「アンディ・ウォーホル展」開幕 日本過去最大の約400点の作品と私物300点を公開

森美術館は、開館10周年を記念した「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」を2月1日から5月6日まで開催する。日本初公開作品やアメリカ・ピッツバーグのアンディ・ウォーホル美術館に所蔵される作品を始め、初期から晩年の作品が揃う日本過去最大級の回顧展だ。

 1970〜80年代の「ビジネス・アート時代」に制作したマイケル・ジャクソン、モハメド・アリ、坂本龍一らをモチーフにしたシルクスクリーン、画家のジャン=ミシェル・バスキアとのコラボレーション、ウォーホルのアートスタジオを再現した空間...絵画、ドローイング、フィルム、彫刻、写真など、アートの初心者から上級者までが楽しめる約400点を展示している。

 注目は、ウォーホルの私的アーカイブ「タイムカプセル」300点。74年の来日時に収集した日本にまつわる物や、「スタジオボイス(STUDIO VOICE)」編集部がウォーホルに送った新聞、「ヴォーグ(VOGUE)」「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」といったファッション誌、ウォーホルが愛用していた「ペンハリガン(Penhaligon's)」「クリニーク(CLINIQUE)」など、ファッションやビューティに関連する私物も展示してある。

 開催地が日本ということもあり、ウォーホルがTDKのビデオテープのCMに出演した映像や山本寛斎のショーなど、縁のある展示も見どころだ。

 また、音声ガイドでは女優の菊地凛子が特別出演。菊地による作品紹介、彼女がウォーホルやマリリン・モンローについて語っているインタビューなどを聞くことができる。

 なお、タイトル「永遠の15分」は「将来、誰でも15分間は世界的な有名人になれるだろう」というウォーホルの有名な言葉に由来する。

■森美術館開館10周年記念特別展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」
日程:2014年2月1日(土)~5月6日(火) (会期中無休)
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53階
開館時間:10:00~22:00(火曜のみ17:00まで)
(*2月11日、4月29日、5月6日は22:00まで)
入場料(当日券):1500円(一般)、1000円(学生)、500円(子供〜中学生)

andywarhol-mj.jpg

ソース:WWD JAPAN.COM

元マネージャー、レイモン・ベイン:ジャスティン・ビーバーは時間を持て余していたのでは?

2001年から2009年までマイケル・ジャクソンのマネージャーだったレイモン・ベインがCNNのマックス・フォスターに対し、ジャスティン・ビーバーは才能に溢れているが、若くて時間を持て余していて、方向を変える必要があると語った。

「正直言って、ジャスティン・ビーバーはすこし時間を持て余しているのではないかと思います。彼は多くを成し遂げ、お金もたくさん持っています。好きなところへ行くこともできます。彼がマネージャーの言うことを聞いているのか、アドバイザー・チームの言うことを聞いているのか聞いていないのかはわかりません。でも、私が彼に何かを始めるよう言うとすれば、それは、あの破壊的な振舞いをもっとポジティブな方向に向けるということです。彼がレガシーを残せるように。彼は類稀な才能を持ち、ハンサムです。大金を稼ぎました。でも現在の栄光に満足すべきじゃないと思います。彼はマイケル・ジャクソンのようにあるべきだと思います。マイケルのマネをしたいのであれば、マイケルがどうして流行の発信源でありえたのかということを考えてその準備を始めなければなりません」。

ベインは、働くことに対する倫理観についてのジャクソンとビーバーの明らかな違いを指摘した。「マイケル・ジャクソンは決して無為には過ごしていませんでした。マイケル・ジャクソンにはあんなに取り巻きがいませんでした。マイケル・ジャクソンは決して遊びませんでした。彼の元で働いた7年間で覚えていることがあるのですが、私が映画でも観にいきましょうと提案すると、彼は、おかしいのではという目で私を見たんです。子供たちを連れてボウリングに行ったことが一度あるんですけど、マイケル・ジャクソンはいつもビジネスでした。彼は常に最高でありたいと思っていました。彼は誰よりも成功したいと思っていました。彼は記録を破りたいと思っていました。彼はレガシーを残したいと思っていました」。

音楽ビジネスにおいて、良いマネジメントがいかに重要であるか、強調しすぎるということはない。「これまでのところ彼のマネージャーはよい仕事をしてきたのだと思います。でも、ジャスティン・ビーバーやマイケル・ジャクソンのようなクラスになると、一人の人間の手には余る、ということもあるんですよ」。

ジャクソンは彼をサポートするチームに取り囲まれていたが、ベインが言うように、サポートチームに対しては、間違ったときは指摘するようにと彼は言っていた。「誤解されてるんですが、マイケル・ジャクソンは『イエスマン』が好きではありませんでした。彼とテーブルについた時に思ったことを言わないと怒られましたよ」。

■Michael Jackson’s Manager: Bieber is Bored

Raymone Bain, Michael Jackson’s manager and spokesperson from 2001-2009, told Max Foster that Justin Bieber is a talented but bored young man who needs to be redirected.

“I think Justin Bieber, frankly, is a bit bored. He’s accomplished a lot, there’s a lot of money involved, he’s able to come and go as he pleases, and I am not sure whether he listens to his management and his team of advisors or if he does not. But what I am suggesting he start doing is channelling that destructive behaviour into something that is more positive so that he can leave a legacy. He’s extremely talented. He’s extremely handsome. He has made a lot of money, and I don’t think he should just rest in his laurels, I think that he needs to be as Michael Jackson. If he wants to emulate Michael he needs to begin to start laying the groundwork as to how he can be a trendsetter.”

She does point out the apparent differences in work ethic between Jackson and Bieber. “Michael Jackson never hung out. Michael Jackson never had a large entourage like that. Michael Jackson never played. I remember in the seven years that I worked for him I suggested we go to a movie and he looked at me as if I were crazy. We went bowling one time when he took the kids. Michael Jackson was about business. He always wanted to be the best. He wanted to be the most successful. He wanted to break the records. He wanted to leave a legacy.”

In the music business, the importance of good management cannot be overemphasised. “I think that his management have done a great job thus far but you know sometimes when you get on the level of Justin Bieber or Michael Jackson it gets a little bit more than one person can handle.”

Jackson was surrounded by a team who supported him, but, as Bain asserts, he also encouraged them to tell him when he was wrong. “There is a misconception. Michael Jackson didn’t like ‘yes-men’. When we would sit at the table with him he would get angry when we did not tell him what we really thought, he really would.”

Source: connecttheworld / CNN / Raymone Bain / MJ-Upbeat.com

速報!スリラーライブ日本再上陸が決定!

速報!スリラーライブ、日本再上陸が決定しました!

皆様のたくさんのお声、ありがとうございました。皆様のおかげで日本再上陸が実現します。

この4月。再び、六本木ブルーシアターで。 パフォーマーと、皆さんが一体となって、マイケルへ愛と敬意を捧げるオマージュ。

是非、ご参加ください。

同時に、2月3日の今日は先行販売もスタート。良席はお早目に!

チケットはコチラ

ソース:スリラーライブ・ジャパン事務局 / http://thrillerlive.jp

スーパーボウル:インパクトが強かった11のハーフタイムショー

Hollywood Reporterが、スーパーボウルで最もインパクトが強かった11のハーフタイムショーをリストアップしているが、もちろん、マイケルのパフォーマンスを除外することはできない。

パサデナのローズボウルでのマイケルのスーパーボウルのステージは、静止して立ち尽くすおよそ1分13秒以外は、素晴らしいダンスと花火、そして博愛のメッセージが溢れるものであった。キング・オブ・ポップのパフォーマンスは、3500人の子供たちと50ヤードライン上の風船の地球をフィーチャーした「Heal The World」で締めくくられた。

リストに挙げられた他のショーのついてはこちら

Michael_Jackson_a_p.jpg


■11 Outrageous Superbowl Halftime Moments

The Hollywood Reporter has listed what they think are the eleven most outrageous SuperBowl Halftime moments, and of course they could not omit Michael’s performance.

Michael Super Bowl set was filled with stellar dancing, pyrotechnics and philanthropic messages but for approximately a minute and 13 seconds, the singer stood motionless onstage at Pasadena’s Rose Bowl. The King of Pop’s performance closed with his “Heal the World” song, featuring 3,500 children and a blow-up globe on the 50-yard line.

See the other featured moments.

Source: Hollywood Reporter.com & MJWN

B・J・ノヴァクのMJとの思い出

アメリカ人のコメディアン、脚本家、監督のB.J.ノヴァクはヒット・ドラマ「The Office」(US版)への主演や脚本、共同プロデューサーとして知られている。彼はヴァニティ・フェア誌のインタビューで、子供の頃の思い出として1991年にマイケル・ジャクソンに会った時のことを語っている。

「僕は12歳か13歳だった。僕の父が当時マイケル・ミルケンの本を書いていたんだ。マイケル・ミルケンはマイケル・ジャクソンといくつかチャリティー・イベントをやっていて、マイケル・ミルケンが僕たち一家をディーパック・チョプラの家に招待してくれたんだ。ミルケンとマイケル・ジャクソンがある理由でそこに来ることになっていてね。僕たちはディナーへと伺ったんだ。20人くらいいたかな。マイケル・ジャクソンはいなかった。子供たちはみんな、マイケル・ジャクソンが来ることになっていると聞かされたよ。子供だから聞かされるクレイジーなやつさ。O.K.僕らは会えるんだ。あれは91年くらいかな。スキャンダルの前さ。マイケル・ジャクソンだよ。すると、一人の男が部屋にスッと入ってきた。黒い帽子と赤いジャケットにサングラスだった。

彼は部屋の隅へ行った。愛想が悪くて一言も話さなかったよ。ディナーの時間になった。子供用のテーブルと大人用のテーブルがあったね。『ママ、パパ、大人用のテーブルがいいな。特にそこにいる大人にマイケル・ジャクソンがいたら』と言ったら、『あなたの好きにはできないの。あなたは子供用テーブルにいるのよ』と言われたんだ。僕は機嫌が悪くなって、がっかりした。僕は子供用のテーブルについたよ。子供用テーブルで僕の隣にいたのは誰だと思う?マイケル・ジャクソンさ。

僕たちは最初の二分間は黙々と食べたよ。どの子も彼に質問するには行儀が良すぎたんだ。どうしてだったのかはわからないけど、僕はそのテーブルのリーダー格だった。彼はまさに僕の右隣にいたんだ。『ビデオゲームは好き?』と彼が言うので、『もちろん』と答えたよ。彼はネバーランドにあるビデオゲームの話をし始めたのさ。ソニック・ザ・ヘッジホッグとか。セガのゲームだったよ。

それから彼はCDを取り出して、『君たちは音楽は好きかな?』と言ったよ。僕たちは考えた。あー、えーと。あなたはマイケル・ジャクソンだから。彼はCDを何枚か取り出して、「この前このCDを買ったんだ」と言ったんだけど、それはエアロスミスとクリス・クロスだったんだ。『最近、マコーレー・カルキンと映画を観にいったよ』とも言ってたね。僕らは、あなたは誰か有名人と知り合いだなんていわなくても、有名なんだから、みたいに言ったよ。彼は自信満々という感じではなかったね。彼は自分が子供とかに受けるとは考えていなかったよ。彼は自分がクールだと見せようとしていたんだ。僕らはディナーを終え、チョプラ家の子供たちが「ゲームをしよう」と言ったんだ。考えてみてよ、本当のことだ。マサチューセッツでの出来事さ。LAではありえなかったことの一つだね。

で、僕らはスキャッテゴリーズをやったんだ。僕のチームが負けて、彼が勝った。勝った時、彼は「We Are the Champions」をきれいに歌ったよ。聞き惚れたね。素晴らしかったよ。それから彼とチョプラ家の子たちは二階へ上がっていって、ベッドルームに入ったよ。ドアは開いていて、『Beat It』が聞こえてきた。誰かが、『彼は踊っているのかな』と言ったので、『見に行ってみよう』と僕は言ったんだ。僕らは二階へ上がっていって、寝室に入ったんだ。『Beat It』がかかっていた。マイケル・ジャクソンはクスクス笑いながらが飛び出してきて、僕の肩を叩きながら言ったんだ。『僕がかけたんじゃない、僕がかけたんじゃないよ』って。チョプラ家の子たちは、『彼がかけたんだ、いつもやるんだよ』って言ってた。彼のジョークだったのさ。彼は自分の音楽をかけて、『僕がかけたんじゃないよ』って言うんだ。そこで帰る時間になったんだよ。僕は恥かしがり屋だったし、91年ころに彼に写真をお願いするなんて誰にもできないよ。サインもお願いしなかった。あんな経験ができたんだから。もし誰かが写真を撮らせてくれと言ってきたら、どんなショーに出てるかも知らない人がだよ?そんな人が『写真を撮ってもいいですか?』って言ってきたら、もし僕が答えるとすれば、『冗談でしょ?僕は11歳だった。マイケル・ジャクソンとディナーを食べたけど、そんなものは欲しがらなかったよ。経験できただけでいいじゃないか』みたいに答えるのはそういうわけなのさ。

彼は『明日何するの?』って言ったので、『学校だよ』って答えたら、『言っちゃダメだよ』って言うんだ。『何で?』って聞くと、『学校はおもしろくない』って彼は言ってた。僕は『OK、マイケル・ジャクソンが学校へ行くなって言ってたってみんなに言うよ』って言ったよ。彼は僕が最高に面白いヤツだと思ったんだよ。

僕の人生はとても面白いことがいろいろあったけど、これが最高だね。僕は12歳にしてそんな経験をしたのさ」

インタビュー全文はこちら

■B. J. Novak And His Meeting With Michael Jackson

American comedy actor, writer and director B.J. Novak is known for starring in The Office (US version) as well as being a writer and co-executive producer for the smash TV hit. However here he sits down and speaks to Vanity Fair about his brief childhood encounter with Michael Jackson in 1991.

“I was about 12 or 13 years old, and my father was writing a book with Michael Milken at the time. Michael Milken did some charity event with Michael Jackson. Michael Milken invited our family to Deepak Chopra’s house, where Milken and Michael Jackson were going to be, for some reason. We showed up to dinner, [with] like 20 people there. Michael Jackson’s not there. Kids were all told Michael Jackson was supposed to be there. And that’s a crazy thing to be told as a kid. O.K. , we’ll see. And this is like ’91. This is, you know, pre-scandal; this is Michael Jackson. Then a guy sweeps into the room, in a black hat and a red jacket, sunglasses.

He goes in the corner, very anti-social, doesn’t say a word. It’s time for dinner. There’s a kids’ table, an adults’ table. I say, “Mom and Dad, I want to be at the adults’ table, especially if one of the adults is Michael Jackson.” I’m told, “It’s not up to you, you’re going to be at the kids’ table.” I’m very upset, devastated. I sit at the kids’ table. Who’s next to me at the kids’ table? Michael Jackson.

So we eat in silence for the first two minutes. Every kid is too well behaved to ask him a question. I’m at the head of the table, I don’t know why. He’s right next to me. He says, “Do you like video games?” I said, “Sure.” He starts describing the arcade that he has at Neverland. Like Sonic the Hedgehog and stuff. Sega games.

And then he pulls out CDs and says, “Do you guys like music?” And we’re thinking, Uh, yeah, and you’re Michael Jackson. He pulls out CDs and says, “I got these CDs the other day.” It’s Aerosmith and Kriss Kross. He says, “I went to the movies with Macaulay Culkin recently.” And we’re like, You don’t have to namedrop, you’re in. He’s really insecure. He doesn’t think he’s relevant to kids or something. He was trying to show us he was cool. We finish dinner, the Chopra kids say, “Let’s go play a game.” Mind you, this really happened. In Massachusetts. The one thing that didn’t happen in L.A.

So we play Scattegories. My team loses; he wins. When he wins, he sings “We Are the Champions,” beautifully. Just to gloat. It’s gorgeous. Then he and the Chopra kids run upstairs, go in one of the bedrooms, doors are open. “Beat It” starts blasting. Someone says to me, “I wonder if he’s dancing.” I’m like, “Let’s go take a look.” We go upstairs, go into the room where “Beat It” is playing. Michael Jackson comes spilling out of the room giggling, slapping my shoulders, saying, “I didn’t put it on, I didn’t put it on.” The Chopra kids nod and say, “He put it on—he does this all the time.” That’s his joke. He blasts his own music and says, “I didn’t put it on.” And then it was time to go. I’m so shy, and you don’t ask for a picture in ’91. I didn’t ask for an autograph, because I had the experience. That’s why still, if I may say, that when people come up for a picture—someone that barely knows what show you’re on—and they say, “Can I have a picture?” It’s like, Are you kidding me? I was 11 years old, I had dinner with Michael Jackson, and I didn’t ask for sh*t. I experienced it.

He says, “What are you doing tomorrow?” I said, “I’m going to school.” And he said, “Don’t go.” I said, “Why?” He said, “School’s no fun.” I said, “O.K., I’ll just tell them Michael Jackson told me not to go to school.” He thought I was the funniest motherf***er.

So my life has had some very interesting twists and turns, but nothing like that. I was done at 12.”

To read the full interview click here.

Source: Vanity Fair & MJWN

MJにインスパイアされたナイキのシューズが登場へ

ESPNロサンゼルスのデイヴ・マクメナミンによると、コービー・ブライアントとナイキが、マイケル・ジャクソンにインスパイアされたコービー9を発売する計画を持っているという。

先月の対マイアミ・ヒート戦で、ニック・ヤングがハイトップのコービー9を履いて出場した。それ以来、J.R.スミスやアマーレ・スタウダマイアーといった他のNBAプレーヤーたちもこのシューズを履いている。

コービー・ブライアントは過去にマイケル・ジャクソンを師と呼んでおり、バスケットボール選手として、そして一人の人間としてブラックマンバ(コービーの愛称)の成長にマイケルは明らかに影響を与えている。実際、コービー・ブライアントはマイケルと親しくしており、2009年の追悼式典では彼はマジック・ジョンソンとスピーチを行っている。

マクメナミンによると、コービー・ブライアントはエア・ジョーダンにインスパイアされたシューズも発表するという。

コービー・ブライアントは、マイケル・ジャクソンにインスパイアされたコービー9と、エレファント・プリントのエア・ジョーダン3のカラーリングにインスパイアされたものがあると語っていた。

要するに、コービー・ブライアントはスペシャル・エディションのシューズで二人のMJを讃えるつもりなのである。

マイケル・ジャクソンのシューズはどのようなものになるのだろうか?マイケルのヒット曲に敬意を表して黒と白なのだろうか?あるいは、マイケルのファッションのようなキラキラしたものだろうか?

■New MJ Inspired Shoes To Come

Nick Young debuted the Kobe 9 high-tops last month in a game against the Miami Heat. Since then, other NBA players such as J.R. Smith and Amar’e Stoudemire have been seen sporting the kicks, too.

Kobe Byrant has called Michael a “mentor” in the past and was clearly influential in the Black Mamba’s development as a player and a man. In fact, Bryant was so close to Michael that he and Magic Johnson spoke at The King of Pop’s funeral in 2009.

Bryant will also release an Air Jordan-inspired shoe, according to McMenamin.

Kobe said there is a Michael Jackson inspired Kobe 9 to come as well as an elephant print Air Jordan III-inspired colour way also.

So, in short, Bryant is going to pay tribute to the two MJ’s with special edition shoes.

What do you think the Michael Jackson shoes will look like? Black and white to pay tribute to one of Michael’s hits? Or sparkly to give a nod to Michael’s fashion?

Source: lakerholicz.com & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ