TJはマイケルの手助けに感謝している

キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンは、アイルランドでの生活が大変気に入っていると家族のメンバーらに語っており、アイルランドの家にたびたび招いていたという。

2006年、ジャクソンは3人の子供たち、プリンス、パリス、ブランケットとともに、ウエストミース州のローズマウントにあるレコーディング・スタジオ、グラウス・ロッジで数か月間を過ごした。

彼の甥でポップグループ3Tの一人、TJ・ジャクソンはこう語っている。
「叔父はアイルランドに僕たちを呼び寄せようとしていましたが、それはできませんでした。当時、僕たちはレコーディングをしていたからです。

彼はアイルランドのことをいつも話していました。彼の子供たちは今でも、そこでのことを話していますよ」。

ジャクソンの死後、TJはプリンス、パリス、ブランケットの後見人となった。「容易なことではありませんが、子供たちは元気にしています。叔父が僕たち兄弟にしてくれたことです。子供の頃、母を亡くした時に。彼は気を配ってくれて、私たちが大丈夫なように計らってくれました。だから彼の子供たちに僕がお返しをしようとしているんです」。

TJと彼の兄弟たち、タリル、タジはティト・ジャクソンの息子たちであり、彼らの母親ディー・ディーが殺された時には大変なショックを受けた。当時彼女はティトから離されていた。

後にロサンゼルスの実業家が彼女を殺害したとして有罪となった。

「母さんを亡くした時、父さんは辛さに耐えていました」とタジは振り返る。「父さんと母さんは14歳の時からの親友だったんです。父さんにとってどれほどのものだったか想像がつきますよ」。

彼らの叔父であるマイケルはティトと彼らを支えるために気を配っていた。
「叔父さんは素晴らしい人でしたよ。言葉では言い表せません」とタリルは言う。「叔父さんがどれほど素晴らしく、どれほど誠実な人か語ったら、長くかかりますよ。僕たちにとって、彼は兄のように見本となるべき人でした。ステージの上でもステージ以外でも、僕たちは本当に彼を尊敬していました。そして彼はいろいろなことを教えてくれました。

叔父さんのことを悪く言う材料は何一つありません。なぜなら僕たちにとって、彼は大好きな人でしたから」。

そこへタリルが割って入り、マイケル・ジャクソンがいかに楽しい人だったかを明かした。

「彼はイタズラ好きでした。そのことを知っている人はあまりいませんが」と彼は語った。

3TはITVの番組「The Big Reunion」のおかげでスポットライトの下に戻ってきた。この番組ではほかに、Blue、911、Five、Damage、A1、5th Storyが出演している。

「たくさんの知らないバンドと一緒にやるのは心配でしたよ。でも、みんなとても楽しいです」とタリルは言う。

他の出演者らは有名なジャクソン・ファミリーのメンバーとツアーをすることにとても興奮している。「何人かは楽しいと言っているけど、僕たちはそんな風には見ていません」とタジは言う。「ツアーに出てファンと音楽をシェアするということがただうれしいんです」。

「The Big Reunion」では、彼らの父であるティトが出演し、リハーサルをする彼らをベルトを外して叱咤する様子が放映された。
「あれは僕らの父さんですよ。でも、父さんは愛情を持ってやっています。楽しいひと時でした」とタリルは強調した。
「父さんの父さん、僕たちのおじいさんのジョーは、ジャクソンズにそうやってきたのです。

でも、それはもうすこし厳しかったのかもしれません。父さんは、『お前たちはラッキーだよ、ジョーが父親じゃなくて。ジョーならもっと厳しいよ』と言っています」。

タリルとTJは現在父親である。彼らは自分の子供たちにショービジネスの世界に入るよう促すつもりなのだろうか?

「僕は自分の子供たちには、熱意を持っているものに対して、やれとかやるなとかは言いませんよ」とタリルは言う。「でも、この業界はみんなが思っているのとはだいぶ違うんです。

起こりうるすべてのことを理解できるようにしてあげたいですね。それでも音楽や演劇が好きなら、全力で後押ししますよ」。

「情熱がなければ生き残れません。間違いなく浮き沈みを経験しますから」

■ TJ Grateful For Michael’s Help And Lasting Legacy

KING of pop Michael Jackson told family members that he loved living in
Ireland ― and he was constantly inviting them to visit him at his Irish
home.

In 2006, Jackson spent several months at Grouse Lodge recording studios
in Rosemount, Co Westmeath, with his three children, Prince, Paris and
Blanket.

His nephew TJ Jackson of pop group 3T tells Shuffle: “Our uncle was
trying to get us to visit him in Ireland, but we couldn’t get over
because we were recording at the time.

He always talked about Ireland after he left, and even today his kids
still talk about their time there.”

TJ became the guardian of Prince, Paris and Blanket after the death of
their father. “It’s challenging, but they’re doing well,” he tells me.
“It’s what our uncle did for my brothers and I when we lost our mother
as kids. He stepped in and made sure we were okay, so I’m trying to
repay that to his children.”

TJ and his brothers, Taryll and Taj, sons of Tito Jackson, were
devastated when their mother, Dee Dee, was found murdered. She was
separated from Tito at the time.

A Los Angeles businessman was later convicted of her murder.

“Dad went through a difficult time when he lost mum,” Taj recalls. “She
was his best friend since they were 14. I can only imagine what it was
like for him.”

Their uncle Michael stepped in to support Tito and the boys. “Our uncle
was incredible, there are no words to describe it,” Taryll says. “We
could sit and talk for ages on how incredible and genuine a person he
was. For us, he was like a big brother role model. We really looked up
to him on and off the stage, and he imparted his wisdom to us.

There is nothing bad we could say about our uncle because for us he was
pure love.”

Taryll chips in to reveal how Michael Jackson was full of fun. “He was a
prankster, a lot of people don’t know that,” he says.

3T are back in the limelight thanks to ITV’s The Big Reunion TV show and
tour that also features boybands Blue, 911, Five, Damage, A1 and 5th Story.

“I was so concerned about joining a bunch of bands I didn’t know, but
the other acts are so much fun,” Taryll says.

The other groups are thrilled to be touring with members of the famous
Jackson family. “It’s funny, several of the band members have said that,
but it’s not the way we see it,”

Taj says. “We’re just happy to be on the tour sharing the music with the
fans.”

On The Big Reunion, their father Tito is seen taking off his belt and
brandishing it as the boys rehearsed. “That’s our father, but he means
nothing but love and it was a fun moment,” Taryll insists. “His father,
my grandfather Joe, used to do that with the Jacksons.

But I would assume it was a bit more strict. Our father says, ‘You’re
lucky Joe is not your father. He would be a lot more tough on you’.”

Taryll and TJ are now dads themselves, so would they encourage their own
children to go into showbusiness?

“I would never talk my children into or out of anything they’d have a
passion for,” Taryll says. “But, at the same time, the industry is a lot
different that what people think.

I’d want to be sure that they understood all the things that could
possibly happen. If they still had love for music or acting I would do
my best to help them.

“If you don’t have passion for it then you won’t survive in it because
you will definitely go through ups and downs.”

Read More:
http://www.sundayworld.com/entertainment/music/3t-singer-tj-jackson-is-grateful-for-the-king-of-pop-s-help

Source: sundayworld /Eddie Rowley / MJ-Upbeat.com

最後の望み:マイケル・ジャクソンとの出会い 10のストーリー(その3)

1986年
カリフォルニアに住む14歳のドナ・アシュロックには、ロマンチックではあるが悲劇のストーリーがあった。この少女は心臓病を患っていたが、彼女のことが好きだったあるクラスメートは、自分に万一のことがあったら自分の心臓を彼女に提供したいと思っていた。皮肉にも彼はその数週間後に脳卒中で亡くなった。そして彼の心臓とドナの相性は良いものだった。

心臓手術を受けた後、ドナはマイケル・ジャクソンからの電話を受けた。マイケルは、彼女が彼の大ファンだと聞いたのである。彼女が回復するとすぐにマイケルは自宅へ彼女を招待した。この訪問は3月8日のことであった。ドナはマイケルとディナーを共にし、映画を観た。

残念ながら、ドナの体は移植を拒絶し、その3年後に彼女は亡くなった。

mj_donna.jpg

1987年
1987年、マイケル・ジャクソンは、メルボルン小児病院で、けがをした4歳のアンジェラ・ダーリントンとその母親に会った。

母親は21年後にこの訪問について語っている。「娘のアンジェラは交通事故で頭にけがをして入院していました。ある日、マイケル・ジャクソンが来ると看護婦から聞きました。病院がファンで混乱しないようそのことは秘密にしておかなければなりませんでした。突然ざわめき始めました。マイケル・ジャクソンのアシスタントたちが、Tシャツやサイン入りアルバム『BAD』を病棟にいた人々に配り始めたからです。それから彼が歩き回り、患者に声をかけたりしていました・・・・・

私はハローと言いました。彼は会えてうれしいと言ってくれました。私はとても驚きました。彼はとても穏やかでシャイなようでした。子供たち、とくに傷ついた子供たちに深い愛を抱いているというように私には思えました。彼はかがんで、「ハロー、アンジェラ」と言いました。アンジェラは話せませんでした。こん睡状態から覚めたばかりだったからです。でも彼女は笑いました。その日から、彼女は良くなり始めたのです。私は、彼は心を鼓舞する人だと思っています。それまでの私たちはひどいものでした・・・アンジェラは入院していましたし、私は平静を保つためにLifeline(自殺防止、心の相談などを行っているオーストラリアのNPO)と話をしていました。でも彼は病棟全体の励みでした。『神様、彼を遣わしてくれてありがとうございます』と私は思いました。彼にはまさに存在感というものがありました・・・回復が必要な人々のことをあれほど考えるのですから。

アンジェラはもう25歳になりました。元気いっぱいの大学生です。当時、病棟にはもう一人、マイケルの大ファンの15歳の男の子がいました。マイケルの訪問の後、彼も回復しました。彼のお母さんはそれが奇跡だと言っていました。マイケルと会って多くの子供たち回復したと私は信じています。マイケルのこうした側面を皆さんが知るべきだと思います。私は、彼がよい人ということ以外思ったことはありません」。

mj_angela.jpg

(参考)(その1)(その2

■The last wish: 10 stories about meeting Mcihael Jackson

1986

14-year-old Donna Ashlock from California had a romantic and tragic story. The girl suffered from a heart disease, and a classmate who had a crush on her wanted her to have his heart in the event of his death. Ironically, he died from a stroke a few weeks later, and his heart was a good match for Donna.

After having had the heart-transplant, Donna got a call from Michael Jackson. He had heard that she was a big fan of his. Michael invited her to his home as soon as she was feeling better. The visit took place on March 8th. Donna stayed for dinner and watched a movie together with Michael.

Unfortunately, Donna’s body rejected the transplant, and she passed away three years later.

1987

In 1987, Michael Jackson meets 4-year old wounded Angela Darlington and her mother in Melbourne Children’s Hospital.

The mother of the girl has this to say on the visit 21 years later: “My daughter, Angela, was in hospital with head injuries after being hit by a car. One day we were told by the nurses that Michael Jackson was coming to visit. We had to keep it a secret, so the hospital wasn’t overwhelmed with fans. There was a big flurry, as his assistants handed out T-shirts and signed copies of his Bad album to everyone on the ward. Then he just walked around and talked to the patients. […]

I said hello. He said he was pleased to meet me. I was gobsmacked. He was very gentle and seemed shy. I got the sense he had a deep love for children, especially those who’d been hurt. Then he crouched down and said ‘Hello, Angela’. She couldn’t talk, because she’d just come out of a coma, but she started smiling. After that day, she started to get better. I think of him as an inspiration. We’d been having a terrible time – Angela was in hospital and I’d been ringing Lifeline to keep myself together, but he was a total inspiration for the whole ward. I thought: ‘Thank God for sending him’. He just had a presence about him – this great empathy with people who needed to get better.

Now, Angela is 25, at university and full of life. There was another boy on the ward who was about 15 and was a huge fan. After Michael’s visit, he started getting better too. His mom thought it was a miracle. I believe many of the children got better after meeting him. I think people should know about this side of Michael. I’ve never believed he was anything but a good person.”

ソース:Michael Jackson.ru

ライナーノーツより:「Love Never Felt So Good」

「Love Never Felt So Good」についてのアルバム「Xscape」のライナーノーツで、ジョン・マクレーン(同曲のプロデューサーで、MJエステートの共同遺言執行人でもある)はこう述べている。「この曲のマイケルのサウンドは素晴らしい。いつもの彼のようにね。彼が最高でない日なんて一日たりともなかったよ。彼は不朽。そして彼の歌は最高だ」。ぜひ聴いてみよう。http://www.youtube.com/watch?v=7NIXlRBWevo


In the liner notes for “Love Never Felt So Good” included in the Xscape album package, John McClain (producer of the track and co-executor of the MJ Estate) said: “Michael sounds incredible on this track just like he always does. There was never a day when he was anything other than great. He is immortal. And the song is great.” Listen here: http://www.youtube.com/watch?v=7NIXlRBWevo

ソース:Michael Jackson Official Facebook Page

MJ:元祖音楽ビジネスマン

ドクター・ドレーが最初の「ヒップホップ億万長者」になったことをラップにするずっと以前、マイケル・ジャクソンは音楽ビジネスマンへの道のりをムーンウォークしていた。

致命的な薬物過剰投与により悲劇的な死を迎えた2009年当時、彼はやり手のビジネスマンであったとする新刊が、死後5年たって発売される。

「Michael Jackson, Inc(マイケル・ジャクソン社)の著者でフォーブス誌のエディター、ザック・オマリー・グリーンバーグは「彼のビジネス的手腕は過小評価されている」と語る。

「彼の死後に生み出された金は、そのほとんどが生前に彼が創り出したものに起因するものなのです」。

マイケルは音楽を超えたブランドを作った最初のポップ・スターであるとグリーンバーグは主張する。彼は、ソーダからスニーカーまで、さまざまなコマーシャル契約を結び、それまでアスリートに独占された分野に音楽アーティストが進出する道を拓いた。

さらにマイケルは契約に関して鋭い目を持っていた。

彼は、忠告を無視してビートルズの出版権を買おうとした。マイケルはその権利に4700万ドルを投じたが、現在それは10億ドルの価値となっている。

その鋭いビジネス手腕のおかげで、Gloved One(マイケルのこと)は死後もなお、金を稼ぎ続けている。グリーンバーグによると、死後5年で彼の遺産
は7億ドルを稼ぎ、インフレ調整を行った生涯の稼ぎは26億ドルとなった。

MJは機会を逸したことも何度かある。彼は億万長者仲間のアル=ワリード・ビン・タラールとともにマーベル・コミックスを買おうとしたが、マーベルの破産で事態が複雑になったためにうまくいかなかった。マーベルは、2009年にディズニーが40億ドルで購入した。

マイケルと彼の相続人たちは、今でも金を稼ぎ続けている。つい先週も、「Billie Jean」がシングルチャートのビルボードHOT100で14位にランクインした。リリースから30年以上経っているにもかかわらず。

マイケル・ジャクソンは過去50年間のどの10年間にもトップ10のヒットがある最初のアーティストである。ジャクソン・ファイヴ時代を数えるなら過去60年だ。死後のアルバム「Xscape」は先週3番目に売れたアルバムだった。

music-ent-640x360.jpg

■MJ: The Original Music Entrepreneur

Long before Dre rapped about becoming the first “hip-hop billionaire,” Michael Jackson was moonwalking a trail for wannabe music entrepreneurs.

With the fifth anniversary of his death this month, new books portray the pop star as a shrewd businessman before his tragic, fatal overdose in June 2009.

“His business savvy is underrated,” said Forbes editor Zack O’Malley Greenburg, the author of ‘Michael Jackson, Inc.’

“The money he’s making after his death is largely a consequence of what he built in his life.”

Michael was the first pop star to build a brand beyond music, Greenburg argues. He signed a slew of endorsement deals for everything from soda to sneakers, allowing other music artists to enter a field previously dominated by athletes.

Michael also displayed a keen eye for deals.

He was intent on buying The Beatles publishing rights despite advice to the contrary. Michael paid $47 million for the rights — now valued at $1 billion.

Thanks to his business savvy, the Gloved One is even more profitable in death. His estate has earned $700 million in the five years since he died, bringing his lifetime earnings to $2.6 billion after adjusting for inflation, Greenburg said.

MJ also had some missed opportunities. He wanted to buy Marvel Comics with billionaire pal Prince Alwaleed Bin Talal but couldn’t pull it off because of complications from Marvel’s bankruptcy. Disney bought Marvel for $4 billion in 2009.

Michael and his heirs are still making bank. His hit ‘Billie Jean’ ranked No. 14 on the Billboard 100 singles chart last week — more than 30 years after its release.

Michael Jackson is the first artist to have a Top 10 in five separate decades, six if you count the Jackson 5 era. His posthumous album ‘Xscape,’ was also the third-best selling album last week.

Source: nypost.com & MJWN

レア写真がオークションへ

キング・オブ・ポップのレア写真を手に入れようと血眼になっているマイケル・ジャクソンのコレクターにとってのチャンスだ!

Premiere Propsは6月21日、マイケル・ジャクソンと兄弟たちの未発表、未発行の写真200枚のコレクションをネガと複製権つきでオークションにかける。このコレクションは、ジャクソン・ファイヴのころから「Thriller」や「Victory Tour」(1984年)にかけてのものである。

Premiere Propsのウェブサイトはこちら


■Rare Photos Go On Auction

For all those Michael Jackson collectors out there looking to get your hands on rare images of the King of Pop, now is your chance!

Premiere Props will be auctioning off a collection of 200 never before seen or published photos of Michael Jackson and his brothers with the negatives and all reproduction rights over the June 21 weekend. The photos span several decades – from The Jackson 5, through Thriller and the Victory Tour (1984).

To find out and more and enter the auction visit the Premiere Props website.

Source: Parade & MJWN

マイケル・ジャクソンはなぜ今ヒットするのか

ビルボードのライター、ショーン・ロスが、「This Is It」と比較してなぜ「Xscape」の最新曲がアメリカのラジオ局で流されているのか考察を加えている。

2009年の死去を受けてのマイケル・ジャクソンへの関心への関心の高まりでさえ、「This Is It」をラジオでヒットさせることはできなかった。マイケルの没後の初の新曲についてはアーバンACチャートにおける支持が最も高かったが、イベント的なエアプレイはトップ40ではほとんど見られなかった。売りになるストーリーがあればラジオはそれに乗った可能性もあるが、「This Is It」はシングルとしてリリースされることは決してなく、そしていまだ単体でのダウンロードができない状態だ。

「This Is It」が伸び悩んでいた当時、私はあるコラムで、噂されている封印されていたMJの音源を使いホットな現代のプロデューサーを起用していればもう少しヒットしていたであろうと指摘した。1年後、エイコンをフィーチャーした「Hold My Hand」がついにリリースされ、ビルボードHOT100で39位となった。「Michael」プロジェクトにおける続くシングルたちはうまく注目を集めることができなかった。マイケル・ジャクソンへの興味が、マイケルのクラシックたちを引き立てるにすぎない程度の素材に対して無駄に使われたように思われた。

しかし、ジャスティン・ティンバーレイクとのデュエット「Love Never Felt So Good」はHOT100で9位まで上昇した。Mainstream Top 40において、この記事を書いている時点では37位から34位であり、エアプレイ回数も+485である。このこと自体は20位以内程度のことなのだが、「Love~」は、クリア・チャンネル系列のラジオ局での紹介が徐々に減っていった後も2週目の反動を生き残り、ビルボード・ミュージック・アワード2014でのホログラムでの登場の2週間後でも勢いは衰えていない。この曲はAdult R&Bでは3位、Adult Contemporaryでは13位である。

では、なぜ、以前にはなかった、ラジオでのオンエアを得たのだろうか?2009年のあるコラムで、ラジオ局WKTUニューヨークのPD、ロブ・ミラーは、「Billie Jean」や「P.Y.T. (Pretty Young Thing)」に連なるようなものを望んでいたと記している。「Love Never Felt So Good」はそのようなものとは違う。「This Is It」と同様、この曲は1983年にポール・アンカ(当時自分のソロ・アルバムに取り組んでいた)との共作によって生まれた。最終的に1年後にこの曲はジョニー・マティスのアルバムに採用されている。

「Love Never Felt So Good」は、音楽的には「Off The Wall」であり、「Thriller」では少し時代遅れに聞こえていたかもしれない。だが、「Love Never Felt So Good」は「Thriller」のヒット曲とは違っているからこそ、その後のマイケル・ジャクソンの生涯でリリースされた4枚のソロ・アルバムのどれとも違うのである。「Thriller」に聞こえないのと同様、「Bad」にも聞こえない。「Who Is It」や「Scream」や、いつものやり方に頼った、マイケル・ジャクソンの音楽的信用を摩耗させたどの曲にも聞こえない。

2009年以降、いくつかの変化があった。「This Is It」がリリースされる頃には、マイケルはアダルトコンテンポラリー専門局で人気アーティストになっていた。これは、アダルトR&B局がまだ彼のヒット曲を大々的に放送していた生前とは対照的なことである。アダルトコンテンポラリーでのマイケルの強さは、以来ほとんど衰えず、そして番組フォーマットが70年代音楽を減らして80年代音楽に依存するようになって以降彼の存在感は増す一方であった。

重要なことは、「Love Never Felt So Good」などのアルバム「Xscape」の曲は新しく録音されたトラックの上に乗せられている一方で、マイケルのサウンドを現在の音楽に合わせるという必要は全くない。現在の音楽の方が、マイケル・ジャクソンに合うように機能しているのである。MKTOの「Classic」はマイケルを思わせるものだ。ティンバーレイクはこの18か月間を「Off The Wall」期に遡ったような作品に費やしている。ブルーノ・マーズの才能が明らかになるところなどは、1983年に「モータウン25」でマイケルを見たときの衝撃を連想させるものだ。

最後に、「Love Never Felt So Good」にはエピックの一丸となった後押しがある。前作からのシングルにはなかったことだ。このコラムの読者ならご存じの通り、ラジオ局が自主的にオンエアするというのは珍しいことだ。「モータウン25」の時にすでに現象となっていた「Thriller」は、伝説の域に達するにはテレビでのパフォーマンスが1度必要だった。「Xscape」は2つの賞番組とのタイアップを行っている。クリア・チャンネルの一丸となったプッシュはその番組を受けてのものなのだ。

雑学好きのファンのためにもう3点だけ。

ティンバーレイクが参加した「Love Never Felt So Good」は、ニール・ダイヤモンドとバーブラ・ストライサンドのデュエット版の「You Don’t Bring Me Flowers」が1978年に公式発売されたことを事実上の起源とする別々録音のデュエットという伝統に連なるものだ。この曲は、ジャクソンズの「Shake Your Body (Down to the Ground)」と同時期にヒットしたものだが、「Shake Your Body」は同グループにとって数年ぶりの大ヒットであり、マイケルのサウンドの特徴を最初に決定づけた曲でもある。故人とのデュエットとしての最初のヒット曲、デボラ・アレンと故ジム・リーヴスとのデュエットは1979年にリリースされた。ジャスティン・ティンバーレイクはその2年後に生まれている。

「This Is It」は不気味な一致をもたらしている。すなわち、ポール・アンカが3人の没後最初のリリース曲の作者なのである(バディ・ホリーの「It Doesn’t Matter Anymore」、エルヴィス・プレスリーの「My Way」、そしてマイケルだ)。「Love Never Felt So Good」を考えれば、「没後最初のリリース曲」を「没後のヒット曲」と言い換えても通用する。

マイケル・ジャクソンが、マイケル・ジャクソンをカバーするジョニー・マティスをカバーするのは2度目である。1976年、ジョニー・マティスはマイケル・ジャクソンのアルバムの曲「One Day In Your Life」でアダルトコンテンポラリーのマイナー・ヒットを得た。1981年、エピックの「Off The Wall」と「Thriller」の隙間を狙ったモータウンは同曲のマイケルバージョンを倉庫から引っ張り出し、アメリカでは中ヒット、イギリスでは大ヒットとなったのである。

■Why Michael Jackson Has A Hit Now

Billboard writer, Sean Ross discusses why Michael Jackson is receiving airplay on American radio stations with his latest songs from ‘Xscape’ in comparison to ‘This Is It.’

Not even the overwhelming surge of interest in Michael Jackson following his death in 2009 could make ‘This Is It’ a radio hit. Urban AC showed the most support for Michael’s first posthumous song. Top 40 supplied a mere handful of event spins. Radio might have come around if there was a sales story, but ‘This Is It’ was never released as a single, and still isn’t available as a stand-alone download.

When ‘This Is It’ underwhelmed, I suggested in a column at the time that maybe the rumoured MJ material in the can with current hot producers would have fared better. A year later, ‘Hold My Hand’ (feat. Akon) finally surfaced and got as far as No. 39 on the Billboard Hot 100. Subsequent singles from the Michael project failed to attract much notice. It seemed that the interest in Michael Jackson had been squandered on material that only made Michael’s classics sound better by contrast.

But the Jackson/Justin Timberlake duet, ‘Love Never Felt So Good,’ has already been No. 9 on the Hot 100. On the Mainstream Top 40 chart, it is up 37-34 at this writing and +485 spins. That puts the song just inside the 20 biggest gainers, but ‘Love’ has survived a second-week bounce after its initial exposure at Clear Channel stations wore off, and is still building two weeks after the appearance of a Michael Jackson hologram on the 2014 Billboard Music Awards. The song is also No. 3 on Adult R&B and No. 13 at Adult Contemporary.

So why does Michael finally have the radio coda that was denied him at the time? In the 2009 column, WKTU New York PD Rob Miller noted that he was hoping for something along the lines of ‘Billie Jean’ or “‘P.Y.T. (Pretty Young Thing).’ ‘Love Never Felt So Good’ isn’t quite that. Like ‘This Is It,’ it was co-written in 1983 with Paul Anka, who was working on his own solo album at the time. The song finally appeared on a Johnny Mathis album a year later.

Musically, ‘Love Never Felt So Good’ would have been more at home on ‘Off the Wall,’ and might have already sounded a little dated on the ‘Thriller’ album. But because ‘Love Never Felt So Good’ doesn’t sound like the hits from ‘Thriller,’ it also doesn’t sound like anything from the four solo albums that followed during Michael Jackson’s lifetime. It doesn’t sound like the song ‘BAD’ sounding like the song ‘Thriller.’ It doesn’t sound like ‘Who Is It’ or ‘Scream’ or any of the songs that tapped that formula again and wore down Michael Jackson’s musical goodwill.

A few other things have happened since 2009. By the time ‘This Is It’ came out, Michael had already become one of adult contemporary radio’s most potent artists, a stark contrast to the period before his death when only adult R&B stations still played any of his gold in a significant way. Michael’s strength at AC has barely tapered off since, and his prominence there has only increased since that format phased out music from the ’70s and relied more heavily on music of the ’80s.

As important, while ‘Love Never Felt So Good’ and the other songs from MJ’s ‘Xscape’ album have been built on recently cut tracks, there’s not quite the same need now to make Michael sound compatible with today’s music. Today’s music has been working much harder to sound compatible with Michael Jackson. MKTO invokes Michael on “Classic.” Timberlake has devoted the last 18 months to his own Off the Wall-era throwbacks. Each new public display of Bruno Mars’ talent recalls anew the shock of seeing Michael in 1983 on the ‘Motown 25′ special.

Finally, “Love Never Felt So Good” is getting the concerted push from Epic that the previous posthumous MJ singles never received. As regular “ROR” readers know, it’s the rare song that radio finds of its own volition. ‘Thriller,’ already a phenomenon at the time of Motown 25, needed one TV performance to propel it into legend. ‘Xscape’ has had two awards show tie-ins, one of them followed by the concerted Clear Channel push.

Three other notes, for trivia fans:

With Timberlake’s participation, ‘Love Never Felt So Good’ continues a tradition of studio duets that effectively began in fall 1978 with the official release of the Neil Diamond/Barbra Streisand version of ‘You Don’t Bring Me Flowers.’ That song was a hit around the same time as the Jacksons’ ‘Shake Your Body (Down to the Ground),’ the act’s biggest hit after a dry spell of several years, and the first song to define Michael’s signature sound. The first posthumous studio duet hit, which allowed Deborah Allen to sing with the late country star Jim Reeves, took place in 1979. Justin Timberlake was born two years later.

‘This Is It’ brought with it an eerie coincidence, making Anka the author of the first posthumous releases by Buddy Holly (‘It Doesn’t Matter Anymore’), Elvis Presley (his version of ‘My Way’) and Michael. With ‘Love Never Felt So Good,’ you can modify that to “posthumous hits,” and it remains true.

It is the second time that Michael Jackson has covered Johnny Mathis covering him. In 1976, Mathis had a minor AC hit with the Michael Jackson album cut, ‘One Day In Your Life.’ In 1981, Michael’s version of that song was pulled from the Motown vaults to take advantage of the lull between Epic’s ‘Off The Wall’ and ‘Thriller,’ becoming a mid-chart record here and a bigger U.K. hit.

Source: Billboard & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ