マーレー裁判、証言概要(31日)

コンラッド・マーレー医師過失致死罪裁判第21日、弁護側のプロポフォールの専門家ポール・ホワイト医師に対して検察側が反対尋問を行った。

ホワイト医師は、マイケル・ジャクソンがベッドから起き上がり、マーレーが残した注射器をつかみ、自分で致死量の麻酔薬プロポフォールを注射したという可能性があると述べた。

検察側のワルグレン検事補は、時として攻撃的となった反対尋問でホワイト医師の証言をあざ笑った。

ワルグレン検事補は懐疑的な口調で、ジャクソンが「コンドーム・カテーテル」と呼ばれる集尿装置につながれたままベッドに横になっていて、その間数種類の鎮静剤を服用していたという以前の証言を引用した。

「それでマイケル・ジャクソンは歩き回り、点滴のスタンドを動かし、コンドーム・カテーテルを装着し、そしてコンラッド・マーレーは電話で他の場所にいたと?」とワルグレン検事補はホワイト医師に問い質した。

「可能性のあるシナリオです」とホワイト医師は答えた。

ホワイト医師は金曜日の弁護側の直接尋問で、マーレーの行為については説明できないと認めていた。月曜日の反対尋問でワルグレン検事補が食いついたポイントだ。

「あなたはどこかの寝室でプロポフォールを投与したことはありますか?」

「いいえ、ありません」

「この事件の以前、あなたは誰かがこれと同じ事をしたということを聞いたことがありますか?」

「いいえ、ありません」

弁護側が概ね失点したと見られるこの日、ホワイト医師は、マーレーが標準的処置を逸脱していたことを認めざるを得ず、マーレーが行ったような患者に寝室でプロポフォールを投与するという行為には同意しないだろうと述べた。

「どんなにお金を積まれても、職責として受け入れたり引き受けたりはしないことです」とホワイト医師は述べた。

ホワイト医師は、マーレーがジャクソンに施した処置は命の危険にかかわるものであることを認めた。

「ベッドサイドで注意深く監視していなければ、危険だろうと思います」とホワイト医師は述べた。

「死に至る可能性もあると?」とワルグレン検事補は畳み掛けた。

「もし点滴装置がなんらかの形で広く開いたら、心配停止という重大な効果を確実にもたらすでしょう」とホワイト医師は答えた。

月曜日の証言の間、ホワイト医師は数度にわたり、彼がマーレーとの「2回の詳細な会話」と称するもので知り得た情報を話そうと試みた。

この会話は法廷で証拠としては認められないとの裁定が下されており、検察側は再三にわたり、マーレーが警察に対し供述したこと以外の弁明に触れることに対し異議を申し立てている。マイケル・パスター判事はホワイト医師に数回注意を与え、検察側の質問をよく聞くようにと要請された。

しかしながらマーレーの弁明への言及が続いたため、パスター判事は明らかにホワイト医師に対し立腹し、この問題を議論するために陪審員らを退廷させた。

ワルグレン検事補は、ホワイト医師が故意にやっていると抗議したが、弁護側のJ・マイケル・フランガン弁護士は、ホワイト医師がマーレーの警察への事情聴取内容についても、マーレーとの会話から得た内容についても述べているようには思えませんと述べた。

パスター判事は同意せず、「その手には乗りません。これは明らかです。彼は事あるごとに他の情報を加えようとしています。故意に行われています。私はこういうことが好きではありません。二度と認めません」とパスター判事は述べた。

パスター判事はこの違反に対してホワイト医師に罰金1,000ドルを課した。

ホワイト医師はこれまで弁護団に対する仕事の報酬として11,000ドルを受け取っていると述べた。

出廷することに対する追加補償を受け取っているかとの問いに対し、通常一日3,500ドルだとホワイト医師は述べたが、弁護側の「財源が限られている」ため、その補償を受け取るとは思っていないという。

先週、検察側のプロポフォールの専門家スティーブン・シェーファー医師は、証言することに報酬は受け取っていないとして注目を集めた。

原文: ■ Trial Testimony Update - Monday
Source: MJFC / latimes.com / moneycontrol.com

キャサリン、評決に備えて「The Life of an Icon」のロンドン・プレミアを欠席へ

以前報道された通り、デビッド・ジェストのDVD「Michael Jackson: The Life of an Icon」のリリースを記念してロンドンでプレミア試写会が開かれ、その模様はインターネットで配信されることになっている。キャサリン・ジャクソンとリビー、ティトは、世界規模のライブQ&Aでファンの質問に答えるためにプレミアに出席し、これをもってジャクソンの生涯を描くこのDVDの発売となる計画であった。

しかしキャサリンは、コンラッド・マーレー過失致死裁判の結審に備えてカリフォルニアにとどまるために計画を変更した。彼女は以下の声明を今朝発表している。

「私が強く信じている映画、『Michael Jackson: The Life of an Icon』のロンドンでのワールド・プレミアに参加できず大変申し訳ありません。コンラッド・マーレー医師の裁判の評決の可能性があり、私は法廷にいたいと思っています。その理由は世界中の皆さんには理解してもらえると思います。マイケルの生涯の友人の一人であるデビッド・ジェストは、人々に本当のマイケル・ジャクソンを伝えるという素晴らしい仕事をしました。この映画は、私の息子への疑いを晴らし、私の息子が生前に受けたことがとんでもないことであったことを明らかにしてくれます。皆さんがこの映画を観てもっと理解していただけることを望んでいます」

■ Katherine Jackson Changes Plans For Trial Verdict
(31-10-2011) As previously reported, the release of David Gest's DVD Michael Jackson: The Life of an Icon, will be celebrated with a premier in London that will be livestreamed via the Internet. Katherine Jackson and her children Rebbie and Tito were all scheduled to attend the premier to answer questions submitted by Michael Jackson fans in a global live Q&A to launch the movie about Jackson's life.

Now Katherine has changed her plans in order to remain in California for the close of the involuntary manslaughter trial against Conrad Murray. She released the following statement this morning:

“I am very sorry that I cannot attend the World Premiere in London of a film I so strongly believe in, Michael Jackson: The Life of an Icon. Due to the verdict in the trial of Dr Conrad Murray possibly being at that time, I want to be present in the court room for reasons I am sure everyone in the world will understand. David Gest, who was one of Michael’s closest life-long friends, has done a brilliant job in enlightening people to who the real Michael Jackson was. This movie is a true vindication of my son and some of the terrible things that he was put through in his life. I hope people will watch this film and understand more.”

Source: MJFC / freud communications

イモータル・メガミックス

The Immortal Megamix



◆ プレオーダー Now!! >> Click! cirque_du_soleil.jpg

ジョン・ブランカからの手紙

※(注) これはプレス・リリースと一緒に送られてきたメールです。長くなるのと訳すのに時間がかかるためプレス・リリースを先に載せました。ブランカがMJOnlineTeamのヘッドに宛てた手紙です。

*****


「Michael Jackson Immortal World Tour」とサウンドトラック・アルバム「Immortal」への私たちの熱意を知ってもらうためにあなたに個人的に書いています。

マイケルのファンの皆さんにモントリオールへお越しいただき、リハーサルの見学と素晴らしい新作ショーの製作過程を共有していただいたことについて私はとても感謝しています。ショーはそれ以来さらに良いものとなり、そしてマイケルに相応しい非常にポジティブな評価をいただいています。

さらに私が嬉しく思うのは、このショーがマイケルを初めて知る方たちへその機会を提供しているということです。「Immortal」はマイケル・ジャクソンのファンの皆さんのためのものですが、新しいファンの皆さんに、マイケルの音楽やダンス、そして彼の他者に対する思いやりへの魔法のような旅を提供するものでもあります。ライター/監督であるジェイミー・キングが指揮するショーの制作チームは、マイケルの歌や振り付け、ビデオ、声、そして最も大事なマイケルの魂を織り込むという優れた仕事をしてくれました。

サウンドトラック・アルバム「Immortal」は11月21日にリリースされます。ケヴィン・アントゥネスはジェイミー・キングとともに、スクリーンのビデオとステージのライブ・アクションをシンクロさせつつ、マイケルのオリジナル音源を描き直しました。その音楽は素晴らしくエキサイトであり、聞くだけでも成り立つものです。マイケルの音楽に手を加えることができる者はいませんが、リミックスやマッシュアップ、パワーアップはショーのために意図され、マイケルの音楽を新しく新鮮に聴く機会をもたらしてくれます。やはりこれは必携のアルバムだと私たちは思います。このアルバムの好きな聴き方は、初めから終りまで聴くというものです。なぜならそうすることで「Immortal」ショーの記憶が鮮明に蘇るからです。ショーを見る前にすでにこの音楽を楽しんでいましたけど。

CDのプレオーダーは現在受け付け中です。デジタル・アルバムは火曜日にiTunesでプレオーダー可能となります。デジタル・アルバムのデラックス・エディションをプレオーダーした方は、シングル「Mega Mix」をダウンロードすることが可能です。これは皆さんにとって、「Immortal」ショーのハイライトの一つを聴き、このアルバムがどれほど素晴らしいかわかり始めるチャンスとなるでしょう。このシングル曲は購入することも可能です。

私たちはマイケルを愛しているし、彼が史上最も偉大なアーティストであると信じています。だから私たちはマイケルのファンの皆さんに、世界規模のキャンペーンで団結し、発売第一週(11月21日-28日)にこのアルバムをサポートしてもらえるよう、働きかけたく思っています。私たちは、このアルバムが世界のチャートで可能な限り高順位でデビューするお手伝いをしてもらえるよう皆さんにお願いしています。

これはマイケルのため、そして彼にはその価値があるのです!

ジョン

ソース:MJエステート / MJJFANCLUB.JP

マーレー裁判、証言概要(1日)

コンラッド・マーレー医師過失致死裁判第22日、弁護側はマーレーを証言台に立たせることなく弁論を終了した。

憲法が保障する二つの権利、証言する権利と黙秘する権利についてマーレーに告げた後、マイケル・パスター判事は、「あなたの決断は?」と尋ねた。

「この問題について証言しないというのが私の決断です」とマーレーは答えた。

弁護団が弁論を終了したことをうけ、検察側はプロポフォールの専門家スティーブン・シェーファー医師を再び召喚し、弁護側のプロポフォール専門家ポール・ホワイト医師がもたらした問題の一部について反論を行った。

パスター判事は木曜日の朝まで陪審団を解散した。木曜日の朝には両陣営が最終弁論を行う。裁判は今週末までには陪審員の手に委ねられると見られている。

■ Trial Testimony Update - Tuesday
(1-11-11) Day 22 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray saw the defense rest its case without calling Murray to the witness stand.

After informing Murray of his dual constitutional rights to testify and to remain silent, Judge Michael Pastor asked the doctor Tuesday, "What is your decision?"

"My decision is that I will not testify in this matter," Murray answered.

Once the defense rested its case the prosecution recalled its star witness, propofol expert Dr. Steven Shafer back to the stand to address some of the issues raised by the defense's propofol expert, Dr. Paul White.

Judge Pastor dismissed the jury until Thursday morning, when both sides will present their closing arguments. The trial should be in the hands of the jury by the end of this week.

Source: MJFC / reuters.com / latimes.com

ジョー・ヴォーゲルからのメッセージ

ほぼ5年をかけた調査と執筆を経て、「Man in the Music: The Creative Life and Work of Michael Jackson」が明日(11月1日)、ついに世界中の書店で正式に発売されます!

この本の目的は簡単です。アーティスト、マイケル・ジャクソンについて書きたかったということです。2005年に書き始めた時、ほぼすべての本は、私生活に焦点を当てられたジャクソンについて書かれ、しばしば木を見て森を見ず的で薄っぺらな書き方をされていました。これは出版社が出したい内容であり、そして人が読みたがっている内容である、と出版社が見なしたものでした。マイケル・ジャクソンの自伝「Moonwalk」や詩集・回想録の「Dancing the Dream」でさえ絶版となっていて本屋では見つけられませんでした。2006年に地元のバーンズ&ノーブルへ行ったときの事を覚えています。ボブ・ディランやジョン・レノン、カート・コバーンの本はたくさんありましたが、マイケル・ジャクソンの本は、ダイアン・ダイモンドの暴露本「Be Careful Who You Love」一冊だけでした。

私はそれを変えたかったのです。

マイケル・ジャクソンは本が大好きでした。生涯を通じて、彼は本屋に通い、本を山のように抱えて帰ってきました。彼は尊敬する偉人、チャップリンやディズニー、ミケランジェロらを研究し学ぶのが大好きでした。彼は同じように研究され評価されて、タブロイド的変人ではなくアーティストとして尊敬されたいと思っていました。

マイケル・ジャクソンのために、「Man in the Music」がそのような本となることが私の望みです。彼はそれに値します。彼は結局のところ、20世紀における、最も文化的に重要で、芸術的にユニークなアーティストなのです。

タブロイド・スタイルの本がベストセラー入りするのを私たちは見てきましたが、もしかすると、「Man in the Music」に興味をもつ人がたくさんいて、中身のある本でもベストセラーになれると証明できるかもしれません。

「Man in the Music」はお近くのバーンズ&ノーブル、またはAmazon.comで発売中です。私も承諾しているファン企画、Pay Michael Forwardもチェックしてみてください。コンテストや商品、読者が「Man in the Music」を分かち合うクリエイティブな方法が用意されています。

応援ありがとう!

2011年10月31日
ジョー・ヴォーゲル

「クリエイターはやがていなくなるけど、その作品は生き残る。死を避けるというのはそういうことなんだ。僕は僕の魂と作品を固く束ねようとしているんだ」- マイケル・ジャクソン

ソース:MJFC / joevogel.net
NEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ