Reading Room:マイケル・ジャクソンの比類なき影響力

著者:ハンプトン:スティーブンス
出典:The Atlantic 2010年6月24日

マイケル・ジャクソンは20世紀で最も影響力のあるアーティストであった。洗練された耳にとって、これはショッキングに聞こえるかもしれない。議論はあるだろうが結局はジャクソンは唯一のポップ・スターだった。フィッツジェラルドやフォークナーといった20世紀の偉大な作家たちはどうだろうか?ピカソやダリのようなヴィジュアル・アーティストたちは?チャップリンからキューブリックにいたるまでの映画の巨匠たちは?ジャズを作ったルイ・アームストロングは?白人向けにジャズを作り直したフランク・シナトラは?あるいはブルースやゴスペルでそれをやってロックの基礎を作ったエルヴィス・プレスリーは?マイケル・ジャクソンはエルヴィス・プレスリーよりも大きいか?はるかに大きい。

まず、20世紀のミュージシャンたちは他のアーティストたちよりも文化的インパクトがはるかに大きかったことは疑いのないことだ。たとえば、20世紀の画家で、シナトラよりも有名な人はいない。ビートルズよりも文化的支配した映画製作者や映画スターはいない。エルヴィスよりも人生に影響を与えた20世紀の作家はいない。バンコクからブラジルまで、エルヴィス・プレスリーを装って生計を立てているたくさんの人々のことを考えていただきたい。ピカソの良い印象を最後に見たのはいつか。エルヴィスでさえ、しかしながら、ジャクソンのキャリアの前には影が薄くなっている。

そもそも、プリンスやサミー・デイヴィス・Jrの可能性を除いて、マイケル・ジャクソンは彼の同輩たちの誰よりもパフォーマーとして素晴らしい才能を持っていた。だがキング・オブ・ポップは20世紀を象徴するアーティストとして君臨している。それは類まれなる才能のためだけでなく、その才能を全く新たな方法で提示することができたからである。形式と内容の両方において、ジャクソンは誰もやったことがないことをやったのである。

例えばルイ・アームストロングはライヴ・パフォーマーとして音楽を学び、自身のアートをレコードとラジオに適応させた。シナトラとエルヴィスもレコードも作るが基本的にライブ演者であり、最終的には強いカリスマ性を通じてステージ上のキャラクターを他のメディアへ拡張した。ビートルズは複合的だ。すなわち、テレビとラジオによって人気に火がついたライブ・バンドであるが、その名声ゆえに最初の偉大なスタジオ・アーティストになることを余儀なくされたのである。

だがジャクソンはこれらとは全く違う。新しいのだ。彼が、クインシー・ジョーンズの手助けを受けながらも偉大なレコードを作ったのは明らかだ。マドンナやボビー・ブラウンといった同時代のフォロワーから、アッシャーやジャスティン・ティンバーレイクのような最近のアーティストまで、後続のアーティストたちに及ぼしたジャクソンの音楽的影響は疑問をさしはさむ余地はない。

確かに、ジャクソンはライブの観客をしびれさせた。だが、彼の真のキャンバスは常にビデオのスクリーンだった。特に彼は、テレビ向きの最初のエンタテイナーだった。ジャクソン・ファイヴの子供時代から大人になってからのモータウン25周年スペシャルまで、そして最後の悲しいタブロイドネタまで、ジャクソンはテレビの中で生き、亡くなった。彼は1958年生まれ。ちょうど、テレビのない世界を全く知らないアメリカ人の最初の世代だ。そしてジャクソンはテレビとともに育ったのではない。彼はテレビの中で育ったのだ。子供スターの地位、天賦の才能、そしてテレビというものの悪弊が、彼にテレビというメディアのしきたりを体で覚えさせ、そして初期のパフォーマーたちが誰も持ち得なかった視点でテレビの可能性を理解させた。

こうして生まれた「Thriller」や「Billie Jean」、「Beat It」のビデオ代表されるような結果は偉大なアート以上のものだった。それは新しいアートの形式だった。ジャクソンは、レコード会社がヒットシングルをプロモートするために製作する低予算のビデオ映像を高度なアートに転換したのだ。20世紀のマスメディアのあらゆる形式を組み合わせた全く新しいジャンル。すなわちミュージック・ビデオである。それは映画的ではあったが映画ではなかった。ライブ・パフォーマンスの要素を備えているがコンサートではなかった。歌とダンスのシームレスな融合であり、ブロードウェイのようなけばけばしさは無かった。テレビに映されるものであったが、スクリーンの上でこれまで人々が見てきたものとは違っていた。

しばしば繰り返される一般的見解・・・ジャクソンのビデオがMTVを作り、したがって「音楽業界を変えた」というのは半分真実である。音楽業界はジャクソンの才能と取り込んで膨張し、彼がいなくなって元の大きさに縮小した、というのがより実情に近い。マイケル以前はビデオは重要ではなかった。そして、彼が偉大な作品を作るのをやめたという文化的な瞬間とほとんど時を同じくして、彼らはビデオなどどうでもよいと思うようになった。そういう意味での彼の最後のビデオ「Black or White」はビデオというジャンルの本質的に最後の作品だ。ニルヴァーナやパール・ジャムが主導する形で、ポップ・スターの次の波は、ビデオ製作や彼らを放映する全てのフォーマット、チャンネルを商業ロックの道具として見るようになるのである。

彼のミュージック・ビデオの最大のインパクトは音楽に対してではなく、ビデオに対してのものであった。映画とテレビに対してのものであった。80年代のビデオを見て育った世代が90年代に入ると、かつての大胆だったMTVの様式的要素、すなわちクイックカットやベリテスタイルの手持ち撮影、非線形な語り口、そして重たい視覚効果などを使って映画やテレビ番組を作り始めた。そしてこれをテレビや映画の主流としたのである。

もしジャクソンが、単にミュージック・ビデオを発明した偉大なミュージシャンだったのなら、これほど大きなことにはなっていなかっただろう。マドンナは、一つの審美眼をテレビで伝えることに秀でていたという点で彼の唯一の後継者である。しかしジャクソンが伝えた審美眼は、彼の後継者たちよりも力強く、開放感がありグローバルに響くものであった。エルヴィスやシナトラが伝えたものよりも力強かった。それ故に、「最も影響力のあるアーティスト」なのである。

アメリカのポピュラーミュージックは常にステレオタイプに挑戦し障壁を壊し続けてきた。20世紀を通じて、それがジャズであれロックであれヒップホップであれ、黒人と白人のアーティストたちはスタイルを混ぜ合わせ、暗に、そしてしばしば公に人種の平等を訴えてきた。男女の役割についてもポピュラーミュージックは挑戦し続けている。特にトップ40のアーティストたちは、リトル・リチャードや最初期のフェミニスト、レスリー・ゴーアからデヴィッド・ボウイやマドンナ、レディー・ガガに至るまで、性差のルールを曲げ、破壊することで社会を前進させてきた。

ジャクソンは明らかに悲劇の人物だった。そして散々書かれてきた子供時代のトラウマは役に立たなかった。しかし彼の致命的欠点は、そして同時に彼の巨大なパワーの源は、真に革新的なロマン主義のビジョンであった。グリーティング・カードのメーカーや花屋が使うような感傷的な使い方ではなく、もっと古いバイロン的な 社会の命令や自然の法則すら無視して究極の創造を追及することに全生涯を捧げるような人々のロマン主義であった。モータウンの創設者ベリー・ゴーディの下で子供の時に学んだジャクソンの究極のロマン主義は、人種や性差、世代そして宗教の調和を築くためにポップ・ミュージックを用いるというニューエイジ風のビジョンであった。ただし、彼のひねりは抜群だったが。

彼はポップの平和主義の精神を推し進めただけではない。彼は文字通り、それを具現化しようとしたのだ。そのビジョンが強迫観念となった時、ショービジネス界では普通の整形手術中毒が非常に大きな願望に・・・そして暗いものとなった。ジャクソンは意識して自分自身を変えようとした。人種を混合して分からないように、年齢のない大人物に、黒人と白人、男と女、大人と子供がひとつになったように。しかしながら彼は、大人物ではなかった。彼はまさに普通の人だった。ただ、類稀なる才能があったのだ。どれほど上手に歌えても、時間というものはあらゆる者に埃を作り出す。事実という反駁不能なこの壁に自らを投げつけ続けた数十年間によって、彼はボロボロになった。体、そして魂が、最後には彼が破壊されたのである。

キャリアの絶頂期にはそれも可能であるように思われた。マイケルは望むものに何でもなれるかと思われた。ある日はダイアナ・ロス、次の日はピーター・パンという具合に。息を飲むような高音の一つ一つ、誰にも出来ないダンス・ステップの一つ一つ、そしてクレイジーな衣装はどれも同じメッセージの投影だった。人種や性別、階級や年齢などの壁というものはもはや存在しない。なりたいものには何でもなれる、やりたいことは何でもやれる。夢を見るという力の限界のみが存在する。そのことをほんの一瞬でも信じさせてくれる、感じさせてくれるパフォーマーが、一生に一人は現れる。たぶん、幸運なら。

年月が過ぎ、そして歴史がジャクソンの思い出を浄化するにつれて、彼のレジェンドは大きくなるばかりである。いつか、20世紀の最も影響力のあるアーティストに加えて、彼はエルヴィスを越えてもっともまねされるアーティストになるかもしれない。もう2、30年経てば、彼はバンコクからブラジルまで、最もインパーソネーターの多いアーティストになっているかもしれない。それがそれほど遠くないことを期待しよう。

原文 ■Michael Jackson's Unparalleled Influence
ソース:The Atlantic / Dancing with the Elephant

ブリトニー・スピアーズがラスベガスのショーでMJトリビュート

ポップスターのブリトニー・スピアーズがラスベガスで開幕した彼女の常設ショーでマイケル・ジャクソンのトリビュートを行っている。

「Me Against the Music」のパフォーマンス中、彼女はフェドラ帽をかぶり、マイケル・ジャクソンのポーズを取っている。彼女はUS Weeklyに、「ショーで気に入っているところなんです。帽子をかぶってスポットライトの中にいるところ。これはマイケルへのトリビュートなんです」と語り、意図してマイケルを讃えていると認めている。

ブリトニー・スピアーズとマイケルには長い歴史がある。彼女は常々、マイケルが彼女のインスピレーションの一つだと語っており、2001年にニューヨークで行われたマイケルの30周年記念コンサートでは、二人で「The Way You Make Me Feel」を歌っている。ちょうど1年後の2002年には、MTVのビデオ・ミュージック・アワードのプレゼンターとして彼女はマイケルに賞を手渡している。

13年前の二人の痺れるようなパフォーマンスはこちら。




■Britney Spears Pays Tribute To Michael

Popstar Britney Spears has paid tribute to Michael during her new residency show in Las Vegas.

During the performance of her song ‘Me Against the Music’, she wears a fedora and strikes a signature Michael Jackson pose! She has even since confirmed that she made a eodeliberate effort to honour Michael on stage by telling US Weekly ”[My] favourite part of the show, where it’s just me in the spotlight with a hat on, which is really a tribute to Michael.”

Britney Spears has a long history with Michael. Often citing him as one of her biggest inspirations, they performed ‘The Way You Make Me Feel’ together at his 2001 30th Anniversary concert in New York. Just a year later in 2002 she presented him with an award at the MTV Video Music Awards.

Watch their electric performance together 13 years ago:

Source: Contact Music & MJWN with special thanks to Paula

キャサリンのドキュメンタリー、寄付者には返金

キャサリン・ジャクソンは、マイケルについてのドキュメンタリー制作のためのクラウド・ファンディングを中止した。

FundAnything.comにおいて、2時間半のドキュメンタリー制作のために320万ドル(およそ3億2000万円)を集めようという彼女の試みは、12月16日にグッドモーニング・アメリカで発表されていた。

しかし、ニューヨーク・デイリー・ニュースによると、寄付者らはこのプロジェクトについて「おかしい」と感じていたようで、先日全額返金された。

このプロジェクトの広報担当者は文書を発表し、60枚のクレジット・カードに対し2000ドル(およそ20万円)以上の返金を完了したと明かした。

「この募金のやり方はファンに間違ったメッセージを送ったと彼女は感じています」と広報担当者は述べた。

プロデューサーのカーク・シェンクは、映画の製作自体は今も進行中だと話しているが、今回のプロジェクトの背後にいる関係者は他の募金手段について検討中だ。

「このプロジェクトについて、ミセス・ジャクソンの目的は、マイケル・ジャクソンの誰も見たことがない面を見せたいということです。ファンがおかしいと感じているのを見て、彼女はネットでの募金のプランを中止したのです。彼女には、国際配給会社やテレビのネットワークなど、他の選択枝が多数あります」とシェンクは述べた。

マイケル・ジャクソンは2009年に手術用麻酔薬プロポフォールを致死量投与されてなくなった。彼はこの薬を睡眠補助として使っていた。50歳だった。

元専属医コンラッド・マーレーが、致死量のプロポフォールを投与したことで有罪評決を受けた。そして過失致死罪での4年の量刑のうちの半分をロサンゼルス郡の男性刑務所を服役し、先月釈放された。

■Katherine Jackson’s Documentary On Hold – Report

Katherine Jackson has pulled the plug on crowd-funding a documentary about Michael.

The matriarch’s effort to raise $3.2 million for the two-hour project via FundAnything.com was announced on Good Morning America December 16.

But according to the New York Daily News, donors apparently felt “misguided” about the project, and were recently issued full refunds.

A spokesperson for the film provided documents revealing 60 credit card refunds worth more than $2,000 have been completed.

“She felt this financing route sent the wrong message to fans,” the spokesperson said.

Producer Kirk Schenck told the publication the movie is still in the works.

However, those behind the project are exploring other funding options.

“Mrs Jackson’s motive for this project is to present a side of Michael Jackson no one has ever seen. She put a stop to the crowdsourcing financing plan the moment she saw Michael’s fans felt it was misguided,” Schenck said.

“She has plenty of other options from international distributors and US television networks.”

Michael Jackson passed away in 2009 after he was administered a lethal dose of the anaesthetic propofol, which he used as a sleep aid. He was 50.

The star’s former physician, Conrad Murray, was convicted for administering the fatal dose. Murray was released from Los Angeles County men’s jail last year after serving half of a four-year sentence for involuntary manslaughter.

Source: film-news / MJ-Upbeat.com

AEG裁判:新たな裁判については結論出ず

AEGライブはマイケル・ジャクソンの死に対して賠償責任があると訴えたマイケル・ジャクソンの母親による新たな不法死亡訴訟について、許可するかどうかの暫定裁定が金曜日に判事より下された。

2時間以上の議論を聞いた後も上級裁のイヴェット・パラスエロス判事はすぐには結論を下さなかった。

2009年にマイケル・ジャクソンに麻酔薬を過剰投与した医師について、雇用したことが過失だと訴えたキャサリン・ジャクソンの裁判は、10月に陪審員に棄却された。

原告側弁護士は、評決用紙の書き方のために陪審員たちが裁判における証拠を十分に検討することを阻まれた主張している。一方AEG側の弁護士は、新たな裁判を起こす根拠がないと反論している。

AEGライブ側のジェシカ・ステビンズ・ビーナ弁護士は判事に対し、争点となっている文章について、評決用紙と注意事項の草案に盛り込んだのはキャサリン・ジャクソンの弁護士だと述べた。

ジャクソン家側の弁護士デボラ・チャンはこれに対し、陪審員に裁判の結論を促したあの設問は修正しえなかった、評決用紙からは削除されるべきであったと述べた。

パラスエロス判事はいつ最終裁定を下すかについては明言しなかった。判事が新たな裁判を支持した場合、キャサリン・ジャクソンの弁護士は上位の州裁判所に上訴を求めることができる。

この裁判では、陪審員は5ヶ月以上にわたって証拠となる証言を聞いてきた。

キャサリン・ジャクソンは、彼女自身とマイケル・ジャクソンの3人の子供たちを代表してAEGライブを訴え、AEGライブがコンラッド・マーレー医師を雇い、そしてマイケル・ジャクソンをケアするにあたり利益の相反を生じさせたと非難した。

多額の負債を抱えていたマーレーは、ロンドンのO2アリーナで計画されていたカムバック・コンサートの間、ジャクソンの専属医として月15万ドルが支払われることになっていた。ジャクソンは2009年6月25日、マーレーが睡眠補助として使用していたプロポフォールの過剰投与により亡くなった。

マーレーは2011年に過失致死罪で有罪評決を受け、2年間服役した後の10月に釈放された。

この裁判では、ジャクソンの私生活や、エンタテイナーとしての日常、そして様々な病気の治療について詳細に調べられた。

評決は、ジャクソンのケアを行うにあたりマーレーが倫理的であったと陪審員が考えたのではなく、彼は適任でその技量があったということを意味していると陪審員は後に述べている。

AEGライブは裁判中、一貫していかなる不法行為を否定し、マーレーがジャクソンの屋敷の寝室でプロポフォールを投与していたことなど知る術がなかったと述べていた。

propofol.jpg ■Judge tentatively rules against new Jackson trial

LOS ANGELES — A judge issued a tentative ruling Friday against granting a new trial in a negligence case filed by the mother of Michael Jackson claiming a concert promoter was financially liable for the singer’s death.

Superior Court Judge Yvette Palazuelos did not immediately finalize the ruling after hearing more than two hours of arguments from lawyers.

A jury in October rejected Katherine Jackson’s lawsuit claiming AEG Live LLC negligently hired the doctor convicted of giving her son an overdose of anesthetic in 2009.

Her lawyers argued the verdict form didn’t allow jurors to fully consider evidence in the case. Lawyers for AEG Live countered that there was no basis for a new trial.

AEG Live attorney Jessica Stebbins Bina told the judge it was actually Katherine Jackson’s lawyers who included the disputed language in drafts of the verdict form and instructions.

Jackson family attorney Deborah Chang, however, said the question that brought jurors to end the case couldn’t have been corrected and should have been excluded from the form.

Palazuelos did not indicate when she would finalize her ruling. If she stands by it, Katherine Jackson’s attorneys could pursue an appeal with a higher state court.

Jurors heard more than five months of evidence in the lawsuit trial.

Katherine Jackson sued AEG Live on behalf of herself and her son’s three children, accusing the concert promoter of hiring Dr. Conrad Murray and creating a conflict of interest in his care of the pop superstar.

Murray, who was deeply in debt, expected to be paid $150,000 a month to care for Jackson while the singer prepared for a planned series of comeback concerts in London’s O2 Arena. Jackson died on June 25, 2009, after receiving an overdose of propofol, which Murray was giving Jackson as a sleep aid.

Murray was convicted of involuntary manslaughter in 2011 and released in October after serving two years in jail.

The trial offered a close look into Jackson’s personal life as well as his routines as an entertainer and medical treatments for a variety of ailments.

Jurors later said their verdict did not mean they thought Murray was ethical in his care of Jackson, but that he was fit and competent to serve as his doctor.

AEG Live denied any wrongdoing throughout the trial and said there was no way executives could have known that Murray was giving Jackson propofol in the bedroom of his rented mansion.

Source: Washington Post / MJ-Upbeat.com

ブルーノ・マーズがMJを歌う

ラスベガスのショーでのブリトニー・スピアーズのマイケル・ジャクソ・のトリビュートにつづき、ブルーノ・マーズがキング・オブ・ポップへのトリビュートを行っている。

マーズはラスベガスのコスモポリタン・ホテルで定期的にショーを行っているが、先日、「Billie Jean」と「Dirty Diana」のマーズ・バージョンを披露した。彼がマイケルの名を口にした途端、観客はもちろん熱狂した。



マーズがマイケルの曲を歌ったのはこれが初めてではない。彼は何度もマイケルの曲を歌っていることで知られ、インタビューではしばしばマイケルを讃えており、好きなパフォーマーの一人であり歌手になろうと思ったきっかけになった述べている。

■Bruno Mars Performs Michael Jackson

Following hot off the footsteps of Britney Spears paying tribute to Michael during her Las Vegas shows, Bruno Mars has now also paid tribute to the King of Pop.

Mars has taken up residency at The Cosmopolitan in Vegas and recently performed unique renditions of ‘Billie Jean’ and ‘Dirty Diana’. The crowd of course went absolutely wild the moment he mentioned Michael’s name.

This is not the first time time Mars has performed Michael’s hits. He’s been known to do it countless of times and often praises Michael heavily during interviews; sourcing him as one of his all time favourite performers and where he got his inspiration from to be a singer.

Source: MJWN with special thanks to Paula

エステートの声明:チャンネル5の番組について

マイケルに行われた検視解剖に関する番組の放映について、エステートにはそれを止める法的手段はありませんが、ファンのみなさんに是非知っておいていただきたいことは、エステートの遺言執行人は放送局とそのオーナーに手紙を送付し、マイケルの死についての野次馬的詳細から利益を得るために仕事をしている冷酷な人々にはうんざりしているということを表明した、ということです。ジョン・ブランカ、ジョン・マクレーン連名で送付したこの手紙は、火曜日に放映予定の「Autopsy:Michael Jackson's Last Hours」の放映を中止することで良識と常識的配慮を示すようチャンネル5に対し要請しています。さらに次のように記しました。「チャンネル5は、検視解剖が『事実とフィクションを区別する』とプロモーションしていますが、それは皮肉かつ誠実さのないものであり、マイケルの悲劇的な早すぎる死を食い物にするタブロイド番組以外の何物でもありません。『事実とフィクション』を区別するならば、彼の友人たちや家族の知るマイケル・ジャクソンは愛すべき父親であり、世界をより良くすることに献身的であったエンタテイメントの世界的アイコンであり人道主義者でした。強欲さによって無情にも食い物にされる父親の死は、彼の子供たちにはふさわしいものではありません。なぜならテレビの新シリーズは、視聴者を引き付けようと必死だからです」。

エステートの遺言執行人は、チャンネル5が良い判断を示し、この不愉快な番組の放映がキャンセルされることをファンのみなさんとともに望んでいます。


ソース:The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ