ビヨンセとブルー・アイヴィー、ハロウィンでジャネットとマイケルに

640_beyonce_blue_ivy_instagrams_103114.jpg


音楽の王家からもう一つの音楽の王家へ。カーター家(ビヨンセ一家)がハロウィンでジャクソン家に敬意を表している。

ビヨンセと娘のブルー・アイヴィーがジャネットとマイケルにに扮した。ビヨンセが「Rhythm Nation」のジャネットをまね、ブルー・アイヴィーは1984年のアメリカン・ミュージック・アワードでMJが着ていた赤と金のジャケットを小さく作ったものを着て楽しんだ(パイロット用サングラスから白いソックスまで、ブルー・アイヴィーは完璧にMJだ!)。

一家はニューヨークでのハロウィン・パーティーに出かけたのだが、夫のジェイ・Zは変装はしなかったようだ。

全文を読むにはこちら

■ Beyonce and Blue Ivy Flawlessly Honor the Jacksons on Halloween
From one family of musical royalty to another: the Carters are paying tribute to the Jacksons this Halloween.

Beyonce and daughter Blue Ivy dressed the part of Janet and Michael Jackson, with Bey perfectly emulating Janet's "Rhythm Nation" look and Blue rocking out in a pint-sized version of MJ's iconic red and gold jacket from the 1984 American Music Awards. (From aviator shades to white socks, Blue totally nailed the look!)

Dad Jay Z apparently opted to go costume-less on Thursday as the family stepped out to attend a Halloween bash in New York City.

ソース:Entertainment Tonight

Scene it Before:スリラー・ハウス

ThrillerHouse1.jpg


まもなくハロウィン。ロサンゼルス人たちのほとんどは、この連休に目いっぱいの計画を立てているだろう。だがハロウィンの計画がまだ十分でない方々のために耳寄りの情報を差し上げよう。アンジェリーノ・ハイツのキャロル・アヴェニューの1300ブロックは南カリフォルニアで最も人気のあるハロウィン・イベントの場所というだけでなく、むしろ、ホラー映画の撮影場所として有名だ。

きらびやかなアン女王調の、そしてイーストレイク・スタイルの建造物が点在するこの区画の建物の多くは1800年代に建てられており、まさに牧歌的なストリートである。そしてこれらの古風な建造物は、このエリアにオカルト的な雰囲気をもたらしてもいる。

キャロル・アヴェニューの家のオーナーたちはこのようなイメージを受け入れているようだ。私はこの近隣を何度も、ほぼ10月に訪れているが、この地区のほとんどの建物を優雅にかざるハロウィンの飾りつけは映画のセットのようだ。ハロウィン・イブに来れば、どの家の前にも20人ほどの“trick-or-treaters“が一晩中並んでいる、と親切なとある住人が教えてくれた。

Thriller_20141102180459511.jpg

このブロックの中ほど、1345番地にはサンダース・ハウスがある。およそ99坪のこの邸宅はマイケル・ジャクソンの「Thriller」に登場したものだ。風格のあるこの家は手入れを受け続け、壊れかけの状態を維持しているようだ。1887年に地元の倉庫業者マイケル・サンダース氏が建てたものである。

この家は映画にたびたび登場している。「チャームド」シーズン4の第4話「人形コレクター」や、1989年の映画「魔女は16才」にも登場した。「Thriller」では、踊るゾンビの集団から逃げるオーラ・レイが駆け込んだ。

私は「Thriller」の単なるファン以上だと思う。私の両親は、「Making Michael Jackson’s Thriller」が1983年に最初にテレビ放映された時にVHS(!)に録画していたので、私はこれをずっと見て育った。いつしか最初の数分はついに擦り切れてしまったが。このVHSテープはもうダメになっているかもしれないが、私の「Thriller」に対する思い入れは決して衰えることはなかった。発表から27年後、私は自分の結婚式でゾンビ・ダンスのサプライズを友人たちにお願いした。信じられないほど覚えるのが難しいものだった(このダンスは再現できない2分ほどのハードな振付がある)ので、代わりにジャクソン・ファイヴ・メドレーで妥協することとした。「Thriller」よりははるかにマスターしやすく、ゲストにも大ウケだった。

議会図書館に「史上最も有名なミュージック・ビデオ」と認定された「Thriller」は1983年の10月に、ロサンゼルスで4日間かけて撮影された。ダウンタウンのパレス・シアターは、怖がるオーラをMJがなだめた場所だ(ビデオに出てくるのは外観だけで、内部はサウス・パサデナのリアルト・シアターで撮影されたと噂されている)。ゾンビ・ダンスはボイルハイツのイースト・ユニオン・パシフィック・アヴェニュー3701番地で撮影された。50年代風オオカミ男映画のシーンが撮影されたのはグリフィス・パークだ。墓場のシーンと幽霊屋敷の内部のシーンは、ハリウッドのローリー・スタジオで撮影された。

明日の晩にキャンディをもらいにキャロル・アヴェニューに行くのであれば、ヴィンセント・プライスのあのかすれ声の警告を心に留めておくとよい。「No mere mortal can resist the evil of the thriller(スリルの悪魔にあらがうことなど、人間ごときにできやしない)」

■Scene it Before: The Thriller House

Halloween is almost upon us, and most Angelenos likely have their holiday plans in full effect. For those who have yet to cement their trick-or-treating itinerary, I have a tip for you: The 1300 block of Carroll Avenue in Angelino Heights is not only one of the most popular candy-grabbing venues in all of SoCal, it also happens to be the site of a rather famous spooky filming locale.

Dotted with gorgeous Queen Anne and Eastlake-style structures, most of them dating back to the 1800s, the street is nothing short of idyllic. Thanks to that ancient architecture, though, the area also gives off the air of being haunted.

Carroll Ave. homeowners seem to embrace that notion. I have visited the neighborhood many times, almost always during the month of October, and the Halloween decorations gracing the majority of the residences look like something from a movie set. A friendly homeowner once informed me that come All Hallows’ Eve, lines of trick-or-treaters run twenty deep in front of each property all night long.

In the middle of the block, at 1345 Carroll, is the Sanders House, a 3,532-square-foot manor that was featured in Michael Jackson’s Thriller. The stately property, which has been undergoing renovations for years and always seems to be in a half-dilapidated state, was built in 1887 for a local warehouse operator named Michael Sanders.

The dwelling has long been a darling of the screen. It was featured in the Season 4 episode of Charmed titled “Size Matters” and in 1989’s Teen Witch. In Thriller, it is where Ola Ray runs while trying to escape a gaggle of dancing zombies.

To say that I am a fan of Thriller would be a gross understatement. My parents recorded Making Michael Jackson’s Thriller (on VHS!) when it first aired on television in 1983 and I proceeded to watch it religiously, to the point that the first few minutes of the tape eventually wore out. While the VHS may not have held up through the years, my obsession with Thriller never waned. Twenty-seven years after its release, I enlisted some of my friends to participate in a surprise performance of the Zombie Dance at my wedding. It wound up being incredibly difficult to learn, though (the dance consists of over two full minutes of intense choreography with virtually no repetition.) So we settled for performing the Jackson 5 medley instead, which proved much easier to master and was quite a hit with our guests.

Thriller, which is recognized by the Library of Congress as “the most famous music video of all time,” was shot over four days’ time in Los Angeles in October 1983. The Palace theatre in downtown Los Angeles is where MJ comforts a frightened Ola (it is rumored that only the exterior of the theatre appears in the video and that the interiors were shot at the Rialto Theatre in South Pasadena). The Zombie dance was filmed at 3701 E. Union Pacific Ave. in Boyle Heights, and Griffith Park is where the 1950s werewolf movie scenes were lensed. The cemetery scene and interior haunted house sequences were both shot inside of a soundstage at Raleigh Studios in Hollywood.

If you do make it out to Carroll Ave. to get your candy on tomorrow evening, be sure to keep in mind Vincent Price’s gravel-voiced advice: “No mere mortal can resist the evil of the thriller.”

source: Los Angeles Magazine / Legendary Michael Jackson

トム・スネドン元検事が死去

マイケル・ジャクソンを児童性的虐待容疑で2度訴追した元地方検事のトム・スネドンが死去した。

スネドンは、土曜日、ガンとの闘病の末にサンタバーバラ・コテージ病院で亡くなったと、30年以上スネドンの下で働いていたサンタバーバラ郡の元地方検事補パトリック・マッキンリーが日曜日に明かした。73歳だった。

「私たち家族、そしてコミュニティーは英雄を失いました。私たちは彼の実直さと誠実さを愛していました。彼は裏表のない人でした」とスネドンの家族が声明を発表した。

スネドン死去のニュースはサンタバーバラ・ニュース・プレスが第一報を報じた。

スネドンは1993年とその10年後の2度、マイケル・ジャクソンを児童性的虐待容疑で捜査した。最初の事件では、少年の家族がジャクソンからの数百万ドルの示談金を受け入れ、証言を拒否したために裁判は成り立たなかった。

捜査は起訴とならず終了したが、ジャクソンは、アルバム「HIStory」に収録された「D.S.」という曲で、スネドンを暗に、しかし痛烈に批判した。同曲には「ドム・シェルドンは冷たい男」というくだりがある。

ガンから生還した少年によるジャクソンに対する2度目の訴えは、2005年にテレビ中継された裁判となった。ジャクソンは無罪という結果でこの裁判は終了した。

ジャクソンを弁護したトーマス・メゼロウ・Jr弁護士は、スネドンを、最初の裁判で敗北したことに「個人的な復讐心」を持つ度を越した検事だと評した。

スネドンは、ジャクソンが子供にとって危険だと強固に主張していた。メゼロウは、ジャクソンの偉業を考慮すれば、有罪となれば悲劇だったと述べている。

「彼がもし有罪になっていたら、それは悲劇だったでしょう。世界に大いなる喜びと楽しみをもたらす力があり、かつての偉大なエンタテイナーであり、それがどのような理由であれこのような形で終わってしまう。ちょうどギリシャ悲劇の演劇のようになりかねなかったのです」と、無罪評決の後メゼロウはAP通信のインタビューに対して答えている。

スネドンは2006年に引退した。

家族の声明によると、カリフォルニア州リンウッドでパン屋の息子として育ったスネドンは、ベトナム戦争で国のために尽くした後、法律の道に進んだ。

彼は1969年にサンタバーバラ海峡でのオイル漏れ事故(当時アメリカ最大のオイル漏れ事故)を担当した。家族によれば、この画期的裁判が、州や国の環境保護に関する法律を制定の後押しとなったという。

さらに家族は、サンタバーバラのある夫婦を殺害するために雇われた二人のイスラエル人に対する「容赦のない」追求についても記している。

イスラエルの法律はイスラエル国民の引き渡しを禁じていたため、彼はイスラエル国内で彼らを裁く手段を見出した。この事例は、アメリカで行われた犯罪について、イスラエル人をイスラエル国内で裁くという初の裁判となった。

「彼は被害者に対して深く同情していました。訴訟中の被害者の処遇について根本的に変え、被害者のトラウマを軽減するためのあらたな手順を定めたのです」。

マッキンリーはスネドンを「並はずれたボス」と評している。

「彼は決断を恐れませんでした。彼は決断を下し、私たちが進むべき道を示したのです」とマッキンリーは語った。

スネドンは47歳の妻パメラと9人の子供を残して亡くなった。

■EX-MICHAEL JACKSON PROSECUTOR TOM SNEDDON DIES

SANTA BARBARA, Calif. (AP) -- Tom Sneddon, the former district attorney who sought twice to try Michael Jackson on child molestation charges, has died.

Sneddon died Saturday at Santa Barbara Cottage Hospital after a battle against cancer, Patrick McKinley, a retired assistant district attorney for Santa Barbara County who worked with Sneddon for more than three decades, said Sunday. Sneddon was 73.

"Our family and community has lost one of its heroes," Sneddon's family said in a statement, adding that they "all loved his straightforward and genuine personality." They said he was a "`what-you-see-is what-you get' kind of person."

News of Sneddon's death was first reported by the Santa Barbara News-Press.

Sneddon investigated Michael Jackson on child sexual abuse allegations in 1993 and again a decade later. The first case fell apart after a young boy's family accepted a multimillion dollar settlement from Jackson and declined to testify against him.

The probe closed with no charges. Jackson shot back in a thinly disguised swipe at the prosecutor in a song called "D.S." on the "HIStory" album. The song contains the lyrics, "Dom Sheldon is a cold man."

A second set of allegations against Jackson made by a young cancer survivor resulted in a televised trial in 2005 which ended with Jackson being acquitted.

Jackson's defense attorney, Thomas Mesereau Jr., painted Sneddon as an overzealous prosecutor who had a "personal vendetta" against Jackson after the first case fell apart.

Sneddon continued to insist that he believed Jackson could be a danger to children and said he would have considered a conviction tragic, considering Jackson's accomplishments.

"If he had been convicted I think that part of it would have been a tragedy - like a Greek tragedy play of a person who obviously can bring great joy and entertainment to the people around the world, (who was) obviously a great entertainer at one point in his career, (who) could end up this way for whatever reason," he told The Associated Press in an interview after the verdict.

Sneddon retired in 2006.

The son of a baker, he grew up in Lynwood, California, and served his country during the Vietnam War before pursuing a career in law, according to a statement by Sneddon's family.

He worked on the 1969 oil spill in the Santa Barbara Channel - at the time the largest oil spill on U.S. waters. The landmark case helped spur several state and federal environmental protection laws, his family said. They also noted his "relentless" pursuit of two Israeli men hired to murder a Santa Barbara couple. An Israeli law forbids extradition of its citizens, so he found a way to try the men in Israel. The case marked the first time Israeli citizens have stood trial in their country for crimes committed in the United States.

"He was deeply compassionate toward victims, and fundamentally changed how victims were treated during the judicial process, initiating new protocols to lessen their trauma," the statement said.

McKinley called Sneddon "a helluva boss."

"He wasn't afraid to make a decision," McKinley said. "He would make a decision and away we'd go."

Sneddon is survived by his wife of 47 years, Pamela, and their nine children.

source: Associated Press

科学に基づいたキャッチーな曲ベスト20にMJの曲

最もキャッチーな曲が明らかとなったが、選ばれた曲については誰も驚かないだろう。認知度という点で、Spice Girlsの「Wannabe」が1位という結果だった。認知されるまでの平均時間は2.29秒だった。

これは、イギリス・マンチェスターのMuseum of Science and Industry (MOSI) が一年にわたって行った研究の結果である。特設サイトの訪問者は「Hooked on Music」という、過去70年間のヒット曲(1940年代から各年代の売り上げトップ40の曲を合計1000に分割)が流れるゲームをプレイできるようになっている。

サイトでは4つのゲームが用意されている。「Recognise that Tune」は、選んだ曲が聞えなくなっている間も口ずさむなどして歌い続け、再開した時にそれが正しい位置から再開されたかどうかを答えるものだ。「What's the Hook」は、同じ曲の違う部分を聞き、どちらがキャッチーかどうかを選ぶというもの。「Time Trial」は制限時間内で何曲認知できるか、「In a Row」は、間違えずに連続して何曲認知できるかにチャレンジする。

12000人以上のプレイ結果を集計し、「Wannabe」が最も認知度が高い曲であることが明らかとなった。Lou Begaの「Mambo No 5」が2.48秒で2位、Survivorの「Eye of the Tiger」が2.62秒で3位だった。認知されるまでの全体の平均は5秒だった。

「私は音楽の一般的認知を研究するグループで仕事をしています。脳が音楽を処理するあらゆる手段の研究です。私たちが特に興味を持っているのは、音楽と記憶で、正確には、ある種の音楽が長い間記憶に残るのはなぜなのかということです」。アムステルダム大学のコンピュータ音楽学者でこの調査を考案したドクター・アシュレー・バーゴインはBBCに対してこう語った。

「たかだか数度聞いただけの音楽でも、10年後に聞いたら聞いたことがあるとすぐに認識する曲があります。ところが、たくさん聞いてもそんな効果が見られない曲もあるんですよ」。

研究の次の段階は、音楽を「キャッチー」なものとする音楽的特質について検証することだという。現在のところ、ドクター・バーゴインは、強力なメロディのフック(耳に残る部分)がキーだと考えているが、いまだ見解の域であり、さらなる研究が必要だ。

ここを足がかりに、研究チームは真面目な課題に研究を向かわせるプランだという。

「音楽的な記憶の作用について理解が深まれば、認知症を患う人々の研究へ移行できるのではと期待しているのです。適切な音楽、強い意味をもつ音楽があれば、それを歌ったり演奏したりすることは心を癒す高い効果が得られる可能性があるという研究結果がすでにありますから」とドクター・バーゴインは語った。

キャッチーな曲ベスト20は以下の通り。

1. Spice Girls - Wannabe: 2.29 seconds
2. Lou Bega - Mambo No 5: 2.48 seconds
3. Survivor - Eye of the Tiger: 2.62 seconds
4. Lady Gaga - Just Dance: 2.66 seconds
5. ABBA - SOS: 2.73 seconds
6. Roy Orbison - Pretty Woman: 2.73 seconds
7. Michael Jackson - Beat It: 2.80 seconds
8. Whitney Houston - I Will Always Love You: 2.83 seconds
9. The Human League - Don't You Want Me: 2.83 seconds
10. Aerosmith - I Don't Want to Miss a Thing: 2.84 seconds
11. Lady Gaga - Poker Face: 2.88 seconds
12. Hanson - MMMbop: 2.89 seconds
13. Elvis Presley - It's Now Or Never: 2.91 seconds
14. Bachman-Turner Overdrive - You Ain't Seen Nothin' Yet: 2.94 seconds
15. Michael Jackson - Billie Jean: 2.97 seconds
16. Culture Club - Karma Chameleon: 2.99 seconds
17. Britney Spears - Baby One More Time: 2.99 seconds
18. Elvis Presley - Devil in Disguise: 3.01 seconds
19. Boney M - Rivers of Babylon: 3.03 seconds
20. Elton John - Candle in the Wind: 3.04 seconds

■The top 20 catchiest songs of all time, according to science
A year-long survey by the Museum of Science and Industry in Manchester has revealed the top 10 most persistent earworms -- with the Spice Girls topping the list.

The catchiest song of all time has been revealed, and it ought to surprise absolutely no one. When it comes to recognisability, Spice Girls' "Wannabe" is number one, with users taking, on average, just 2.29 seconds to pick the song.

The result is part of a year-long study, conducted by the Museum of Science and Industry (MOSI) in Manchester, UK. Users were directed to a special website where they could play an online game called Hooked on Music, which contained clips from 1,000 hit songs from the past 70 years -- the top selling 40 tracks of each decade since the 1940s.

There were four modes: Recognise that Tune, where users had to hum along with the track, continuing when the sound dropped out and gauging whether they were still in time when the sound resumed; What's the Hook, where users had to listen to two different clips from the same song and choose which clip was catchier; Time Trial, where users had to recognise as many songs as possible in three minutes; and In a Row, where users had to recognise as many songs in a row as they could.

The game collected data from over 12,000 people, who, on average, found Wannabe the most recognisable song. Lou Bega's Mambo No 5 came in second at 2.48 seconds, with Survivor's Eye of the Tiger coming in third at 2.62 seconds. The average overall time it took to recognise a clip was 5 seconds.

"I work within a group that studies music cognition in general -- any way in which the brain processes music -- and we were particularly interested in music and memory and why exactly it is that certain pieces of music stay in your memory for such a long time," University of Amsterdam computational musicologist and designer of the survey Dr Ashley Burgoyne told the BBC.

"You may only hear something a couple of times yet 10 years later you immediately realise that you have heard it before. Yet other songs, even if you have heard them a lot, do not have this effect."

The next step in the study will be examining the musical features that make a song "catchy"; so far, Dr Burgoyne believes that very strong melodic hooks play a key role, although that is merely an observation and further study is required.

From there, the team plans to channel the research into something a little more serious.

"If we have a better understanding of how the musical memory works, we are hopeful that we can move into research on people with dementia," Dr Burgoyne said.

"There has already been some research that shows that if you can find the right piece of music, something that had a very strong meaning, playing that piece of music can be very therapeutic. But the challenge is figuring out what is the best piece of music."

source: CNET / michaeljackson.com

「Thriller」、ビルボードHOT100に復活

ハロウィンを経て、故キング・オブ・ポップの古典「Thriller」がビルボードHOT100の35位に再登場した。129%の急増の430万ストリームをアメリカで記録したことでStreaming Songsチャートの14位を記録したことが、この曲のかつてのなじみの場所への復活に結びついた。

また、ニールセン・サウンドスキャンによると、Digital Songsチャートでは3万9000ダウンロード(177%)を記録して29位となった。

マイケル・ジャクソンのランドマークとも言うべき1982年のアルバムからカットされた同曲は、元々1984年の3月にHOT100の4位に到達している。

■‘Thriller’ Back On Billboard Hot 100

Following Halloween, the late King of Pop’s classic ‘Thriller’ scares up a re-entry at No. 35 on the Hot 100. The song returns to its old haunt powered by its No. 14 return to Streaming Songs with a 129 percent surge to 4.3 million U.S. streams.

It also re-enters Digital Songs at No. 29 with 39,000 downloads sold (up 177 percent,) according to Nielsen SoundScan.

The title cut to Michael’s landmark 1982 album originally reached No. 4 on the Hot 100 in March 1984.

Source: Billboard & MJWN

アーカイブ映像で有名なダンス・ムーヴを披露するマイケル・ジャクソン

ロウ人形をパーフェクトなものとするべく彫刻師らのために有名なダンス・ムーヴを披露したマイケル・ジャクソンの様子を収めた映像をマダム・タッソーが発見した。スローモーションで納められたこの映像では、他にはないマイケルの初期の創作作業の様子を見ることができる。



■Michael Jackson practising famous dance moves in archive footage

Madame Tussauds have unearthed some incredible archive footage showing Michael Jackson practising his famous dance moves in order for the company’s sculptors to perfect his waxworks. The footage which is set in slow motion offers a unique view at Michael’s early working life.

SEE VIDEO:

http://www.dailymail.co.uk/video/news/video-1134528/Michael-Jackson-practising-famous-dance-moves-archive-footage.html?ITO=1490&ns_mchannel=rss&ns_campaign=1490

Source: Daily Mail Online / MJ-UPBEAT.COM
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ