シルクのプロデューサーが常設ショーについて語る

プロデューサーのジェイミー・キングがロビン・リーチの独占インタビューで、一年後にラスベガスのマンダレイベイ・ホテル&カジノで常設ショーとなるシルク・ドゥ・ソレイユのマイケル・ジャクソン・ショーの進展状況について語った。彼は既に、現在世界展開している「Michael Jackson: The Immortal World Tour」の監督を務めているが、新しいショーは全く新しい経験(※ 内容のこと)になる。

「全く違うフィーリングになります。僕はすでに興奮してますが、まだ自信はありません。これから満足いくレベルになりますが、今現在でも興奮しています。マンダレイベイで、演劇バージョンのマイケルのショーをやることに興奮しているんです。劇場の中は歩いてみました。建設中で、現在は雑然としています。高い可能性を秘めていて、完成が楽しみです。

まだショーの正式名が決まっていないので、マイケル・ジャクソン2013ショーとなっています。まだ準備段階で、9月末か10月初めに私は3、4ヶ月モントリオールへ行きます。そこで休暇を過ごし、ラスベガスへ戻ります。そしてしばらくはラスベガスに住むことになります。

『Immortal』とは全く違うものになります。全く違います。劇場のショーなんです。アリーナでやる作品ではありません。トータルで90分以上となるこのショーは、ツアー・ショー(※Immortalのこと)で皆さんが観たものとは違うものになります。全く新しいコンセプトとテーマを作り上げました。もっと多くの人物やアクロバットが登場します。アリーナでのロック・ショー的なものは抑え、もっとファンタスティックに、演劇的になります。ですが、ツアー・ショーと同じくらいマイケル・ジャクソンの音楽を聴くことになるでしょう。ここでも具体化できそうだと感じた、ツアー・ショーでの魔法のような瞬間はそのまま維持しています・・・・皆さんが言うような、こまごましたことですよ!

そうは言っても新しいものも創り出す必要がありました。ツアー・ショーは長い長い海外ツアーに出ます。その間ここで常設ショーをやるのですから。マイケル・ジャクソンのために二つのショーをやるんです。全く違うものでなければならないし・・・そうなります。自分で買って出た苦労みたいなものですよ」
immortal.jpg ■ Producer Jamie King Talks About Upcoming Show
(31-5-2012) In an exclusive interview to Robin Leach, producer Jamie King talked about the progress of Cirque du Soleil's second Michael Jackson show, which will become a resident attraction at the Mandalay Bay hotel and casino in Las Vegas (USA) one year from now. Although he already directed "Michael Jackson: The Immortal World Tour" which is currently on tour worldwide the new show will be a totally new experience:

"That will be a different feel completely, altogether. I am already excited, but not yet confident. I'll get there, though. Right now, I'm just excited. I am excited about being here at Mandalay Bay and doing the theatrical version of Michael’s show. I've already walked the theater. It's under construction, but for now it looks a mess. It has much potential, and I am excited for the future.

There is no official name yet for the show, so it's just the Michael Jackson 2013 show. We are in pre-production now, and at the end of September, early October, I'll be relocating to Montreal for about three to four months. I'll stay there through the holidays, and then we'll all come to Vegas. I will live here for a while.

It will be completely different from the 'Immortal' show -- completely. This will be a theater show, not an arena production. The entire 90-plus minutes will be different from what you experienced with the touring show. I've done a whole new concept and theme. It involves many more characters and acrobatics. It will be much more fantastical and theatrical, with less arena rock 'n roll. However, you will get as much of Michael Jackson's music as we had in the touring show. I've kept some magical moments from the touring show I felt could translate here -- some bits and bobs, as you'd say!

I had to create something new, though, because the touring show will go on for a long, long time overseas while we have the permanent show here. I've sort of shot myself in the foot by having two shows for Michael Jackson, and both must be different -- and they will be."

Source: MJFC / Las Vegas Weekly

エステートの声明:BAD25 ウェンブリーの映像について

下記は、ジョン・ブランカ、ジョン・マクレーン連名でMJオンライン・チームに送られたBAD25のウェンブリー・コンサートに関する手紙です。

--------------------------------------------------------------------
先週のプレス・リリースはお疲れ様でした。BAD25についてのファン・コミュニティーの絶大なる支持と興奮を目の当たりにし嬉しく思います。ウェンブリー・コンサートのDVDについていくつか質問が出されています。プレス・リリースはバックグラウンドの詳細を語る場ではありませんでした。ここにさらなる情報をお知らせします。

● ノクターン・プロダクションが、ウェンブリーを含む多くのコンサートでジャンボトロンに映し出された映像をUマチック・テープに撮影していたことはわかっています。これらのテープはマイケルのクルーへ引き継がれました。そして、ヨーロッパ・ツアーのすべてはLAへ送られマイケルの倉庫に保管されたことをパトリック・ケリー(ヨーロッパ・ツアーでマイケルの撮影クルーを指揮した)に確認しています。アメリカ・ツアーでも同様の手順が採られました。

● 残念ながら、倉庫の記録管理は散発的で、保管のために送られたテープがどうなったのかはわかりません。多くの場合、到着時に入れられていた箱から取り出されたテープは元の箱に戻されることはなく、どこにしまわれているかは意味のないことでした。その結果、25年後、すべての保管庫の徹底捜索を行ったものの、ショーのテープのすべてを特定することはできていません。だから、ウェンブリーのUマチック・テープは倉庫に送られたと信じていているものの特定することはできていません。また他のコンサートのUマチック・テープに関しても音声に大きな問題があり、使用不可でした。

● 特定のコンサートをマイケルが見たいと思ったときにVHSにコピーが作られたことはわかっています。しかしながら記録がないため、またしてもどのコンサートがVHSとして存在しているかはわかりませんでした。最終的に私たちは、ダイアナ妃やチャールズ皇太子が出席したウェンブリーのショーについて、Uマチック・テープではなくマイケル個人のVHSコピーを発見しました。このVHSの発見でさえ、私たちには奇跡に感じました!

● ですから、ウェンブリーのUマチック・テープのマスターの捜索を続ける一方で、ウェンブリーを含む全てのコンサートの存在する音源の調査を行いました。幸運なことに、ウェンブリーの音源はサウンドトラックを使用して製作されていました。そして、バッド・ツアーの唯一のマルチトラック録音であるように思われます。存在する他の音源・映像は、Uマチック、VHSに関わらず、いわゆる「front of house(観客用)」のミックスで、高品質で聴くために使用しうる分離された音源はありませんでした。ウェンブリーが、ライブ・アルバム制作に適している唯一の音源であるのはこのためです。

● BAD25リリース・パッケージにライブDVDを含めるのであれば、選択肢は一つしかありませんでした。ウェンブリーです。そして映像に関しては二つのオプションしかありませんでした。違うショーのUマチックかウェンブリーのVHSか、です。エステートにとって、UマチックからDVDを作る方が、VHS映像を苦労してレストア、画質向上するために時間と費用をかけるよりも安上がりだったでしょう。しかしそれでは真に本物の体験をお届けすることにはならないでしょうし、この映像を高音質で見ることは、私たちがそうであるように、すべてのファンの皆さんにとって魔法のような体験になると私たちは信じています。最終的に私たちは、この種の仕事(NASA向けのVHS映像のレストアも含まれる)について独自の技術を持つ研究所を選びました。現状で最高のビジュアル体験を作り上げるためです。

バッド・ツアー・ファースト・レグから日本でのコンサートをリリースするという選択肢もありました。ショーのマスターが存在するからです。しかしこのコンサートは、最終的に「BAD」と「I Just Can’t Stop Loving You」が加えられたもののヴィクトリー・ツアーの再現です。ファンが望んでいると私たちが考えるものではありません。BAD25周年記念としてはDVDをリリースしない(ウェンブリーのUマチックが発見されるかもしれないという希望を持ち続ける)という可能性もありましたし、あるいは元のままの音源とともにあの魔法の夜を再び体験する機会をファンの皆さんと共有するということも選ぶことができました。私たちは後者の道を選び、最上の本物の視聴体験をファンの皆さんにお届けするという決定を下しました。9月に発売された時には、これが正しい選択であったとファンの皆さんに分かっていただけると私たちは信じています。

ソース:MJエステート / MJJFANCLUB.JP

未発表デモを聞いてみよう

ソニー・ミュージック・エンターテインメントは未発表デモをYouTube上にリリースした。「Don't Be Messin' Around」というタイトルのこの曲はマイケル・ジャクソンが書き自らプロデュースしたものである。ソニーによる25周年記念BAD25を祝ってリリースされるシングル「I Just Can't Stop Loving You」に収録されることになっている。

この曲を聴くにはこちらをクリック。

■ Listen To Previously Unreleased Demo
(3-6-2012) Sony Music Entertainment released a previously unreleased demo on YouTube. The song entitled "Don't Be Messin' Around" was written and produced by Michael Jackson. It will be featured on the 2012 single release of "I Just Can't Stop Loving You" in celebration of the upcoming Sony 25th Anniversary release, BAD 25.

To listen to the song, please click here.

Source: MJFC / Sony Music Entertainment / YouTube

ジョセフ・ボーゲル氏より日本のMJファンへのメッセージ

ジョセフ・ボーゲル氏のメッセージです。

「『Man In The Music』日本版、ワクワクしています。日本のファンの皆さんにお伝えください。

サポートありがとう。この本は、アーティスト、そしてその作品について改めてフォーカスすることを意図したものです。皆さんのお国の言葉で楽しんでいただけること、そしてマイケルの天才への新たな理解と評価をもたらしてくれることを願っています。

また連絡してください!ファンの皆さんが日本語版にどのような感想をお持ちになるか、ぜひお聞きしたいと思っています」。

Team MJJFANCLUB.JP

ジャクソンズのUnity Tour、2公演がキャンセルへ

ジャクソン・ブラザーズはまもなくスタートするUnity Tourのうち、初めのルイスヴィルとシンシナティの2公演をキャンセルせざるを得ないと発表した。同バンドの代表者は「スケジューリング上の問題」がその理由だとしている。しかしTMZによると、今回のキャンセルは、ジャッキー、ジャーメイン、マーロン、ティトが彼らの新作スタジオ・アルバムのレコーディングで多忙なためであり、彼らは新曲をツアーでパフォーマンスできるよう、ツアーに出る前にアルバムを完成させたい意向であるという。キャンセルの代替公演を彼らは希望しているが、現在のところアナウンスはされていない。

Unity Tourは2012年6月20日、カナダ・オンタリオ州ラマからスタートすることになっている。

■ Jacksons Cancel 2 Concerts Of Unity Tour
(3-6-2012) The Jackson brothers announced that they have to cancel the first two concerts of their upcoming Unity Tour in Louisville and Cincinnati. A representative for the band said that "scheduling conflicts" are the reason. However, according to TMZ the cancellations were made because Jackie, Jermaine, Marlon and Tito have been busy recording their new studio album. They want to finish the album before they hit the road so they can perform the new songs on tour. It's expected that the band wants to make up the missed dates, but no alternative dates have been announced yet.

The Unity tour is scheduled to kick off on June 20, 2012 in Rama (Ontario, Canada).

Source: MJFC / TMZ

MJJマガジン第8号 プレヴュー

少し小さいですが

mjjmag8_1.jpg

別のショットを見たい方はLikeを押してみてくだい(笑)500Likeで別ショットを載せるそうですよ!

Likeはこちら
www.facebook.com/mjjmagazine まで!
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ