ジョナサン・モフェットからのクリスマス・メッセージ

このメッセージを胸に、今年もこれからも、クリスマス・ホリデーを楽しんでください。

クリスマスの最初の贈り物は、私たちに与えられた一人の子供でした。愛と与えることの「幸せな休日」を私たちのために祈るのは神でした・・・神が与えし赤ん坊のキリスト・・・許すこと、愛すること、思いやることで人間界を祝福した・・・この神からの思いやり、優しさ、寛大さがなければ、神の息子を通じてのクリスマスと呼ばれる大事な休日はなかったでしょう・・・だから、忘れないで欲しい・・・決してこの休日が感謝されないということがないように。神の子羊は生贄になりました・・・私たちは人生の終りにそのことに気付き、救済を得るかもしれません。それは、あなたやあなたの家族・・・私たちのための神の意思、神の生贄だったのです。

そして今、幾年もの年月が流れ、私たちはもう一つの神からの贈り物、そして神の愛が実施されていることを知り、その恩恵を受けているのです。一つの手本、思いやりと分かち合い、人間の能力の偉大さの可能性・・・神は私たちに贈ってくれた、マイケルだ!

神は彼以前にも手本で説明しようと他にも送り込んでいたわけですから、男はどう生き、手本となるべきだったでしょうか。計り知れない才能という偉大さと創造力溢れる贈り物ということよりも、彼の知る家族以外の、他者に対する寛大さです。ある者にとってはよそ者でも彼にとっては家族なのです。心で、魂で、心の底から惜しみなく与えるのです。彼自身のやり方で、力強くアグレッシブなステージ上とは矛盾し対照的な謙虚さで、人間としての、そして神により高められた者としての両方の分身で。モーセのように、アブラハムのように、ヨシュアのように、そしてダビデ王のように・・・。神に選ばれ任命された全ての偉人のように。彼はすべてにおいて完璧ではなかったかもしれませんが、今まで挙げたうちの誰もが完璧ではなかった。彼らは偉人中の偉人だったが人間的に完璧ではなかった。神のみが、イエス・キリストだけが完璧だと見なされたのだから。

私たちは一人の男の子に感謝します。マイケル・ジャクソンと名づけられた男の子として現れた人にその子がなってくれたことについて。私たちの人生に託されたことについて、彼の偉大さを目撃できるようになったことについて。彼の親切さ、寛大さ、謙虚さ、そして他者への関心・・・私たちが生き、誰かのためにそしてお互いに愛しケアするべき道を導いてくれることについて。

すべての皆さん、すべての僕の大好きな友人たちが楽しいクリスマスを過ごせますように。そして忘れないでください・・・なぜ、クリスマスと呼ばれるのか。クリスマスをクリスマスとし、彼の休日としているのはそれがキリストだから。

称えましょう、神の愛、心配り、分け与えること。神のことを思いながら・・・

メリー・クリスマス、そして皆様に愛を込めて!
「一つの愛をみんなへ、"みんな一つの愛のために"!」

ジョナサン・フィリップ・モフェット
"シュガーフット"
マイケル・ジャクソンの"フット(足)"!!!
mj_jonathan_moffett.jpg
■ Christmas Message From ‘Sugarfoot’
Thursday, December 22nd 2011

Here is a special Christmas Message to all Michael’s fans Jonathan ‘Sugarfoot’ Moffett.

“Enjoy the Christmas Holidays this and every year with this message in heart and mind.

The first gift of Christmas was a child who was given unto me and you. Twas GOD wising you a ‘Happy Holiday’ of love and giving…the Baby JESUS, given by GOD…to bless the world of man with forgiveness, love and compassion…there would be no precious holiday called Christmas were it not for this act of kindness, caring and generosity from GOD, through his son…so never forget…never let this holiday go unappreciated. The Lamb has been sacrificed…that you/we may find and have salvation at the end of your lives. It was the LORD’s wish, the LORD’S sacrifice for you and yours…ours.

And now, all these great many years later, we’ve come to know and benefit from another of HIS gifts and demonstrations of the measure of HIS love. An example, caring and sharing and the potential of the greatness of a man’s capabilities…HE sent us, MICHAEL!

As he had sent others before him to demonstrate by example, how a man shall live and be an example. Not so much as for his greatness of multitudes of talents and creative gifts, but more for his generosity to others, outside of his know family. Strangers to some but family to Michael. In his heart, in his mind, giving from his soul, freely. By his own design, his humility off stage, coinciding with and in sharp contrast to his strength, power and aggressiveness on stage, the alter egos of both qualities of man, fortified by GOD. Like Moses, Abraham, Joshua, and King David… All great men, all anointed and appointed by GOD. For greatness comes not from man, but by way of GOD. He may not have been perfect in all his ways, but, neither were any of the aforementioned. For they were all still Men Of Man, imperfect, in mans’ ways. For only GOD, thus JESUS CHRIST were considered perfect.

We can all be ever thankful for a boy to become a man yet shown as a Man-child named Michael Jackson. To have been entrusted to our lifetime, that we may come to witness his greatness in measure. His kindness, his generosity, his measure of humility and regard for others…to beacon the light towards the way we should live, love and care for and to one another.

May you have a Blessed Christmas one and all my Beloved friends. And please remember… Why, it is called Christmas. For it is the Christ, that makes it Christmas and HIS Holiday.

Now, let us celebrate, HIS Love, Caring and Giving with HIM in
Mind…

Merry Christmas and Much Love to All!
“ONE LOVE FOR ALL, ‘ALL, FOR ONE LOVE’!”

Jonathan Phillip Moffett
“Sugarfoot”
Michael Jackson’s “Foot”!!!

Source: MJWN with special thanks to Jonathan Moffett & Paula Katsikas

"Glee"のダレン・クリス、MJエピソードについて語る

世界がGleeのマイケル・ジャクソン・トリビュート・エピソードを待ちわびる中、キャストの一人ダレン・クリスが自分が担当したMJのシーンの撮影について語っている。

クリスは現在、ブロードウェイの「How to Succeed in Business Without Really Trying」のファースト・ランを楽しんでいるところであるが、彼は最近E! Onlineに対し、4日間という短い日程で自分のMJシーンを撮影したと語っている。また、彼は3週間だけ撮影を離れるため、Gleeの新シーズンの1または2エピソードを欠席するとも語った。

「僕が撮影を離れる前、他のみんなが簡単に済むように(クリスが演じる)ブレインのパートを外すのかもな、と思ってたんだ。違ってたね!僕が離れる前、ブレインにはマイケル・ジャクソン・エピソード用のクールなことがたくさんあったのさ。このエピソードを見たら、僕は僕のパートを4日で撮ったんだ。早かったよ!クレイジーのショットガンで、やり尽くしたよ。それはスリルでもあり、フラストレーションでもあった。だって、この素晴らしい曲たちの良さを十分引き出したいと思うと同時に、パーフェクトで素晴らしいものにしたいという思いもあったからね」

クリスが演じるMJのヒット曲の一つは「Wanna Be Startin' Somethin」だ。とてもしびれたとクリスは言う。

「かつてないほどの面白い詞だよね!クールだよ、マイケル・ジャクソンだから」とクリスは言う。「だけど、この中で彼はこう言ってる、『君は野菜。君は野菜だよ。みんな君をちぎって食べる。君は食べられ放題。君は野菜だよ』。それは『何だってカッコいいのさ、マイケル・ジャクソンが歌っているんだ!』って(言っているみたいだ)」

Gleeの放送は1月17日に再開される。そしてクリスの「How to Succeed in Business Without Really Trying」は1月22日まで公演が行われる。

■ Darren Criss On Glee's MJ Episode
(4-1-2012) The world is still waiting patiently for Glee's upcoming Michael Jackson tribute episode but cast member Darren Criss recently talked about shooting his MJ scenes.

Criss, who is currently enjoying his first run on Broadway with "How to Succeed in Business Without Really Trying," told E! Online that he filmed all of his MJ scenes in just four short days! He also said since he will only be gone for about three weeks, he will only be missing one or two episodes of Glee's new season.

"I thought that before I was going to leave, they might write Blaine out just to make things easier on everybody. Nope! Right before I left, Blaine had a lot of really cool things to do for the Michael Jackson episode. When you see that episode, I shot all my stuff in four days. It was quick! It was a shotgun of crazy, exhausting stuff and it was both a thrill - because you really wanna do justice to these awesome songs - but frustrating, because I wanted it to be perfect and amazing."

One of MJ hits Criss will do is "Wanna Be Startin' Somethin.' Criss says he really got a kick out of that one.

"Wildest lyrics ever! It's cool because it's Michael Jackson," he says. "But at one point he's like, 'You're a vegetable. You're a vegetable. They eat off of you. You're just a buffet. You're a vegetable.' [And it's like], 'Whatever. Michael Jackson's singing it. It's cool!'"

"Glee" returns Jan. 17, and Criss performs in "How to Succeed" until Jan. 22.

Source: MJFC / zap2it.com

グローマンズ・チャイニーズ・シアターにMJの手形・足形

マイケル・ジャクソン・エステートは、ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにおいて2012年1月26日午前11:00から開始される手形および足形のセレモニーにおいて、マイケルが永久不滅のものとなることを発表いたします。

キング・オブ・ポップのレガシーと、「Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour」のロサンゼルス・デビューを大いに祝い、マイケル・ジャクソンの3人の子供たち、プリンス、パリス、"ブランケット"が父のシューズとスパンコールのグローブを使って同シアターの有名な前庭のコンクリートに手形・足形を作成します(フレッド・アステアやエリザベス・テイラー、ジュディ・ガーランド、マリリン・モンロー、シドニー・ポワチエ、クラーク・ゲーブル、メアリー・ピックフォード、ダグラス・フェアバンクスといったエンタテイメントのアイコンたちと並んで配置されます)。

「THE IMMORTAL World Tour」のキャストがスペシャル・プレゼンテーションを生で披露する予定です。さらに、写真やツイッターの音楽チャンネル@twittermusicでの生中継のツイートなど、イベントの模様はツイッター(@michaeljackson)経由でライブ配信されることになっています。

1月19日には、ラインナップなどの情報用にfindeventdetails.com/mjlegacyonが開設されます!

ソース: MJエステート / MJJFANCLUB.JP

ウィル・アイ・アムにMJ曲をリリースさせられる人物とは?

キング・オブ・ポップとウィル・アイ・アムのコラボレーションにより生まれた曲たちは、世界が聞くことができないものである。2010年にアルバム「MICHAEL」がリリースされる際、ブラック・アイド・ピーズのリーダー、ウィル・アイ・アムは、未発表曲の没後のリリースはマイケル・ジャクソンの名声に対する冒涜であると強行に主張していた。が、現在、彼はすこし主張を変えている。

彼は2006年にジャクソンと仕事をするとたちどころに非常に緊密な絆を築いた。2009年のジャクソンの早すぎる死のために、共同作業を行っていた最終楽曲たちにジャクソンのゴーサインが出ることはなかった。ウィル・アイ・アムがこれらのリリースを渋っていたのはこのような理由からである。

「僕らは友達になったから、僕は日和見主義者にはなりたくないんだよ」とウィル・アイ・アムはアクセス・ハリウッド・ライブのビリー・ブッシュとキット・フーバーに対して語った。木曜日、ジャクソンとの仕事に付いて尋ねられた時のことだ。

ウィル・アイ・アムはこれまで未発表曲の発表について打診を受けてきたが、ビリーとキットに対し、一人だけ彼の考えを変えうる人物がいると語った。

「彼(MJ)のお母さんが電話をかけてきて、『出すべきですよ』と言えば、僕は『はい、わかりました』って言うよ」と彼は語った。

■ One Person Who Could Get Will.i.am's MJ Songs Released?
(5-1-2012) Will.i.am's collaborations with the King of Pop are songs the world may never hear. When 2010's posthumous album MICHAEL was being put together, the Black Eyed Peas front man was very vocal about his feelings that a posthumous release of unfinished music was disrespectful to Michael Jackson's memory. Now, he's singing a slightly different tune.

The singer worked with Jackson in 2006 and quickly formed a close bond with him. Because of his untimely death in 2009, the final tracks they collaborated on were never blessed by Jackson, and it is for that reason that Will.i.am is so reluctant to release them.

"Because we became friends, I don't want to be an opportunist," Will.i.am told Access Hollywood Live’s Billy Bush and Kit Hoover on Thursday when asked about his work with the pop icon.

Will.i.am has been approached about releasing the tracks, but told Billy and Kit that only one person could get him to change his mind.

"Now if his [MJ's] mom called me and said, 'We got to do this,' then yes," he said.

Source: MJFC / accesshollywood.com

This Is Itツアーの保険会社に有利な裁定下る

不幸な結果となったマイケル・ジャクソンのThis Is Itツアーの保険会社(ロイズ)が裁判所で勝利した。木曜日、保険会社はジャクソンのコンサート・シリーズのプロモーター(AEGライブ)からの情報収集を開始できるとロサンゼルス上級裁判所のマルコム・マッケイ判事が述べた。

マッケイ判事は、マイケル・ジャクソンの死に関する両親による二件の訴訟の結論が出るまでロイズによる訴訟を延期するようにとのAEGライブの動議を棄却した。

マッケイ判事はまた、公判開始日を延期し、証拠類の審査者を選定して、AEGとロイズの間の情報のやり取りで争いが生じた場合に提言を行わせると述べた。

「これが多面的な裁判であることは承知しています。そのうちどこかに落ち着くと考えています。どこに落ち着くかはわかりませんが」とマッケイ判事は述べた。

ロイズの弁護士ポール・シュリーファーはAEGライブ側の動議を批判している。シュリーファーによれば、ロイズは必要な書類を得るのに2年以上待っているといい、そのような動議は数ヶ月前に出されるべきであったとしている。

「今になって、彼らは突然、中断を裁判所に申し出ることを思いついたのです」とシュリーファーは語る。

シュリーファーはAEG側の動議が棄却されたことに満足しており、AEGからの情報をロイズが得られるのであれば、ロイズの裁判に先立って行われようとしているキャサリンとジョーの裁判に同意するだろうと述べた。

ロイズはAEGライブとMichael Jackson Co. LLCを昨年6月に提訴した。ロイズは、2009年6月25日にジャクソンが急性プロポフォール中毒で亡くなる前、彼が薬物を使用していることを知らされなかったとして、AEGに対する1750万ドルの保険金支払いをする必要はないという裁定を判事が下してくれることを望んでいる。

ロイズのAEGに対する訴訟は、AEGが「明白だった処方薬の使用や薬物中毒などを含む」治療記録に関して告知しなかったことが主張されている。また、睡眠補助として手術用の強力な麻酔薬プロポフォールが使用されていたことついても開示しなかったと主張している。

ジャクソンの専属医コンラッド・マーレーは11月にジャクソンの死について過失致死罪で有罪となり禁固四年の判決を受けたが、刑期は半分程度になると見られている。

ロイズの弁護しによる裁判書類によると、ジャクソンが亡くなるその日まで、ロイズの幹部らはAEGライブの弁護士に対しジャクソンの医療記録を求めていた。その一方でマーレーに対しては医療記録を渡していたという。

キャサリンの裁判では、AEGライブがマーレーを雇用する際の審査に不備があったと訴えている。この裁判は9月に開始されることが決定している。ジョーの訴状ではマーレーとAEGライブが告発されているが、裁判の日程は決定されていない。

AEGライブの弁護士マーヴィン・プットナムは、AEGはどの裁判についても示談には興味がないと語った。

「これらは私の顧客に対する単なるゆすりです」と彼は語った。

(参考:ロイズ、AEGを訴える
mj88.jpeg ■ Judge Issues Favorable Ruling For Insurers Of MJ Tour
(5-1-2012) The insurers of Michael Jackson's ill-fated 'This Is It' concerts won a round in court Thursday when a judge said the company can begin collecting information from the promoters of the entertainer's concert series.

Los Angeles Superior Court Judge Malcolm Mackey denied a motion by AEG Live asking that the lawsuit brought by Lloyd's of London be put on hold until two other legal actions by the mother and father of the Michael Jackson concerning his death are concluded.

Mackey also said he will delay setting a trial date and will appoint an evidence referee to make recommendations to him in case any disputes arise between the two sides in exchanging information.

"I know this is a multi-faceted case and I think that somewhere it's going to settle way down the line," Mackey said. "For what, I don't know."

Paul Schrieffer, attorney for Lloyd's of London, criticized AEG's motion. He said his clients have waited for more than two years to get the documents they need and that any such motion should have been brought months earlier.

"Now they have the epiphany to come into this court and ask for a stay in this case," Schrieffer said.

Schrieffer said he was pleased that the motion was denied. He also said he would be agreeable to the cases by Katherine and Joe Jackson being tried ahead of the Lloyd's case so long as his clients continue to get their information from AEG Live.

Lloyd's filed suit against AEG Live and the Michael Jackson Co. LLC last June. Lloyd's is hoping a judge will rule it does not have to pay AEG's $17.5 million policy on the grounds the insurers were not told Jackson was taking drugs before he died of accute propofol intoxication on June 25, 2009, at age 50.

The Lloyd's lawsuit against AEG claims the company did not tell the insurer about Jackson's medical history, "including, but not limited to, his apparent prescription drug use and/or drug addiction." The company also alleges AEG did not disclose the star's use of propofol, the powerful surgical anesthetic he was being given as a sleep aid.

The singer's personal physician, Dr. Conrad Murray, was convicted of involuntary manslaughter in November in Jackson's death. Murray was sentenced to four years in prison, but is expected to spend only about half that time behind bars.

Up until the last day of Jackson's life, Lloyd's executives were asking for Jackson's medical information from AEG Live's lawyer, who in turn was passing those requests to Murray, according to the Lloyd's attorneys' court papers.

In their suits, Katherine Jackson is suing AEG Live for the alleged negligent hiring of Murray. That case is scheduled for trial in September. Joe Jackson's complaint names both Murray and AEG Live. No trial date has been set.

Marvin Putnam, attorney for AEG Live, said the company is not interested in settling either case.

"These are just shakedowns of my clients," he said.

Source: MJFC / wavenewspapers.com

フランスのファンら、精神的苦痛でマーレーを訴える

フランス人のマイケル・ジャクソンのファンらが、マイケル・ジャクソンの死によって受けた「精神的苦痛」で、コンラッド・マーレー医師を訴えていると彼らの弁護士が金曜日に語った。

このコンラッド・マーレーに対する訴訟は、4月11日にオルレアンで審理が開かれることになっていると、エマニュエル・リュド弁護士は述べた。

「幼なじみを交通事故で亡くすというケースに似ています。この死に影響を受けるのですから、訴訟を起こし補償を求める可能性はあるということです」とリュド弁護士は述べた。

リュド弁護士は、「マイケル・ジャクソン・コミュニティー」と称する団体のメンバー、およそ100人のために行動している。

リュド弁護士によると、彼らは一人あたり最大10000ユーロ(または13000ドル)の損害賠償を受ける可能性があるが、一方で彼らは象徴として1ユーロの罰金を求めているに過ぎないという。

ジャクソンは手術用麻酔薬プロポフォールの過剰投与によりロサンゼルスの自宅で2009年6月25日に亡くなった。この薬物は不眠症用にとマーレーによって投与された。

マーレーは11月に過失致死罪で有罪評決を受け、最高刑である禁固四年の判決を受けている。
mj108.jpeg ■ French Fans Sue Murray For Emotional Distress
(6-1-2012) French Fans of Michael Jackson are suing Dr. Conrad Murray for the "emotional damage" they have suffered over the music icon's death, their attorney said Friday.

The case against Conrad Murray is due to be heard in the city of Orleans on April 11, lawyer Emmanuel Ludot said.

"It's similar to losing a childhood friend in a traffic accident. Because this death affects you, you have the possibility to file a suit and seek compensation," Ludot said.

The lawyer is acting for approximately 100 fans who are members of an association they call the "Michael Jackson Community."

Ludot said that while each fan could be awarded damages of up to 10,000 euros (or $13,000), they were seeking only a symbolic euro.

Jackson died on June 25, 2009 at his Los Angeles home of an overdose of the surgical anaesthetic propofol, which was given to him by Murray to help him battle insomnia.

Murray was found guilty in November of involuntary manslaughter and sentenced to the maximum four years in prison.

Source: MJFC / AFP
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ