図書館の読書啓発ビデオが著作権問題に

アメリカのランズダウン公立図書館(デラウェア郡)によく通っているティーンエイジャーたちは、彼らがマイケル・ジャクソンの「Beat It」のパロディーを制作し、「Read It」に作り変えた時、それが他の若者に対して本をもっと読んでもらうことに役立つことを望んでいた。しかし、そのビデオが同図書館のティーン・ルームの完成式で披露された日(11月16日)の三日後、YouTube上の彼らのビデオがソニー/ATVミュージック・パブリッシングによってブロックされていることに彼らは気がついた。ソニー/ATVミュージック・パブリッシングは、マイケル・ジャクソン・エステートの遺言執行人ジョン・ブランカの代理でマイケル・ジャクソンの音楽を管理している会社である。

ランズダウン公立図書館の公共サービス責任者アッベ・クレベノフはこう説明している。

「彼らは音楽でブロックしたのではない、歌詞がパロディーではないからだと言っています。パロディーではなくメッセージだと言っているのです」

ティーンエイジャーたちと図書館の職員は、「Just UN Ban-It」という1分33秒のビデオをYouTube用に制作した。

ペン・ウッド高校の生徒、アルマーニ・ブラウンはソニー/ATVの措置にショックを受けた。

「私の気持ちは潰されました。準備に何週間もかかったんですよ」

このビデオは、ランズダウン公立図書館の児童諮問委員会とティーン・ルームの常連の若者たちによって制作された。

「放課後、彼らはそこに集まって宿題をしたり、放課後プログラムに参加したりしています。安全で教育的な環境なんです」とクレベノフは語る。

ランズダウン公立図書館の館長サンドラ・サミュエル・ジャンネッラ(自身も1972年にマイケル・ジャクソンのコンサートを見たことがある)は、"ウィアード・アル"・ヤンコビックの1984年の「Beat It」のパロディー、「Eat It」のことを考えれば、ビデオ「Read It」は自然であると思ったという。

「すぐに、アッベを通じてそれをやりたがっていた子供たちに伝えました。子供たちはとてもがっかりしています。子供たちはソニーにまさにひっぱたかれたのです」

ランズダウン地区の中高生16人が、2ヶ月かけて新しい歌詞を書き、返却用ポストから図書館へ入り、ブックマーク(しおり)でフェンシングをするという自分たちが出演するビデオの振付も考えた。彼らはiPadを使ってビデオを制作した。

ソニーによる禁止措置を受け、アッベ・クレベノフはエステートの執行人ジョン・ブランカにアピールしようと決め、電話で彼の弁護士事務所に連絡をしたところ、電子メールで申し立てるように言われた。彼女はさらにソニーの重役たちに嘆願できないかとニューヨーク・マディソン街のソニーの本社まで出向いた。彼女は受付係までたどり着き、その受付係は別の受付係に彼女の件を伝えたが、その受付係には、手助けをするには重役の氏名を具体的に挙げる必要があると告げられた。

「ニューヨークまで行ったのに、門前払いを受けたのです」とクレベノフは語った。

しかしながらニューヨークへ行き、マスコミからの問い合わせを受けた後、ナッシュヴィルにあるソニーのライセンス許諾部署のアシュレー・コリアーから連絡があり、エステートは「再考中であり、詳細情報を必要としている」と告げられた。そして、2013年の6月30日までは、同図書館のウェブサイト上では「Read It」を公開してもよいと告げられた。

「他のいかなるサイト(Facebook、YouTube、Vimeoを含むがこれに限定されない)に投稿することは許可できません」とクレベノフへの電子メールでコリアーは記している。

mjj_42.jpg

11月20日以降、アッベ・クレベノフは「Read It」をYouTube上で復活させるべく、コリアーとやり取りを続けていた。しかしコリアーは先週こう述べている。

「この作品の使用は、弊社の許諾担当が却下しています。どのような方法であっても、その作品を利用することはできません」

「YouTubeに投稿することはできないんですか?問題は何です?オンラインというのなら同じじゃないですか」とクレベノフは反論し、ビデオを作った生徒たちがその成果を家族に見せることが出来て嬉しかったのだと指摘した。

月曜日の午後、ソニーの広報ジミー・アスキーは、インターネット配信をブロックするというソニーの最初の決定について詳しく説明することは拒否し、「要請は歌詞を変えるということでした。その要請は否定されました」とだけ述べた。

ジャンネッラはソニー側の妥協を、「中途半端なやり方ですらなく、黙らせるやり方」であると見ている。ウィリアム・ペン学校区、デラウェア郡図書館機構、そしてペンシルベニア州図書館協会は、図書館の利点をプロモートするPA Forward(ペンシルベニア州での図書館からの情報発信運動)の一環として、「Read It」を再びネット配信させたいと考えている。特にティーンエイジャーたちにとっては近づきがたいのだとジャンネッラは言う。

「これは、幅広く利用者を集め、『Read It』という私たちのメッセージを広げることを許さない措置なのです」

クレベノフは著作権専門の弁護士にもコンタクトを取っているが、その弁護士は「Read It」がマイケル・ジャクソンの遺した物を侵害している要素はないと考えていると彼女は述べた。

「これは公正な使用であり、公共図書館であって、利益を得ているわけではないと弁護士は言っています」とクレベノフは述べ、弁護士費用(一時間500ドル)を支払う余裕はないということにも触れた。

「キング・オブ・ポップ」は本を読むことの意識を高めるという生徒たちのビデオ制作の努力を認めてくれるはずだ、特にアメリカの図書館が直面している生き残りのための奮闘を考えれば、とジャンネッラは信じている。

「マイケル・ジャクソンが遺したものに使用許諾を与える立場にある人たちは、ティーンたちのためにマイケル・ジャクソンの魂が求めるはずと私が思うものに全く反する決定をしています」とジャンネッラは言う。「彼が『Read It』を見たら褒めてくれると私は思うんです」

原文: ■ Video Turns Into Copyright Flap
Source: MJFC / Delco Times

ジョセフ・ジャクソンの公式声明

2012年11月28日に軽度の脳卒中を患いました。近しくしている皆さんの迅速な対応、そしてラスベガスの病院の担当医師の適切な処置に感謝します。元気になったことを報告できて嬉しく思っています。現在医師からは休養を勧められていますが、退院するまでには健康証明書が出せるだろうとのことです。私の家族、友人たちそしてファンの皆さんの祈りとサポートに感謝したいと思います。最後にもう一度、みなさんありがとう。

ジョセフ・ジャクソン

MJ-and-Joe.jpg


” I suffered a mini stroke on the 28th of November 2012. Thanks to the prompt response of my close associates and the extremely good care of my doctors in Las Vegas, I am happy to report that I am feeling fine. The doctors at this time recommend rest and expect me to have a clean bill of health by the time I leave the hospital . I would like to thank my family, friends and the fans for your continued prayers and support. Once again thank you.” Joseph Jackson

原文:http://www.jwjackson.com/2012/11/30/thank-you-all/

「Read It」がYouTubeに復活

読書のプロモーションを目的に地元のティーンたちによって制作したされた、1983年のヒット曲「Beat It」の教育目的のパロディー・ビデオ「Read It」(ランズダウン公立図書館)が火曜日・・・ソニー/ATVから著作権問題でブロックされて8日後・・・に、YouTube上に復活した。(前報参照)

アッベ・クレベノフ(ランズダウン公立図書館公共サービス責任者)は火曜日の午後2時42分、YouTubeより電子メールを受け取った。それにはこう書かれていた。

「ワーナー/チャペルがあなたのビデオ『Read It』について著作権クレームを取り下げました」

ワーナー/チャペルは、8月にソニー/ATVが著作権管理を引き継ぐまでマイケル・ジャクソンの音楽カタログを管理していた会社である。

11月20日以降、クレベノフはYouTube上に復活させる許可を得るべくソニー側とやり取りを続けていた。しかしソニーの許諾関連の担当者からは当初、いかなる方法でもそのビデオを使用することはできないと告げられていた。月曜日の夜、「Read It」についてさらに事情を聞かれた後、クレベノフは、同ビデオは図書館のウェブサイト(lansdownepubliclibrary.com)上では使用可能であるが、YouTubeやFacebookその他では不許可であると告げられた。

「ご要望はインターネット上にパロディー・ビデオ『Read It』を投稿するためになされたものです。私たちにとっては一般的ではありませんが、ランズダウンの生徒のために例外を認め、全ての使用料を免除します。子供に読書を勧めようという生徒たちの善意の努力であるというのがその理由です。インターネットを通じて誰でも視聴可能です」とソニーの広報ジミー・アスキーは水曜日に発表した声明で述べている。

アスキーは、この声明は「Read It」の同図書館のウェブサイト上での利用について言及しておりYouTube上のことではないと述べた。YouTubeは著作権侵害の恐れがあるものについて独自に取り締まっており、ブロックするかしないかを判断する権限を有している彼は説明している。

クレベノフは「Read It」のYouTubeへの復活を、ランズダウン公立図書館とこの3分7秒のビデオを制作したティーンたちの勝利と見ている。これにより、デラウェア郡図書館機構やペンシルベニア図書館協会を通じて配信されるものにアクセスする人々を含む、多くの人たちがこのビデオを閲覧することが可能となる。

「子供たちが見られるようになることに感謝しています。これは、他の子供たちのための、子供たちの読書への熱意を表しているんです。信じることのために立ち上がるという偉大なメッセージだと考えています」

YouTubeに投稿されたビデオを見るにはこちらをクリック。

原文: ■ 'Read It' Video Back On YouTube
Source: MJFC / Delco Times

マイケル・ブッシュ、アームバンドについて語る

マイケル・ジャクソンの衣装デザイナーを長年務めたマイケル・ブッシュが、彼の衣装デザインと記念の品々のコレクションを明日ジュリアンズ・オークションに出品する。フォーブス誌のインタビューで、これらのアイテムを売却するという難しい決定をなぜ今したのか彼は答えている。

「型紙とか生地とかバックルとか、何もかもとっておいたんです。ちょっとした隠匿者だったんですよ(笑)。次に進むタイミングなんです」。引き出しの中の1988年の「BAD」ツアーで使った布切れやバックル、レザージャケットでいっぱいのクローゼット。ブッシュはスタジオの様子を話す。基本的に「ものは一つの小さな場所にしまわれていたんです」。「マイケルの音楽は世界中にありますが、同じようにこれらの品々もたくさんの人々が持つ時が来たんです」

オークションに出品される魅力的な品々としては、「Bad」ジャケット(8万ドル~12万ドル)、スワロフスキーのクリスタルが手縫いでつけられた「クリスタルのグローブ」(3万~5万ドル)がある。ほぼすべてのジャケットの右袖にはアームバンドがあるが、マイケルはなぜアームバンドをつけているのかファンが不思議がるようにしたかったのだとブッシュは説明する。

「部屋に7着のジャケットが吊るされていたとしても、どれがマイケルのものかファンにはすぐに分かるでしょう。それが彼が望んだことだったのです」

もう一つのマイケル・ジャクソンの定番は数字の7だ。そしてしばしば3つの7がジャケットには縫いつけられている。マイケル・ジャクソンは家族の中で7番目の子であり、そして19+58(彼の誕生年)とすれば77となる。

mjexhibition_1.jpg

■ Bush Talks About Armbands
(1-12-2012) Tomorrow, Michael’s long-time costume designer, Michael Bush will put his collection of costume designs and memorabilia on the block at Julien’s Auctions. In an interview to Forbes he explained why he made the tough decision to sell these items now:

“I saved everything—patterns, fabric, buckles. I’m a bit of a hoarder I guess [he laughs]. It’s time to move on.” Bush describes a studio with color swatches, buckles from the 1988 “Bad” tour in drawers and leather jackets stuffed closets–basically “stuff confined to one little area.” “Like Michael’s music, which is all over the world, it’s time for these pieces to have a wider audience.”

The star attractions of the auction are the “Bad” jacket (valued $80,000 - $120,000) and a “crystal glove” covered in hand-sewn Swarovski crystals (valued $30,000 - $50,000). Almost every jacket has an armband on the right sleeve. Bush explains that Michael just wanted his fans to wonder why the band was there.

“If there were seven jackets hanging in a room, you’d know which one was Michael’s. That’s what he wanted.”

Another Michael Jackson standard is the no. 7 and there are usually three no.7’s sewn onto his jackets. Michael Jackson was the seventh child in his family and if you add 19 + 58 (his birth year) you get the no. 77.

Source: MJFC / Forbes

医療記録のオークションの件、エステートの声明

(1984年ペプシCMでMJが大火傷した医療書類がオークションにかけられた件について)
マイケル・ジャクソン・エステートの遺言執行人は、マイケルの医療記録が売却されようとしていることを知ってショックを受けています。この情報がもたらされてすぐに、そのオークション・ハウスに対し適切な手紙を送付するようエステートの弁護士らに指示が出され、私的記録を私的なままに守るためのあらゆる手段を講じているところです。

The Executors of Michael’s Estate were shocked to learn of the attempt to sell Michael’s medical records. Immediately upon the information being brought to their attention, the Estate’s lawyers were directed to send an appropriate letter to the auction house and are taking all steps possible to ensure that these private records remain private.

ソース:MJエステート / MJJFANCLUB.JP (ありがとうございました、wasoさん!)

祝BAD25!

BAD25 ANNIVERSARY PICTURES

bad25_anniversary.jpg

↓クリックすると拡大して見られます!

bad25_anniversary_1.jpg

bad25_anniversary_2.jpg

もっと写真を見たい方はこちらを訪れてくださいネ。

Thank you, Mayumi!
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ