ケンドリック・ラマー、ニューアルバムをプリンスに聴かせる

故マイケル・ジャクソンの息子プリンスが、ケンドリック・ラマーと映った写真をツイッターに投稿した。そのキャプションで彼は、ラマーの次のアルバムからの新曲を聴かせてもらったと明かしている。

ファンがニューアルバムを待望している中、ケンドリック・ラマーはプリンス・ジャクソンをプライベート・リスニング・セッションに招待していた。ラマーは最近、故マイケル・ジャクソンの息子であるプリンスと会い、ニューアルバムから数曲を聴かせたのである。

プリンスは2/24にツイッターに写真を投稿してこのセッションについて明かしている。18歳になった彼はこの写真について、「ケンドリックに会い、@RealOBeeと一緒に次のアルバムの新曲を聴かせてもらえてとても光栄です」と説明している。




高評価を得た2012年のデビュー・アルバム「good kid, m.A.A.d city」に次ぐ新作は製作中だが発売日の正式は発表は行われていないが、リードシングルの「i」は先日のグラミー賞で最優秀ラップ・パフォーマンスと最優秀ラップ・ソングを受賞した。さらにセカンドシングルの「The Blacker the Berry」もすでに発表している。

■Kendrick Lamar Plays New Album for Prince Jackson

The son of the late legendary singer shares on Twitter some photos of him posing with Lamar and reveals in the caption the Compton rapper has treated him to a few new songs off his upcoming album.

While fans are eagerly waiting for his new album, Kendrick Lamar has treated Prince Jackson to a private listening session. The Compton rapper recently met with the son of the late legend Michael Jackson and let him listen to a few of his new songs.

Jackson revealed the meet-up in a couple of photos he posted on Twitter on Tuesday, February 24. The 18-year-old teen captioned the images, “Had the great honor of meeting Kendrick and hearing some of his new tracks for his upcoming album with @RealOBee.”

The follow-up to Lamar’s 2012 acclaimed debut album “good kid, m.A.A.d city” has been in the works for a while, but it still has no official release date. The upcoming effort is led by single “i” which recently won two Grammys for Best Rap Performance and Best Rap Song. He has also released the LP’s second offering, the powerful “The Blacker the Berry”.

LINK: http://www.aceshowbiz.com/news/view/00080541.html

Source: AceShowbiz / MJ-UPBEAT.COM

不法死亡訴訟は州最高裁へ?

マイケル・ジャクソンの母親キャサリン・ジャクソンは、コンサート・プロモーターAEGライブを相手取った不法死亡訴訟をカリフォルニア州最高裁 判所へ持ち込もうとしている。

控訴裁判所での再審理を棄却されたキャサリン・ジャクソンの次のステップは、さらに高位の裁判所であると、彼女の弁護士がデイリー・ニュースに対 して語った。

「私たちはカリフォルニア州最高裁に向かおうとしています。控訴裁判所はポイントとなるべき点を見落としています」とケヴィン・ボイル弁護士は述 べた。

ボイルによると、キャサリン・ジャクソンは、息子の死に対してAEGには責任があるとの立場を貫いているという。

彼女の弁護団は、1月22日にカリフォルニア州控訴裁判所に対し控訴の主張を行ったが、その1週間後に判事団は元の陪審員の評決を支持し、控訴審 手続きにおけるAEGライブと二人の重役らが要した裁判費用の支払いを認定した。

それに対しキャサリン・ジャクソンは、2月17日に審理を要求する手続きをとったが、それが棄却されたことが金曜日に裁判所のウェブサイトに公表された。

「私たちは敗者であり勝たないことになっているのです。しかし、私たちは法律的事実の下、勝利すべきであると考えています」とボイル弁護士は、先月のロサンゼルスでの1時間にわたる審理の後に述べている。

「キャサリンは息子を失ってとても悲しい思いをしています。そして正義を見たいと強く願い、希望通りの結果を待ち望んでいます」。

2013年の最初の異議申し立て(2013年11月)では、事実審の判事は、AEGの過失および雇用についての主張を誤って退け、また、問題のある評決用紙を陪審員に配布したと主張していた。

これに対しAEG側の弁護士は、AEGの重役らは、マイケル・ジャクソンのツアー専属医が、密室だった寝室で、通常は病院で投与される危険な麻酔薬を睡眠補助のために投与しているのではと疑う理由はなかったと主張した。

一方これとは別の刑事裁判では、コンラッド・マーレー医師は、適切な監視および救命装置を用いずにマイケル・ジャクソンにプロポフォールを致命量投与したとして過失致死罪で有罪評決を受けている。

■Katherine Jackson Taking wrongful death suit to Supreme Court?
Michael Jackson’s mom is heading to the California Supreme Court for the wrongful death claim against concert promoter AEG Live.

The music matriarch was denied a re-hearing of her appeal by a lower court Friday, so the next step is an even higher authority, her lawyer told the Daily News.

“We are going to the California Supreme Court. The Court of Appeals missed the point,” lawyer Kevin Boyle said.

Katherine Jackson remains committed to holding AEG responsible for her legendary son’s death, Boyle said.

One of her lawyers argued her appeal before the California Appeals Court on Jan. 22, but the panel of justices affirmed the original jury verdict a week later and awarded AEG and two executives their costs on appeal.

Katherine then filed her request for rehearing on Feb. 17, with the denial posting on the court website Friday.

“We’re the underdog and we’re not supposed to win. But I think we should win under the facts of the law here,” Boyle told The News after the hour-long Appeals Court hearing in Los Angeles last month.

“Katherine very much misses her son, and she very much would like to see justice done and is hoping for a favorable result,” he said.

Katherine’s initial appeal, filed in November 2013, claims the original lawsuit’s trial judge incorrectly dismissed negligence and employment claims, and allowed the jury to receive a faulty jury verdict form.

Lawyers for AEG have argued that concert executives had no reason to suspect Jackson’s tour physician was giving the “Thriller” singer dangerous doses of a hospital-grade anesthetic behind closed bedroom doors to help him sleep.

In a separate criminal trial, Dr. Conrad Murray was convicted of involuntary manslaughter for giving Jackson a lethal dose of propofol without proper monitoring and live-saving equipment.

Source: ndillon@nydailynews.com / NYDailyNews / MJ-UPBEAT.COM

Link: http://www.nydailynews.com/entertainment/gossip/michael-jackson-mom-lawsuit-calif-supreme-court-article-1.2132288

Billie Jeanはホール&オーツにヒントを得ていた!

コンサート映画「Hall & Oates: Live In Dublin」の試写会で伝説のデュオ、ホール&オーツがHuffPost Liveの取材に応じ、45年のキャリアについて語った。その中には、マイケル・ジャクソンが彼らから曲を借用したことを認めた時のことも含まれていた。

HuffPostのブライアン・ヤングは、マイケル・ジャクソンの「Billie Jean」はホール&オーツの「No Can Do」にヒントを得たものだ(マイケル・ジャクソンが2人のところへ出向き、「I Can’t Go For That」のベースラインをヒントにしたと伝えた)とどこかで読んだことがあるが、事実かと2人に尋ねた。

ダリル・ホールはこう答えている。

「『We Are The World』のセッションの時、マイケルが僕のところへやって来て『やあ、”No Can Do”をちょっと盗んだんだけど、構わないかな?』って言ったんだ。"No Can Do"を盗んだってどういう意味だい?って聞いたら、

『いや、"Billie Jean"に使わせてもらったんだよ』

って言うんだけど、僕には"No Can Do"には聴こえなかったよ。でも彼の頭の中ではそうだったんだ。ヒントにしたんだからね。彼は僕にそう言った。彼がそんなこと言うなんてクールだなと思ったよ」

インタビューはこちら:


ホール&オーツの「I Can’t Go For That (No Can Do)」:


マイケル・ジャクソンの「Billie Jean」:


■Michael Was Inspired By Hall & Oates’ Song!

Whilst in London for the screening of their concert film “Hall & Oates: Live In Dublin,” the legendary duo stopped by HuffPost Live on Wednesday, to share stories from their 45-year career — including the time Michael Jackson admitted to borrowing from them.

Brian Young from HuffPost asked the famous duo if there was any truth to him having read somewhere once that Michael Jackson’s ‘Billie Jean’ had been inspired by their song ‘No Can Do.’ He had read that Michael came up to them and had said that he had been inspired from the bass line of ‘I Can’t Go For That.’

Daryl Hall replied by saying,

“When we were doing the ‘We Are The World’ session, Michael came up to me in conversation and said, “Hey Man, I hope you don’t mind if I stole ‘No Can Do.’

When Daryl replied, “What do you mean you stole ‘No Can Do?’ ”

Michael said,

“No Man, I used it for ‘Billie Jean.’ “

Daryl continued to say, “Doesn’t sound like ‘No Can Do’ to me, but that was in his head because it inspired him. He said that to me. I thought that was pretty cool that he said that.”

Watch the interview here:

Here’s Hall and Oates’ “I Can’t Go For That (No Can Do.)”

Here is Michael’s legendary ‘Billie Jean.’

Source: HuffPost Live & MJWN

ニーヨ、自分の歌をMJに歌ってもらったことを振り返る

憧れのスターに会う機会というものはそうあるものではない。ましてやそれが史上最大の音楽の伝説であるならば。

だがニーヨにはその機会があった。故キング・オブ・ポップと仕事をしたのだ。自分の歌を歌ってもらったのである。チャンネル10の番組「The Project」に出演したニーヨはポップ・アイコンと過ごした時間を振り返り、初めて会った時の感覚は、自分が「12歳の少女」のようであったと打ち明けた。

ニーヨ(本名:シェイファー・シミア・スミス)は、マイケル・ジャクソンが亡くなる前の2009年に、彼の最新作となるはずであったアルバムでマイケルと仕事をした時のことを明かした。

多くの人と同じように彼もマイケルの曲を聴いて育った。彼のレコードの仕事をする機会を得られたことはとても光栄なことだった。彼はそう説明している。

司会のキャリー・ビックモアが、伝説の人と初めて会った時は失神しそうになったのではないか?と尋ねると、彼は「そうだね。それでも控え目だね」と答えた。

「僕はその人の前に立っていた。今の僕があるのはその人のお陰だと言ってもよいくらいの人の前に立っていたんだよ」。

そして彼はこう付け加えた。

「内心では僕は12歳の女の子みたいだったよ。なんとか落ち着きを保っていたけどね」。

■Ne-Yo Reminisces Of The Time MJ Sang His Tune

It’s not every day you get to meet your hero, let alone one of the biggest music legends the world has ever seen.

But American singer Ne-Yo was able to do just that after working with the late King of Pop, Michael Jackson, who sang his own song back to him.

While appearing on Channel Ten’s The Project on Wednesday night, the 35-year-old reminisced about his time with the pop icon, revealing that their first encounter left him feeling like ‘a 12-year-old girl’.

Ne-Yo, real name Shaffer Chimere Smith, opened up about how he worked with Michael on what would have been his latest album before his death in 2009.

The songwriter explained that, like most people, he grew up loving Michael’s work, and was honoured to have the opportunity to work on his record.

When host Carrie Bickmore asked if he almost fainted during his first meeting with the legendary artist, Ne-Yo responded: ‘Yes, to say the least.’

‘He walks in and his first words to me were, “you know what my favourite song of yours is?” and he started singing the song,’ he fondly recalled.

‘So I’m standing in front of the man who is responsible for me even doing what I do and he’s singing my song to me.’

The Grammy Award winner added: ‘Inside I was a 12-year-old girl, but I kept my composure.’

Read More: http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2979284/Ne-Yo-reminisces-time-late-King-Pop-Michael-Jackson-belted-favourite-tune-star.html

Source: dailymail / CAITLIN JINKS FOR DAILY MAIL AUSTRALIA / MJ-Upbeat.com

マイケルに投票!

「King of Music」を決めるネット投票開催中。マイケルに投票してこのタイトルを獲らせよう。
投票はここで24時間受け付け中。締め切りは2016年1月1日です。

「King of Music」の候補者は:

マイケル・ジャクソン
ルチアーノ・パヴァロッティ
フレディ・マーキュリー
ミック・ジャガー
ジョン・ボン・ジョヴィ
フランク・シナトラ
エルトン・ジョン
ジョン・レノン
エルヴィス・プレスリー
ジミ・ヘンドリックス
ボブ・マーリー
スティング

現在エルヴィスがトップでマイケルは2位につけています!!

■Vote For Michael!
There is an online competition going around at the moment for fans to vote for which artist listed, they consider as the ‘King of Music.’

Help Michael win the deserved title by voting for him here.

You can vote every 24 hours, plus the voting ends on January 1st 2016.

The candidates for the title of ‘The King’ are:

Michael Jackson

Luciano Pavarotti

Freddie Mercury

Mick Jagger

Jon Bon Jovi

Frank Sinatra

Elton John

John Lennon

Elvis Presley

Jimi Hendrix

Bob Marley

Sting

At the moment Elvis is in the lead, with Michael placed in second place!!!

Source: King Of Music.com & MJWN, with thanks to Sheena

マイケル・ジャクソン・スタイルの背後にいた男

ミリタリー・スタイル、きらめく白いグローブ、黒のパンツとソックス・・・・これらはマイケル・ジャクソンの伝説となったトレードマークだ。それらの背後にいたチームとは?25年もの間、マイケル・ブッシュとパートナーのデニス・トンプキンス(2011年に逝去)はマイケル・ジャクソンのプライベートのそしてツアー衣装を創り出してきた。衣装をデザインし、靴やアクセサリーをデザインした。

少し前、私はマイケル・ブッシュと話をし、ほぼ25年間続いたあの黄金の時代を振り返った。

ルカ・ネスコヴィック:マイケルと仕事をし始めたのは「キャプテンEO」のセットからで合ってますか?

マイケル・ブッシュ:そうです!キャストやダンサーたち、キャラクターたちの服を製作するにあたって雇われたのです。そしてそれが終わった時、今度は彼に服を着せるために雇われたのです。1985年のことです。それ以来ずっと、私は彼と仕事をしていたのです。

LN:彼の第一印象は?

MLB:彼はとてもシャイでした。彼は探していたのだと思います、いっしょに楽しめる人を、・・・私たちは歳が同じでしたから・・・彼はとてもジョーク好きだったのです。彼はふざけるのが好きだったんです。彼は私を笑わせましたし、私も彼を笑わせました。思うに、これが仕事の大部分だったのではないでしょうか・・・良い時間を過ごすために。

LN:彼と仕事を始める前に、彼のスタイルについてどう思っていましたか?

BLM:彼は自分のスタイルを探していました。彼と仕事を始めた時、彼はまだ兄弟たちと一緒にいたんです。Victoryツアーの後です。そして自分自身のBADツアーに向けて動き出していました。自分の音楽のスタイルに合うものを探していたのです。アルバム「BAD」のとても都会的な、ストリート・ミュージックに合うものを。彼が生み出すサウンドのヴィジュアルに合うものを探していたんです。だから、私たちはそれに手をつけたのです。それが大量の警察のバッジであり、ストリート・ファッションなのです。

LN:ニューアルバムのための新しいイメージを作っていた?

BLM:そうです。彼はどのアルバムに対してもそうしていました。アルバムごとにちょっと変えるんです。特にツアーのためにはね。それでも、ミリタリーの影響はとても強かったです。

LN:パフォーマンスというのは彼にどのような影響を与えていましたか?

MLB:彼のベストがそうであったように、マイケルはライブ・パフォーマンスが大好きでした。彼は常に100%でした。だから、パフォーマンスによって大量の水分や体重を失ったのです。もう一度同じことができるようまでに回復するには数日かかりました。彼は運動選手顔負けで、しかも持久力もありました。マイケルは練習で毎日ダンスしていました。ショーをやる体力をつけるためです。

LN:BADツアーのセカンド・レグはファースト・レグよりも出来が良かったと思いますか?

MLB:私としては、ベストは開幕の日本です。なぜなら全く新しい、マイケルの最初のソロ・ツアーだったからです。つまり、わたしにとっては同じだったのです・・・例えばドイツやフランスやイギリスのファンはとてもアグレッシブです。でもアジアのオーディエンスはとても静かです。マイケルは自己表現が好きでした。彼は、アジアのオーディエンスに、自分がパフォーマンスすることでどれほどハッピーなのか、体で表現させたいと思っていたのです。

LN:当時、彼が治療に取り組んでいた皮膚病の白斑について知っていましたか?

MLB:いいえ。マイケルは87年にそのことを私に話しました。BADツアーの中盤ころです。それはマイケルにとってとてもプライベートなことでした。彼の私生活であるという意味です。自分でどうにもできないことで人々が彼を嫌うことを彼はとても恐れていたのです。彼は人々の感覚についてとても神経質でした。

LN:BAD期のいつごろからか、彼がアームバンドをするようになったと思うのですが。

MLB:少し前からするようになっていました。でも「Smooth Criminal」のビデオの白いスーツに青いアームバンドから本格的になりました。マイケルの服のトレードマークが出来上がったのはこの時です。ペプシのコマーシャルでもつけています。赤いやつです。でも「Smooth Criminal」をやってからは、どこでもアームバンドをつけています。

LN:アームバンドにはどういう意味があるのですか?

MLB:それはマイケルなんです。見ればオーディエンスがそれとわかるようなものなのを彼は望んでいたのです。ジャケットにアームバンドがあれば、それはマイケル、ということです。

LN:それでは数字の777の意味は?

MLB:マイケルは家族の中で7番目の子供です。そして彼は1958年に生まれました。19+58は77です。それ以上の意味はありません。マイケルは、「こうすれば、みんなどういう意味だろうと不思議がるから覚えてもらえる」というようなことを言っていました。だから、言ってみれば教育みたいなものだったんですよ。なぜ、そうなるのかという。

LN:それではCTEは?

MLB:帽子から取り出した3文字というだけのことですよ。服につけるためだったんです。最初にシャツを作った時には文字は何もありませんでした。それで彼が「飾りが少し必要だね」と言ったのです。CTEの文字はそうして出来上がったのです。

LN:HIStoryツアーで彼が着ていた金色の衣装についてですが、あれはヴェルサーチのデザインですか?それともあなたですか?

MLB:私たち、私とデニス・トンプキンスです。

LN:でもヴェルサーチということになってますが。

MLB:それは、ヴェルサーチがよくやるもの見えたからですよ。それにヴェルサーチ自身も、自分じゃないとは誰にも言いませんでした。だから、彼は自分でやったものではないもので有名になったのです。私とパートナーは、自分たちがやったとわかっています。そしてファンもそれを知っています。だから私たちは誰にも話す必要はなかったのです。

LN:マイケルとヴェルサーチとのコラボレーションはあったのですか?

MLB:ヴェルサーチはDangerousツアーのミラノ公演で私たちのショーを観に来ました。そういうことです。

LN:マイケルのスタイリストだったルシュカ・バーグマンの作品をどう思いますか?

MLB:イタリア・ヴォーグのやつですか?彼女は違うやり方をしましたね。彼女は大量の服を買いました。買えるものはなんでも。そしてマイケルのところへ持って行ったのです。私たちはそういうことはしませんでした。私はマイケルのために特別に作っていたのです。

LN:彼女はマイケルのトレードマークのスタイルを変えたと思いますか?

MLB:いいえ。なぜならそれは誰か他の人のスタイルだからです。店へ行って大量の服を買って誰かのところへ持っていくというのはとても簡単なことです。それは違う種類の仕事であり、彼女は他の人のスタイルをマイケルに与えたのです。マイケルのスタイルではありません。彼女はバーマン・スタイルをマイケルに与えました。マイケルのスタイルではありません。それが、彼女がしたことです。それが彼女の仕事なのです。

LN:彼女の仕事はとても興味深いと思っています。エボニー誌の表紙はどうですか?

MLB:ああ、とてもいいですね。美しい。エボニーはマイケルをファッション・モデルのように見せています。私のマイケルとの仕事は彼をエンタテイナー、ダンサーのように見せることです。

LN:2005年の裁判の時はあなたは裁判所へ行く彼のためにどんなことをしていたのですか?

MLB:彼は毎日違って見えましたよね。パートナーのデニスはスタジオにずっといて翌日の服を作っていました。だから私は朝の3時にそれを持って車に乗り込み、家を出てネバーランドまで運転し、朝6時にマイケルと会っていました。彼のメーク係のカレン(・フェイ)が仕上げをしました。彼は食事を済ませ、それから私たちは少しばかり話をし、ネクタイとか飾りとかすべてがちゃんとしていることを確認し、裁判所に出かける、という具合でした。

LN:彼はどんな話を?

MLB:私とは、裁判とは関係ないありとあらゆる話をしました。外の太陽のこととか、ネバーランドの花がきれいだとか、家に帰ったら何をするのかなどです。そんな内容です。法廷での出来事ではありません。それは彼にとって辛すぎるものでした。

LN:裁判後、あなたはマイケルと連絡を取っていましたか?

MLB:少しだけですね。マイケルはバーレーンへ行ってしまいましたから。時差があるのであまり連絡はとりませんでした。彼は家族と過ごすことを希望していました。私は彼の私服を作りました。他の誰もそれを見ていないです。彼のプライベートですから。

LN:例のカムバックについては彼は喜んでいましたか?

MLB:それはとても喜んでいましたよ。子供たちに彼の仕事を見せたがっていたのです。

LN:マイケルについて最後(亡くなる前の晩)に覚えていることを教えてください。

MLB:車の座席に座っているマイケルに話しかけました。「私の人生をまた変えてくれてありがとう」って。ツアーに出ようとしていましたし、私の人生は変わりました。マイケルは、「バースト(彼は私をバーストと呼んでいました)、君こそ僕を変えてくれたよ」って言ってくれましたよ。あの強いハグを私は忘れないでしょう。

Source :HUFFPOST STYLE / ALL THINGS MICHAEL
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ