マイケルが使ったフェラーリがオークションに

マイケル・ジャクソンを含むハリウッドのセレブたちが運転した、あるいは所有していた車のオークションについてハリウッド・レポーターが報じている。Auctions Americaが主催するこのオークションは、8月1日から3日までカリフォルニア州バーバンクで開催される。

このオークションは、「深く名高いハリウッドの血をひく新品同様の車のコレクション」だとハリウッド・レポーターは報じている。

「このオークションを企画していく中で、ハリウッドとの結びつきというものが一番関心があるものだということはわかっていました。スターたちの車というものには誰しも大変興味を持っていますから」と、Auctions Americaの自動車スペシャリスト、アレクサンダー・ウィーヴァーは語っている。「バーバンクは自動車文化の中心地ですし、ここでオークションを開催するというのは私たちにとって特に特別なことです」。

すべてのマイケル・ファンにとってこのオークションでの目玉といえば、もちろん、1986年製のフェラーリ・テスタロッサ・スパイダーのカスタム・カーだ。予想価格は10~12万5000ドルで、80年代にペプシのコマーシャルでマイケル・ジャクソンが使ったものである。

86_ferrari_testarossa-640x360.jpg


その他にも、スティーヴ・マックイーンの1967年製ロールス・ロイス・シルヴァーシャドウ(予想価格7万5000~10万ドル、映画「華麗なる賭け」で彼が運転していた)などが売りに出される。

土曜午後にはジェイ・レノが解説を行う予定。

■ Michael’s Car At Auction

The Hollywood Reporter is covering an auction of vehicles driven, or owned by Hollywood celebrities, including Michael. It takes place on August 1st through to August 3rd in Burbank during the Auctions America sale.

The Auctions America event covers “A pristine collection of cars with a deep and storied Hollywood lineage.

In developing the Burbank auction, we knew that the ties to Hollywood would be a primary focus as people are really interested in the cars of the stars,” said Alexander Weaver, car specialist at Auctions America. “Also, Burbank is the epic-enter of car culture, and it’s pretty special we’re having the auction here.”

Of course the star of the show for all Michael’s fans will be the custom 1986 Ferrari Testarossa Spider, with an estimate of $100,000 – $125,000, which was used by Michael Jackson in a mid-’80s Pepsi commercial.

Many other stars’ cars will be sold, including Steve McQueen’s pristine 1967 Rolls-Royce Silver Shadow with an estimate of $75,000 – $100,000, which was driven by him in the original ‘The Thomas Crown Affair.’

Jay Leno will be giving commentary during Saturday afternoon’s festivities.

ソース:Hollywood Reporter.com & MJWN

相模原「第1回ムーンウオーク世界大会」 「不人気」一転、大盛況

インターネットで「不人気」と紹介された結果、人気が急騰したイベントがある。相模原市中央区の市立鹿沼公園で3日午後6時半から開かれる「第1回ムーンウオーク世界大会」がそれ。芸能事務所からも「若手を参加させたい」と打診があり、今では出場者が定員をオーバー。主催者は「こんなに反響があるとは思わなかった」と、驚きと喜びの中で、準備に追われている。 (佐久間光紀)

 ムーンウオーク世界大会は、宇宙航空研究開発機構の研究拠点があるJR淵野辺駅前の商店街などの主催。ムーンウオークは、米国人歌手の故マイケル・ジャクソンのダンスステップだが、大会は「月を連想させれば何でもOK」とし、ダンスを競う部門と、仮装などを楽しむ二部門を設けた。

 六月上旬に定員百組で出場者を募集したが、七月初めまでの応募はわずか六組。近くの大学に通う留学生の出場を見込んで「世界」と名付けたが、反応は鈍かった。

 この不人気ぶりを、相模原市に隣接する東京都町田市のインターネット新聞「町田経済新聞」が報じたところ、七月五日にインターネット検索大手「ヤフー」のニュースサイトに記事が掲載された。

 すぐに、イベント担当の商店街理事長・茅(かや)明夫さん(63)に連日三十~五十件の電話が殺到。茨城県つくば市や兵庫県姫路市などからも応募があり、数日で定員に達した。芸能事務所からも「若手を八十人参加させたい」と打診があり、最終的には定員オーバーの百三十組が出場することになった。

 茅さんは「取材に来た人には『ありのまま書いていいよ』と伝えたが、こんなに反響があるとは」と喜びながら「今は時間内にまとめられるかが不安」と苦笑した。

オフィシャルサイト

ソース:東京新聞 / gingamatsuri.dip.jp/moonwalk/index.html

AEG裁判:エステート、AEGに有利な証言をする許可を与えたとする証言を否定

マイケル・ジャクソン・エステートは、かつて仕事を依頼した専門家に対し、AEGライブを弁護する証言をする許諾を与えてはいない、とエステートのトップの弁護士が木曜日に述べた。

これにより、ジャクソン家側の専門家に対抗するためにAEGライブが雇った芸能ビジネスコンサルタント、エリック・ブリッグスの証言に関して疑問が生じることとなった。

ブリッグスは今週行った証言で、彼の会社(FTI Consultants)はエステートの弁護士から権利の放棄を受けたと述べた。

ブリッグスは2010年にエステートと秘密保持契約を結んでいた。納税申告にあたって、その最大の資産であるソニー/ATVカタログの価値の見積もりをエステートが依頼した時である。

ジャクソンが存命であれば稼いだであろう金額を推定するためにジャクソン家側が雇った専門家に対抗するため、ブリッグスは2月にAEGライブの弁護士に雇われた。

ブリッグスは、自分、あるいは彼の会社の人間が、マイケル・ジャクソンの遺産の受益者(キャサリン・ジャクソンと3人の子供たち)の利益に反する証言を行う許可をエステートの弁護士ジェリル・コーエンから受けたと述べた。

しかしながらエステートの弁護士ハワード・ワイツマンは木曜日の法廷で読み上げられた電子メールの中で「エステートは、FTI社あるいはブリッグス氏に対し、利益相反となるいかなる行為についても承諾してはおりません」と述べている。

利益相反となる行為を認めていれば、それはエステートが管理している遺産の受益者の利益に反することになる、とジャクソン家側の弁護士は述べた。

だが判事は、ソニー/ATVカタログについてジャクソン家側の弁護士が行った質問について答えるようブリッグスに命じた。ブリッグスは、同カタログの価値は亡くなった当時の負債と同じ程度(彼の見積もりでは4億ドル)だと評価したが、国税庁はそれでは過小だと異を唱えた、と述べた。

国税庁が依頼したアナリストは、ブリッグスの見積もりが最大で3億ドル過小評価していると結論づけた、とブリッグスは証言した。

これは、ブリッグスの証言に反してジャクソンは亡くなった時点で破産していなかったことの証拠だとジャクソン家の弁護士は主張した。

ブリッグスは今週の証言で、ジャクソンは亡くならなければもっと稼いでいたというのは机上の空論であるというのが自分の意見だと証言した。彼の意見は、あの日に亡くなることがなくてもあと一週間も生きなかっただろうという医師の証言に基づいている。

しかしながらジャクソン家側のパニッシュ弁護士は、その医師の証言は、コンラッド・マーレー医師が毎晩プロポフォールを投与しつづけたらという仮定に基づいていると指摘した。ジャクソン家は本裁判で、マーレーを雇い、監督していたことからAEGライブには法的責任があると主張している。

ソース:CNN

UPDATED-相模原:マイケルそっくりさん集合 80人がムーンウオーク(神奈川)

 米人気歌手マイケル・ジャクソン(故人)の代表的ダンスで、月面を歩くように見える「ムーンウオーク」を競うイベントが3日、相模原市であり、オーストラリアやモンゴルなど国内外から参加した約80人が自慢のステップを披露した。

 同市に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設があることから、地元商店街が企画。夏祭り会場のステージで1~8人が一組になり、ヒット曲「ビリー・ジーン」に合わせ1分間熱演。マイケル顔負けのダンスや、3歳と78歳のコラボに歓声や笑いが上がった。

 完成度を競う部門の最優秀賞は東京都墨田区の中学1年桜庭歌也君(12)。

UPDATE:8/5(月)アゲるテレビでムーンウォーク世界大会を放送する予定(フジテレビ)。



00217_1.jpg

ソース:中日新聞 / 相模原市中央区 / フジテレビ / 共同通信 / MJJFANCLUB.JP

ドキュメンタリー「BAD25」、発売開始

カルチャーに多大なる影響を与えたアルバム「BAD」、そして「BAD」ツアーの25周年を祝うスパイク・リーのドキュメンタリー、「BAD25」。マイケル・ジャクソンの舞台裏の姿を見逃すな!

この2時間フルバージョンには、レコーディング・セッションや映像撮影、満員のスタジアムの内側の映像が収められ、未公開映像やマーティン・スコセッシやカニエ・ウェストらのカルチャー・アイコンたちのインタビューも併せて収録されている。

※DVD、ブルーレイともにリージョン0で発売されます。

詳しくはこちら

bad25dvd.jpg

ソース:Sony / MJ-Upbeat.com / michaeljackson.com

AEG裁判:元ボディーガードの証言

10年前に3年間マイケル・ジャクソンとツアーを回った元セキュリティのチーフ、マイケル・ルペリュクが月曜日に再び証言台に立った。

AEGライブは、ジャクソンは薬物使用を秘密にしており、そのために危険な状態にあることがAEGライブの幹部らには分からなかったということを陪審員に提示する証人としてルペリュクを呼んだ。

しかしながらルペリュクはジャクソンを褒め称え、先週の証言初日には、元ボスの母親キャサリン・ジャクソンにハグを求めていた。

彼は22年間勤めたロサンゼルシ市警察を退職後、ツアーのセキュリティ・チームのチーフとして雇われた。彼は、薬物影響下にある人物を見分ける訓練も受けていたという。

ルペリュクは、「真夜中に」20回から30回、自室のジャクソンから電話がかかってきたと証言した。「彼の会話は不明瞭なことがありました。ボソボソと話すことが多かったです。彼が言っていることが分からないことがありました」。

そういう晩にはジャクソンが大丈夫か確かめるために何度も部屋を訪れた、酔っているように見えた、と彼は述べた。「ただ寂しくて話し相手が欲しいのだと思っていました」。

ジャクソン家側弁護士デボラ・チャンによる反対尋問で、ルペリュクは、ジャクソンの酔っているような状態は、アルコールを飲んで、眠るために鎮静剤を服用している人と同じように見えたと述べた。薬物中毒だと思ったか?との問いに対し、「彼が中毒だったとは言えません」と彼は答えた。

彼は、ホテルの部屋のミニ・バーのワイン・ボトルが空になっていることに気付くこともあったが、薬は見なかった、薬を飲んでいるところも一度も見たことはないと述べた。

彼は2001年の恐ろしい出来事について詳述した。フロリダ州オーランドのディズニー・ワールドのホテルのスイート・ルームの廊下でジャクソンが気を失っているのを子供たちが発見し、救急車を呼んだのである。

当時パリスが3歳、プリンスは4歳であったが、彼らは「泣いていて、ダディが起きないと言っていました」と彼は証言した。ルペリュクが到着して人工呼吸を施し、揺さぶった後にジャクソンは目を覚ました、と彼は述べた。救命士は薬物過剰投与の兆候は見なかった、と彼は述べた。

「彼は薬を飲みすぎているかもしれない、というのが私の心配事でした」とリュペリュクは述べた。

ルペリュクは、薬物使用についてジャクソンに言うことはなかった、なぜなら「彼を責めたくなかったから」だと述べた。そうすることでバリアを作ってしまうかもしれない、「彼を守るために近くで彼を監視できるように、と思っていたのです」と彼は述べた。

ジャクソンは、「薬依存にならないよう、懸命に闘っていました」とルペリュクは証言した。

彼はジャクソンとのある会話について述べた。薬を二度と使わないつもりだと、その会話でジャクソンは彼に語っていたという。

「大丈夫だと思うかい?このまま続けようと思っていることを知っておいて欲しいんだ。前のようにはならないつもりだということを」とジャクソンは語ったという。

この会話で、ジャクソンが睡眠に問題があること、すなわち、最終的に彼の死につながった問題があるということをルベリュクは知ることとなった。ジャクソンは、頭が音楽を作るのを止めないので眠れないのだと語っていたとルベリュクは述べた。

「アーティストとして彼はいつも頭の中に曲が、いろいろなメロディがあったと言っていました。それを止めることができないのだと。頭が絶えずそうなっていたのです」とルベリュクは述べた。

アルコールと薬によっていると思われるような出来事は、マーティン・バシールのインタビューをベースにしたドキュメンタリーが放映された後にそれまでより頻繁に起きるようになった。ルペリュクによると、ジャクソンはバシールを信頼していたのに裏切られたと考えて「非常にショックを受けた」という。この放送の後、カリフォルニア州サンターバーバラ郡で児童性的虐待容疑で訴追された。

ルペリュクはジャクソンにかけられた容疑については一切信じなかったという。もし自分が疑っていたら真っ先に彼に手錠をかけていた、と彼は述べた。

「私は彼を完全に支持していました」とルベリュクは述べた。

ジャクソンは全ての容疑で無罪となった。

ルペリュクはジャクソンを「とても分別のある人」であると評し、彼と仕事をしたことが誇りだと述べた。

「難しいこともありましたが、彼と仕事をしたことは概ね楽しいことでした」と彼は述べた。

ジャクソンについては一つ問題があったと彼は述べた。それは、ジャクソンの携帯電話についていくことであった。彼は27個の携帯電話をなくしたという。

本裁判は15週目に入った。9月中旬まで続くだろうと判事は述べた。

ソース:CNN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ