ニューアルバム「XSCAPE」のプレスリリース

XSCAPE
マイケル・ジャクソンの待望のニューアルバム
5月13日、エピック・レコードより
エピック・レコードのチーフL.A.リードがトップ・プロデューサらとチームを組み
アイコン的アーティストのアーカイブの曲を「現代風」に


2014年3月31日、ニューヨーク発-
5月13日、エピック・レコードとマイケル・ジャクソン・エステートは、世界から愛されたミュージック・アイコンにしてキング・オブ・ポップのマイケル・ジャクソンの新曲からなるアルバムをリリースいたします。このプロジェクトには8つの新曲が取り上げられています。どの曲も、このニューアルバムで世界が初めて聞くことになります。ファンの皆さんへの最高のお楽しみとして、XSCAPEではデラックス・エディションをご用意し、マイケル・ジャクソンのレコーディング音源そのままの形のものを収録いたします。スタンダード、デラックス両エディションはiTunes.com/MichaelJacksonその他で4月1日よりプレオーダーが可能となります。世界の店頭には5月13日に並びます。

XSCAPEは、エピック・レコードのチェアマン/CEOのL.A.リードがエグゼクティブ・プロデューサーを務めます。エステートによるジャクソン・アーカイブの初期調査の後、L.A.リードは、ジャクソンが自身のボーカルで完成させた40年間の音源を無制限に聴くことを許されました。

リードはこれらの音源のファイナル・リストを作成してプロデューサーたちに送り届けました。プロデューサーたちはこれらを一新し、ジャクソンのエッセンスと完全さを保ったまま、フレッシュで現代的なサウンドを付け加えました。それは、リードが「現代風にする」と呼ぶプロセスです。リード・プロデューサーのティンバランドは、ジャクソンの作品と独創的に組み合わさる厳格さ、深み、そして広さを持つとリードが信じている一握りのプロデューサーの一人です。この他に、世界的ヒットメーカーのロドニー・ジャーキンスやスターゲイト、ジェローム・"Jロック"・ハーモン、ジョン・マクレーンが加わっています。

「マイケル・ジャクソンが世界に与えた画期的な貢献がなければ、現代音楽と芸術性は全く違うものになっていたでしょう」とL.A.リードは述べています。「マイケルは音を残してくれました。私たちは、彼と直接仕事をした、あるいは彼が一緒に仕事をすることを熱望したプロデューサーたちのビジョンを通じて、マイケルが残した音を誇りを持って世に送り出します。私たちはこの音楽を世に送り出すことを大変誇りに思い、かつ光栄に感じています」。

アルバムタイトルはマイケルのネーミングのプロセスを守ったものです。彼はいつも、プロジェクトの名となる曲をアルバムから選び、そして「THRILLER」以降はタイトルを1語とし、どのアルバムにも最先端のクォリティを与えてきました。これは、今回の新しいプロジェクトにも当てはまります。作詞作曲とプロデュースをマイケル・ジャクソンとロドニー・ジャーキンスが手掛けた「XSCAPE」は、マイケルとともにこの曲をスタジオで録音したプロデューサーによって「現代風にされた」アルバムの中の一曲であるという点で大変意味のあるものです。

マイケル・ジャクソン・エステートの共同遺言執行人ジョン・ブランカとジョン・マクレーンはこう述べています。「マイケルはいつも最先端でした。そして絶えず新しいプロデューサーを探し、新しいサウンドを求めていました。彼は常に時代を捉えており、最先端でした。これらの曲は、あらゆる意味で、そのスピリットを捉えています。L.A.リードのビジョンには感謝しています」。

XSCAPEは、世界で最も英雄的かつベストセラーのアーティストの一人というばかりではなく、その芸術性を見出した新しい世代をも引き付けるマイケル・ジャクソンの多数のファンをワクワクさせるエキサイティングな音楽のコレクションで、長く待たれていたものです。XSCAPEのリリースに合せ、エピック/ソニー・レコードは、史上空前のキャンペーンを、One Sonyの下、ソニー・コーポレーション、ソニー・モバイル・コミュニケーションズ、ソニー・ネットワーク・エンタテインメント・インターナショナルとともに行い、ソニーの強みと販売力をすべて動員します。

「マイケルは大きなソニー・ファミリーの大事なメンバーでした」とソニー・コーポレーションの平井一夫社長は述べています。「1979年の『Off The Wall』の発売に始まり、ソニー・ミュージック・エンタテインメントは全てのマイケルの音源を発売してきました。私たちは、マイケルの最新のレガシーを讃え、私たちの製品とサービスを用いたこれからの構想を通じてファンの皆さんに特別な経験をお届けするために、One Sonyとして協力してゆくことを大変楽しみにし、また光栄に感じております」。

マイケル・ジャクソンのニューアルバムについての詳細は今後発表してまいります。最新情報は、www.michaeljackson.comまで。

140331_xscape_cover.jpg

XSCAPE
LONG AWAITED NEW MUSIC FROM MICHAEL JACKSON

OUT ON EPIC RECORDS MAY 13

EPIC CHIEF L.A. REID TEAMS UP WITH TOP PRODUCERS TO “CONTEMPORIZE” SONGS FROM ICONIC ARTIST’S
ARCHIVE


March 31, 2014 — New York, NY — On May 13, Epic Records, in conjunction with the Estate of Michael Jackson, will release XSCAPE, an album of new music by the internationally beloved music icon and King of Pop, Michael Jackson. The project features eight new tracks, which the world will be hearing for the very first time on the new album. For the ultimate fan experience, XSCAPE will also be available in a Deluxe Edition, which includes all of the sourced Michael Jackson recordings in their original form. The XSCAPE standard and Deluxe Editions are available for pre-order beginning April 1 on iTunes.com/MichaelJackson and elsewhere, and available at all retailers worldwide on May 13.

XSCAPE is executive produced by Epic Records Chairman and CEO L.A. Reid, who, after an initial mining of Jackson’s archives by the Estate, was granted unlimited access to the treasures representing four decades of material on which Jackson had completed his vocals.

Reid curated the final list of recordings to deliver to the producers, who retooled the production to add a fresh, contemporary sound that retains Jackson’s essence and integrity. It’s a process Reid calls “contemporizing.” The album’s lead producer, Timbaland was one of a handful of producers Reid believed had the gravitas, depth and range to creatively engage with Jackson’s work. Additional producers include global hitmakers Rodney Jerkins, Stargate, Jerome “Jroc” Harmon and John McClain.

“Modern music and artistry would look and sound completely different if not for the groundbreaking contributions Michael Jackson gifted to the world,” remarked L.A. Reid. “Michael left behind some musical performances that we take great pride in presenting through the vision of music producers that he either worked directly with or expressed strong desire to work with. We are extremely proud and honored to present this music to the world.”

The title of this album honors Michael’s album naming process. He always chose a song from the album to name his projects and, beginning with THRILLER, used only one word titles, each with an edgy quality to them. This is true of the new project. Written by Michael Jackson and Jerkins, and produced by Jackson and Jerkins, “Xscape” has further significance in that it is the one track on the album that was ‘contemporized’ by the producer who recorded it originally in the studio with Michael.

John Branca and John McClain, co-executors of the Estate of Michael Jackson said, “Michael was always on the cutting edge and was constantly reaching out to new producers, looking for new sounds. He was always relevant and current. These tracks, in many ways, capture that spirit. We thank L.A. Reid for his vision.”

XSCAPE is a long awaited collection of exciting new music that will thrill the legions of fans of one of the world’s most revered and best-selling artists, as well as attract a whole new generation discovering his artistry for the first time. In conjunction with the release of XSCAPE, Epic / Sony Music will launch an unprecedented global campaign with the One Sony sister companies, Sony Corporation, Sony Mobile Communications, and Sony Network Entertainment International drawing from all of Sony’s strengths and consumer reach.

"Michael has long been a treasured member of the larger Sony family," said Kazuo Hirai, President and CEO, Sony Corporation. "Starting with the release of ‘Off The Wall’ in 1979, Sony Music Entertainment has since released all of Michael’s recordings. We are thrilled and privileged to be collaborating as One Sony to celebrate Michael’s latest legacy, and bringing his fans an exclusive experience through our upcoming initiatives with our products and services."

More news about Michael Jackson’s upcoming album will be revealed in the coming weeks. Keep visiting www.michaeljackson.com for new details.

ソース:michaeljackson.com

インタビュー: XSCAPEのカバーのデザイナー

MJWNは、マイケル・ジャクソンのニューアルバム「XSCAPE」のアートワーク・クリエイターのマット・メイトランドに話を聞く機会を得た。メイトランドはロンドンのデザインスタジオ、ビッグ・アクティブのクリエイティブ・ディレクターである。彼は今回のプロジェクトの背景や、着想について、そして制作過程について語ってくれた。

アルバム「XSCAPE」の制作に加わったいきさつを教えてください。
僕がMJの大ファンだということが噂になってるらしいね!僕たち(ビッグ・アクティブ)はソニーから連絡をもらったんだ。

「XSCAPE」用にはどのくらいのデザインの候補があったのですか?
10種類のカバーを作ったよ。

このアートワークはどのようにして作られたのでしょうか?写真が元になっているのですか?
マイケル・ジャクソン・エステートから渡された一枚の写真が元になってるんだ。最近のマイケルのイメージだけど、それをベースとして部分的に使ったんだ。

デザインのプロセスで、これは成し遂げたいと思ったことはありましたか?
アルバムカバーは新しいマイケルのアルバムと感じられること。今の彼ならこう作ったと感じられること。これがみんな(僕も含めて)にとって重要だ。懐古的なイメージが一見ベストに見えるかもしれないけど。僕はMJのマジックとパワーを捉えたかった。そして弱さも。

「XSCAPE」のアートワークはどこから着想したのですか?
音楽に絶えず新しい血を注ぎ込んでいたアーティストとしての、今のマイケル、マイケルの本質を蘇らせたかった。それからMJの不思議な、未来的な側面にも焦点を当てたかったんだ。トリビュートでもあるけど、今日でも刺激を与え続け、他にはない音楽の創造的可能性を提示し続ける一人の男、というものを考えさせるようなものであったらいいなと思ってるんだ。あと、これも言いたかった。マイケルはいつもそばにいる。僕たちの宇宙に、地球に。

MJファン歴はどのくらいですか?
30年さ。

マイケルのアルバムの中で好きなカバーはどれですか?
「Dangerous」だね。世間から認識され、いろいろ言われていたイメージだからさ。マイケル自身が作ったイメージでもある。良くも悪くもね。「BAD」の最後の曲「Leave Me Alone」のテーマがそのまま続いているという感じ。「Dangerous」はその次のアルバムだ。とても凝ったデザインだね。シンプルなCDカバーの時代にはちょっと異質だよ(あの目が見る人を捉えて離さないけど)。それに、マイケルのビジョンに忠実だというのも気に入っているところなんだ。「BAD」(や「Invincible」)と違って、レコード会社が彼の好きなイメージを使わせていたからね。目に話を戻すけど、「XSCAPE」用に作ったカバーにはこの目というやつが大きく影響しているんだ・・・人を引き付ける眼差し、僕らをいつも見ているんだ。

あなたの作品を世界中の多くの人持つこと、またあなたの作品が今後ポップの歴史の一部となる、ということについてどう思いますか?
マイケル・ジャクソンのためにジャケットを作るっていうのはずっと夢だったから、それを依頼されたことは光栄に思っているよ。ファンでなかったとしても素晴らしいことだっただろうから、大ファンとしては、もっと特別なことだね。ファンのみんながこのカバーを気に入ってくれたらうれしいな。アルバムを聴かせてもらったけど、素晴らしいよ!


■Exclusive Interview With Xscape Artwork Designer
MJWN has had the opportunity to speak with the 42 year old London designer Mat Maitland, the creator of the brand new artwork for the upcoming Michael Jackson album ‘Xscape’ and the Creative Director for Big Active Design. He tells us the background to the project, his inspirations and how it was made.

How did it come about that you worked on the ‘Xscape’ album?
Word must have got out that I was a huge MJ fan! We (Big Active, design co) were approached by Sony.

How many designs did you create for ‘Xscape’?
I created about 10 cover ideas.

How was the artwork made? Was it based on a photo?
It’s based on a photograph given to me by The Michael Jackson Estate; it’s a fairly recent image of Michael but like I say, it’s based on that image and uses parts of it.

Was there anything in the design process that you particularly wanted to achieve?
It was really important to everyone (including myself) that the cover felt like a new Michael album, something he might have done today, rather than a retrospective image that may have looked like a best of. I really wanted to capture the magic and power of MJ but also his vulnerability.

Where did you draw inspiration from for the ‘Xscape’ artwork?
I wanted to evoke a contemporary and quintessential incarnation of Michael as an artist who constantly injected new blood into his music and also to focus on both the intriguing and futuristic aspects of MJ. As well as being a tribute, I hope that it will inspire reflection on a man who continues to stimulate and offer unique creative musical possibilities to so many today. I also tried to say that Michael is all around us, in our universe and beyond, on earth and in outer space.

How long have you been an MJ fan for?
30 years.

What’s your favourite album cover from Michael’s back catalogue?
‘Dangerous’ because it was such a knowing image that acknowledged and commented on the world Michael had created for himself, good and bad. It kind of carried on the theme of the ‘Leave Me Alone’ video as that was the last track on ‘Bad’ and then this was the album after that. It has so much detail in it which was unusual in the times of simple CD covers (although the eyes held your attention). Also, I like that it was true to Michael’s vision whereas on ‘Bad’ (and ‘Invincible’) the label stopped him from using the images he wanted. Actually, coming back to the eyes, this was a big influence on the cover I created for ‘Xscape’ – the magnetic stare, always looking at us.

How does it feel that your artwork is about to be owned by millions of people around the world and will be a part of iconic pop history for years to come?
It’s been a lifelong dream to create a sleeve for Michael Jackson and I feel honoured to be asked to do it. Even if I wasn’t a fan it would have been amazing but as a huge fan it makes it even more special. I hope that the fans like the cover. I’ve heard the album and it’s really amazing!

Source: MJWN with special thanks to Mat

MJはメイク・ア・ウィッシュ・ウィスコンシンの最初の願い事だった

メイク・ア・ウィッシュ・ウィスコンシンは、メイク・ア・ウィッシュ財団の全米61支部の一つである。同財団は全米中で夢をかなえようと活動している。

最初はティナ・シャーフの夢だった。彼女が6歳の時、医師は脳腫瘍だと診断した。1984年、ティナが11歳の時、彼女が何より望んでいたことは、マイケル・ジャクソンに会うことだった。

メイク・ア・ウィッシュがそれを実現した。メイク・ア・ウィッシュ・ウィスコンシンがかなえた夢であった。1984年、メイク・ア・ウィッシュ・ウィスコンシンはティナをニュー・ジャージーまで連れていってマイケル・ジャクソンの会わせ、そして彼のコンサートを見せた。それから30年。願うことが物事を変えるというパワーを全米中の5000家族が経験した。医師たちはティナの余命は数年と診断したが、彼女は今も元気で、あの特別な出来事を覚えている。

「私は彼が好きだった。彼はかわいいと思った」とティナは振り返っている。

パティ・ゴースキーは同財団の理事長を15年間務めている。

「実は草創期には、理事会は願い事に費用の負担をお願いしていたんです。今ではそんなことはありません」とパティ・ゴースキーは声を大にして述べた。

パティ・ゴースキーは強く願う事が持つ魔法を信じている。「それは波及効果があるんです。メイク・ア・ウィッシュの活動はこのことに尽きます。それは子供のため、その子供の家族のためのものです。でも一方で、子供やその家族のために魔法の力を作り出そうと集まった人たちのコミュニティーがあるんですよ」。

30年後、メイク・ア・ウィッシュ・ウィスコンシンは500万ドルの予算、州の事務所が3か所、訓練を受けたボランティア500人を擁している。だがまだ十分ではない。

「昨年かなえることができたのは340件にすぎません。今年も500人以上の子供たちが命にかかわる状態だと診断されるでしょう・・・だからまだ道のりは長いんです」とゴースキーは語る。

行きたいと思っていた特別な場所に連れて行く、欲しがっていたものを与える、なりたいと思っていたものにならせる、そしてティナのように、会いたいと思っていた人に会わせる。ここ何年にもわたって、同財団は5000もの願いをかなえてきた。

「メイク・ア・ウィッシュ財団がすることは一つです。願いをかなえるということです。シンプルなようですが、願い事をかなえるということは実際にはとても複雑で、多くの手助けや寛大な心、寛大な財布が必要なのです。ものごとを実現するために」。

そのものごととは単にスタート地点に過ぎない。ティナとティナの母親に聞いてみよう。

「彼女が深く欲しがっていたもの手に入れるチャンスをくれたのです。痛みや化学療法、放射療法など彼女が受けていたことすべてを忘れるチャンスをくれたのです」とティナの母親は説明してくれた。

メイク・ア・ウィッシュ・ウィスコンシンの事業についてはウェブサイトを参照のこと。

Catina_84_200x150.jpg

■MJ Was First ‘Make-a-Wish’ In Wisconsin

‘Make-a-Wish Wisconsin’ is one of 61 chapters in the U.S. It’s constantly working to make dreams come true across the state.

The first dream was for Tina Scharf. Doctors diagnosed her with a brain tumour at age 6. In 1984, when Tina was 11 years old, more than anything she wanted to meet Michael Jackson.

Make-a-Wish made it happen. It was the first wish ever granted by Make-a-Wish Wisconsin. In 1984, Make-A-Wish® Wisconsin sent Catina to New Jersey to meet Michael and see him in concert. Thirty years later, nearly 5,000 families across the state have experienced the transformative power of a wish. Doctors had only given Tina a few years to live, but she is here today to remember that special event.

Tina recalls, “I liked him. I thought he was cute.”

Patti Gorsky has been the Foundation President for 15 years.

“In the early days in fact, the board of directors used to put wishes and the expenses for those wishes on their credit cards. We don’t do that today,” she exclaims.

Patti believes in the magic of a wish. ”It’s just a ripple effect. That’s what Make-a-Wish is all about. It is for that child and his or her family, but then there is whole communities of people that gather around to really make magic for the kids and their families.”

30 years later, Make-a-Wish Wisconsin has a $5 million budget, three state offices, and 500 trained volunteers. It’s still not enough.

“We granted 340 wishes alone last year, and more than 500 children this year will be diagnosed with a life threatening medical condition … So we’ve got a ways to go,” Gorsky admits.

Over the years, the foundation has granted 5,000 wishes, by taking kids to a special place they’ve always wanted to go, giving them something they’ve always wanted, letting them be someone they’ve always wanted to be, or like Tina, by meeting someone they’ve always wanted to meet.

“Make-a-Wish does one thing. We grant wishes, and it seems very simple, but actually the execution of a wish is very complicated and takes many many hands and open hearts and open wallets to be able to make stuff happen,” Gorsky says.

That stuff is just the start. Just ask Tina and her mom.

“It gave her a chance to have something she wanted very deeply, and forget about the pain, and the chemo and the radiation and all the things she was going through,” Tina’s mom explains.”

To learn more about the work of ‘Make A Wish Wisconsin,’ please visit their website.

Source: 620wemj.com & MJWN

フランキー・ナックルズ逝去

ハウスミュージックのゴッドファーザーとして知られるフランキー・ナックルズが亡くなった。59歳だった。

フランキー・ナックルズは90年代にマイケル・ジャクソンの多くの曲のリミックスを担当し、しばしばそれらはシングルのB面に収録された。「Scream」や「You Are Not Alone」、「Rock With You」などがそれだ。「Rock With You」のリミックスは、おそらく最も有名なマイケルのディスコ・トラックのリミックスである。1997年にはグラミー賞で最優秀リミクサー賞を受賞している。

フランキー・ナックルズによる「Rock With You」のリミックスはこれだ:



■MJ Remixer Frankie Knuckles Dies

Frankie Knuckles, known as the Godfather of House Music, has died aged 59.

During the 1990s Frankie remixed many tunes by Michael Jackson, which were often released as B-Sides to his singles. These included remixes of ‘Scream’, ‘You Are Not Alone’ and ’Rock With You’. The latter is perhaps the most famous remix of Michael’s disco track. In 1997 he won a grammy for Best Remixer of the year.

Listen to his remix of ‘Rock With You’ below:

Source: MJWN

MJとビヨンセ、ジェイ・Zとの共通点とは?

1979年のソロキャリアのスタート以来、マイケル・ジャクソンは何億枚ものレコードを売ってきた。これらのスタジオアルバムのジャケットと世界でのセールス推定値はこちらを参照。

エピック・レコードは、キング・オブ・ポップによる新たな素材からなるニューアルバム「Xscape」を5月13日に発売すると発表した。マイケル・ジャクソンの亡き後の財産はさらに増えることとなるだろう。

エピック・レコードの会長のアントニオ・"L.A."・リードは、マイケル・ジャクソンの音楽アーカイブを無制限に試聴することをエステートから許可された。そしてこの「Xscape」が誕生した。リードは、マイケルがボーカルをレコーディングしていた8曲を選び、ティンバランドが率いるプロデューサー・チームにこれを託した。そしてプロデューサー・チームの作業が加わり、その結果、リードによれば、マイケルが遺したものとして相応しいものとなったという。

リードは声明でこう述べている。
「マイケルは音を残してくれました。私たちは、彼と直接仕事をした、あるいは彼が一緒に仕事をすることを熱望したプロデューサーたちのビジョンを通じて、マイケルが残した音を誇りを持って世に送り出します。私たちはこの音楽を世に送り出すことを大変誇りに思い、かつ光栄に感じています」。

マイケル・ジャクソン・エステートは、
「マイケルはいつも最先端でした。そして絶えず新しいプロデューサーを探し、新しいサウンドを求めていました。彼は常に時代を捉えており、最先端でした。これらの曲は、あらゆる意味で、そのスピリットを捉えています。L.A.リードのビジョンには感謝しています」との声明を発表している。

発売6週間前のアナウンスまで一切情報を出さなかったという「Xscape」の販売戦略は、アルバム発表の形としては最先端へとマイケルを押し出した格好となっている。この手法はビヨンセやジェイ・Zのものと共通点がある。

この二人のスーパースターの場合では、発表から発売までの時間はもっと短かった。ジェイ・Zの場合は3週間、ビヨンセの例では、発表と発売が同時であった。だが、50セントやコールドプレイ(発売2ヶ月以上前に発表)といった大物の最近のアルバム・リリースと比較すると、ジャクソンの6週間というのは短い方だ。

マイケル・ジャクソンの広報担当だったスーザン・ブロンドは、キング・オブ・ポップのアルバム発売前の3~4か月前に開始される広告キャンペーンを企画していたという。

悲しいかなマイケルのケースでは、亡くなっているということで短い準備期間というのは成立しやすい。ツアーや公の場への登場などの企画を行う必要がないからだ。これは生きているアーティストの場合も同様であるが、ソーシャルメディアの登場が長い準備期間を不要としているということもある。マイケルのフェイスブックの7000万"いいね"は、情報発信の道具としては他に負けないものだ。

「レコード会社が唯一やらなければならないことは情報を発信することです。そうすればレコードは勝手に売れるんですよ」と、ジャクソンズの代理にを務めていたこともあるベテラン芸能弁護士のオーウェン・スローンは言う。「ソーシャル・ネットワークが情報発信のカギになっていますから。そして現在の情報発信は瞬時です。長いリードタイムなどは不要なんですよ」。

他のアーティストはビヨンセやジェイ・Z、そしてマイケルの後を追うだろうか?もっとも最近ではキッド・カディやスクリレックスの例があるが、結果はまちまちだ。あるメジャーレーベルの幹部の一人によれば、「この手のイベントをやれるアーティストは世界でも10人くらいかもしれません」。

(悲しいことではあるが)天国からですら、マイケルはこのグループに加わっている。

■What MJ, Beyonce & Jay Z Have In Common

Since his adult solo career began in earnest in 1979, Michael Jackson has sold hundreds of millions of records. Click through for a look at the cover of each studio album, in chronological order, paired with worldwide sales estimates here.

Michael Jackson’s postmortem fortunes got another boost this week with the announcement that Epic Records will release ‘Xscape,’ an album of all-new material by the King of Pop, on May 13th.

‘Xscape’ came together after Michael’s estate granted Epic chief Antonio “L.A.” Reid unlimited access to the singer’s musical archives. Reid selected eight tracks on which Michael had already recorded vocals and passed them along to a team of producers led by Timbaland, who then made additional sonic contributions. The result, according to Reid, is something worthy of Michael’s legacy.

“Michael left behind some musical performances that we take great pride in presenting through the vision of music producers that he either worked directly with or expressed strong desire to work with,” said Reid in a statement. “We are extremely proud and honored to present this music to the world.”

The Estate of Michael Jackson added,

“Michael was always on the cutting edge and was constantly reaching out to new producers, looking for new sounds,” added John Branca and John McClain, co-executors of Jackson’s estate. “He was always relevant and current. These tracks, in many ways, capture that spirit. We thank L.A. Reid for his vision.”

With the release strategy for ‘Xscape’ – radio silence up until an announcement just six weeks before launch - Michael also finds himself on the cutting edge of album rollout planning. The approach isn’t entirely different from the likes of Beyoncé and Jay Z.

True, those two superstars left even less time between the announcements and launches of their albums. For Jay Z, it was about three weeks; for Beyoncé, the events occurred simultaneously. But even Jackson’s six-week window is a short one compared to other recent releases by big acts like 50 Cent and Coldplay, both of whom announced their albums more than two months in advance.

Michael’s former publicist, Susan Blond, remembers putting together album publicity campaigns that began three to four months before the King of Pop’s releases.

Sadly in Michael’s case, with a departed act, a short runway can be much easier to negotiate. There are no tours or publicity appearances to organize. And as with living acts, the advent of social media has rendered a lengthy lead up unnecessary. With over 70 million likes on Facebook, Michael is as well-equipped as any to spread the word.

“The only thing the record company needs to do is get the word out and the record will sell itself,” says veteran entertainment attorney Owen Sloane, who once represented the Jacksons. “Since social networking is the key to getting the word out, and that happens instantaneously today, long lead times are not necessary.”

Will other artists follow the lead of Beyoncé, Jay Z and, now, Michael? A few have, most recently Kid Cudi and Skrillex, with mixed results. As one major label president recently said: “This kind of event is the territory for maybe 10 artists in the world.”

(Sadly,) even from beyond the grave, Michael is clearly part of that group.

Source: Forbes, Zack O’Malley & MJWN

マジック・ジョンソンは「あの時を覚えている(remembers the time)」

アーヴィン・"マジック"・ジョンソンJrは元プロ・バスケットボール選手で、NBAのロサンゼルス・レイカーズのポイント・ガードとして13シーズンにわたって活躍した。

彼はショートフィルム「Remember The Time」でマイケル・ジャクソンと共演した。同曲は、アルバム「Dangerous」からのセカンド・シングルである。このショートフィルムは古代エジプトが舞台となった。主役のマイケルはフードをかぶった魔法使い。一方マジックはファラオの神殿の衛兵の一人を演じた。9分間のこのフィルムはジョン・シングルトンが監督を務めた。

ここでは、マジック・ジョンソンがショートフィルム「Remember The Time」でマイケルと共演したことについて語っている。

彼は、「Remember The Time」でマイケルと演じたことはよい思い出だと述べている。

「あのビデオはおかしかったね・・・・マイケル・ジャクソンは細かいことまで気を使い、こだわりが強いやつだ。最高にプロフェッショナルで、誰もが彼と仕事をしたがるんじゃないかな。彼は、スタッフたちが何をすることになっていたか、まだ終わっていないことは何かを全部把握していたよ。天才だったね。彼は素晴らしかったよ!!」



このインタビューでは他にも、ジャクソンズの「Victory Tour」でマイケルと兄弟たちと一緒にいたことも明かしている。白いバンに隠れていた様子や、ファンたちが全く気がついていなかった様子について語った。彼によれば、マイケルは枕投げが大好きだったという。

■Magic Johnson ‘Remembers The Time!’

Earvin “Magic” Johnson, Jr. is a retired American professional basketball player who played point guard for the Los Angeles Lakers of the National Basketball Association for 13 seasons.

He worked with Michael, on the short film for ‘Remember The Time,’ which was the second single released from Michael’s ‘Dangerous’ album. The short film was set in ancient Egypt; Michael played the hero, a hooded wizard and Magic took the part of a guard in the Pharaoh’s palace!! The nine minute film was directed by John Singleton.

Here, Magic Johnson talks about working with Michael on the short film for ‘Remember the Time.’

He explains that he has good memories of acting with Michael on ‘Remember The Time,’ he says,

“That video was so funny ….. Michael Jackson is the most detailed orientated cat, most professional dude that you would ever want to work with. He knew what everybody was supposed to be doing and still doing his thing, he was a genius, he was amazing!!”

During the interview he also reveals that he accompanied Michael and his brothers on The Jackson’s ‘Victory Tour,’ and how they would hide out in the tour’s white vans and fans wouldn’t realise they were all inside. He says that Michael used to love pillow fights!!!!!

Source: Access Hollywood & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ