BAD25レビュー(Gawker)

ウェブサイトGawkerが、スパイク・リーのドキュメンタリー「BAD25」についてのとてもポジティブなレビューを掲載している。Rich Juzwiakによるこのレビューは、本作を「史上最高の音楽の舞台裏エピソード」であると評している。

アートとしてのロック・ドキュメンタリー:スパイク・リーのマイケル・ジャクソン・ドキュメンタリー「BAD25」

すべてのサブジャンルには源流となる古典が必要だ。そしてスパイク・リーの「BAD25」は、史上最高の音楽の舞台裏エピソードとなるものである。ペースは終始熱狂的、巧みに組み立てられ、愉快な逸話に満ちた1987年の「BAD」(「Thriller」の次作という途方もない使命を負っていた)の制作の回想は、このロック・ドキュメンタリーを一つのアートへと高めている。長さにして二時間あまり、過剰な死亡記事と感じられたかもしれなかったものが、間違いなく生き生きとしている。そもそもの主人公の死がなければこのドキュメンタリーは構築されていたとは考えにくいことであるが、「BAD25」は、ジャクソンのレガシーが彼自身を不朽のものとしたことを証明している。

自分で考える以上に聴き込み、そして長いこと嫌いになっていたアルバムについての新しい見方をこの映画は私に提示してくれた。私は温かみ、明快さそして奇抜さを好む。それは、たるんだ80年代後半をも覆う、80年代初期のアナログ主体の時代を定義づけているものであるが、BADを作った職人芸は疑いようもないものであり、リーのこの作品によってそれは解明されている。その文化的重要さは、この映画の語り部たちの一人、クエストラブの洞察力を通じてより明確に強調される。その他にも、カニエ・ウェスト、L.A.リード、コラボレーターのサイーダ・ギャレット(彼女のブラッサム・ハットは入場料の価値がある)、マライア・キャリー(時折自分の歌で演じる役を担っていて、ここでは単に舞い上がったポップ・ミュージックのファンの一人になっている)、ジャスティン・ビーバーらが登場する。ジャーナリストとしてはネルソン・ジョージ、ダニエル・スミス、ジェイソン・キングらがいる。クエストラブはBADについて、ブラック・ポップの最初のスタジアム・アルバムとして言及している。彼は退屈なスティーヴィー・ワンダーとのデュエット「Just Good Friends」をBADの「コーヒーブレーク」と呼んでいる。彼はジェームス・ブラウンのカタログからBADの収録曲「Speed Demon」まで一本の線で結んでいる。実際に使用されている楽器すべてがパーカッションの役割をしているからだ。もし彼のことを今まで知らなかったのであれば、今ではわかるはずだ。ザ・ルーツのドラマーである彼は、現在の偉大な文化批評家の一人なのである。

一方カニエ・ウェストは「Smooth Criminal」についてたっぷりと語っている(「アニーが誰か全くわからなかったよ。彼女がOKかどうか、どうして問題なのかもね」)。そこにはジェントルなジャクソンの、尊敬の念というものに人間味と現代を感じさせるイタズラというモチーフが存在する。マーティン・スコセッシが監督したショートフィルム「BAD」の脚本を書いたリチャード・プライスは、「彼はイタリア人の喘息持ちとユダヤ人の喘息持ちのところへ行って、自分をホーミーに仕立てたのさ」と鼻息が荒い。全編を通じて、黒人/ミュージシャンとして文化がジャクソンに期待するものへの彼の関わりとそこからの逸脱が、言外の示唆や同情を織り交ぜつつ扱われている。リーがこの手のポートレートを成しえたということは驚くことではないが(明らかに、彼にはそれがある)、それでもなおとても満足いくものである。

リーはBADの楽曲を用いてジャクソンのレガシーの異なる面について議論する。たとえば「Smooth Criminal」は彼のダンスを論じている。「Leave Me Alone」はジャクソンの一般的イメージのセクションを構成している。「Man in the Mirror」はジャクソンの死についての意見の数々を織り合わせている(彼の死後、この曲は人気の高まりを経験した)。私はこの映画の不遜なトーンを評価するものであるが、ジャクソンとの関わりで人生が信じられないくらい動かされたという人々が目に涙を浮かべている様子のモンタージュにも気がついた。ジャクソンの作品について語る中での流れにこの悲しみが加わるのは、ドキュメンタリーの最後の場面だけである・・・仕掛けとして、これは、この時点までで交わされた彼の死についてのどの議論よりも、ジャクソンの喪失の文化的巨大さをより大きく響き渡らせることになっている。

このドキュメンタリーでは保管されていたたくさんの映像が登場する。一部は、古いインタビュー映像となっている・・・クインシー・ジョーンズはこのドキュメンタリーではインタビューを受けていないようだが、彼のコメント(とアブストラクトなビル・コスビー・セーター)は骨董品である。表情豊かにカリフォルニア・レーズンズのマネをしてバカをやっていたり、「Speed Demon」の果てしなくバックルがついた衣装がきついことを嘆いていたりする(動けたらなあ。とてもきつい。これはとてもタイトだよ)驚きのそして愉快な映像もある。公の目から隠れて弱い面を保っていた人物の、とても人間味あふれる一面である。

「BAD25」は、感謝祭のABCでの放映を前に今週と来週の期間限定で劇場公開されている。私はニューヨークのイーストビレッジの映画館で土曜に観たが、積極的に意思表明するファンで溢れていた(彼らはジャスティン・ビーバーが映るたびにブーイングをしていた・・・私にはジャスティン・ビーバーの声がほとんど聞こえなかった)。ある男は終始解説をしており、ほとんどサウンドドラックと変わらないくらいうるさかったが、ドキュメンタリーが1/4も進まないうちに劇場から連れ出されてしまった。私の前に座っていた女性は、誰がどのようなことを話していても激しく頷いていて、クライマックスの「Man in the Mirror」では何やら手を動かしていたが、最後まで観る事を許された。しかし少なくとも彼女は静かであった。

その他の観客は迷惑にならない程度に歌い、手拍子をし、愛を伝えていた。「本当に、歓喜だね」というのはジャクソンがこのアルバムのリリースを評して言ったことだが、四半世紀後もそれは続いている。

原文:■ Another BAD25 Documentary Review
Source: MJFC / Gawker

エステートとポール・アンカ、This Is Itで訴えられる

マイケル・ジョンザンというプロデューサーが、ポール・アンカとマイケル・ジャクソンの1983年の曲「I Never Heard」を2009年のマイケルの曲「This Is It」へとリメイクする手伝いをしたと主張している。ジョンザンはマサチューセッツ連邦地裁に提訴し、ポール・アンカとエステートを訴えた。彼は同曲への自分の仕事に対し、少なくとも2400万ドルが支払われるべきだと主張している。訴状によると、ジョンザンは「This Is It」に対し1/3の権利を有しているが、同曲の収益のうちの彼の取り分を受け取っていないという。

TMZに対する声明で、ポール・アンカは、今日までマイケル・ジョンザンという名を聞いたこともなく、ジョンザンが「This Is It」の一部を所有しているといういかなる主張も「たわごと」だと語った。

mj28.jpeg ■ MJ Estate & Anka Sued Over 'This Is It'
(31-10-2012) A music producer named Michael Jonzun claims he helped remake Paul Anka`s and Michael's 1983 song "I Never Heard" into what eventually became Michael's 2009 song "This Is It." Jonzun filed a lawsuit in Massachusetts federal court suing Anka and the Estate of Michael Jackson. He is claiming he's owed at least $24 million for his work on the song. According to the lawsuit, Jonzun owns one-third of "This Is It" but he never got paid his share of the song's proceeds.

In a statement to TMZ Paul Anka said that he has never even heard the name Michael Jonzun before today and any claims Jonzun owns a portion of "This Is It" are "BS.".

Source: MJFC / TMZ

Julien's Icons & Idols AuctionにMJのアイテム

ジュリアンズ・オークションが、待望のオークション「2012 Icons & Idols: Rock “N” Roll」を2012年12月1日、2日にビバリーヒルズのジュリアンズ・オークションのギャラリーで開催すると発表した。このオークションには1930年代から今日までの音楽史の中から550点以上のアイテムが出品される。ジュリアンズ・オークションは音楽ファッショニスタを魅了しようと、マイケル・ジャクソンやレディ・ガガ、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・レノン、ドリー・パートン、マドンナ、ジェームス・ブラウン、リベラーチェ由来のプロフェッショナルによる個人的芸術品によってオークションをまとめ上げた。

このオークションの三回目のセッションでは、全キャリアを網羅する60点のアイテムによってマイケル・ジャクソンの歴史が紹介されることになっている。これらがは、寄贈された枕カバー、署名入りのメモやアルバム、ツアージャケット、映画「ウィズ」の衣装、1973年のジャクソン家のパーティーへの署名つき招待状、レコード・アワードなど、人々に愛されたマイケル・ジャクソンゆかりのアイテムである。

医療や社会問題のための資金集めや意識啓発のために3つの慈善団体がジュリアンズ・オークションと提携している。一つ目は、U2のギタリスト、ジ・エッジが2005年に設立したMusic Risingで、メキシコ湾岸のハリケーン・カトリーナによって引き起こされた災害で被害に遭ったミュージシャンや学生、合唱団のために活動している。ジ・エッジはロバート・プラントやミック・ジャガー、U2、グリーン・デイといったミュージシャンの支援を受けて活動しており、彼らはいまだにカトリーナによるダメージに苦しんでいる者たちの利益のために楽器やサインをしたアイテムなどを寄付してきた。二つ目は、カルロス・サンタナと妻のシンディ・ブラックマン・サンタナが設立したMilagro Foundationで、十分なケアを受けられず弱い立場の子供たちを手助けしている。サンタナ夫妻はMilagro Foundationとネバダ州ラスベガスにあるCasa de Luz(House of Light)の資金集めのために個人所有の楽器などを寄付してきた。三つ目は、伝説のボーカリスト、ロニー・ジェイムズ・ディオ(2010年5月にガンで死去)を記念して設立されたStand Up and Shout Cancer Fundである。Stand Up and Shout Cancer Fundはガン研究のために資金を提供しており、ディオの友人や仲間のミュージシャン・・・そして数頭のゾウ・・・が協力している。彼らはこの重要な理念のためにギターを寄付している。

juliens_icons_2012_mj2.jpg juliens_icons_2012_mj1.jpg

無料一般展示
11月19日(月)-11月30日(金) 10:00am-5:00am(全日)

ライブ・オンライン・オークション
12月1日
セッション1:10:00am-
セッション2:2:00pm-
12月2日
セッション3:10;00am-

展示・オークション会場
Julien's Auctions Beverly Hills
9665 Wilshire Boulevard, Suite 150
Beverly Hills, CA 90210

ライブ・オークション入札には登録が必要です。会場で直接登録できます。電話による本人あるいは代理人による入札、またはJuliensLive.comでのライブ・オンライン入札、または電話による入札の場合には、オークション開始前にJuliensAuctions.comのRegistrationページでの登録が可能です。

原文: ■ Julien's Icons & Idols Auction To Feature MJ Items
Source: MJFC / Julien's Auctions

レビュー:マイケル・ジャクソン展(その2)

11/1から展示品が変わりました。Dangerousツアーのジャケット、Smooth CriminalのSFのスーツ、HIStoryツアーのオープニングの金色のスーツ、HIStory Teaserのジャケットなどがあります。Smooth Criminalのスーツは入ってすぐに展示されていましたが、大勢の人が群がっていて、近づけません(笑)。特許を取ったブーツもスーツと一緒に展示してあるからです。仕方ないので(笑)、先にデンジャラス・ツアーの衣装へ。HIStoryの金色のスーツも細い!HIStoryのツアーは少しふっくらしたマイケルに見えましたけど・・。楽しみにしていたTeaserのジャケットに感激。今回の一番の目当てでした。かっこいい!
混み具合はあまり変わっていないように思えました。でも前よりは一目見てファンの人だとわかる服装を皆さんしてました。皆さん楽しそうだったので、マイケル・ブッシュも喜ぶと思います。

ところでこの展示会は、東京タワーで開催されたネバーランド・コレクションやラスベガスのファンフェストの展示と比べて展示物がすごく近いのが特徴です。アカデミー賞の白いジャケットなどは、ものすごい数の飾りが縫い付けられているのがよくわかります。肩が凝るだろうし、マイケル・ブッシュさんお疲れさまと思います。今回来日した時のマイケルの顔のジャケットもですけどネ。
Dangerousツアーの金と黒のジャケットは生地がウールとなっていました。これウールなんだぁー。触れないけど(触れそうなほど近い)。正直生地の素材についてはあまり考えたこともありませんでしたが、暑くはなかったんだろうかと余計な心配をしてしまいました。ちなみに音声案内は興味のある衣装の説明をリピートして聞けるので便利でしたよ。

これらは12月にはオークションにかけられるわけですが、生前のマイケルが望んだように寄付されて困ってる人の助けになって欲しいと思います。

MJJFANCLUB.JP

スリラーライブ、MJアカデミーを立ち上げ

ロンドン・ウェストエンドのヒット・ショー「スリラーライブ」が、ショーの中で若きマイケル・ジャクソンとジャクソン5の歌を歌う役の少年を訓練することを目的とした学校を立ち上げようとしている。このショーはウェストエンドでの公演開始から5周年を間もなく迎える。

スリラーライブのキャスティング・ディレクター、デビー・オブライエンはこう語っている。

「ウェストエンドのショーでは常時6人の少年が必要です。ショーは世界中をツアーで回っています。残念ながら、声変わりしてしまうと作品にはとどまれません。ですから入れ替わりが激しいのです。MJアカデミーへの入学希望者へは経験の有無を問いません。エキサイティングで自信があって、パワーのある子を探しているのです。黒人か黒人の血を引いている9歳から14歳で、声変わりをしていないポップ/ロック向けの声質で高音を出せることが条件です。アカデミーに適しているかを見る最初のオーディションでは、『Ben』、『I Want You Back』、『I'll Be There』のどれかを歌えるよう準備していただきます」

アカデミーへの公開オーディションは2012年11月2日、4:30pm-7:00pmにかけてロンドンで開催される。

MJアカデミーは2012年11月9日に開校する。参加者は毎週金曜日の午後5時から8時まで歌とダンスの講義を受ける。期間は3ヶ月。ショーの音楽監督ジョン・メアの音楽の授業を受ける。メアは同アカデミーの創作面での責任者である。ダンスの授業はダニー・ハンプソンとショーの常勤監督ブリット・クイントンが受け持つ。すべての子供が3ヶ月間の「トレーニング」を課せられており、12週間後、受賞歴もあるショーの監督ゲーリー・ロイド、ショーの創設者エイドリアン・グラント、プロデューサーのポール・ウォールデンが参加する最終オーディションが行なわれる。入校が認められるとアカデミー自体は無料だが、保護者は送り迎えの費用は自己負担となる。

mjj_5.jpg 原文: ■ 'Thriller Live' Launches Academy
Source: MJFC / Westend Broadwayworld

キングのための仕立て(その1)

25年もの間、マイケル・ブッシュはパートナーの故デニス・トンプキンスとマイケル・ジャクソンの服を制作してきた。彼の新著「The King of Style: Dressing Michael Jackson」の中で、彼は衣装のスケッチや未公開写真、デザイン途中のイメージの詳細などで彼が行なってきた仕事を回顧しながら説明している。マイケルはしばしばブッシュとトンプキンスに衣装をプレゼントしていた。トンプキンスは昨年亡くなり、そしてブッシュは、ロンドンと東京での展示ツアーが終了した後、彼らのコレクションの大部分をハリウッドのジュリアンズ・オークションと協力してオークションにかけることになっている。

ブッシュはたくさんの魅力的なストーリーを持っている。たとえば、マイケルを象徴するクリスタルをちりばめたグローブを彼は最初自分で作っていたが、すぐにブッシュとトンプキンスが作ったものを使うようになった。

ブッシュは振り返る。「初めの頃はストーンは大きくて全部同じ大きさでした。ミッキーマウスみたいに大きかったんです」。ブッシュは、マイケルが好きな虹色のオーロラ・クリスタルのサイズを徐々に変化させることで、グローブのデザインを洗練させ整えた。そうすることでより一層光を放つからだ。「今では、グローブの周りを歩いてみると、動いているように見えるんです・・・命を吹き込まれたのですよ」

何年も後、ステージ脇から離れてみて、ブッシュは彼の衣装の違う効果を経験することとなる。「現実に打たれたんですよ、完成した衣装が持つ力を見て。作業机の上にあるたくさんの作品の中にそれを見ていましたから」。最近バースでのイベントで、彼が有名なクリスタルのグローブを持っていくと、「見上げると80人も立っていたんです。サンタに会おうとニューヨークのメイシーズに並んでいる子供たちのようでした。人々にとってこんなラインストーンの小品がどれほど意味を持っているのかを目の当たりにして、私は恐縮しました。素晴らしいことですが、うぬぼれではありません。自分のアートについて語ったり、ガラスケース越しにそれを見ている人の隣にこざっぱりして立つというのは恐れ多いことですよ」

ブッシュによれば、マイケルのメンタリティーは究極のショーマンのそれだという。

「衣装やジャケットは楽しませなければならないと彼は考えていました・・・どぎつく飾られた服を着る人は多くはいません。みんなが空想することができて、そういう衣装が着られたらいいなと思うようなイベントにマイケルはいたのです」

ブッシュは振り返る。マイケルは、博物館で見たヨーロッパの古典時代の衣装(ドイツのベルベット・キルトのダブレット)、アメリカの古典的娯楽である野球のユニフォーム(HIStoryツアーの金色のレガース)やサスペンス映画(「Smooth Criminal」のフェドラ)からヒントを得ていた。マイケルは細部にわたるまで忠実であることを求めた。

「マイケルはエッチングやアカンサス模様や衣装の細かい彫刻や刺繍まで見ていました。オーディエンスが見ていなくても」とブッシュは言う。「そういうことが自分を輝かせ、より高く立たせ、役になりきらせるということが彼にはわかっていたんです」
その2に続く)
HIStory.jpg
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ