スティーブン・ラッセルが「Rock With You」をカバー

歌手であり作曲家、そして数々のホットなタレント達のプロデューサーを務め、またマルチプラチナ・ディスクを獲得したR&BグループTROOP(Total Respect Of Other People)のリードボーカリストでもあるスティーブン・ラッセルがマイケル・ジャクソンの「Rock With You」の素晴らしいカバーをレコーディングした。彼自身の会社The Motel Media Musicの制作の最初のソロアルバム「So Random」から、それはマイケルの偉大な楽曲の中の一曲についての数多くのカバーの中でも、マイケル自身に次ぐ最高の一つに違いない。

TROOPの曲は80年代後半から90年代にかけていたるところで流れていた。ラジオをつければ必ず耳に入ってきた。ソウルトレインやアーセニオ・ホール・ショーといった今や伝説となった番組に出演してTROOPは大成功を収めた。1989年には、アトランティック・レコードからジャクソン・ファイヴのカバー「All I Do Is Think Of You」をリリースしており、これはビルボードのR&Bチャートのトップとなった。

25年にわたる音楽活動の中で、スティーブンは、アレサ・フランクリンやビヨンセ、ブライアン・マックナイト、ジャスティン・ティンバーレイクなど、多くのアーティストのプロジェクトに参加した。そしてライター、プロデューサーとして、キース・スウェットやマリオ、B2K、クリス・ブラウン、タイリース、モニカ、チャールズ・ウィルソンなどに楽曲を提供している。クリス・ブラウンについては、プラチナ・ヒットのCD「Exclusive」の「Take You Down」、「Help Me」、「Get At Cha」の3曲に貢献している。2009年には、ジェニファー・ハドソンの「Invisible」でグラミー賞を受賞し、この年の最大のヒット曲の一つ、ジョーダン・スパークスとクリス・ブラウンの「No-Air」を共作している。2012年にはクリス・ブラウンの「Fame」でグラミー賞を受賞した。だがこれにとどまることはない。数多くの映画のサウンドトラックのプロデュースも行っているからだ。「シュレック」や「カンフー・パンダ」、「シャーク・テイル」、そして「ドリーム・ガール」に至っては全62曲を手掛けている。

彼は、現在の彼に一番影響を与え、インスピレーションとなっているのはマイケル・ジャクソンだと何度も発言している。彼のマイケルへの愛は2012年のソウルトレインでのインタビューで明らかだ。どのようにしてこの世界へ入ったのかと尋ねられ、彼はこう答えている。「パサデナの空軍基地をうろついていたんだ。12歳くらいだったね。マイケル・ジャクソンの歌を歌っていたんだよ」。

マイケル・ジャクソンと会ったり仕事をしたりするチャンスはあったかと聞かれ、彼はこう述べている。

「ああ、2001年にマイケル・ジャクソンと会ったよ。9.11の直後だった。ニューヨークへ行った時に会ったんだ。僕はB2Kと仕事をしていて、『Why I Love You』や『Gots Ta Be』を作っていたんだ。僕は友人とオフィスにいたんだけど、その友人は当時レーベルを運営していたんだ。で、彼のボスがマイケル・ジャクソンをその部屋に連れてきたのさ。僕は『え?なに???』みたいな感じだったよ(笑)。その時部屋には4人いたんだけど、彼が入ってくると、みんな小さな女の子みたいにおとなしくしていたよ(笑)。彼は小柄な感じで、いい人だった。謙虚な感じでね。お高くとまって歩き回るという感じでは全くなかったね。つまり、地球上で一番ビッグな野郎だっていうのにとても謙虚でソフトな話し方なんだ。本当にカッコよかったね。握手できてうれしかったよ。彼が離させようとするまで彼の手を握りっぱなしだったよ(笑)。くそっ、あのマイクがここに!マイケル・ジャクソンは僕の全てだったんだ。我が人生最高の日、だったな!」

自分のキャリアの最高の瞬間はと聞かれ、ツアーに出ていることとリハーサルをすることだと答え、次のようにソウルトレインからの質問を締めくくった。「マイケル・ジャクソンと会ったことは僕にとってそれと同じくらいだよ」。

マイケルは、TROOPの「All I Do Is Think Of You」のカバーに最大限の賛辞を贈っていた。もし彼が生きていたら、スティーブンの「Rock With You」も同じように褒めたに違いない。マイケルの曲をカバーするのは簡単ではないが、スティーブンは立派にやってのけたのだ。

スティーブン・ラッセルの「Rock With You」はこちら。



TROOPの「All I Do Is Think Of You」のカバーはこちら。



スティーブン・ラッセルと彼の「Rock With You」についての詳細はこちら


■Steven Russell Covers ‘Rock With You’

Steven Russell an award winning performer, writer, and producer for some of today’s hottest talents and co-lead vocalist of the multi-platinum R&B group sensation TROOP or (Total Respect Of Other People,) has recorded an amazing cover of Michael’s ‘Rock With You.’ Under his own production company, The Motel Media Music, and from his first solo album ‘So Random,’ which has got to be one of the best covers of one of Michael’s greatest songs, after Michael himself.

TROOP’s music was everywhere in the late 80’s and 90’s. When you turned on a radio station you were bound to hear one of their songs. Appearing on legendary shows such as ‘Soul Train’ and ‘The Arsenio Hall Show,’ to name just a couple, the group made it “Big Time.” In 1989 they even released a cover of The Jackson 5’s ‘All I Do Is Think Of You’ on Atlantic Records, which they took right up to Number One on the US R&B Billboard Charts.

Over the last 25 years working in the music industry, Steven has worked on projects for many artists such as Aretha Franklin, Beyonce, Brian McKnight and Justin Timberlake. He has written and produced hit songs for the likes of Keith Sweat, Mario, B2K, Chris Brown, Tyrese, Monica and Charles Wilson, to name just a few. He contributed three hits to Chris Brown’s platinum CD ‘Exclusive,’ including ‘Take You Down,’ ‘Help Me,’ and ‘Get At Cha.’ In 2009 he was awarded a Grammy for Jennifer Hudson’s ‘Invisible,’ and co-wrote one of that year’s biggest hit songs, Jordin Spark’s and Chris Brown’s ‘No-Air.’ In 2012 Steven received a Grammy for Chris Brown’s ‘Fame.’ It doesn’t stop there as Steven has also produced music for numerous motion picture soundtracks. Among them are ‘Shrek,’ Kung Fu Panda, Shark Tale, and all 62 songs on the ‘Dream Girls’ soundtrack.

He has stated many times that his biggest influence and inspiration to get him where he is now was Michael Jackson. His love for Michael is evident in an interview with ‘Soul Train’ from 2012. When asked by them on how he started, he replied, “I used to go around Pasadena to Air Force bases when I was like 12 years old, performing Michael Jackson songs.”

On the question by ‘Soul Train’ if he ever got the chance to meet Michael Jackson or work with him, he states,

“Yes, I met Michael Jackson in 2001; It was right after 9/11. I met him on my trip to New York. I was working with the group B2K and I had produced the songs ‘Why I Love You’ and ‘Gots Ta Be.’ I was in the office with a good friend of mine who was running the label at the time, and his boss brought Michael Jackson into the room, and I was like ‘WHAT?!!!’ (laughs). There were four guys in the room at the time and all got quiet like little girls (laughs) when he walked in. He was so petite, so nice, so humble, and not at all walking around all cocky like. I mean this dude is the biggest guy on the planet, and so humble, soft spoken, real cool. I was so happy when I shook his hand. I held his hand for as long as he would let me (laughs). Shoot, that’s Mike right there! Michael Jackson was my everything. It was one of the best days of my life!”



Asked what has been the number one highlight in his career so far, he replies that being on tour and rehearsing were highlights and ends that answer to ‘Soul Train’ with, “ Meeting Michael Jackson was the same level as that for me also.”

Michael gave TROOP great praise at the time for their ‘All I Do Is Think Of You’ cover and I am sure that if he was here he would have done the same to Steven’s awesome cover of ‘Rock With You.’ It isn’t easy to do a cover of one of Michael’s songs, but Steven certainly does it justice.

Listen to Steven Russell’s Great cover of Michael’s ‘Rock With You’ here.

Take a look at TROOP’S cover of ‘All I Do Is Think Of You’ and what got them to Number One here.

For more info on Steven Russell and where you can purchase his cover of ‘Rock With You’ from his ‘So Random’ album click here and go to the ‘Gallery’ and ‘Store’ tab.

Source: Paula Katsikas & MJWN

3T、叔父マイケルへ感謝

3Tが、イギリスのテレビ番組「The Big Reunion」のあるエピソードで、彼らの母親が亡くなった後、父ティト・ジャクソンと叔父マイケルが励ましてくれたことへの感謝の意を表している。

「The Big Reunion」の感情あふれるエピソードの中で、タジ、タリル、TJの3人は、1994年に母親のディー・ディー・ジャクソンが殺害された後、ティトとマイケルが手助けしてくれたと認めている。

TJは、
「病室へ行くと、ドクターがやってきて、母が亡くなった僕らに告げた。それで僕の人生は変わった。先に進むようにと元気づけてくれたのは、叔父と父でした」と語った。

タリルがこう付け加える。「彼(マイケル)は僕らを奮い立たせてくれた。最善の道は、母を自慢に思うことだと言ってくれたんだ」。

さらに3人は、もっと早くバンドを結成できたはずだったが、マイケルが彼らに子供時代を楽しんでほしいと願ったのだと述べた。

タジはこう述べている。「僕たちに目をつけていたメジャーなレーベルがあったんだけど、マイケル叔父さんは、まだ僕たちにデビューしてほしくなかったんだ。子供時代を楽しんでほしかったんだよ。

マイケル叔父さんはそばにいて僕らを助けてくれていた。でも、それは大きな節目だった。アルバム・デビューして、僕たち3人を大々的に発表するチャンスは一度しかないとわかっていたんだ」。

マイケルは3Tのヒット曲「Why?」でパフォーマンスをしている。

マイケルがソニー・ミュージック・エンターテインメントの社長トミー・モトーラと衝突した際、3Tは悩んだ。その衝突は、彼らにとって問題となったのだ。彼らは叔父と同じレーベルと契約していたのである。

結局3Tはレーベルを変えざるを得ず、彼らのアルバムは一からやり直しとなってひどく落ち込んだ。

タリルはこう語る。「僕らは自分たちのアルバムを持っていくことはできなかった。ハードに仕事をして、なんでもできて、そして罠にはまったような感じ、というのは最悪だよ。僕たちは何も悪いことはしていない・・・僕たちは僕たちなんだ」。

3Tの話は、叔父マイケルが亡くなった後の状況について及んだ。そして、幼いころマイケルがそうしてくれたように、自分たちがマイケルの子供たちの面倒を見る「責任」を感じたと明かした。

こうして、TJは今では、マイケルの子供たち、プリンス(17)、パリス(15)、ブランケット(12)の共同後見人となっている。

■3T Pay Tribute To Uncle Michael

3T have paid tribute to their father Tito Jackson and late Uncle Michael for helping them to keep going after their mother’s death in an emotional episode of ‘The Big Reunion.’

In an emotional episode of ‘The Big Reunion,’ the group, Taj, Taryll and TJ Jackson, admitted the pair were instrument in helping them following their mother Dee Dee Jackson’s murder in August 1994.

TJ said,

“I remember going into a room at the hospital and a doctor came in and gave us the news that our mother was no longer with us. It changed my life. It was our uncle and our father who inspired us to continue forward.”

Taryll added, “He [Michael] kept us driven and said the best way to cope was to make her proud.”

The group also explained how they could’ve become a band even earlier than they did but Michael wanted the trio to enjoy their childhood.

Taj said, “We had major labels after us. Our uncle didn’t want us to come out at that time, he wanted us to enjoy our childhood.

Our uncle was there to help us at that time but it was a big transition. We understood we only had one chance at a debut album and to make a great statement of us three.”

Michael performed on 3T’s hit ‘Why?’

The group experienced problems when Michael clashed with Sony Music Entertainment’s company chairman Tommy Mottola, which resulted in issues for the boy band as they were signed to the same label as their uncle.

In the end 3T had to change labels and were left devastated when they had to start all over again on their album.

Taryll said, “We couldn’t take our album with us. To work so hard and then be able to do anything and feel trapped is horrible. We didn’t do anything wrong … we are who we are.”

3T also went on to discuss their devastation following the death of their uncle, Michael, and admitted they felt a “responsibility” to look after his children, just as he had looked after them when they were younger.

As a result, TJ is now co-guardian of Michael’s children – Prince Michael, 17, Paris, 15, and 12-year-old Blanket.

Source: The Daily Mail & MJWN

MJのヘビたちが、コロラドに新たな住み家

マイケルが動物好きであり、ヘビも好んでいたことはよく報じられているが、ネバーランドにいた彼のヘビたちが、コロラド州フルータの子供自然センターに新たな住み家を見つけた。

フルータ子供自然センターは温暖な気候のために多くの動物が持ち込まれ、訪問者をも惹きつけている。

「一月は寒いので神経を使っていました。動物たちが持込まれる時には安全を確保したいですからね。動物たちは船で送られてきますが、寒すぎる檻に入れられることがないようにしたいのです。たくさんの動物たちが到着しています」と、同センターのマネージャー、ビー・サリバンは語った。「この2週間、いままで飼育したことがないたくさんの動物がやってきました。とても小さなカエルたちがやってきましたが、カエルが大好きな子供たちがその美しい鮮やかな色を見ようと来てくれています」。

「数週間ほど前にはヘビがやってきました。一部はマイケル・ジャクソンのネバーランドにいたものです。とても人に慣れていて、人と接するのが大好きなんです。このヘビたちを見に来ることは、この地域にとって楽しみとなっています」。

この地域の人々は新しい動物を見ようと同センターを訪れているが、その中には、一日だけ動物園で仕事がしたいと希望する地元の学生も含まれている。

「コロラド・メサ大学の先生たちが大勢やってきています。とても光栄です。先生たちは学生さんを連れてくるんです。今日はそういう学生さんのために10時に開園しました。学生さんたちは、私たちがどうやって動物の世話をしているか、そして一日の仕事として毎日やっていることを見ることができたのです」。

「こういう体験をするには学生たちにとって唯一の機会なのです。生物学専攻の学生たちは、動物園のような場所の見学を希望しています。学生たちはどこかほかの場所へその第一歩を踏み出すための手助けとなる経験をここで積むことができるのです」と、コロラド・メサ大学の生物学の助教エリーク・ハンセン博士は言う。

これから徐々に暖かくなるため、果樹園での受粉でミツバチが担う重要な役割について地域で学ぶためのミツバチが送られてくることになっている。

子供自然センターについての詳細はこちら

snake.jpg

■ MJ’s Snakes Find New Home In Fruita

It is well documented that Michael loved animals, including snakes and some of his Neverland snakes have found a brand new home at a Children’s Nature Center in Fruita, Colorado, USA.

Warmer temperatures have allowed Fruita Children’s Nature Center to bring in more animals, drawing in more visitors.

“In January we were very cautious because of the cold weather, we wanted to make sure that all of the animals were very safe when they came in because they are shipped to us, and we wanted to make sure no one was in a package where it ended up being too cold, so a lot of them have been arriving,” said the Nature Center’s Sunday manager, Bea Sullivan, “within the past two weeks we’ve gotten so many animals in here that we hadn’t had before. The frogs have arrived and they are very small and the little kids they love getting to see the beautiful bright colors that they have.”
“We did get the snakes recently within the past couple of weeks, several of them did come from Michael Jackson’s Neverland Ranch, they are very tame and they like to engage with people, and that is fun for the community to get to see.”

Community members have been stopping by to see the new animals including local students hoping to work in a zoo one day.

“We’ve had lots of professors from CMU stop in, and we’re so glad to have them, they have been bringing students with them. Today we had a 10 o’clock opening just for them, so they could see how we take care of the animals and what we do as our set up every single day,” said Sullivan.

“This is the only opportunity for them to get this type of experience. A lot of biology students want to work in places like zoos and things like that so they are able to get this experience to help them get their foot in the door somewhere else,” said Colorado Mesa University assistant biology professor, Dr. Eriek Hansen.

As the weather continues to get warmer, the Nature Center will be receiving a shipment of honey bees to educate the community about the important role they play in local orchard pollination.

For more information about the Children’s Nature Center click here.

Source: krextv.com & MJWN

アル・パチーノが「ONE」を観劇

伝説の俳優アル・パチーノが、2014年2月4日火曜日に、マンダレイ・ベイで公演中のシルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson ONE」を観劇していた。

急なミーティングのためのラスベガス訪問だったが、「ONE」を見ずに帰ることはできなかったとアル・パチーノは語った。

ガールフレンドのアルゼンチン女優ルチア・ソラとその父親を伴ったアル・パチーノは、ショーのあとでキャストらに会いたいと強く希望し、バックステージへと向った。

「ブラボー!ブラボー!(シルク・ドゥ・ソレイユを見ると)いつも見たことのないものを見せてくれる。今晩見たものも、これまで見たことがないものだったよ!ありがとう!また来るよ!」

al_pacino_one.jpg

■Al Pacino Attends ‘ONE’

Legendary actor of stage and screen Al Pacino attended the early performance of Michael Jackson ‘ONE’ by Cirque du Soleil, at Mandalay Bay on Tuesday, February 4, 2014.

In Vegas for a quick meeting, the Oscar winner said they couldn’t leave town without seeing ‘ONE.’

Accompanied by his beautiful girlfriend, Argentinean actress Lucila Solá, and her father, Pacino insisted on meeting the cast after the show and addressed the group backstage.

“BRAVO! BRAVO! Every time I see [Cirque du Soleil] I see something I’ve never seen before, tonight I saw things I’ve never seen in my life! Thank you! I will come back!”

Source: Vegas News & MJWN, with many thanks to Paula

This Is Itのピアニストがマーレーに法的措置をとると予告!

マイケル・ジャクソンの元ピアニストが、キング・オブ・ポップを死亡させたとして有罪となった医師に対して法的措置をとると脅している。

2009年にロンドンで開幕することになっていたカムバック・コンサートを前に、不幸にもマイケル・ジャクソンは薬物の過剰投与により亡くなった。

この「This Is It」コンサートでピアノをプレイすることになっていたピアニストが、例の医師コンラッド・マーレーに対して法的書簡を送付した。マーレーはマイケル・ジャクソンの死に対して過失致死罪で2年間服役している。

このピアニスト、モリス(モー)・プレジャーは、マーレーの行動がマイケルのバンドの一員としての高額の仕事を奪ったと主張している。TMZは、同医師が最初の法的書簡に対して返答をしなかったことをうけ、彼が法的措置をとることになったと報じている。

2009年、ファン待望のツアー「This Is It」のキーボード担当として、彼はロサンゼルスで行われたマイケル・ジャクソンの追悼式典で演奏した。他の「This Is It」バンドのメンバーらとともに、プレジャーは同名の映画の中に永久にその名を刻まれたが、これは史上最高の売上を記録した音楽ドキュメンタリーとなっている。

プレジャーはこれまで、クリスティーナ・アギレラやマイケルの妹ジャネット・ジャクソンといったスターたちと演奏をしている。

モリス・プレジャーのフェイスブックはこちら

■MJ’s Pianist Warns Legal Action Against Murray!

Michael Jackson’s former pianist has reportedly threatened to take legal
action against the doctor convicted of causing the King of Pop’s death.

Sadly, Michael died of a drug overdose just weeks before he was due to kick
off a series of lucrative comeback concerts in London in 2009.

Now the musician who was due to play piano at Michael’s ‘This Is It’
shows has fired off a legal letter to Conrad Murray, who served almost two
years behind bars on an involuntary manslaughter charge stemming from
Jackson’s death.

Pianist Morris Pleasure claims Murray’s actions robbed him of his lucrative
job as part of Michael’s band, and editors at Tmz.com report he is now set
to pursue a lawsuit against Murray after the medic failed to respond to his
initial legal letter.

In 2009, as keyboardist for Michael’s highly anticipated ‘This Is It’
tour, he performed at the Michael’s memorial concert in Los Angeles. Along
with the rest of the ‘This Is It’ band, Mo is immortalized in the
eponymously titled film, the best-selling musical documentary of all time.

Pleasure has previously performed with stars including Christina Aguilera
and Michael’s sister Janet.

You can follow Morris Pleasure on Facebook!

Source: contactmusic, Mo Pleasure Facebook, Mo Pleasure & MJWN

アカデミー賞のトリビア

ご存じない方のためにアカデミー賞(オスカー)についてのトリビアをご紹介。

オスカーの受賞者は、ある合意書にサインしなければならない。その合意書には、オスカー像を売りたい場合にはまず最初に主催者である映画芸術科学アカデミーに対し、1ドルで打診しなければならないと記されている。アカデミー側が拒んだ場合、オスカー像は受賞者が保持しなければならない。このルールは1950年より有効となっていて、すなわちこれは、それより古いオスカー像のみが市場に出回っているということを意味している。

興味深いことに、スティーブン・スピルバーグはベティ・デイヴィスのオスカー像を57万8000ドルで購入し、アカデミー側にそのまま寄贈した(2001年)。

マイケル・ジャクソンはデヴィッド・O・セルズニックのオスカー像を1999年に100万ドル以上の値段で購入した。セルズニックは、2年連続で受賞した唯一のプロデューサーである(1939年制作の「風と共に去りぬ」と1940年制作の「レベッカ」)。「風と共に去りぬ」は1940年の第12回アカデミー賞で8部門で受賞し、マイケルは「風と共に去りぬ」でセルズニックが受賞したオスカー像を購入したのである。

なお、スティーブン・スピルバーグは上記以外にも、「或る夜の出来事」で主演男優賞を受賞したクラーク・ゲーブルのオスカー像を55万ドルという格安で購入している(1996年)。

これらのトリビアのスライドショーをすべて見るにはこちら

■Facts About The Oscars!

Here are some facts about the Oscars that you may not have read before!

Oscar winners upon being presented with their award, must sign an agreement stating that if they wish to sell their statuettes they must first offer them to the Academy for $1. If they refuse, they cannot keep their trophy. The rule has been in effect since 1950, which means that older statues do sometimes appear on the open market.

Interestingly, Steven Speielberg bought Bette Davis’ Oscar for $578,000 in 2001 and donated it back to the Academy.

Michael Jackson paid over a million for David Selznick’s award in 1999. David O Selznick Is the only producer winner back-to-back of the Academy Award for Best Picture for ‘Gone with the Wind’ (1939) and ‘Rebecca’ (1940). ‘Gone With The Wind’ secured eight statuettes at the 12th Annual Academy Awards, in 1940 and Michael bought his Oscar for ‘Gone with the Wind.’

Steven Spielberg also bought Clark Gable’s 1934 Best Actor Oscar for ‘It Happened One Night,’ for the bargain price of $550,000 in 1996.

To see the full slideshow of facts, please visit here.

Source: Times Of India & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ