エステートの声明

ミラー紙その他のイギリスのタブロイド紙が今週末に掲載したマイケルに関する記事について、多くの皆さんから情報が寄せられています。以下は、そのようなくだらない記事に対するエステートの共同執行人からの返答です。

「MJが言っていたように、雑誌を読んだからといって、それが事実だというわけではありません・・・私たちは個人としては、マイケルで利益を得ているこれらの報道機関を憎むべきものとして考えています。ファンの皆さんにおかれましては、私たちとともにマイケルのレガシーを守るということを常に念頭に置いていただければと思っています。すべてのみなさんにMJの「One」をご覧頂く機会が得られますようにと私たちは願っております。これこそが本物のマイケルなのです」。

エステートとともに日ごろからマイケルのレガシーを守ることに気を配っていただいていることに感謝します。

MJOnline
The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™

ソース:MJエステート / MJJFANCLUB.JP

AEG裁判:その他のTJの証言

マイケルが亡くなった後、グレース・ルワランバがジャクソン家に戻ってきたとTJが明かした。しかしTJによれば、グレースが出て行かなければならない状況になったという。

「彼女が去らなければならなくなって少しがっかりしました。祖母と同様、彼女は子供たちにとっての母親代わりだったのです。何が起きたのかわかりませんが、グレースと他の家族のメンバーとの間に衝突があったのだと思います」とTJは述べた。

TJによると、マイケルの子育ては普通とは違っていたという。本はよく読むがテレビは見ず、子供たちがどうしてもテレビを見たい場合には一週間に1本の映画だけだったとTJは説明した。

「叔父が亡くなった後、子供たちは祖母の家にやってきました。同じ生活を保つのは難しいことでした」とTJは述べた。

「彼女(グレース)はそのままにしたいと思っていました。僕や僕の兄弟たちも叔父の子育てを続けたいと思っていました」とTJは語った。

ジャクソン家側の弁護士ケヴィン・ボイルは、グレースに関するパリスの宣誓証言ビデオについてTJに尋ねた。AEG側弁護士が異議を唱えて協議となり、そのまま昼食休憩となった。

AEG側ステビンズ・ビーナ弁護士は、「オプラ」への出演や、プリンスが「エンタテイメント・トゥナイト」に出演したことを例に挙げ、MJの死後子供たちがメディアにより露出するようになったことについて尋ねた。

「難しいです。彼らは15や16なんです。生活をプライベートにしておくのは難しいです」。

TJによると、彼自身はプロポフォールについて聞いたことはなく、亡くなった時にマイケルがプロポフォールを使っていたことも知らなかったという。

AEGライブ側の弁護士からマイケルは殺されたと思うかと尋ねられ、TJは「そう思います」と述べた。

パリス(15)とブランケット(プリンス・マイケル・Ⅱ)は、4月に始まった本裁判では証言しない見込みである。

この2日間の証言は、家族の弁護士がマイケルと子供たちの写真や映像を提示し、マイケルと子供たちの関係に焦点が当てられた。

原文■More Of TJ's Testimony
ソース:Associated Press & MJWN

マイケルの子供たちのホームビデオ映像

法廷で提示されたホームビデオの映像には、マイケル・ジャクソンがプリンス、パリス、そしてブランケットと歌う様子が映されていた。

子供たちは大人になったら何になりたいかとマイケルに聞かれている。ブランケットは映画監督になりたいと言い、それは自分もやりたいことだとマイケルが答えている。プリンスは同じ質問に対し、ダディと一緒に映画の監督をしたいと言っている。パリスは人の手助けをしたいと答えている。

この映像はクリスマスに撮影されたもので、子供たちはクリスマスの特別な服を着ている。



■ Home Video Footage Of Michael’s children
Friday, 28th June 2013

Home video footage shown in court today shows Michael Jackson singing with his children Prince Michael, Paris and Blanket.

They are asked by Michael what they want to be when they grow up. Blanket says he wants to be a movie director, at which Michael says, that is what he also wants to do. Prince answers the same question saying he wants to direct movies with his daddy. Paris says she wishes to help people.

The footage was filmed at Christmas time and the children are dressed in their special Christmas outfits!

Source: The Guardian & MJWN

AEG裁判:スタイリストはMJが死ぬかもしれないとマネージャーに警告していた

金曜日、マイケル・ジャクソンの長年のスタイリストは、数多くの健康悪化の兆候のためにマイケル・ジャクソンが亡くなったとしたら、コンサート・プロモーターのAEGライブの責任になると思うとマイケル・ジャクソンのマネージャーに警告していたと陪審員に語った。

ヘア/メーキャップ・アーティストのカレン・フェイは、健康状態が悪化しているとして死の5日前ころにマネージャーのフランク・ディレオに送付した2通のメールについて証言した。そのうちの一通では、フェイはディレオに対し、「This Is It」と命名されたカムバック・コンサートのリハーサル、または本番中にジャクソンが亡くなったとしたら、ディレオとAEGライブのCEOランディ・フィリップスは「悪党」あるいは「金の犠牲者」になるかもしれないと警告していた。

フェイによれば、彼女はジャクソンの健康状態についての初期の懸念が無視されたと感じたために、そのメッセージの中では緊迫した調子の内容としたという。

フェイは2009年6月20日のメールではジャクソンが死ぬかもしれないという警告を送付した(ジャクソンが手術用麻酔薬プロポフォールの過剰投与でなくなる5日前)。2日後の6月22日、彼女は、ディレオ、フィリップスそしてツアー監督のケニー・オルテガが、ジャクソンが死んだ場合には賠償責任があるとする警告を送付していた。

「あなた(ケニー)、あるいはランディは悪党に値します。さもなければ金の犠牲者になります」と彼女のメールには書かれている。そして、このメッセージは「あなたと私の間だけ」のものだと書いている。

彼女は、彼ら(オルテガら)にとって、「ちょうどまさに今、こうしているように責任問題となる恐れがある」と心配していたと、現在進行中の本裁判に触れつつ語った。

オルテガは当初キャサリン・ジャクソンから提訴されていたが、後に除外された。

フェイのメールでは、ジャクソンは、やせ衰え、妄想的でパフォーマンスできないと評されていた。彼女は陪審員に対し、最後の2日間にジャクソンのパフォーマンスは劇的に良くなったが、プレミア公演はもちろんのこと、50公演という「This Is It」のスケジュールをパフォーマンスできるかどうか自信はなかったと述べた。

キャサリン・ジャクソンは、AEGライブの幹部たちがジャクソンの健康状態についての兆候を見逃し、(手術用麻酔薬の過剰投与で有罪評決を受けた)医師に対する適切な調査を怠ったと主張している。

AEGは、その医師コンラッド・マーレーを雇用したことを否定している。同社はまた、ジャクソンにリハーサルを強いたことも否定している。

フェイは、ランディ・フィリップスやポール・ゴンガウェアといったAEGの幹部たちにジャクソンにリハーサルをさせるようにと圧力をかけられたことはないと述べた。

フェイは前回の証言で、ゴンガウェアがジャクソンのアシスタントに、鍵をかけたバスルームからジャクソンを連れ出してリハーサルさせるようにと話しているのを立ち聞きしたと話していた。ゴンガウェアはその会話を否定している。

原文 ■ STYLIST WARNED JACKSON MANAGER SINGER MIGHT DIE
ソース:ASSOCIATED PRESS
mj_karen.jpg

クリス・タッカー、BETアワード2013でマイケル・ジャクソンをやる

クリス・タッカーがBATアワードのオープニングを務め、ミゲルとケヴィン・ハートにユーモアの利いた毒舌をぶつけてショーが始まった。クリス・タッカーはショーの後半で、マイケル・ジャクソンの素晴らしい物まねを披露した。亡き音楽の伝説の古典「Human Nature」を歌いながら、彼は何度かムーンウォークまでやってのけた。

ビデオはこちら

■ Chris Tucker Does Michael Jackson / 2013 BET Awards! (VIDEO)

Chris Tucker opened the BET Awards with a few friendly digs at Miguel and Kevin Hart, before launching into a stellar Michael Jackson impression later in the show. Performing the late musical legend’s classic, “Human Nature,” the 40-year-old comedian even pulled off a few moonwalks.
.
SEE VIDEO HERE: http://www.upi.com/Entertainment_News/Blog/2013/06/30/VIDEO-Chris-Tucker-does-Michael-Jackson-impression-at-BET-Awards/8581372643006/#ixzz2Xl00fsiK

Source: UPI / MJ-Upbeat.com

Michael Jackson ONE、開幕

シルク・ドゥ・ソレイユがマイケル・ジャクソンをテーマにしたショーを開幕した。これは、カナダのスペクタクル王からの、キング・オブ・ポップに捧げる2つ目の作品である。

「Michael Jackson ONE」はプレビュー公演を終え、ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノで土曜日に開幕した。昨年6位の1億4020万ドルを売り上げたシルクの大成功のショー、「The Immortal World Tour」に続くものだ。

それでは、これらの2作のマイケルのサーカス作品の違いは何なのか?最も大きな違いは、「Immortal」はアリーナ会場の観客向けでビジュアル重視であったために、複雑な高所の演技とオーディオのインパクトと言う点では妥協せざるを得ない面があったというところだ。一方「One」は、亡きマイケルの作品とのより本質的な、より複雑な出会いというものを約束するものだ。

「このショーではマイケルにもっと近づいたような感じを受けることになります」と、「Immortal」と「One」の両作品で脚本・監督を務めるジェイミー・キングは語る。

「衣装や振付から彼の実際の声やビデオのイメージまで、マイケルは存在しています。彼が私たちのガイドなのです」。

もし誰かがマイケルのスピリットを取り出せるとすれば、それは信奉者であるキングである。彼は1992年の「Dangerous」で踊っており、その後マドンナやリアーナの振付に進出した。しかし、彼はこの新しいショーではマイケルを物理的に再現することを積極的に避けるという選択を敢えて行った。

「彼と仕事をしてきて、誰も彼を演じるべきではないという点では譲れませんでした」とキングは言う。その代わりに、「精神的なガイドとしてのマイケルと旅をする4人のはみ出し者たちが、マイケルの4つの魔法のアイテム、帽子、シューズ、サングラス、そしてあのグローブを偶然発見する。彼らは変化し、報われ、最終的にはネバーランドに向う」というストーリーを「One」は語ることになる。

jamie_king.jpg

原文 ■ ‘Michael Jackson ONE’ Opens Saturday
ソース: USA Today & MJWN
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ