photo albums and groundbreaking film clips from his career. It is a fascination journey into a creative mind and a different side of pop culture than we are used to meeting.”


Kersti also stated that people’s support will not go unrewarded as the perks they have to offer at different levels are quite something, especially if you are a Michael Jackson or Madonna fan. Plus the feature length version in itself is a reward as it will include more unreleased footage of Michael.

For more details about the campaign and how to help Kersti share Vincent with the world visit here.

Source: Kersti Grunditz Brennan & MJWN

ロブソンとセイフチャックの審理は今週か?

ロサンゼルス上級裁判所のミッチェル・ベックロフ判事は、ウェイド・ロブソンとジェームズ・セイフチャックによるマイケル・ジャクソンに対する訴えについて、手続きを進めるかどうかを決定する審理を今週行うこととした。一部のメディアでは4月7日と報じられているが、裁判所のウェブサイトでは11日となっている。ロブソンとセイフチャックの審理が別々に行われるのであれば、その両日ということになるかもしれない。

ロブソンとセイフチャックは大きなハードルを越える必要がある。両者とも、2009年のマイケルの死後1年以上経ってから提訴しており、法律で定められた期限を過ぎているからである。

自分たちの言い分を判事に証明するために法廷で使用する予定の情報の一部が審理開始に先立ってメディアにリークされている。

■Robson and Safechuck Los Angeles Superior Court hearing scheduled for this week

LA Superior Court judge Mitchell Beckloff has scheduled a hearing for this week in which he will decide if Wade Robson and James Safechuck may proceed with their legal claims against Michael Jackson. Several media report April 7th but the court’s website says the hearing is scheduled for April 10th. Both dates might be correct if the Robson and Safechuck hearings are done separately.

They must overcome a major hurdle. Both their claims were filed more than a year after Michael’s 2009 death, missing the statutory deadline.

In the run-up to the hearing several details they will use in court to try to prove their claims to the judge are leaked to the media.

Source: LMJ

MJエステート:MJ.com に登録しよう!

MichaelJackson.com のメールリストのメンバーは4月8日(現地時間)にMJエステートとシルク・ドゥ・ソレイユから特別なお知らせを受け取るでしょう。もしまだメールリストに登録してない方は今すぐ www.michaeljackson.com に登録しよう。メンバーだけが4月8日にこのお知らせを受け取ることができます。さあ、今すぐ登録して見逃さないように!

Members of the mailing list at MichaelJackson.com will receive a special announcement from the Estate and Cirque du Soleil on April 8. If you are not yet registered for the mailing list, you can do so now at www.michaeljackson.com. Only members will receive this news on April 8, so sign up today and don’t miss out!

Source: MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

ステーシー・ブラウンの件について

ステーシー・ブラウンの件に関しては、コミュニティの皆さんより多くの問い合わせを受けております。多くの皆さんはお気づきの通り、エステートはメディアに広まっている嘘や噂を正当化するつもりも、他メディアによるそれらの話を広めるつもりもありません。しかしながらエステートは、エステートの弁護士ハワード・ワイツマンがコメントを求められて昨日発表した以下の声明を皆さんと共有するべく、オンラインチームに指示を出しました:

「先日の誤った”報道”、特に、マイケル・ジャクソンが20人の”被害者”に対し、2億ドル以上を支払ったとするものについて、私たちは承知しております。これらのばかげた”報道”を裏付ける証拠は何一つありません。死してなお、マイケルがこのように言われることから逃れられないことは不幸なことですが、2005年に陪審員が彼を完璧な無罪と判断したように、最後には真実が勝つと私たちは確信しています」。

裁判においてマイケルを弁護するエステートの姿勢は不変であり、何らかの意図を持ったジャーナリストによって嘘や噂が広められようとも、それが変わることはありません。

■ Statement From The Estate Of Michael Jackson

We have received a number of inquiries from the community regarding the most recent Stacy Brown story. As many of you are aware, the Estate generally prefers not to legitimatize the lies and rumors spread in the media or expand the coverage by other media of those stories. However, the Estate has asked that we share with you the following statement that was issued by Howard Weitzman, attorney for the Estate of Michael Jackson, in a response to a request for comment yesterday:

“We are aware of recent false “reports” regarding Michael Jackson having, among other things, paid over $200 million to 20 “victims.” There is not a shred of evidence to support these ludicrous “reports.” It is unfortunate that, even in death, Michael cannot be free of these types of allegations, but we are confident that the truth will prevail in the end, just as it did in 2005 when a jury fully exonerated him.”

The Estate is steadfast in its defense of Michael in courts and that will not change regardless of what lies and rumors are spread by journalists with their own agendas.

Source:MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ